カテゴリ:野鳥観察( 1584 )
コシャクシギ
 昨日、隣県の河川敷グランドにコシャクシギを見に行ってきました。

 その前日、情報をいただいていたので早起きして出発することにしました。ところが、likebirds妻は目覚まし時計の鳴る音

とともにドタキャン。 前日の激しいジムエクササイズの疲れと筋肉痛で起きられないとのことでした。

 今回はlikebirds夫のみの鳥見です。

 早朝、現地について2時間ほど探しましたが見つからず、諦めて帰ってきてしまいました。ところが、11時にコシャクシ

ギが出たとの電話をいただき、あわててまた出かけました。 高速利用で片道1時間15分なので、往復5時間もかけてしまい

ました。 高速料金も馬鹿になりません。

 現地に再び到着すると、20人くらいのカメラマンがグランドを囲むようにして撮影しています。見ると短く刈られた緑の

中央をコシャクシギがのんびり歩いていました。 カメラマンも撮り飽きたのか、雑談交じりで緊張感はありません。

 こんな時には慌てて機材などを落としたり、双眼鏡を忘れたりしないように気を付けて準備してから振り返るとコシャクシ

ギは飛び去った後でした。 どこまで小癪なコシャクシギなんだろうと腹が立ちましたが仕方がありません。

 その後、約2時間待ってやっと8年ぶり2度目のコシャクシギに対面させていただきました。午後から日が照りだして陽炎

に悩まされはしましたが、そんなことを言ってられない気分でたくさん撮りました。(likebirds夫)

 


写真をクリックして拡大画像をご覧ください



コシャクシギ 最初のショットです   待った甲斐がありました 103.png
a0052080_15343152.jpg







グランドの草地を歩きます  ぺんぺん草の花に通りかかるときを狙って。。
a0052080_15371841.jpg







グランドの端まで来たので、飛ぶぞ!と思いました  が、方向違いでした
a0052080_15412250.jpg







予測と違った方向に飛んだので、このあとはレンズで追えませんでした 134.png
a0052080_15475736.jpg







ネットを飛び越えて隣のグランドへ
a0052080_15500043.jpg







足のきちんと見える場所にも来てくれました 104.png
a0052080_16444203.jpg






ブログ写真用のポーズもしてくれました 101.png
a0052080_15510060.jpg







首を傾げて土中の餌を
a0052080_15572264.jpg







間違えて根を掘り出すこともありました  ちょっと笑えました
a0052080_15583793.jpg







今度は餌の虫のようです
a0052080_16003180.jpg







エイッ!と呑み込みました
a0052080_16011842.jpg






餌はたいてい大きなミミズでした
a0052080_16041856.jpg






口を開けて放り込みます
a0052080_16025688.jpg






風が吹くと陽炎が止み、足の鱗が写っています
a0052080_16062891.jpg







ブルブルのポーズ その1
a0052080_16100156.jpg







ブルブル その2    クチバシの長さと顔の長さがほぼ同じ
a0052080_16105389.jpg







傍の人の真似をして手持ちローアングルでしゃがみ込んで撮ってみました111.png  直後に飛ばれました122.png
a0052080_16133289.jpg







立ち上がってコシャクシギを追った時にはもう空抜けでした142.png
a0052080_16183560.jpg







あっという間に飛んで行ってしまいました
a0052080_16225483.jpg







川の対岸です
a0052080_16240607.jpg







最後のショットです  さぁ帰らなくちゃ
a0052080_16250929.jpg

by likebirds | 2017-04-22 17:19 | 野鳥観察 | Comments(4)
サシバ
 周囲に新興住宅街がどんどん広がり、僅かに残った貴重な谷戸田に今年もサシバがやって来てくれました。
新緑の森と田んぼにカエルの鳴き声が響いて賑やかです。
朝の田んぼで、サシバのオスのかっこいい狩を見ることができました。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください


