<   2006年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ヒバリ
 この写真も在庫からです。夫婦で相模川土手の外側の田圃でヒバリを見ていると、自転車に双眼鏡の人に声をかけられました。「この時期、ここには何もいないはずだよ。」と。「ヒバリを見に来たんです。」と応えると何も言わずに立ち去りました。
 田圃の横でヒバリを撮っていると農家の方に、何を撮っているのか聞かれました。ヒバリと応えると、その人は地上のヒバリを見たことがないと言います。ほら、すぐそこ、と指差してもその人は見つけることができませんでした。鳥を見るのも見慣れる必要があるのかも知れません。
 そう言えば未見の鳥は教えられてもなかなか見つけられませんが、一度見てしまうとその後はすぐ見つけられます。(likebirds夫)
a0052080_2032893.jpg

by likebirds | 2006-04-24 20:46 | 野鳥観察 | Comments(6)
偶然のミゾゴイ
 仕事、仕事でここのところバードウォッチングが出来ませんでした。在庫も尽きかけて、2~3日更新をサボろうと思っていたら、あっという間に一週間以上経ってしまいました。夫婦共にお疲れモードです。憲法で保証された「健康で文化的な生活」をしてみたいものです。(笑)
 写真はミゾゴイです。昨年の今頃、隣県の公園で鳥待ちしながら談笑していると、「向こうにへんな鳥がいるよ。」と近づいて来た人がいました。数人でその方の言うバードウォールに移動し、窓を覗くと至近距離にこの鳥がいました。300mmの人はすぐ撮り始めましたが、私はデジスコでしばらく撮れませんでした。デジ眼のシャッター音を聞きながら心ばかりが焦りましたが、ようやく5mほど離れてくれて、やっと撮ることができました。すぐそばのカラスの鳴き声に怯えて藪にはいるまでずいぶん長くいてくれました。
家に帰って図鑑を見て初めてミゾゴイだとわかりました。私どもの近辺では相当の珍鳥だと友人に知らされジワジワとうれしさがこみ上げてきました。(likebirds夫)
a0052080_2181310.jpg

a0052080_2182539.jpg

by likebirds | 2006-04-23 21:36 | 野鳥観察 | Comments(10)
休憩ウグイス
 日なたで休憩しているウグイスです。池のほとりでカワセミを待っていると、横の藪にウグイスが動き回っているのが見えました。ながめていると突然休憩を始めました。ウグイスと言えばめまぐるしい動きで観察者やカメラマン泣かせですが、鳴きもせず首を左右にキョロキョロしながら、ずっと休憩していました。足をたたんで枝に腰を下ろしているウグイスを初めて見ました。
 ピントは前枝にシッカリ持っていかれていますが、めずらしいと思い保存しています。在庫より。(likebirds夫)
a0052080_20482483.jpg

by likebirds | 2006-04-14 21:00 | 野鳥観察 | Comments(12)
餌を集めるキセキレイ
昨年の今頃、渓流を歩いているとキセキレイが高いところにとまりました。双眼鏡で覗くと餌をくわえていました。スコープで見るとどうやら虫を何匹もまとめてくわえているようでした。キセキレイも子育ての最中だったようです。周囲を見回して警戒したあと崖のくぼみに消えました。きっと、そこに雛のいる巣があったのでしょう。(likebirds夫)
a0052080_21525053.jpg

by likebirds | 2006-04-13 22:03 | 野鳥観察 | Comments(5)
旅立ちのエナガ達
 昨年のちょうど今頃、ダム湖に面した林道を歩いていると、likebirds妻が「雛の声がする。あっ、エナガだ。」と言うので見ると枝に巣立ち直後(?)のエナガの雛達が肩を寄せ合うように並んでいました。飛べるようですが、未だ幼くプルプルふるえているようにも見えました。親鳥が餌を運んでくると一斉に鳴いてねだっていました。
 雛の一羽が餌をもらうと未熟な翼でどこかへ飛び去りました。しばらくして別の雛も餌をもらって違う方向へ飛んでいきました。そうやって次々に親鳥から餌をもらいあさっての方向へ飛び去る雛を見て、「旅立ち前の最期の食事かも知れないね。」と話し合いました。そして最期に一羽もいなくなりました。こんなに幼いうちからたった一羽で弱肉強食の自然界に出ていかなければならないエナガの雛達に”Good Luck”と願わずにはいられませんでした。何か神聖なものを見たような気分になった夫婦でした。
a0052080_21363312.jpg

親鳥は警戒して、あちこち気を配っているようでした。。
未だ、ふさふさの羽で巣立ちしたばかりの雛のようですが、餌を食べると、迷うことなく飛び立ちます。「こんなに小さいのに、これからたった一人で生き抜いていかなければならないのかな?」
そう思うと熱いものがこみ上げてきました。(likebirds妻)
a0052080_21364786.jpg

もし、自分がエナガだったら、絶対に生き残れないだろうと言うと、likebirds妻も自分もそうだと応えました。エナガだったら我が家は全滅です。(likebirds夫)
 
by likebirds | 2006-04-11 22:02 | 野鳥観察 | Comments(13)
そろそろ桜もおしまいなので
 地元周辺では桜もそろそろおしまいです。昨日の日曜日は鳥を見には行きましたが、桜のあるところへ行ってしまったので、桜見物の人達に圧倒され不発に終わりました。桜の下で皆さん楽しくデイキャンプをしている横で双眼鏡と三脚の私達夫婦は周囲から浮き上がりかなりマヌケでした。
 写真は在庫から桜と鳥です。センスがなく花と鳥は滅多に撮りませんので3年分です。
a0052080_2344339.jpg

