2017年 03月 30日 ( 1 )
冬の北海道旅行 その31 (養老牛 シマフクロウ 2)
 シマフクロウは対岸の木の枝にじっと止まってなかなか飛んできませんでした。
少し緊張が緩んだ頃、ふわりと庭の生簀にやってきました。
窓の直ぐそこに止まったシマフクロウは驚くほどの大きさでした。
「シマフクロウが来ました」との旅館の人の声にロビーにいた人たちも集まってきました。
周り中が「おおきいー」「すごい!」という感嘆の声でいっぱいでした。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください




4時半過ぎ シマフクロウが生簀にやって来ました
a0052080_14140348.jpg







周囲を確認してから
a0052080_14160116.jpg







飛び込みました!
a0052080_14164622.jpg







飛び込んだ瞬間は目を閉じています
a0052080_14164649.jpg







生簀のヤマメを掴んでそのまま飛び去りました  エゾクロテンの出現で逃げたようです
a0052080_14164716.jpg







約一時間後の5時20分過ぎ
a0052080_17131640.jpg







耳羽を立てています  この後飛び込みましたが写真はブレブレ
a0052080_17544289.jpg







その場で魚を食べました
a0052080_17125202.jpg







周囲を気にしながら、飛び立つタイミングを見ているようでした
a0052080_17133765.jpg


 今年1月の道東旅行の報告です。 
 宿の人が庭の外灯を灯し、生簀にヤマメを入れました。 しばらくするとシマフクロウが窓辺にとんできました。
自分の場所からは数メートルです。 以前に羅臼で見たときにはこれほど近くではなかったので凄い迫力でした。
 100-400ズームレンズのワイド端付近で撮らなければフレームアウトしてしまいます。 外灯も羅臼のようなストロボ照明
ではないのでシマフクロウに動かれるとブレてしまいます。 
 ガラスの外には絶滅が危惧されているクロテン(亜種エゾクロテン)がウロウロすることがあります。そんなときはシマフクロウ
は離れた枝に止まって決して近づいてきません。 テンはシマフクロウにとって天敵とのことです。
 そんな悪役のテンですが、これがまた可愛いので家族連れには大人気でした。クロテンの写真は後日UPします。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-03-30 05:00 | 北海道旅行 | Comments(10)