いきなり急降下
a0052080_22141418.jpg







a0052080_22143939.jpg







a0052080_22145710.jpg






翼を広げて案外ふわっと
a0052080_22151677.jpg






着地です
a0052080_22162209.jpg







頭を草の中に突っ込んで。。。
a0052080_12094966.jpg







何かを捕まえました 咥えています
a0052080_12155339.jpg







直ぐに飛びあがります
a0052080_12133010.jpg








a0052080_12133152.jpg







猛禽らしい良い表情だと思います
a0052080_12133147.jpg








a0052080_12133207.jpg







獲物を咥えたまま飛び去りました
a0052080_12133277.jpg







獲物はカエルでした  空へ舞い上がってメスのもとへ。。
a0052080_12133263.jpg





このメスがここのサシバのオスのお相手のようです
a0052080_22160697.jpg





飛んでいるメス
a0052080_22165128.jpg

 恒例の北印旛でサシバを見ました。 今回は朝ばったり出会った鳥友も一緒です。 鳥友は我々よりも鳥の動きへの反応が1秒位も速くて
舌を巻くと同時にちょっぴりコンプレックスを抱きました。集中力なのか運動神経なのかわかりません。
 写真はサシバのオスの狩りの様子です。青い鉄柱から耕作直前の田圃に飛び降りてカエルを捕まえ飛び去りました。 飛び出しから田圃までは
他所見をしていて撮り逃しましたが、likebirds妻がちゃんと連写で撮っていました。 そこからはピントが来なかったそうです。ですが田圃から
飛び去りまでは私が追いついて連写していました。 狩りの写真の前半はlikebirds妻。後半はlikebirds夫の撮影です。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-04-18 06:00 | 野鳥観察 | Comments(14)
ユリカモメ、モモイロペリカン
 早朝の印旛沼は冷たい風が吹いて、湖面は朝日で輝いていました。
目当てだったサンカノゴイは声だけでしたが、夏羽になったユリカモメや未だ残っていたカモたちを見ることができました。
モモイロペリカンのカンタ君も桃色になっていました。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください



沼の周囲をユリカモメが颯爽と飛び回っていました
a0052080_23365307.jpg






夏羽のユリカモメ、可愛いです
a0052080_23371592.jpg






頭が真っ黒  すっかり夏羽です
a0052080_07475553.jpg






この子の顔はマダラ模様で夏羽に換羽中
a0052080_23303710.jpg







カルガモの群れにマガモが1羽(右から2番目)
a0052080_07492129.jpg







は~るか遠くにヨシガモのペア
a0052080_07511020.jpg







チュウヒもまだ残っていました
a0052080_07535836.jpg







セグロカモメ。。
a0052080_07560189.jpg






おかっぱ頭のカンタ君
a0052080_23305997.jpg



 4月14日の早朝、北印旛沼へ行ってみました。 土手の上に先客がたった一人立っていました。土手下で車を止めカメラや双眼鏡を準備
しながら見上げると、こちらを向いて手を振っていました。 鳥友です。 先月もハイイロチュウヒのフィールドでばったりお会いし、そのあとヤツガシラ、
コミミズクとご一緒させていただいたのでびっくりしました。 どうやらこの日の予定も同様のようで、やっぱりご一緒させていただきました。
 北印旛沼は春霞が薄っすらとかかっていて、ウシガエルの声に混じってサンカノゴイの声も聞こえました。遠くにユリカモメやセグロカモメが
飛んでいました。遥か遠くにはヨシガモのペアも浮かんでいました。 もうとっくに居なくなったと思っていたチュウヒも1羽、湖面を飛んでいました。
 北印旛沼の主(?)モモイロペリカンもピンクの夏羽でした。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-04-17 12:00 | 野鳥観察 | Comments(8)
キジ♂
  賑やかなキジの鳴き声がしたので、土手下を見ると大きな畑の真ん中をキジの雄が堂々と歩いていました。
いつもなら警戒心の強いキジですが、この時期は露出が多いです。
派手派手な羽衣のがとても目立ってました。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください



a0052080_21581872.jpg







a0052080_21542428.jpg








a0052080_22070410.jpg







a0052080_21544124.jpg








a0052080_22052931.jpg


 土手の上から春の畑を見渡すと遠くでケーンとキジが鳴きました。 母衣打ちもしてくれず、ただ歩いているだけでした。
 花のところに来るのを待って撮りました。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-04-16 17:30 | 野鳥観察 | Comments(6)
ツミ♀
 芽吹きの爽やかな公園の林で今年もツミを見ることができました。
でも枝でのんびりしてくれたのはメスで、オスは動きが早くて直ぐに飛び去ってしまい、写真を撮ることはできませんでした。
綺麗な新芽色の枝に止まったツミのメスは素敵に見えました。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



