ハクガン 3
 八郎潟から車で30分ほどの小友沼がハクガンの塒と教えていただき、早速行ってみました。
日没直後に現地に着きましたが、人は誰もいなくて、観察小屋の鍵もかかっていました。
塒入りのハクガンを見ることができなかったので、翌朝4時半起きで塒立ちを見に行きました。
この日はどんよりしていて、ハクガンはまだ沼にいてくれました。
薄暗い中でも白い姿はとても目だって良く見えました。
「さぁ!」と撮影場所を移動したとたんに「がーがー」といっせいに鳴きながらハクガンたちは飛び立ってしまいました。
力が抜けてしまいましたが、塒のハクガンを見ることができたので嬉しかったです。
(likebirds妻)





写真をクリックして拡大画像をご覧ください






日の入り後の小友沼のマガンの塒入りです
a0052080_20483730.jpg







真っ暗になるまでに塒入りしたのはマガンだけでした
a0052080_20503940.jpg







ここからは翌朝です 夜明け前の塒立ちです
a0052080_21013084.jpg







マガン、ハクガンの大群が塒の沼から飛び立ちます
a0052080_21035608.jpg







一斉に飛び立つハクガンやマガン
a0052080_21064727.jpg







しばらくするとハクガンたちは少しづつ沼に戻ってきました
a0052080_21091567.jpg






再び大集合
a0052080_21182967.jpg




 八郎潟に到着早々にハクガンに出会えたことで気が楽になりました。再び野鳥観察舎の戻り、管理者のKさんにご挨拶し、
25kmほど北にある塒の沼について教えて貰いました。それは小友沼で雁達の越冬・中継地として秋田の観光案内にも載っ
ています。
 早速、夕方に訪ねてみましたが少々迷って日没直前になりました。カメラマンはゼロ。不思議に思いながらハクガンを待ち
ましたが、塒へ来たのはマガンだけでした。周囲が真っ暗になってしまうので仕方なくホテルへ向かいました。
 翌朝は早起きをして日の出前に沼へ着きました。カメラマンは10人以上集まっていました。雁達は空がほのかに明るくな
る日の出前には沼から鳴きながら飛び立っていきました。これでは暗くて写真どころか肉眼でもよく見えません。
 何とか撮った日の出直前の写真を数枚UPしました。これで塒立ちの雁達とはバイバイだと思ったのですが、ハクガンやマ
ガン達は空を一回りして沼へ戻ってきました。
 少し明るくなった沼に浮かぶハクガンの写真も撮ることが出来ました。最後の写真で、手前側にハクガンが、向こう側にマ
ガンが密集して並んでいるのがご覧になれると思います。
 さあ、少し明るくなったところでハクガンの沼面からの飛び立ちを撮ろうと思い、より良い場所へ三脚を移動中に飛ばれて
しまいました。あああああ!と思いましたが後の祭りでした。
 この朝は地元でここから車で5分の場所にお住いのKさん(野鳥観察舎の監理員のKさんとは別人です)にお会いしました。
Kさんは我々夫婦が東京からハクガンを見に来たと知って、その後午前中いっぱい八郎潟のハクガンを一緒に撮影したり、ハ
クガン以外の野鳥ポイントを何か所も案内していただきました。初対面で他所者の我々にこれほどの親切をしていただき感激
しました。
 塒立ちを見に翌日も行きましたが、夜明け前に雁達は飛び去ってしまっていて沼は空っぽでした。快晴の朝は夜明け前に空
が明るくなるので塒立ちも早いのかもしれません。翌々日は雨のため中止しました。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-12-07 05:00 | 秋田旅行 | Comments(2)
Commented by トシ at 2017-12-09 06:24 x
最後の写真では、手前にハクガンが並び、その数の多さが良く分かります。
居る所には居るんですね~と感慨と驚きが入り混ります。
塒入りやねぐら塒立ちを狙って早朝から夕方遅くまでお疲れ様でした。
暗くて粗れた写真でご苦労が良く分かります。
ご夫妻のお人柄が地元の方との交流を円滑にされ良い結果が生まれましたね。



Commented by likebirds at 2017-12-09 11:49
トシさん。コメントありがとうございます。
最後の写真はハクガンやマガンの大半が餌場へ飛び去ってしまった後に
一部だけが戻って来たものです。沼周辺が真っ暗なうちから飛び出して
行ってしまったので手も足も出ませんでした。
伊豆沼のときとはまったく環境が違っていて戸惑いました。
地元の方にはとても親切にしていただきいっぺんで秋田県が大好きに
なりました。(likebirds夫)
<< ハクガン 4 男鹿半島のなまはげ ハクガン 2 >>