サシバ
 周囲に新興住宅街がどんどん広がり、僅かに残った貴重な谷戸田に今年もサシバがやって来てくれました。
新緑の森と田んぼにカエルの鳴き声が響いて賑やかです。
朝の田んぼで、サシバのオスのかっこいい狩を見ることができました。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください


いきなり急降下
a0052080_22141418.jpg







a0052080_22143939.jpg







a0052080_22145710.jpg






翼を広げて案外ふわっと
a0052080_22151677.jpg






着地です
a0052080_22162209.jpg







頭を草の中に突っ込んで。。。
a0052080_12094966.jpg







何かを捕まえました 咥えています
a0052080_12155339.jpg







直ぐに飛びあがります
a0052080_12133010.jpg








a0052080_12133152.jpg







猛禽らしい良い表情だと思います
a0052080_12133147.jpg








a0052080_12133207.jpg







獲物を咥えたまま飛び去りました
a0052080_12133277.jpg







獲物はカエルでした  空へ舞い上がってメスのもとへ。。
a0052080_12133263.jpg





このメスがここのサシバのオスのお相手のようです
a0052080_22160697.jpg





飛んでいるメス
a0052080_22165128.jpg

 恒例の北印旛でサシバを見ました。 今回は朝ばったり出会った鳥友も一緒です。 鳥友は我々よりも鳥の動きへの反応が1秒位も速くて
舌を巻くと同時にちょっぴりコンプレックスを抱きました。集中力なのか運動神経なのかわかりません。
 写真はサシバのオスの狩りの様子です。青い鉄柱から耕作直前の田圃に飛び降りてカエルを捕まえ飛び去りました。 飛び出しから田圃までは
他所見をしていて撮り逃しましたが、likebirds妻がちゃんと連写で撮っていました。 そこからはピントが来なかったそうです。ですが田圃から
飛び去りまでは私が追いついて連写していました。 狩りの写真の前半はlikebirds妻。後半はlikebirds夫の撮影です。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-04-18 06:00 | 野鳥観察 | Comments(14)
Commented by よっちゃん3  at 2017-04-18 06:38 x
likeibirds さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

この日は、大変お世話になりました。この場所へ来るのは
3度目でしたが、2度目までは全くカメラマンが居らず、
非常に穴場的な場所だと思ったのですが、この日は、結構な
数のカメラマンが居ましたね。やはり繁殖期に来ると、多く
のカメラマンが居ることを認識しました。
さて、今回の写真を拝見して、ある行動の一部始終を撮影し
ておくことは、大変重要であると思った次第です。サシバが
餌を見つけ、捕獲し、そして飛び去る。この行動を全て撮る
ことは、大変難しいと思いますが、やはりそれら全てがつな
がった行動なのですね。お見事でした。そういえば、私が
シャッターを押し終えた後も、ずっとシャッター音が聞こえて
いましたね。流石です。見習わなければと思いました。

