ホントウアカヒゲⅡ (沖縄旅行その6)
  比地大滝には一番で入場しました。
朝の9時、既にかんかん照りの天気でしたが、遊歩道は茂った木の陰でうっそうとしていました。
遊歩道に入るとすぐに目の前にホントウアカヒゲが現れてくれました。
尾を振りながら、せかせかと枝を飛び移って、こちらを気にしているようでした。
狭い通路しかも薄暗くその場で動くことも出来ません。
でも、期待していたホントウアカヒゲに早速出会うことが出来て、嬉しかったです。(likebirds妻)




遊歩道の階段を上ると、早速ホントウアカヒゲが出迎えてくれました
a0052080_11052850.jpg






ポールの上には何回も・・・
a0052080_21244976.jpg






ちゃんとわれわれのことを考えてステンレスポールの無い場所にも止まってくれました
a0052080_11284916.jpg






階段を登りながらまるでナビゲートしてくれてるみたい
a0052080_21292967.jpg






止まるのは暗い所ばかり
a0052080_21290828.jpg






やっと明るい枝にも
a0052080_21250986.jpg







折角ズームレンズを持参したのでズームアップと。。
a0052080_11315066.jpg







ズームアウトを。。
a0052080_11315157.jpg

 6月27日から7月1日の沖縄本島旅行の写真に戻ります。

 6月28日、沖縄本島2日目(探鳥初日)は午前4時起床午後12時過ぎ就寝というハードな一日でしたから、この日(29日)は早朝探鳥は取り止めました。
 午前7時に起きて宿で朝食。8時に出発です。エアコンは弱運転でつけっぱなしで寝たせいか?身体が重くだるいです。でもエアコンを切っていたらきっと眠れず起き上がれなかったと思います。

 本日はまず、観光名所でもある比地大滝へ行ってみました。ここは入口にキャンプ場があり、そこから滝壺まで整備された遊歩道を歩いて行けるとのことで、野鳥撮影に向いた開けた場所があると思ったからです。前日はジャングルの狭い林道で生い茂る木の葉に邪魔されてしっかりと撮れなかったホントウアカヒゲが主な目的でした。

 入口のキャンプ場から滝壺までは片道40分、休憩も居れて往復1時間半の行程とありました。自分たちはその行程を鳥を探しながら3時間くらいかけて歩きました。遊歩道は階段のアップダウンの連続で、頭から水をかぶったように汗が出ました。真夏の比地大滝はあまりお勧めできません。途中の渓流で遊ぶ家族連れが羨ましかったです。

 チャンスがあればノグチゲラにも出会いたいと思いましたが、こちらはダメでした。(likebirds夫)

 

by likebirds | 2016-07-26 06:00 | 沖縄本島旅行 | Comments(14)
Commented by よっちゃん3 at 2016-07-26 06:09 x
likebirds さん: おはようございます。よっちゃん3 です。

ホントウアカヒゲをじっくり観察出来て、本当に良かった
ですね。この場所を選択された狙いがばっちり的中しまし
たね。流石です。しかし、この時期の沖縄での撮影は暑さ
との闘いのようですね。熱中症も留意しなければなりません
ね。ご苦労が十分に伝わって来ました。お疲れさまでした。

では、また。
Commented by youshow882hh at 2016-07-26 11:27
おはようございます。ゆーしょーです。
比地大滝付近にホントウアカヒゲが多く居るのですね。
遊歩道に入るとすぐにホントウアカヒゲと出合えたのですね。
ホントウアカヒゲはコマドリと近縁とのこと。
楽しい鳥見でしたね。。
Commented by brubru at 2016-07-26 20:00 x
こんばんは
この鳥はほんと可愛いですね・・
どこかで見たことがあるような、でも見たこと無いような
冬にはもっと南に渡っていくのでしょうか?
一度会ってみたくなりましたw