居ました、居ました ツミの雌
a0052080_17063761.jpg







a0052080_17003547.jpg







a0052080_17011785.jpg






a0052080_17015472.jpg





可愛いお花も咲いてました
a0052080_18263732.jpg


 昨年に初めて見に行ったツミの居る公園へ行ってきました。 昼過ぎに着いて林の中を歩き回って探しましたが見つけられませんでした。
 上ばかり見て首が付かれてしまいました。 切り株で作ったベンチに腰を下ろして休憩していると一人のカメラマンがやって来て
レンズを上に向けて撮影を始めました。 ツミを見つけたのだろうと思いその人に近づいて尋ねると、とても迷惑そうな顔をされましたが
ツミの雌が居る枝は教えてくれました。(邪魔をしてごめんなさい)
 雄も居て餌渡しや交尾もしていましたが動きが早すぎて撮り損ないました。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-04-15 17:38 | 野鳥観察 | Comments(8)
コムクドリ
 昨日の雨で、桜は散ってしまったかと思いましたが、まだほぼ満開に咲いていてとても綺麗でした。
春爛漫の景色も楽しみながら、桜にやってくるコムクドリを見つけようと出かけました。
出発が遅かったので「だめかなぁ・・」と思いましたが、土手を歩いていて、オスのコムクドリが桜にいるのを見ることができました。
でもほんの僅か枝に居ただけで直ぐに飛び去ってしまい、その後はとうとう見つけられませんでした。
なんとか桜にコムクドリを見ることができて嬉しかったです。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください




たった1羽だけ見つけました
a0052080_21391089.jpg






コムクドリもお花見かな?
a0052080_21390093.jpg






実は最初に撮れたのはホオジロ ガクッ!
a0052080_22082123.jpg


 北海道の旅行報告はちょっとお休みです。
 
 今日は朝寝坊をしてしまいました。 ゆっくり起きて川の堤防の桜並木にコムクドリが来ていないか、夫婦で見に行ってきました。
 土手には同年配のご夫妻(たぶん)が何組か連れだって散策を楽しんでいました。やはり手をつないでいる人はいません。ですよねー。
 ヒヨドリやムクドリ、ハシブトガラスなどは直ぐに見つかりましたが、コムクドリはなかなか見つかりませんでした。
 やっと1羽見つけましたが、太い枝が邪魔して上手く撮れませんでした。初物と言うことで。。。(likebirds夫)


by likebirds | 2017-04-13 05:00 | 野鳥観察 | Comments(6)
カラフトムシクイ
 カラフトムシクイを見るのは6年ぶり、2度目です。
この日は午後から雨が上がるとの予報を信じて出かけました。
現場に到着して10分ほどで、池にせり出したモミジの枝にカラフトムシクイが飛んできてくれました。
でも新芽の中をぴょんぴょんと飛び移って、姿は見え隠れ、
姿を追うのに四苦八苦、思ったとおりの手強さでしたが、可愛らしい姿を撮ることができてとても嬉しかったです。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください



カラフトムシクイはキクイタダキと並んで国内最小(10cm)の鳥です
a0052080_22502566.jpg






太い頭央線
a0052080_22504660.jpg







難しい話はさておき、黄色の腰はカラフトムシクイだけですよね 
a0052080_23191799.jpg









a0052080_19060982.jpg








a0052080_19074615.jpg







鳴いています
a0052080_19070569.jpg







囀りは良く通る甲高い声で「ちゅいちゅいちゅいちゅいちゅいちゅいちゅいちゅい」
a0052080_19082206.jpg








a0052080_19092243.jpg








a0052080_19104642.jpg








a0052080_19123587.jpg








a0052080_19123513.jpg






高い木の中で虫を捕まえました。ムシクイですね^^
a0052080_22510664.jpg


 

