2017年 03月 18日 ( 1 )
コミミズク
  一面菜の花の土手にやってくるコミミズクを、初めて撮りに行きました。
土手に座ってコミミズクを待っていると、菜の花の香ばしい匂いが漂って、ウグイスの初鳴きも聞こえました。
コミミズクも何度か飛んでくれて、楽しめました。
(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください




a0052080_16563268.jpg








a0052080_16564701.jpg








a0052080_16571394.jpg








a0052080_16573530.jpg








a0052080_16575414.jpg








a0052080_18190668.jpg








a0052080_18212856.jpg








a0052080_18231305.jpg








a0052080_18251235.jpg








a0052080_18273572.jpg








a0052080_18291061.jpg







スマホで撮影
a0052080_18291895.jpg


 久しぶりのヤツガシラを見た後は渡良瀬遊水地の土手へコミミズクを見に行きました。 この場所は友人のお勧めの場所で
菜の花の上をコミミズクが悠々と飛ぶ姿が見られるとのことでした。 菜の花を背景にしたコミミズクはネットなどで見た
ことがありましたが、自分は初めてでした。
 土手に上がって斜面を見下ろすと一面に菜の花が広がっていて眩しいほどでした。 これなら簡単にコミミズクと菜の花が
撮影できるだろうと思ったら、それほど甘くありませんでした。
 まず、コミミズクは狩りのため勝手気ままに飛び回るので良いアングルの場所へは来てくれません。 もうちょっと近づいたらとか、
もうちょっと菜の花の密度が濃いところへ来たらとか、枯草の面積が多すぎるとか考えていると全然撮れません。
絶好の位置に来ることなど一瞬だけで、良し!と思った時には既に遅しです。
 こっちへ来い! もうちょっと来い! などと心で叫んでいて、今だ!と思ったとたんにポワ~ンとAFがはずれます。
背景が葦だったり、枯草だとはずれないのに、菜の花背景に限ってピンボケになり困りました。
 今までは鳥を綺麗に撮ることに夢中で、背景などはあまり気にしませんでしたが少し欲が出てくると撮影の難易度は急上昇
します。まだまだ修行が足りません。(likebirds夫)


by likebirds | 2017-03-18 12:00 | 野鳥観察 | Comments(14)