<   2006年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧
姿のブッポウソウ、声は綺麗ではありませんでした
アオバズクを後にしてブッポウソウのポイントに向かいました。雨は上がりましたが、空は曇り、現地は少し霧も出ていました。
着くなり、「ギャギャギャギャ」という大きなブッポウソウの鳴声が聞こえてきました。
でも、声ばかりで姿が見えません。まだ巣穴が決まっていなくて、飛び回ってばかりで落ち着いてとまってくれないらしいのです。
やっと高い杉の木の天辺に止まったかと思うと、向かいの山のお気に入りの枝に行ってしまいます。
そこでは、飛んでいる虫を捕まえたり、羽づくろいをしたりと、ゆっくりしているのですが、とにかく遠い。100m以上はゆうにあります。
肉眼だと、米粒ほどに見えるだけ。
一眼の私は、こうなったら「飛び物に挑戦しよう」と、飛び出しを沢山撮ってみました。
何とか一枚だけ、鳥とわかるのが撮れていました。お恥ずかしい出来ですが、アップしてみました。ブッポウソウの美しい色と白い班が撮れて気に入っています。(likebirds妻)
a0052080_2134260.jpg

       30D+400mmF5.6USM

昨年見ることの出来なかったブッポウソウも情報を頂いてやっと見ることが出来ました。雨こそ止んでいましたが、天気は霧気味の曇りで真上の木に止まられると肉眼でも完全なシルエット。かなり苦しみました。
聞くところによると、このブッポウソウはオスで、未だ伴侶が見つからないそうです。それでさかんに飛び回っているのだそうです。早くお嫁さんが見つかることを祈って撮りました。
下の写真はデジスコです。いかんせん遠いので3300mm相当の写真を2倍トリミングしています。(likebirds夫)
a0052080_21454565.jpg

       TSN664+W1
次の写真は近いところでした。が、自分のほぼ真上でしたので、肉眼ではシルエットでしたが、写真には色が残っていました。(likebirds夫)
a0052080_21591192.jpg

       TSN664+W1
by likebirds | 2006-05-30 21:38 | 野鳥観察 | Comments(9)
アオバズク 夫婦対決 一眼vsデジスコ
今年もアオバズクが来てくれました。
日曜は天気が回復するとのこと。
小雨の残る中、勇んで目的地に着き、巣穴付近の木を丹念に見上げました。でも・・・いない。周り中の木を探しても・・・見当たらない。昨日は確かにいたのに・・・。
仕方なく、車の中で遅い朝食を食べていたら、なんと目の前の木にちゃっかり止まっていました!
しかも、すごく見やすい枝。そのうえカメラマンは私たちだけです。
大慌てで、カメラをセットして、思い切り写しました。
私たちのあわただしい動きを察知したのか、カメラで覗くと、しっかりこっちを見ていました。
a0052080_2234389.jpg

       30D+400
アオバズク対決まずは、likebirds(妻)一眼編からです。明日はlikebirds(夫)デジスコ編です。乞ご期待!likebirds(妻)記
a0052080_02509.jpg

       TSN664+W1
likebirds夫のデジスコ写真を載せる前に乞ご期待にされてしまいました。(likebirds夫)
by likebirds | 2006-05-29 22:04 | 野鳥観察 | Comments(8)
庭の雛スズメ
 写真は在庫からスズメの雛です。
 ぷるぷる震えながら長いことじっとしていました。FZ1+1540テレコン
a0052080_18492168.jpg

by likebirds | 2006-05-27 18:49 | 野鳥観察 | Comments(7)
やっとのキバシリ
 昨年のGWの話で恐縮です。光徳温泉ホテルを出るとき、ホテルの人から、いろは坂でオオルリが上から見られるポイントをお聞きし行ってみました。車から下りて下を覗くと二人とも足がすくみ即断念。東照宮裏庭へ向かいました。
 歴史を感じさせる瀧尾神社への石畳の参道を進みましたが鳥の声は聞こえません。本では「巨木にぶらさがるキクイタダキやミソサザイの声を堪能..」のはずなのですが、誰もいない杉の巨木の参道で響くのは二人の声ばかりでした。瀧尾神社の下についても、静まりかえってすがすがしいのですが..。でも、迂回して後ろから神社に向かう上り坂はオオルリだらけで佃煮にしたいほどオオルリを撮りました。そこではキバシリもいて、写真を撮ろうとするのですが、何しろじっとしていません。スコープで追いかける内に車酔いのように気持ち悪くなりました。
 瀧尾神社についても神々しい気分にはなれるのですが、見下ろして目に付くのはヒヨドリでした。腰を下ろして休憩中に前方遠くを見ると目線の高さにキバシリがいました。スコープを覗くと虫をくわえていました。
a0052080_21562694.jpg

