「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
クロツラヘラサギ (沖縄旅行その12)
  沖縄最終日、まず空港近くの三角池にいってみました。
日陰の無い街中の小さな池に、2羽のクロツラヘラサギがのんびりと餌探しをしていました。
カメラを手持ちにして撮影していたら、白色のクロサギものんびり歩いてやってきました。
池の周囲は車が行きかい賑やかですが、池の中を見る人は誰もいません。
のどかな池の、のどかなクロツラヘラサギ撮影でした。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください

a0052080_20252223.jpg







クロツラヘラサギは2羽いて、足環をされている1羽には発信機が
外れてオレンジ色のバンドだけ外れずに残っていました
a0052080_18415175.jpg







クロツラヘラサギの間にクロサギ(淡色型)が入ってきました
左の1羽の背中には着けられたバンドが見えています
a0052080_18420505.jpg

 台風10号が迷走しているうちに化け物のように発達してなんとも不気味です。お気を付けください。

 さて、この日は7月1日。沖縄本島旅行の最終日です。この日は昼過ぎには飛行機で戻らねばならないので鳥見は午前中だけです。宿で早めに朝食を済ませて那覇へ向かいました。

 旅行前にレンタカーの予約を比較サイトで最安店に決めたのですが、「那覇空港店」という名前だけで空港直近の店と決めてかかり、住所を地図で確認しませんでした。初日、空港に着いて迎車に乗ると走るは走るは途中若干の渋滞もあって1時間くらいかかりました。遅くとも出発時刻の2時間前には車を返却してくれと言われて鳥見は昼前で止めねばなりませんでした。

 宿泊していた民宿から那覇空港までの所要時間は高速道路利用でおよそ129km、約2時間半。なんだかんだを考えると3時間ですからあまり鳥を見る時間はありませんでした。

 まず向かったのが、初日に行くはずだった空港近くの三角池です。いろいろ期待しながら向かったのですが、もう日が高く昇ってしまったあとなので閑散としていました。それでも2羽のクロツラヘラサギと1羽のクロサギ(白色)が目を楽しませてくれました。3日間もずーっとすばしこい鳥ばかり追いかけていたのでクロツラヘラサギのゆったりした動きがとても有り難く、また新鮮でした。(likebirds夫)

# by likebirds | 2016-08-26 21:11 | 沖縄本島旅行 | Trackback | Comments(1)
ヤンバルクイナⅢ (沖縄旅行 その11)
 ヤンバルクイナが水浴びをするのを見てみたいと思っていました。
やんばる滞在最終日、願いが叶って、水浴びするヤンバルクイナを見ることができました。
警戒心が強いヤンバルクイナも、暑い日の水浴びは気持ちが良いらしく長い間、派手に水浴びしていました。
本当に嬉しかったです。(likebirds妻)






写真をクリックして拡大画像をご覧ください




ヤンバルクイナが水辺に出て来て水を呑みました
a0052080_15110278.jpg






浅瀬を歩き始めました。これは水浴びするかも?
a0052080_14535746.jpg







案の定、水浴びを始めました
a0052080_22415945.jpg






あれっ? 草むらからもう一羽   身体はずいぶん小ぶりです
クチバシは短く、色も真っ赤ではありません  今年生まれの幼鳥のようです
a0052080_16422888.jpg








幼鳥は水を呑んだ後、少し水に入りました
でも、先に居た大きいほうに叱られるように追われて二羽で草むらに戻りました
a0052080_16425218.jpg








 しばらくしてまた別の個体(3羽目)が水に入りました  派手に水浴びを始めました
a0052080_14553484.jpg






何度も水浴びを繰り返します
a0052080_14543538.jpg







吠えた!?
a0052080_14545874.jpg






羽ばたいて水を切ります   飛べない割には大きな翼でした
a0052080_16334857.jpg







羽を伸ばす仕草も、とても派手
a0052080_14551608.jpg






一瞬、ゴジラを思い出しました
a0052080_16363856.jpg


 6月27日から7月1日の4泊5日沖縄本島旅行で撮影した写真をUPしています。

 前日の夕方に寄った川縁で水の中にいるヤンバルクイナを見つけました。車の窓からすぐそばの場所です。辺りでは羽繕いをする姿を何回か目撃していましたので、ここが水浴びの場所だろうと思いました。この日も夕方に行ってみるとやはりヤンバルクイナ成鳥が出て来て水を呑みました。

 期待して待っていると水浴びを始めました。上半身を頭から水面に突っ込み、勢いよく頭を持ち上げて水滴を跳ね散らしまします。やっぱり水浴びはこの場所でした。こちらに近づいてくるとフレームアウトしそうなほどの近い距離でした。