a0052080_2353714.jpg
a0052080_2363057.jpg

a0052080_2364559.jpg

a0052080_23144990.jpg

by likebirds | 2006-04-10 23:07 | 野鳥観察 | Comments(4)
親より大きなカワガラスの雛
地味な鳥ですがカワガラスは今が旬ですね。ネット上にカワガラスの写真が踊っています。
写真は一昨年のものです。そのときは夏鳥の到来を期待して出かけましたが、見事にふられ渓流をながめるとカワガラスの親子が動き回っていました。親を追いかけて餌をねだる雛のほうが大きかったのにはおどろきました。親離れして自分で活動するようになると体が締まるそうです。
a0052080_20181470.jpg

a0052080_20312632.jpg

a0052080_20331310.jpg

a0052080_21282547.jpg

 渓流の真ん中の大きな岩に親鳥が居ました。すぐに岩の間からもう一羽、口を開けた大きな鳥が出てきたのです。別の鳥に威嚇されているのかと思ったら餌をねだっている雛でした。
 体だけは大きいのですが、幼い雛は好奇心旺盛で、川の向こうやこっちにいったり来たり、顔を水につけて潜水の練習をしたりと、ちっともじっとしていませんでした。時には、近くで川遊びをしている若者の方へ行きそうになって、見ていてハラハラしました。
ママガラスが鳴いて、叱っているような場面もありました。(likebirds妻)
 ブログを更新するとき、この時カワガラスを夫婦どちらが先に見つけたかで軽い口論となりました。(likebirds夫)
by likebirds | 2006-04-07 20:41 | 野鳥観察 | Comments(10)
雨降りにヒレンジャク
日曜日の午後、そろそろ鳥見を終えて日帰り温泉へ向かおうと車を走らせているとヒレンジャク情報が入りました。今にも降り出しそうな空を眺め、迷いましたが意を決して方向転換。大渋滞の中、走ること一時間半。無情にも、着く前に雨が落ちてきました。現地に着くともう雨は本降り、風もかなり強く一瞬ひるみました。しかし、ここまで来たらもう引き返せません。双眼鏡・カメラを出して準備OK。
時々横殴りの雨の中、見るも見、撮るも撮りましたがlikebirds夫のデジスコは見事に玉砕。まともな写真は一枚もありませんでした。
写真はlikebirds妻の撮影。12倍機(FZ-1)手持ちです。天気には恵まれませんでしたが、ほんの数メートルの近距離で見れたのには驚きでした。
a0052080_2101464.jpg
 撤収するとき、残っている人に「えっ、もう帰るの?」と聞かれました。根性無しが少し恥ずかしかったです。かなり濡れてしまい寒くなり、帰りの車はヒーターをたきました。撮影機材等もあきれるほどビショビショになりましたが、幸いにも無事でした。(likebirds夫)
 とうとう本降りになってしまい、可愛いレンジャクはじっとしてくれないし、必死にシャッターを押しまくりました。家に帰って見てみたら、ちゃんと撮れていたので嬉しかったです。(likebirds妻)
by likebirds | 2006-04-06 21:24 | 野鳥観察 | Comments(8)
隠れたつもり?のシロハラ
トンボ池を後に、近くのアサザ池へ行きました。この辺は小山田緑地といって東京都にしては比較的、里山風景が残っていてなかなか気に入っています。
小さな駐車場に車をとめて歩き出すと、すぐそばの斜面からシロハラが飛び出し藪に消えました。どうやら、私たち夫婦の出現におどろいたようです。ツグミのような声が聞こえるのでどこかに隠れていると思い、探してみると小さな木の根本近くの枝にとまっていました。立って探すとよく見えませんが座ってみると丸見えでした。とても暗く肉眼ではあまり良く見えませんでしたがカメラには写っていました。
a0052080_20341329.jpg

この付近も今冬の野鳥は不作でしたがシロハラは律儀にいてくれました。ここでは他にコジュケイも間近で見ましたが写真は運動神経が追いつかずピンぼけでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2006-04-05 20:55 | 野鳥観察 | Comments(8)
子育て中のモズ 菜の花 山桜
鶴見川源流付近にトンボ池という小さな池があります。その名の通り夏以降はトンボの多い場所です。ヤゴ狙いのカワセミが来ると思って行ってみましたが残念ながら水が少なく会えませんでした。
背の高い笹藪のそばを通ると突然「ジュージュージュージュー」と変な声が聞こえたので見回すとモズが藪から出てきました。もう雛が孵り子育てが始まっていました。好奇心を必死で堪え藪を覗くことなくその場を離れました。反対側の丘に登り、観察しましたが、あまりにも遠く2羽のモズが交互に出入りしているのがわかる程度でした。草の上に腰を下ろし夫婦でのんびりと眺めていると時々風の向きで雛の声がかすかに聞こえました。藪のそばを時々散歩の人が通りましたが誰も気が付きませんでした。野鳥に興味を持っていて良かった、と思いました。(likebirds夫)
写真はモズのお父さんです。
a0052080_21215637.jpg

今日は思った通りサプライズな鳥見です。突然、鳥の雛の声がしたかと思ったら、モズが飛び出してきたのです。もう子育てが始まっていたのですね。
今日は曇天でしたが、せっかく春の野に出てきたので、鳥ばかりでなく季節も楽しもうと、いろいろな花も探してみました。
アオゲラのいた公園に咲いていた菜の花です。(likebirds妻写真も)
a0052080_2147575.jpg

同じ公園で、2輪だけ咲き残っていた山桜です。(likebirds妻写真も)
a0052080_21481324.jpg

他にも、ナズナ、タンポポ、スミレ、ツクシ、ヨモギなど春がいっぱいの公園でした。(likebirds妻)
by likebirds | 2006-04-04 22:36 | 野鳥観察 | Comments(3)