 相互リンクさせていただいている「鳥見日記」のクマさんのブログに「この子(ゴジュウカラ)は下向きに歩き、キバシリは上に上るんだから、出くわした時はどっちが譲るんだろう?」とありました。そうゆうことが思いつける人がうらやましいです。最近、歳のせいか?頭がかたくて..。(likebirds夫)
 この神社はすごく高いところにあって、下から見上げていた木を横から見ることが出来ました。
キバシリはまるで虫のようにするすると木を登っていました。
時々止まって虫を捕まえていたようです。お目当てのミソサザイとコマドリには振られましたが、キバシリに会えてよかったです。(likebirds妻)
by likebirds | 2006-05-25 22:18 | 野鳥観察 | Comments(3)
昨年GWのニュウナイスズメ
 昨年のGWは日光の光徳温泉ホテルにとまりました。戦場河原の木道を湯滝まで歩きました。期待通りアカゲラ、その他の鳥を見ることができましたが、行列するほどの混雑であまり鳥達が近づいてくれなかったのが残念でした。朝、ホテルを出るとき敷地内の木にニュウナイスズメが数羽とまっていました。先を急いでいたのでそそくさと撮りました。
a0052080_21305756.jpg

 ホテルの前庭の木にたくさんのスズメがいるな。と思ったらちょっと白っぽいので、良く見たらニュウナイスズメでした。普通のスズメは全くいませんでした。
動きが早く、警戒心も強くて、こちらに気付いたのか遠い枝の方へとどんどん離れてしまいました。
思いがけず、出会えてとても嬉しかったです。likebirds(妻)
by likebirds | 2006-05-24 21:40 | 野鳥観察 | Comments(10)
公園のガビチョウ
 写真はまたまた在庫からのガビチョウです。
 近所の公園でキジが見られると聞き、夫婦で出かけました。ネイチャセンタに寄ってキジのことをお聞きすると、「いますよ~~!」と言われました。「どこに出るんですか?」とお聞きすると、「キジは羽があって飛びますから~」との返事。なるほど。一理ある。夫婦で足を棒にして捜しましたが見つかりませんでした。キジの声を聞こうとしても聞こえるのはヒヨドリとガビチョウの声ばかり。帰り際、悔し紛れに撮ったガビチョウでしたが案外気に入りました。
a0052080_21313558.jpg

 ガビチョウは外来種籠抜け鳥で、あまり好かれていませんが、昨年の冬、西湖の野鳥公園に行ったとき他の野鳥には目もくれず珍しい鳥だと言ってガビチョウを撮っているカメラマンが2人いました。「めずらしいんですか?」とお聞きすると、「そりゃーめずらしいよ。何せ外来種だよ。」と答えられました。印象的でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2006-05-23 21:50 | 野鳥観察 | Comments(6)
3年前のサシバ
 3年前、夫婦で近所のどぶ川でバードウォッチングを始めた頃、見た鳥たちを写真に撮っておきたくなり、FZ1を購入しました。散歩の途中、コサギやカワウを撮って歓んでいたのですが、カワセミを撮ってから多少欲が出ました。
 近くの都市公園に出かけ、アオサギを撮ろうと観察小屋にはいると、中には大きなカメラを持った迷彩服の男達が4~5名いて一斉に睨まれました。ウェストポーチからFZ1を取り出すと鼻で笑われました。しばらく我慢していると、男達は「右だ、右だ」と言って足早に立ち去りました。ずっと後からわかったことですが、オオタカを追いかけていたようです。
 しばらくしてしょんぼりと観察窓から外を見ると、この鳥が4mほど先にいました。はじめて見る鳥で何かはわかりませんでしたが、シャッターを切りました。ほとんど逆光でボツとなりましたが、露出補正に気が付いた後の数枚はどうやら写っていました。
 家に帰って図鑑で調べサシバと思いました。後日、鳥好きの知り合いに写真を見せると「どこで撮った?」と何回も聞かれ、「スゴイ、スゴイ」を連発され、とても良い気分になれました。
 後日、そこを訪れた知り合いは「ここにはサシバは出たことがない。」と言われたそうです。オオタカ若鳥かも知れません。
a0052080_2125379.jpg