 道東旅行報告はちょっとお休みです。

 都内の公園でカラフトムシクイが見られていると連絡をいただき4月8日早速行ってきました。午前中は雨でしたが、予報では
午後から雨が上がるとのことでした。 午前11時過ぎには現地に着きましたが、既に雨は上がって曇り空も少し明るくなっていました。
 カラフトムシクイは以前に柏市の公園で撮影したことがありましたが、起伏の激しい斜面で激しく動き回るのに苦戦して不本意な
写真しか撮れませんでした。
 今回もダメかも知れないと覚悟していきましたが、2か所でたまたま目の前に出てくれて撮影することが出来ました。
 目まぐるしく動き回るカラフトムシクイの姿を撮るのが精いっぱいでした。 なんとかカラフトムシクイとわかる写真がありました。
 贅沢は言えません。
 互いに名のり合うこともなく顔だけ知っている皆さん、お世話になりました。(likebirds夫)

↓[More カラフトムシクイ あと5枚]もご覧ください。



More カラフトムシクイ あと5枚
by likebirds | 2017-04-11 06:00 | 野鳥観察 | Comments(16)
カオグロアメリカムシクイ
 やっと風邪が良くなったので、 カオグロアメリカムシクイを見に行ってきました。
手強い小さな鳥を見ることができるか、とても不安でしたが、幸運にも目の前の廃ボートの上に来てくれました。
ちょこまか動く小さな姿を見たのはあっけないほどの短い時間、とても嬉しい現実に体がふわふわするような、不思議な感覚でした。
(likebirds妻)





写真をクリックして拡大画像をご覧ください




カオグロアメリカムシクイが葦から飛び出てきました  初見初撮りです
a0052080_19414317.jpg







名前通りの顔黒でした
a0052080_19454040.jpg







前に葦の葉が邪魔していますが、かまわず撮ります
a0052080_19474698.jpg







葦のほうを見ています
a0052080_21003979.jpg







真横を向きました  そのあと一旦葦に入りました
a0052080_21030420.jpg








少し待つと再び出て来て、いい塩梅にこちらを向いてくれました
a0052080_19501925.jpg







動作はものすごく素早いです
a0052080_21044731.jpg







つぶらな目が可愛いです
a0052080_21113649.jpg







色は全く違いますが、ツリスガラに似ていると思いました
a0052080_21213056.jpg






少し左側からだと、葦の茎が被りました
a0052080_21321987.jpg







この場面も葦が邪魔しました
a0052080_10212983.jpg







葦の中の感じはツリスガラそっくりでした
a0052080_21090424.jpg







葦の中
a0052080_21125922.jpg


 今年1月の道東旅行の写真をUPしていましたが一時中断して、3月24日(金)に茨城県へ見に行ったカオグロアメリカム
シクイの写真を掲載します。
 だいぶ以前から確認されていたようですが、夫婦で交互に風邪引きとぶり返しを繰り返して遠出することが出来ませんでした。
ぐずぐずしていると居なくなってしまうのではないかと気が気ではありませんでしたが、無事初見初撮りをすることが出来ました。
 使われなくなったボートの縁にひょいと現れてあっという間に葦の中に消えましたが、たまたまその場所が自分達夫婦の正面近く
だったので運よく撮影出来ました。 こう言うのをマグレ当たりと言うのでしょうネ。
 現地でお会いした方たちにはお世話になりました。ありがとうございました。(likebirds夫)


by likebirds | 2017-03-25 14:56 | 野鳥観察 | Comments(12)
コミミズク
  一面菜の花の土手にやってくるコミミズクを、初めて撮りに行きました。
土手に座ってコミミズクを待っていると、菜の花の香ばしい匂いが漂って、ウグイスの初鳴きも聞こえました。
コミミズクも何度か飛んでくれて、楽しめました。
(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください




