2007年 06月 27日 ( 1 )
ツミ♀
 木立の中には、ツミの雄がずっといましたが、雌は餌の受け渡しの時とカラスが現われた時だけやってきました。
大きな瞳の可愛い雄に比べて、体が大きくて鋭い目の雌は「かかあでんか」みたいに見えました。
 本当のところは、猛禽の雌は巣を守るために体が大きく、雄は狩をする為、敏捷に飛べるように小さいのだそうです。
小鳥は女の子が可愛いのに・・・猛禽はちょっと別ですね。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mm
a0052080_20215546.jpg


likebirds夫;30D+500mm ファインダーを覗いた時、胸から腹にかけての横縞が目に入り「あっカッコウだ」と思いかけました。そんな訳ないのに。
a0052080_20221353.jpg


likebirds妻;30D+400mm  雄が運んできた餌を平らげる雌
a0052080_2022291.jpg


 印象ではツミの雄がかわいそうなほど雌は大きかったです。この後ポツポツ雨が降ってきましたので引き上げました。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-06-27 20:40 | 野鳥観察 | Comments(12)