カツオドリ② 小笠原・硫黄島3島クルーズツアー(19)航路
 小笠原の航路で一番姿を見せてくれたカツオドリ。
普通の鳥に思えるほど、沢山見ることができました。
海に似合う鳥さんでした。(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください





母島港の奥の浜でカツオドリが漁をしていました
a0052080_18043247.jpg







待っていると豪快なダイブも見せてくれました
a0052080_18043204.jpg







父島景勝地のハートロックとカツオドリ
a0052080_18045858.jpg






船のマストに止まって、ちゃっかり休憩を兼ねて魚を狙います。
a0052080_16043561.jpg






空もカツオドリも夕焼け色に染まってました
a0052080_16050810.jpg

 9月の小笠原旅行の報告を再開します。 ぐずぐずしている間に2ヶ月経ってしまいましたので、だいぶ記憶が薄れて来て
いて手帳を頼りにキーボードを叩いています。
 旅行初日と最終日を除いて、カツオドリはずっと姿を見せ続けてくれました。他の海鳥の出が悪かったり、遥か遠くでよく
見えなかった時間帯を埋めるようにカツオドリが目を楽しませてくれました。
 誰にとってもとても分かりやすい鳥なので、ガイドさんの声に耳をそばだてたり、ズボンのポケットにネジ込んだ「海鳥識
別ハンドブック」を引っ張り出して四の五の頭を悩まさずに無条件で楽しめるのが良かったです。
 茶色の身体に陶器の仮面を被ったような無表情の顔で我々の目の高さを悠々と飛んでビー玉みたいな目でこちらを見たり、
突然身を翻して急降下してドボ~ンを見ていると気分爽快でした。(likebirds夫) 

by likebirds | 2017-11-16 05:00 | 小笠原諸島・航路 | Comments(8)
Commented by youshow882hh at 2017-11-16 20:40
こんばんは。ゆーしょーです。
小笠原の航路で、一番姿を見せてくれたのが
カツオドリなのですね。
そしてカツオに限らず、魚類が好きな鳥なのですね。
マストにとまったカツオドリをじっくり見ました。
今まで見たことがない容貌です。
Commented by トシ at 2017-11-16 22:32 x
カツオドリは小笠原航路では普通に見られるのですね。
特徴ある嘴が魅力的な仮面顔です。
マストに止まっている姿は近くで撮られてだけにクッキリと綺麗な姿です。
ハートロックという赤いハート型の岩が印象的ですが、その前を飛ぶ写真は良い記念になる写真ですね。
夕焼けに染まる姿は仮面顔と翼下の白部分が淡い朱色に染まって綺麗です。
カツオドリの漁や豪快なダイブなど種々の姿を捉えられて素晴らしいです。
Commented by よっちゃん3 at 2017-11-17 08:32 x
likebirds さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

カツオドリ、実に趣のある顔つきをしてますね。
まだ実物を見たことはありませんが、一目で気に入って
しまいました。今回も、電柱の上に止まっている顔は
秀逸だと思いました。勿論、島影を背景にした飛翔写真
などは言うまでもありませんが・・・。

さて、今日もいくつかの検査が予定されてますが、
メインは造影剤注入によるCT画像の撮影です。これで
現在の冠動脈の様子がはっきりするわけで、手術日や
手法が決まると思っております。この検査のために、
今朝は食事抜きだそうです。

では、また。
Commented by likebirds at 2017-11-20 15:30
ゆーしょーさん。コメントありがとうございます。
今回の小笠原航路では鳥の出ない時間帯もかなり多くて島も見えない
丸い水平線を眺めることもありました。
そんなときに現れてくれたのがカツオドリでした。昔はカツオ漁の
漁師たちがカツオの居場所を教えてくれる鳥で名付けたそうですが
もちろん他の魚も豪快な漁で捕えます。
今回見たのはカツオドリのトビウオ漁でした。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2017-11-20 15:37
トシさん。コメントありがとうございます。
今回の小笠原旅行5泊6日では初日と最終日以外の4日間は
すべてカツオドリが目を楽しませてくれました。
ずっと船に付いてくるように寄り添いながら飛び、ときどき
休憩のためか船のマストにとまってまた飛び出していきました。
ハートロックの前を飛ぶカツオドリは狙って撮りました。
狙わない時は良いところを飛ぶのですが、ファインダーで追うと
違うところを飛んで苦労をしました。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2017-11-20 15:44
よっちゃん3さん。コメントありがとうございます。
カツオドリの顔は見ていると西洋鎧の鉄仮面を想像させられます。
あの無表情が不気味でもありひょうきんでもあると思います。
よっちゃん3さんにも一度見ていただきたいものです。
船からでなくとも九州では港湾の陸地からでも十分近くで見ることが
できます。長尺のレンズにはもってこいの被写体だと思います。
出掛けていてRESが遅れて申し訳ありませんでした。
もう造影剤CTは済んだのでしょうね。手術が上手くいって一刻も
早く元のお元気なよっちゃん3さんに戻ることを祈っております。
(likebirds夫)
Commented by taiai1030 at 2017-11-21 12:40
今日はlikebirdsさん。
カツオドリはユニークな顔で、本当に仮面をつけているようで、マストに止まるとは人を恐れずですね。
カツオドリが、群れで海中に飛び込み、魚を取るシーンはTVで見たことがありますが、こんなにはっきりと顔を見たのは初めてでした。
流石です。
taiai
Commented by likebirds at 2017-11-22 11:01
taiai1030さん。コメントありがとうございます。
カツオドリはあの鉄仮面で顔から海面に猛スピードで突っ込む
ことが出来るそうです。
面の皮の寿命が鳥の寿命になることもあるそうです。
船のマストに休憩でとまってくれることがあると聞いていましたが
実際にとまって一休みしているのを見ることが出来て嬉しかったです。
(likebirds夫)
<< タゲリ クロハラアジサシ  >>