2017年 05月 19日 ( 1 )
ライチョウ(立山)2
 晴天でも姿を見せてくれたライチョウのオスは動きが活発でした。
ハイマツの中で木の枝の新芽を盛んに啄ばんだり、とことこ歩いて移動したかと思うと、いきなり飛んだりしました。
私たちは、雪の中を行ったり来たり息が切れましたが、ライチョウは本当に魅力的で惹き付けられました。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください





向かいの峰に向かっていきなり飛びました
a0052080_17164504.jpg






雪原に影を落として飛びました
a0052080_16342609.jpg






あっという間に谷を越えて向こうの峰へ
a0052080_17255227.jpg






ライチョウの着地です
a0052080_16344952.jpg






隠れるものの無い雪原をのんびり歩いていました
a0052080_17405300.jpg






息を弾ませながらやっと近づいたとたんに飛ばれました
a0052080_16361509.jpg







雪より白いライチョウが飛び去ります
a0052080_16362749.jpg







登山の人達と雪の急壁面に残るスキーの跡
a0052080_17443529.jpg



 ライチョウの移動は主に徒歩でした。出来ればあまり飛びたくないようにみえました。でも、ライチョウのオスはときどき
突然のように飛びました。ライチョウのオスが縄張りをつくる時期なので、広い縄張りの境界までは遠すぎて徒歩ではとても
廻りきれずに飛ぶのだろうと思いました。
 ライチョウは飛べますが、こちらは徒歩専門です。飛び去ったライチョウをまた撮りたいと思ったら、谷を下り丘を登って
行かねばなりません。下りは足元があやしく、登りは息が切れました。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-05-19 21:16 | 北陸旅行 | Comments(8)