2017年 04月 17日 ( 1 )
ユリカモメ、モモイロペリカン
 早朝の印旛沼は冷たい風が吹いて、湖面は朝日で輝いていました。
目当てだったサンカノゴイは声だけでしたが、夏羽になったユリカモメや未だ残っていたカモたちを見ることができました。
モモイロペリカンのカンタ君も桃色になっていました。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください



沼の周囲をユリカモメが颯爽と飛び回っていました
a0052080_23365307.jpg






夏羽のユリカモメ、可愛いです
a0052080_23371592.jpg






頭が真っ黒  すっかり夏羽です
a0052080_07475553.jpg






この子の顔はマダラ模様で夏羽に換羽中
a0052080_23303710.jpg







カルガモの群れにマガモが1羽(右から2番目)
a0052080_07492129.jpg







は~るか遠くにヨシガモのペア
a0052080_07511020.jpg







チュウヒもまだ残っていました
a0052080_07535836.jpg







セグロカモメ。。
a0052080_07560189.jpg






おかっぱ頭のカンタ君
a0052080_23305997.jpg



 4月14日の早朝、北印旛沼へ行ってみました。 土手の上に先客がたった一人立っていました。土手下で車を止めカメラや双眼鏡を準備
しながら見上げると、こちらを向いて手を振っていました。 鳥友です。 先月もハイイロチュウヒのフィールドでばったりお会いし、そのあとヤツガシラ、
コミミズクとご一緒させていただいたのでびっくりしました。 どうやらこの日の予定も同様のようで、やっぱりご一緒させていただきました。
 北印旛沼は春霞が薄っすらとかかっていて、ウシガエルの声に混じってサンカノゴイの声も聞こえました。遠くにユリカモメやセグロカモメが
飛んでいました。遥か遠くにはヨシガモのペアも浮かんでいました。 もうとっくに居なくなったと思っていたチュウヒも1羽、湖面を飛んでいました。
 北印旛沼の主(?)モモイロペリカンもピンクの夏羽でした。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-04-17 12:00 | 野鳥観察 | Comments(8)