2017年 02月 27日 ( 1 )
冬の北海道旅行 その17 (花咲港 コオリガモ、ウミアイサ)
 納沙布岬は雪がどんどん激しくなり、ハシブトウミガラスも見ることができたので、花咲港へ行ってみることにしました。
横なぐりの雪が吹き付ける港では、コオリガモやウミアイサ、スズガモなどがのんびりと泳いでいました。
雪が吹き付けて撮影は大変でしたが「北国にやってきた」ことを強く感じることが出来ました。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



納沙布岬の後に寄った雪の降り続く花咲港
a0052080_23084389.jpg






コオリガモオス、雪が激しく降っています
a0052080_22343012.jpg







若い雄ですね  短い尻尾がキャワユイです
a0052080_22350012.jpg







若い雌だと思いますが。。
a0052080_23112262.jpg







オスとメスがすれ違い
a0052080_22352811.jpg







羽ばたきもせず、突然身体を立たせる雌  雄は無反応
a0052080_23123017.jpg







若いオスとメスが並びました
a0052080_22354294.jpg







若い雄の前でも、また突然身体を立てました
a0052080_23130288.jpg







ウミアイサオス、雪でパンクへァーもぺしゃんこ
a0052080_22361156.jpg







ウミアイサメス、背中には雪が積もって・・・
a0052080_22362314.jpg






スズガモの群れにキンクロハジロが混じっています  かなり紛らわしいです
a0052080_19031036.jpg


 

 1月に行った道東旅行の写真をUPしています。
 1月19日、珸瑶瑁漁港でエトロフウミスズメをタッチの差で振られどん底気分。 納沙布岬でハシブトウミガラスの初見
初撮りで有頂天と上下の多い昼まででした。
 雪が止む気配が無いので昼過ぎには引き上げることにしました。 引き上げるにしても、そのまま宿泊先に帰るのはあまり
にも芸が無いので、かの有名な花咲漁港へ寄ることにしました。 花咲蟹の名前の由来は漁獲地の花咲魚港だという説も有力
らしいです。 岬の先端と比べると、花咲港の体感温度はかなり楽でした。
 車の窓から港の海を眺めるとたくさんのカモが浮かんでいて、その中にコオリガモも混じっていました。 コオリガモは以
前に雌も雄も銚子アリーナで迷鳥を見たことがありましたが、雪の中で見るその雰囲気はやはり違っていました。 (likebirds夫)

by likebirds | 2017-02-27 21:48 | 北海道旅行 | Comments(10)