 写真を撮りながら、ふと陸地を見るともう1羽のヤンバルクイナが草むらから出て水辺に歩いてきました。身体が華奢で小さく、クチバシは短く黒ずんでいて真っ赤ではありませんでした。足の赤も色が薄かったです。おそらく幼鳥だと思います。水辺で水を呑んだ後、川に入ってきました。すると先に居たヤンバルクイナの成鳥が慌てて立ちふさがり、追い立てるように陸へ上がらせ2羽で草むらに入っていきました。親子なのかもしれません。

 2羽が見えなくなると直ぐに別のヤンバルクイナ成鳥がやってきました。このヤンバルクイナは先の成鳥よりも身体ががっしりしていてクチバシも長く見えました。先の成鳥がメスだとしたら、この個体はオスだろうと思いました。
 このヤンバルクイナの水浴びはとても激しく水が四方に飛び散り迫力満点でした。(likebirds夫)

# by likebirds | 2016-08-22 17:55 | 沖縄本島旅行 | Trackback | Comments(14)
ノグチゲラ (沖縄旅行その10)
 ノグチゲラには何度か出会うことが出来ました。
何とか、目標のノグチゲラをもう1度見ることができて、とても嬉しかったです。
(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください


赤茶色の背中が綺麗です
a0052080_22310856.jpg






真下からの撮影で逆光が残念です
a0052080_16271614.jpg






小さく鳴いています
a0052080_16273520.jpg






やっと木に縦にとまる写真が撮れました  笑
a0052080_19121031.jpg






遠くで見つけて「達磨さんが転んだ」で近づきました
a0052080_19123813.jpg






何枚も撮りましたが、どれも前枝が邪魔していました
a0052080_19125109.jpg






ひどい写真ですが、唯一の飛びものです
a0052080_16512709.jpg

 6月27日から7月1日の沖縄本島旅行で撮影した写真をUPしています。

 ノグチゲラはこれで最終です。今回は時系列でのUPとしたので、同じ鳥が何回も登場して申し訳ありません。

 6月30日。4泊5日の旅行はあっという間に帰宅前日となりました。ノグチゲラとの遭遇はいつも極めて短時間で、じっくり撮影することは出来ませんでした。と言うよりは、レンズを向ける暇もなかったことが多かったです。
 実のなる木の近くをウロウロしたり、聞き耳を立てて鳴き声を頼りに探しましたが、集中力が途切れた時に出現することが多くて悔しい思いをしました。まぁこれが楽しいと言えば楽しいのですが。(likebirds夫)

# by likebirds | 2016-08-17 16:59 | 沖縄本島旅行 | Trackback | Comments(10)
クマタカ
 早朝姿が見えなかったクマタカ、1時間半ほどすると山肌の木の後ろから突然顔を見せました。
最初1羽でしたが、下の方からもう1羽出てきました。
クマタカの番が仲良く姿を見せてくれて、とても嬉しかったです。
(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください


辛いしゃしんですが。。左がオス、右がメスです
a0052080_19182354.jpg







a0052080_19182369.jpg







a0052080_19182371.jpg







a0052080_12044794.jpg







a0052080_12054769.jpg







a0052080_19190318.jpg








a0052080_22424042.jpg




 沖縄旅行の写真をUPしていましたが、中断してクマタカをUPします。

 猛禽はなかなか気に入った写真が撮れずに不満が溜まります。
 7月初旬のダム湖です。

 はるか遠くの木の天辺にクマタカのオスが飛んで来ました。慌ててレンズを向けると下のほうに隠れていたメスが姿を現しました。何かバサバサと動いたと思ったらオスは直ぐに飛び出しました。獲物の受け渡しは確認できませんでした。(likebirds夫)

# by likebirds | 2016-08-13 11:36 | 野鳥観察 | Trackback | Comments(10)
ホントウアカヒゲⅢ (沖縄旅行その9)
 ノグチゲラを探した林道では、ホントウアカヒゲも見ることができました。
薮に暮らすホントウアカヒゲは、暗いところでちょこちょこして明るい枝には出てきませんでした。
でも、色々な場面を見ることができました。
うだる暑さでしたが、楽しい一日でした。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください




枯れ枝の先端のホントウアカヒゲ  やっとそれらしいのが。。
a0052080_12311966.jpg






オスの成鳥、相変わらす藪の中です
a0052080_12081186.jpg







空抜けの写真ですが、なんとか色が出ていました
a0052080_12320146.jpg







藪の奥の奥でやっとの写真ですが。。おそらく幼鳥と思います
a0052080_12331878.jpg







こちらも混んだ枝の奥でした   こちらも幼鳥と思います
a0052080_12340068.jpg






桐の仲間の実を食べにきました。メスのようです
a0052080_12082178.jpg


 6月27日から7月1日の沖縄旅行で見た野鳥の写真をUPしています。

 6月30日。この日はやんばるの森での探鳥です。あっという間に沖縄4日目になり、もう翌日は帰らなければなりません。宿の朝食を断り、早朝から本島北部のやんばるの森を目指しました。

