彼岸花とカワセミ
 今にも雨が降り出しそうな暗い天気でしたが、
彼岸花を背景のカワセミを今年も見ることができました。
(likebirds妻)



お魚、ゲット
a0052080_10365915.jpg








a0052080_10365098.jpg







池に写る彼岸花とカルガモ
a0052080_10500475.jpg







彼岸花の中を泳ぐカルガモ
a0052080_10500599.jpg

 翌日は晴れの予報でしたが都合が悪く、今にも降りだしそうな空のもと出かけてみました。カワセミとカルガモを撮っている最中にザーっと本降りになり慌てて引き上げました。(likebirds夫)

# by likebirds | 2016-09-28 10:57 | 野鳥観察 | Trackback | Comments(1)
クマタカ
 このときも天気予報が外れて、朝から濃い霧が立ち込めていました。
夏だというのに冷たい空気が立ち込めています。
でもクマタカの成鳥が山肌の枯れ木に止まってくれました。
距離がありましたが、クマタカのかっこいい姿を見ることができて、嬉しかったです。
そしてこの一ヵ月後、無事に巣立った幼鳥が谷を飛ぶのを見ることができました。
幼鳥はまだあどけない顔つきでしたが、しっかりとかっこよく飛ぶ姿は素敵でした。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください


濃い霧が少し晴れて、枝に止まった姿が良く見えました
a0052080_22494375.jpg







飛ぶか!?  と思いましたが飛びませんでした
a0052080_23044396.jpg







ありゃりゃ!
a0052080_18203561.jpg







残念ながら飛び立った時は濃い霧が出ていました
a0052080_23044349.jpg







飛び回る成鳥
a0052080_18224667.jpg






これは別の日(翌月)です 幼鳥が見られました 
親を呼んでいるのか、鳴きながら飛ぶ巣立間もない幼鳥
a0052080_18264729.jpg







幼鳥は谷を何度か旋回しました
a0052080_22495920.jpg







幼鳥と言えども豪快な旋回です
a0052080_18264806.jpg







元気に成長してくれると良いですね
a0052080_18264892.jpg

 この夏は何回かダム湖のクマタカを見に行きましたが、なかなか満足する写真を撮ることは出来ませんでした。ピンポイント天気予報を出かける前の晩に確認するのですが、八卦のようなもので的中確率はとても低かったです。更に難敵は霧でした。現地に到着時にはよく晴れていても、撮影機材を準備しているわずかな時間のうちに霧が出てくるといった具合でした。

 クマタカ成鳥の木どまりの写真はちょうどその付近のみに濃い霧がかかっていて、最初はとても写真にはならなかったのですが、歯嚙みしながら待っているとほんの短時間ですが霧が少しズレて撮ることが出来ました。

 一月後、幼鳥が巣立ちして元気に飛び回るようになったと聞いてまた出かけてみました。早朝に到着したときにはクマタカの姿は見えませんでしたが、しばらく待つと突然山の斜面を白っぽい幼鳥が飛び始めました。幼鳥は親を呼ぶように大きな声で鳴き続け山の斜面を長い時間何度も旋回を繰り返してくれました。(likebirds夫)

# by likebirds | 2016-09-25 13:11 | 野鳥観察 | Trackback | Comments(8)
タマシギ
 タマシギは草の茂った休耕田の草陰から時々姿を見せてくれました。
草の間をゆっくりと歩いて右へ行ったり左へ行ったするのですが、どこから見ても、草が邪魔でした。
「もう少し良く見えるところを歩いてほしいなぁ・・・」と少しストレスがたまりました。
でも、久しぶりに見るタマシギはとても可愛かったです。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください


何かをくわえて、後に捨てていました
a0052080_22195606.jpg








a0052080_22200649.jpg








a0052080_22201569.jpg







全身が見えるのは一瞬です
a0052080_11221893.jpg







一度だけ姿を見せてくれたメス
a0052080_22202436.jpg

 超久しぶりにタマシギを見に行きました。早朝、教えていただいた場所へ行っってみたのですが、その場所は雛が大きくなって2日前から見なくなったとのことでした。

 直ぐ近くにカメラマンが数人いるので近づいてみると、タマシギの♂と♀が居てときどき姿を現すと言われました。それでは!と待っているとイネと草の陰で見難い場所でしたが時々出て来てくれました。

 恥ずかしながらタマシギの雛は見たことが無いので一度見てみたいものです。(likebirds夫)


# by likebirds | 2016-09-20 22:43 | 野鳥観察 | Trackback | Comments(6)
カイツブリ
 蓮の茂る沼で子育てをするカイツブリを見ることができました。
雛はずいぶん大きくなっていて、親の背中に乗ることはありませんでしたが、親が餌を持ってきてくれるのをおとなしく待っていました。
もらった餌を美味しそうに一生懸命食べる雛がとても可愛かったです。
(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください


蓮にレンカクを期待しましたが、近づいてきたのはカイツブリでした
a0052080_08331735.jpg







a0052080_10214092.jpg






蓮の葉に乗って大きなえびを必死で食べてました
a0052080_10215457.jpg







こんどは小魚をもらっていました
a0052080_08030044.jpg






「お母さん大好き」って言ってるのかな?
a0052080_10220819.jpg






カイツブリの親子に幸あれ
a0052080_08053928.jpg


 埼玉県の大きな沼へレンカクを見に行きましたが自分たちがいる間には近くへ来てくれませんでした。蓮の場所へ来てくれたのはカイツブリの親子でした。
 ネットの写真では何回も見たことがありましたが、実際にカイツブリの育雛シーンを見るのは初めてです。やっぱり、実際に見ると強烈に愛着がわきます。
 カイツブリの親子に幸あれと祈りました。(likebirds夫)