 この経験で、いい気になりデジスコを始めることになりました。FZ1は今も当時のウェストポーチに入っています。一時は西部劇のガンマンのように腰のウェストポーチから一瞬でFZ1を取り出せたものです。(likebirds夫)
 この日、私は娘たちと都内のアウトレットに買い物に行っていました。家に帰って夫に、「鳥は撮れた?」と聞くと、得意そうにこの写真を見せてくれました。
「コレって猛禽じゃない!?」と大騒ぎになり、みんなで図鑑を見て「サシバ」だと言う事になりました。
鳥見にはまるきっかけの一枚かもしれません。思い出深い写真です。likebirds(妻)

 識別でちょっと面白くなってきましたので、もう少し載せてみます。「More」をクリックして下さい。

 野鳥初心者でサシバと思いましたが、今見てもるとどう見てもツミですね。

More
by likebirds | 2006-05-22 22:00 | 野鳥観察 | Comments(14)
河原のオオヨシキリ
 本日は早起きしてハヤブサを見に行きました。膝まである長靴を履いていきましたが着くと直ぐ波をかぶりズボンがビショビショになりました。likebirds(妻)が波を怖がり、三脚を広げただけで即撤収。ズボンと靴下を乾かしながらいろいろ見て回りましたが、最後に相互リンクしている黒ごまさん(「今日の野鳥」)のフィールドにこっそりお邪魔しました。
 相模川の河原は風は強かったですが天気は快晴、葦原ではそこここでオオヨシキリが喉も裂けよと鳴いていました。セッカも時々姿を現しチッチッと地鳴き、ヒッヒッとサエズリを繰り返していました。
 河原を吹き抜ける風の中、歩いたり、子供のように草むらに座って隠れたりしながらオオヨシキリを観察するのは実に爽快でした。夫婦で石ころの上を散々歩いたので、足首が多少痛くなりました。
 写真はlikebirds(妻)、30D+EF400mmF5.6
a0052080_21514740.jpg

a0052080_2152751.jpg

 今日は妻に「私のを載せる!」と宣言されました。(likebirds夫)
広い河原は、葦がたくさん生えていて、ツバメもたくさん飛んでいました。
風が少し強かったので、写すのが少し難しかったですが、ちゃんと写っていて嬉しかったです。likebirds(妻)
by likebirds | 2006-05-21 21:54 | 野鳥観察 | Comments(9)
ヒバリだって眠いんです
 在庫写真です。田んぼに隣接した麦畑でヒバリを見ていたら、一羽が目の前の木杭にとまりました。カメラを向けると、最初は気にしているようでしたが、その内眠り始めました。 
a0052080_21563539.jpg

 うとうとしたヒバリを見て、「こんなに目立ったところで寝ちゃって、だいじょうぶなの?」とちょっと心配になりました。(likebirds妻)
 元気にサエズリまくるヒバリもいいですが、たまにはこんなのんびりしたのも...(likebirds夫)
by likebirds | 2006-05-20 21:59 | 野鳥観察 | Comments(3)
メジロの2ショット
 場所を知っている方は当然ご存知と思われますが、水浴びしているところです。2羽のメジロ達の下に小さな水たまりがあり、始終、小鳥達が水浴びに来ています。
a0052080_20534578.jpg

たまたま、2羽メジロが来て顔が向かい合っていたので、撮ってみました。(likebirds夫)
 
by likebirds | 2006-05-19 21:01 | 野鳥観察 | Comments(6)