2017年 03月 07日 ( 1 )
冬の北海道旅行 その22 (野付半島)
 野付半島を縦断する細長い道をひたすら走って、小鳥の姿を探しましたが
残念ながら、小鳥の姿を、見ることはできませんでした。
抜けるような青空、美しい雪景色、ときどき車を止めては景色に見入りました。
(likebirds妻)
                                                                                                                             


写真をクリックして拡大画像をご覧ください




根室から野付半島へ向かう途中、別海町で寄り道
a0052080_22591839.jpg







樹氷です
a0052080_23012025.jpg







花が咲いたような美しさでした
a0052080_23022829.jpg







エゾフクロウには振られましたが。。
a0052080_23044412.jpg







野付半島です  振り向くと知床連山
a0052080_23074815.jpg







野付でも小鳥は居ませんでした
a0052080_23090566.jpg







電柱にオオワシが1羽
a0052080_21490346.jpg







こちらの動きを見ていて、すぐに飛びます
a0052080_22170921.jpg







牛ほどもありそうな巨大な雄鹿  対岸の国後島はすぐそばです
a0052080_22275986.jpg






雪原をエゾシカの群れが歩いていきます
a0052080_22192849.jpg







対岸は尾岱沼
a0052080_22220325.jpg







エゾシカ雄
a0052080_21491603.jpg







ここから先は轍も靴跡も無い世界です  雪が深く引き返します
a0052080_23102057.jpg







引き上げる途中で子ぎつねが走り出してきました  綺麗な毛並みでした
a0052080_23145571.jpg







子供を守るように母ぎつねが遮りました
a0052080_23145654.jpg




 1月に行った道東旅行の写真をUPしています。
 釧路でタンチョウ、風連湖でオオワシとオジロワシ、漁港巡りではコオリガモ、そして何といっても念願のチシマウガラス
に出会うことが出来て気持ちに達成感出て来てしまい、疲れもあって集中力が途切れ気味は否めません。
 春国岱では小鳥に出会うことは出来ませんでした。 道東へ来てから未だに小鳥に出会っていません。 釧路から根室へ来
るときに野付半島を経由してきたのですが、小鳥を探しにもう一度訪ねてみることにしました。
 野付のネイチャーセンターで様子を聞くと、やはり積雪のため小鳥の餌が無いのでみんな居なくなってしまったとのことで
した。 平年より多い積雪のため漁業も休みで、魚が無いために猛禽も居ない、と言われました。 見るものが無いので誰も
来ない。 誰も来ないから情報もない。 だからと言って先端まで行ってみても何も居ません。 脱力するような説明を聞き
ました。 通行許可証を貰う時には、車が動けなくなっても助けに行けないとも言われました。
 それでも除雪された道をゆるゆると進んでいくと電柱にオオワシの成鳥が1羽だけ止まっているのを見ました。 レンズを
向けたら飛ぶだろうと思いながらシャッターを切るとやっぱり飛んで逃げました。
 北海道在住の方たちがここで撮っている角の立派な大きな雄鹿を自分たちも真似して撮ってみました。 四足を撮るのは慣
れていないので難しかったです。
 除雪された道の先端まで車で行って、その先は足跡もないところを歩いて進みましたが雪が膝より深く、結局諦めて引き返
しました。 戻る途中で子ぎつねが走り出てくるのを見つけました。 夏にキタキツネ見たときには痩せて元気が無いキツネ
ばかり見ましたが、この子は良く太って毛並みにも艶がありました。 しばらく走ったりしているのを撮っていると、母親ら
しきキツネが出て来て子ぎつねと自分たちの間を遮るように立ってこちらを向きました。 おそらく子供を守ったのだと思います。
(likebirds夫)

by likebirds | 2017-03-07 07:29 | 北海道旅行 | Comments(8)