緑もなんか若葉の色で暑い感じがしませんが
エアコンかけっぱなしの睡眠はほんと辛いですよね。
Commented by at 2016-07-27 10:43 x
おはよう、ございます。ブログ拝見してます。素晴らしい写真をありがとうございます。暑い日が続きますがお身体を、大切にお過ごし下さい。嶺
Commented by likebirds at 2016-07-27 10:48
よっちゃん3さん。コメントありがとうございます。
この滝は鳥見と観光が同時にできてとても良い場所だと思います。
亜熱帯植物が密生していて、九州以北の滝とは趣が違って異国情緒
たっぷりです。場所柄、アメリカ人の家族連れも観光に来ていました。
小さな離島と違って本当は大きいので海風が吹き抜けるわけではない
ので真夏の高温多湿の時期はかなり身体には厳しかったです。
もう若くないな~と実感させられました。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2016-07-27 10:54
ゆーしょーさん。コメントありがとうございます。
ホントウアカヒゲはやんばる地域全体に居るようですが、撮影する
のに見通しの良い場所ということで比地大滝を選びました。
林道などを回ってみてもホントウアカヒゲの声や気配は感じる場所
が多かったのですが、枝や葉に遮られてしっかり見ることが出来な
い場所が多かったです。その点、この場所は遊歩道からの見通しが
良くて助かりました。
仰せの通りコマドリの近縁です。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2016-07-27 10:59
brubruさん。コメントありがとうございます。
この可愛いホントウアカヒゲはコマドリの近縁ですが、渡りを
せずに沖縄本島の留鳥です。留鳥なので奄美大島のアカヒゲと
は亜種違いの独自の進化をしたのでしょうね。
猛烈な暑さに苦労しながら撮影をしたのですが、この鳥に限ら
ずどの鳥の写真も涼しげに写っているので首をひねっています。
(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2016-07-27 11:02
嶺さん。コメントありがとうございます。
写真はセンスがないのであまり素晴らしくはないのですが、見
ていただいて嬉しいです。
暑い中でもこの数日は少し涼しい日だったのですが、また暑く
なる予報ですね。
嶺さんも無理なさらずに鳥見に精を出してください。(likebirds夫)
Commented by トシ at 2016-07-27 20:56 x
ホントウアカヒゲとても綺麗に撮られましたね。
暗い場所の様で、悪条件の中よくもこれだけしっかりと撮られたと感心しました。
ズームアップの写真は目がキラキラと輝く黒で魅かれる思いです。
ズームアウトの写真も同様です。
観光名所の場所でこれだけの鳥が撮れるとは信じられないです。
お疲れ様でした。
Commented by 横浜のうさぎ at 2016-07-27 21:15 x
今晩は
開門が9時でしたよね それにしても滝壺まで行かれるとは流石お二人の熱意は凄いわ
おいらは入って直ぐのキャンプ場のテーブル辺りだけでしたよ(笑)
それでもアカヒゲの番と幼鳥も そーそーここでもノグチケラの番もとりましたね やはり時期が少し違っていたからかな
Commented by likebirds at 2016-07-28 19:53
トシさん。コメントありがとうございます。
コマドリの親戚筋だけあってホントウアカヒゲは暗いところが
お好みのようでした。暗い木の茂った中の道をあるくと、周り
の鳥は逆光になるので困りました。
観光名所なので大学生のグループなどが元気よく笑いながら列
を作って歩くのも困りましたが仕方がありませんね。
女子大生には記念写真のお手伝いなどを頼まれ張り切りました。
(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2016-07-28 20:00
横浜のうさぎさん。コメントありがとうございます。
皆さんこの滝で良い思いをされているので、それにあやかろうと
思って行ってみましたが、大量の汗をかいた記憶が残っただけでした。
まぁ日頃の行いでしょうかね。
先日も別の人にフィールドでまったく同じことを言われましたよ。
「キャンプ場のど真ん中にノグチゲラ居たでしょ!」とも言われまし
たが、「鳥だから飛ぶんです」(笑)  (likebirds夫)
Commented by kenxken_mints at 2016-07-29 23:12
アカヒゲさん 会いたい鳥さんの一つです!
今回の遠征では素晴らしい成果でしたね(*^^*)
Commented by likebirds at 2016-07-30 19:41
kenxken_mintsさん。コメントありがとうございます。
kenxken_mintsさんたちなら沖縄本島へ行けばすぐに会える
と思います。
今年の石垣島への遠征では素晴らしい成果を上げられましたね。
さすがです。(likebirds夫)
<< エリグロアジサシⅡ(沖縄旅行その7) キンムネオナガテリムク >>