a0052080_16563268.jpg








a0052080_16564701.jpg








a0052080_16571394.jpg








a0052080_16573530.jpg








a0052080_16575414.jpg








a0052080_18190668.jpg








a0052080_18212856.jpg








a0052080_18231305.jpg








a0052080_18251235.jpg








a0052080_18273572.jpg








a0052080_18291061.jpg







スマホで撮影
a0052080_18291895.jpg


 久しぶりのヤツガシラを見た後は渡良瀬遊水地の土手へコミミズクを見に行きました。 この場所は友人のお勧めの場所で
菜の花の上をコミミズクが悠々と飛ぶ姿が見られるとのことでした。 菜の花を背景にしたコミミズクはネットなどで見た
ことがありましたが、自分は初めてでした。
 土手に上がって斜面を見下ろすと一面に菜の花が広がっていて眩しいほどでした。 これなら簡単にコミミズクと菜の花が
撮影できるだろうと思ったら、それほど甘くありませんでした。
 まず、コミミズクは狩りのため勝手気ままに飛び回るので良いアングルの場所へは来てくれません。 もうちょっと近づいたらとか、
もうちょっと菜の花の密度が濃いところへ来たらとか、枯草の面積が多すぎるとか考えていると全然撮れません。
絶好の位置に来ることなど一瞬だけで、良し!と思った時には既に遅しです。
 こっちへ来い! もうちょっと来い! などと心で叫んでいて、今だ!と思ったとたんにポワ~ンとAFがはずれます。
背景が葦だったり、枯草だとはずれないのに、菜の花背景に限ってピンボケになり困りました。
 今までは鳥を綺麗に撮ることに夢中で、背景などはあまり気にしませんでしたが少し欲が出てくると撮影の難易度は急上昇
します。まだまだ修行が足りません。(likebirds夫)


by likebirds | 2017-03-18 12:00 | 野鳥観察 | Comments(14)
ヤツガシラ
 大人気のヤツガシラは人垣に囲まれたツツジの向こうで餌探しをしていて
なかなか全身をすっきり見せてくれませんでした。
生垣から見え隠れするその姿に多くのギャラリーは一喜一憂していました。
でもヤツガシラは餌探しに夢中で、そんなことなどお構い無しです。
それでも何とか5年ぶりに写真に撮ることが出来たので、良しとしました。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



人混みでヤツガシラの見える場所へ近づけません   辛うじてツツジの植え込みに小さな穴を見つけて
a0052080_17250467.jpg







これも苦しい姿勢で隙間からやっと撮りました
a0052080_17281492.jpg







まったく偶然にお食事の場面が写っていました  黒くて小さなゴミムシをポーンとお口の中へ
a0052080_17291662.jpg







土の中から餌(サナギ?)を見つけて
a0052080_17330424.jpg







大口を開けて放り込みました
a0052080_17332782.jpg







土留めのコンクリが邪魔です。人がいっぱいでこれ以上立ち上がれません
a0052080_20095852.jpg






一瞬だけ全身が見える所に来てくれました
a0052080_20073475.jpg






飛び去るときに大きな桜に止まりました  全身が撮れました
a0052080_17453059.jpg






前枝が邪魔ですが・・・
a0052080_20154585.jpg

 ハイイロチュウヒのオスを見ているときに、付近の公園に居るというヤツガシラを見に行こうか迷いました。 ヤツガシラは
一度は居なくなったそうですが何処をどう移動したのか、また舞い戻ってきているとのことでした。 土曜日でもあるし、
人出が多そうなので止めようかとも考えましたが、ハイイロチュウヒのフィールドは陽炎が酷くてとても撮影に耐えられない
状況でした。 それで人混み覚悟で行ってみることにしました。
 行ってみるとヤツガシラは土手の斜面に出ていて見通せる場所はとても狭い範囲でカメラマンが密集していました。 
 並べる場所に立ちましたが、あとからあとから人が集まって来て身動きできませんでした。 自分の場所からはツツジの植え込みが
邪魔でした。 すぐそこにヤツガシラが居るのに見えません。 自分から1.5mくらい離れた場所に立っている人が盛んに
シャッターを切っているのを空しく見ているだけです。
 ツツジの植え込みに小さく開いた穴を見つけて中腰で覗くとヤツガシラが見えました。 そこから苦しい姿勢で撮りました。
 首を右に傾けると、もう後ろから左にレンズが伸びて来て首を元に戻せないほどの混雑でした。利口な人は少し離れた場所
から悠々と撮影したようです。
 飛び去った後、付近を散策して探して見つからないので早々に引き上げました。 それでもイライラしている人は誰も居ず、
知らない同士で冗談を言い合い、それなりに楽しかったです。
 皆さんが素敵な写真を数多くUPされているのを見るにつけ恥ずかしいのですが、まぁこんなものです。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-03-17 12:00 | 野鳥観察 | Comments(8)