では、また。
Commented by likebirds at 2017-04-18 18:42
よっちゃん3さん。コメントありがとうございます。
こちらこそ、ご一緒させていただいて楽しい鳥撮りが出来て
ありがとうございました。
この場所へは毎年のように来ていますが、いつも我々の他には
一人か二人のカメラマンが居るだけで今回のような多数に出会った
のは初めてです。有名になったということかもしれません。
野鳥の識別などについては詳しくないので、撮影時には可能なら
一連のストーリーを撮ろうと思っています。(それほどの大袈裟
なものではありませんが) 
私たちもよっちゃん3さんを見ていて学ばなければいけないと
思ったことが多数ありました。切磋琢磨していけると良いですね。
(likebirds夫)
Commented by kenxken_mints at 2017-04-18 22:16
likebirdsさん こんばんは^^
素晴らしいサシバですね♪
蛙を咥えての飛翔・・ピントも解像も素晴らしいです^^
Commented by youshow882hh at 2017-04-18 22:34
こんばんは。ゆーしょーです。
ここ数年、カエルの鳴き声を聞いてませんね。
田舎で住んでいた頃は毎晩聞いたのですが。
3枚目の正面からの手(羽)を広げた写真を
初めて見たように思います。
とてもいい場面を撮りましたね。
カエルの鳴き声というヒントから、捕らえた獲物は
カエルではないかと思ってましたが、13枚目で
カエルだということが分かりました。
餌になった可哀相なカエルです。
Commented by likebirds at 2017-04-19 21:04
kenxken_mintsさん。コメントありがとうございます。
人里に住むサシバは地味な猛禽ですが、身近に感じられ好きです。
決めている訳ではありませんが、ほぼ毎年見に行っています。
カエルやトガゲ、ヘビが主な食べ物ですから、豊かな耕作地が
必要です。サシバが居るということが豊かさの証拠です。
(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2017-04-19 21:10
ゆーしょーさん。コメントありがとうございます。
田舎に行かなければカエルの声は聞こえませんね。
カエルの声が煩くて眠れないなどということは昔の記憶だけに
なりました。
3枚目の地上に降りる寸前の写真はlikebirds妻の撮ったものです。
いつもは獲物を狙ってサッと地上に下りることが多いですが、
今回は案外ふわりと舞い降りました。
餌になったカエルはお気の毒です。(likebirds夫)
Commented by トシ at 2017-04-19 22:35 x
ご夫婦連携でサシバの狩りを連携して撮影は流石です。
しかし、飛び出しから、獲物を咥えて飛ぶまでしっかりとピントが来ていて素晴らしいです。
私は連写しても全てピントが合う様な事はありません。たまたま1、2枚に合っていたという様な感じが多いです。
ご夫婦共に凄いです。
Commented by taiai1030 at 2017-04-19 23:45 x
今晩はlikebirdsさん。
サシバのカエル狩りすばらしいですね。
二人三脚で夫婦撮りの作品とは、技を使いましたね。
真下からの作品は惚れ惚れします。
流石です。
taiai
Commented by AIR田 at 2017-04-20 13:01 x
こんにちは。
カエルを咥えて飛び上がる表情がとてもかっこいいです!
こういった動きのある写真を撮るのが苦手なので、とても憧れます……。

Commented by likebirds at 2017-04-21 10:14
トシさん。コメントありがとうございます。
意図的に連携したわけではありませんでしたが、結果的に一連
の写真になってくれていました。
連写中の写真にはピントの大甘も何枚も混じっていました。これは
ピントの合っているものを抜粋したものです。
(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2017-04-21 10:19
taiai1030さん。コメントありがとうございます。
たまたま連続的に撮影した時にサシバの狩りが成功して運が良かったです。
意図的に二人三脚技を使ったのではなく、結果的にうまく繋がったという
ことです。
サシバが少しウロウロしてから空に舞い上がったので撮ることが出来ました。
カエルのあまりにリアルな写真はUPしませんでした。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2017-04-21 10:23
AIR田さん。コメントありがとうございます。
サシバの精悍な表情が好きで毎年見に行っています。
私も動きの有る物の撮影は苦手です。でも少しづつ撮っているうちに
なかにはそれなりに見える写真も混じるようになりました。
たぶん、慣れの問題だと思います。(likebirds夫)
Commented by brubru at 2017-04-21 21:03 x
こんばんは
そうですねえサシバの住む場所も減ってますよね。
栃木の友人がサシバの交尾だの色々送ってくれるんで指をくわえて見てますが(笑)
僕も早くサシバに再会したいなと思っています。

古い記事で恐縮ですが養老牛でのシマフクロウお見事でした
暗いとかガラス越しとかご不満もありましょうが(笑)
そのオーラが充分伝わってきて鳥肌もんでした。
あそこに実際いらしたlikebirdsさんがとっても羨ましいと思いましたw
アオシギも良かったですね。鳥が少ないとか色いろありましたがなんだかんだ北海道は凄いと思いましたw
Commented by likebirds at 2017-04-22 18:18
brubruさん。コメントありがとうございます。
以前はサシバと言えば、神奈川県の都市公園へ見に行っていたものですが、
営巣が途絶えてしまって残念でなりません。
サシバは人間と共生して生きる鳥ですから、里山が減るとサシバも減って
しまうのでしょう。

養老牛温泉「だいいち」さんでのシマフクロウの撮影は、一般的に言われる
野鳥撮影とはいささか違っていますから好き好きがあるとおもいます。
野鳥撮影旅行の中での静養や、骨休めのご家族でのご旅行などには最適だと
思いました。(likebirds夫)
<< コシャクシギ ユリカモメ、モモイロペリカン >>