 主な目的はノグチゲラでしたが、その途中でホントウアカヒゲも出来れば気に入った写真を残したいと思っていました。会心の作は撮れませんでしたが、それなりに楽しむことが出来ました。(likebirds夫)


# by likebirds | 2016-08-09 06:00 | 沖縄本島旅行 | Trackback | Comments(8)
ノグチゲラⅡ (沖縄旅行その8)
 沖縄滞在も残すところ2日。
前日全く見ることができなかったノグチゲラを、どうしても見たいと思いました。
やんばるの森の林道は、緑が深く物凄い蒸し暑さでした。
ゆっくり捜し歩くと、「キョッ、キョッ、」という鳴き声が聞こえます。
じっと待っていると、目の前の木にバサバサと飛んでやってきました。この(桐の仲間の木)実が好物のようです。
何度かやってきてくれましたが、逆光の上に大きな葉に阻まれて、なかなか全身を見ることができませんでした。
でも、何とか実を食べる姿を見ることができて、とても嬉しかったです。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください



大きな葉で背中が見えません
a0052080_09281304.jpg







棘のある緑色の外皮を剝いて中の黒い中身を食べていました  桐の一種だそうです
a0052080_09560004.jpg







食べ終わって、よいしょ!と枝に登ってきました
a0052080_09282438.jpg






飛び去る直前にやっと身体全体を見ることが出来ました
a0052080_09362853.jpg


 中断していましたが、6月27日から7月1日の4泊5日沖縄本島旅行の写真の掲載を再開します。

 6月30日の探鳥です。翌日の7月1日は帰る日ですから、ゆっくり探鳥出来るのはこの日が最後です。早朝からやんばるの森に分け入ることにしました。とは言っても、慣れないこともあり奥深くまでは入り込みませんでした。本島を北上し、そこから林道に少しだけ入りました。幾分見通しのきく広い場所に車を止めて、そこからは徒歩での探鳥です。

 繁殖期ではないので営巣の場面などは望めませんでしたが、採餌の場面を見ることが出来ました。(likebirds夫)

 

# by likebirds | 2016-08-06 06:00 | 沖縄本島旅行 | Trackback | Comments(12)
アメリカコアジサシ と コアジサシ (2)
 アメリカコアジサシは、橋の手すりに何度も止まりましたが、草地にも降りて休んだりしました。
飛ぶ姿はとてもシャープで、飛びながら身体をくねくねとくねらせたりと楽しい場面を沢山見ることができて、本当に楽しかったです。
ここを気に入って、来年もやって来てほしいと思いました。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください


コアジサシの小さなコロニー
a0052080_18552470.jpg






砂地にしゃがみこんでましたが、巣ではありません
a0052080_13480177.jpg






アメリカコアジサシ(手前)の翼の表裏が見えます  初列風切りの表先端3枚が黒いです
a0052080_13483343.jpg







こちらは翼の表裏が見えているのはコアジサシです   
a0052080_21365184.jpg







アメリカコアジサシの翼が透けています  黒い初列3枚は羽の重なる部分は白いです
a0052080_18000168.jpg






後姿も初列風切の黒が目立ちます
a0052080_13485548.jpg






アメリカコアジサシ(左)と仲良しのコアジサシ(右)  初列風切りの黒い線の太さが明らかに違います
a0052080_21242754.jpg






背中から腰、尾羽にかけて一様に灰色のアメリカコアジサシ
a0052080_18042731.jpg






アメリカコアジサシの上面です
a0052080_18054103.jpg







アメリカコアジサシ  首だけねじって上を向いています
a0052080_18063368.jpg







こうなると何処が上面かよくわかりませんね
a0052080_18075740.jpg






翼の両端の黒が目立ちます
a0052080_18094268.jpg






着水の場面
a0052080_18152495.jpg






ときどき手摺に来て休憩しました  歌舞伎の見得を切るのような恰好
a0052080_18181018.jpg


 仲良しのコアジサシにモーションをかけていると書きましたが、ブログ友にアメリカコアジサシもコアジサシもオスだと教えていただきました。つがいの疑似行為とは想定の範囲外でびっくりです。人間界と同様に、鳥の世界も複雑なんですね。

 アメリカコアジサシはコアジサシより僅かに小さいらしいのですが、近くにとまっているときに比べるとほとんどわかりませんでした。でも、飛んでいるときに見るとわずかに小さいかもしれないと思いました。
 複数飛んでいるコアジサシの中で一番小さく見える鳥にレンズを向けると、よくアメリカコアジサシに当たりました。翼の展開長かもしれません。並翔している場面を何回か狙いましたが撮れませんでした。(likebirds夫)


# by likebirds | 2016-08-03 06:00 | 野鳥観察 | Trackback | Comments(10)