# by likebirds | 2016-09-19 09:57 | 野鳥観察 | Trackback | Comments(8)
チュウジシギ
 早朝、休耕田を探しながら車を走らせていると、草ぼうぼうの田んぼにジシギがのんびりしているのが見えました。
ゆっくり車を止めて写真を撮りました。
夫が「タシギと思う」というので、私も多分タシギだなと思いました。
でも「もしかしたらチュウジシギかもしれない」という思いが頭から離れませんでした。
家に帰って色々調べるうちに、ますますその可能性が高いと思い、鳥の大先輩に相談しました。
そして、チュウジシギにまず間違いないとのお答えを頂き、飛び上がるほど嬉しかったです。
お忙しい中、快く相談に乗ってくださったT氏に感謝いたします。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください


a0052080_22185231.jpg








a0052080_22185907.jpg








a0052080_10174239.jpg


  ちょうど午前6時頃、湘南の田んぼでサルハマシギを見る前の撮影です。

 撮影中はクチバシが長いのでタシギと思っていました。タシギにしては少し大きい気がしましたが、普段はこの時ほどタシギを近い距離で見ないのでそんなものかと思いました。likebirds妻はこの時すでにチュウジシギではないかと思っていたそうです。

 家に帰って写真を見ているときに顔や目の位置、目先の黒褐色の斑の太さ、肩羽の周囲のバフ色などの特徴でチュウジシギの可能性が高いとlikebirds妻に言われました。詳しい人にも相談したそうです。そんなことならもう少し粘っていれば尾羽を確認出来たかもしれないと悔やみました。

 likebirds妻は「ヤッター!」と両腕に腕に力こぶ emoticon-0165-muscle.gif  のポーズをしています。
 数年前に自分がチュウジシギを撮影前に飛ばしてしまったときに、likebirds妻が泣いて怒ったことがありました。これで少し気が楽になりました。(likebirds夫)

# by likebirds | 2016-09-16 10:56 | 野鳥観察 | Trackback | Comments(6)
サルハマシギ
 サルハマシギは4年ぶり2度目の出会いです。
久しぶりに出かけた田園で、思いがけずに見ることができました。
水をたたえた美しい休耕田にぽつんと1羽。
美しい姿を水面に写して、せっせと餌探しをしていました。
とても嬉しい一日でした。(likebirds妻)





夏羽が残る綺麗な子でした
a0052080_11334983.jpg







a0052080_11340388.jpg






トンボが沢山飛んで、秋の気配
a0052080_11342385.jpg






時々ストレッチ
a0052080_11344031.jpg







もう一回
a0052080_12012850.jpg







a0052080_11551575.jpg


 不安定な天気が続き、予報も的中とはいかずどちらかと言うと外れがちです。用事があるときに晴れて、用事が無いので鳥見に出かけようとすると雨が降り、ジレンマが続いていました。
 一昨日(9月10日)の土曜日のことです。久しぶりに予定と天気が一致して湘南方面の田園地帯へ渡りのシギ・チドリを見に行くことが出来ました。

 早朝の5時半ころから鳥友から教えていただいた休耕田をめぐりました。ちょうどタマシギが出ている場所で待っていると、そばにいたご婦人が持っていた高倍率デジカメのモニタを見せてくれました。胸から腹にかけて赤みの残る換羽中のサルハマシギでした。ここから遠く無い休耕田でこの場所に来る前に撮影されたということでした。 

 その休耕田へ行ってみましたが、その時には一羽の鳥も居ませんでした。ちょうどすぐ隣の畑で草刈り機での除草が行われていたので飛び去ってしまったのかもしれません。

 しばらくして久しぶりにお会いした鳥友の女性がその場所に行き9時過ぎに戻ってこられ、サルハマシギが居たと教わり、また急行しました。
 休耕田にはすでに多数のカメラマンが集まっていました。ここで湘南の休耕田巡りを教えていただいた友人にもお会いしてお礼を言うこともできました。

 4年ほど前に見たのはサルハマシギの夏羽で頭まで真っ赤でしたが、今回は夏羽から冬羽へ移行中で頭部はすでに換羽が済んでいて胸から腹まで赤みを強く残していました。雨覆などの色も少し褪めて始めていましたが赤みは残っていました。
 頭部の赤みが無いだけで夏羽の「猿顔」とはよほど雰囲気が変わっていて驚きました。

 人もどんどん増え、陽も高くなってきたので小1時間でその場を引き上げました。その後、鳥見は10時過ぎまで続けましたが、帰りは車中ニヤニヤしました。
 犬も歩けば棒に当たると言いますが、やっぱり野に出て歩けば良いこともあるものです。(likebirds夫)

# by likebirds | 2016-09-12 12:36 | 野鳥観察 | Trackback | Comments(14)
クロハラアジサシ
 クロハラアジサシは時々沼の周囲を飛びました。
強烈な夏の日差しが似合うかっこいい姿でした。
(likebirds妻)





写真をクリックして拡大画像をご覧ください




a0052080_15203740.jpg








a0052080_15204921.jpg








a0052080_18492023.jpg








a0052080_15210303.jpg








a0052080_15211649.jpg








a0052080_18493529.jpg

 今夏は沼アジサシを見に3度も出かけましたが全く出会うことが出来ませんでした。別の日に別の場所へレンカクを見に出かけたら、遥か遠くに米粒のように見えただけでした。皮肉なことに、黒い腹の色も褪せていましたがクロハラアジサシが自分の周りを元気よく飛び回っていました。
 世の中、なかなかうまく行きません。(likebirds夫)


# by likebirds | 2016-09-11 11:31 | 野鳥観察 | Trackback | Comments(6)