<   2006年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧
THEサシバ、デジ眼編
 昨日のデジスコのサシバに続いて今日はデジ眼のサシバです。 
サシバは、全体が茶色で、地味な色合いの鳥でした。私はまだカメラを始めたばかりで、つい目で追ってしまいカメラを向けるのを忘れてしまいます。意気込んで待っているとぜんぜん現れません。緊張が途切れた頃、急に飛んできます。ほんとにうまくいきません。でもあきらめかけていた頃、向かいの木の枝に止まってくれました。その時ちょうどカエルも鳴いていたので、狩のシーンを期待したのですが、叶いませんでした。飛び物も何とか一枚写っていました。(likebirds妻)
枝に止まって下の田んぼや周りを見ていました。
a0052080_2183152.jpg

目の前を横切って飛んでいったところです。撮れててよかった!
a0052080_2184579.jpg

遠かったので両方トリミングしています。(likebirds妻)
by likebirds | 2006-06-29 21:38 | 野鳥観察 | Comments(8)
The サシバ
 このサシバは先月21日に撮りました。30倍接眼光学3倍デジタル2倍で換算6,000mm強の焦点距離です。
 サシバは上空を一瞬横切るだけでなかなか木にとまってはくれませんでした。普段サシバのとまる木の下にカメラマンが潜んでいて今日はサシバが来ない、と地元の人が嘆いていました。しかし、そのことが幸いしたのか、空抜けでない別の木にとまってくれました。
 この日は、likebirds妻が初めて三脚を使って撮った日で、猛烈に張り切っていましたが400mmではちょっと短すぎたようです。でも、そこそこ撮れていたのには驚きました。日本の技術力は世界一かも知れません。
 キジも捜しましたが見つけられませんでした。(likebirds夫)
a0052080_20344289.jpg

サシバを見たのは初めてでした。神経質そうな感じに見えました。もともと日本の里山に沢山いた鳥だそうです。現在は里山が荒れてきていて、その数が激減していると聞きました。
鋭い眼差しであたりを見回す素朴でかっこいい姿にみとれて、シャッターを切り損ねてばかりでした。(likebirds妻)
by likebirds | 2006-06-28 20:55 | 野鳥観察 | Comments(9)
水浴びするキビタキ
 一昨日と昨日は23年ぶりの友人と合いました。全く違った人生を歩いた割にはすぐうち解けることができました。喧噪を嫌い繁華街へは足が向かない自分と違い、早足で人混みの中を縫うように歩く友人の背中が眩しく見えました。自分に無い価値観や見識を獲得した友人を前に、何故もっと頻繁に会わなかったのかと後悔の念を強く持ちました。
 二人でライブを二つ(エイベックスとアミューズ)梯子しました。たぶん、大きなライブはピンクフロイドの野外ライブ(箱根アフロディーティ)以来だと思います。”あゆ”はよかったですよ。心地よいカルチャーショックを受け、誘ってくれた友人に感謝しました。また会おうと約束して別れました。
 閑話休題。写真は在庫からキビタキ♂です。ここへ向かうときは絶対に水浴びシーンは写真に撮らないと決めていくのですが、つい撮ってしまいます。同じ様な写真で佃煮状態です。(likebirds夫)
a0052080_2283972.jpg

追記;葉加瀬太郎も素晴らしかったです。(likebirds夫)
by likebirds | 2006-06-26 22:36 | 野鳥観察 | Comments(5)
庭に来たスズメ
 昨日と今日、夫は古い友人に誘われて、なんと”あゆ””大塚愛””倖田來未”のライブを見に行ってきました。私は久しぶりにのんびりと休日を過ごしたのですが、やっぱり鳥が気になります。ぼんやり庭に目をやると、雀たちがたくさん遊びに来ていました。しかも雛も連れてきていました。 今日は部屋の中から、横着鳥撮りでした。(likebirds妻)
 大きな口をあけて親に餌をねだるスズメの雛
a0052080_2041267.jpg

 雛の口に餌を押し込んでいる親スズメ
a0052080_20412172.jpg

 雛スズメは草の実も食べていました。
a0052080_2050178.jpg

 夫はガラにもなくペンライトまで振ってきたそうです。(笑)
by likebirds | 2006-06-25 21:21 | 野鳥観察 | Comments(8)
水浴び前と後のエナガ
 エナガも水浴びをすると、すごいことになります。1枚目と2,3枚目は同一個体ではありませんが、同じ日同じ時刻に撮ったものです。3枚目は水浴び後、毛繕いをして元の姿にもどった写真です。水浴びを始める前に撮ろうと思うのですが、すぐ水に浸かってしまい、思うようには行きません。(likebirds夫)
a0052080_2325385.jpg

a0052080_2331029.jpg
a0052080_232285.jpg

 野鳥を通して知り合いになった尊敬するお友達がご病気だそうです。一刻も早いご回復を心よりお祈りしております。(likebirds夫婦)
by likebirds | 2006-06-23 23:17 | 野鳥観察 | Comments(4)
山梨の高原で
 写真は在庫からです。
 山梨の高原へカッコウを見に行きました。捜し疲れてきた頃、likebirds妻が真上の樹上でカッコウを見つけました。もたもたしているうちに霧が出てきてしまい酷い写真になりました。
 他の鳥も捜しましたが、いたのはホウジロと、林縁部のこの鳥だけでした。こういうときは絵に凝るしかありませんね。(likebirds夫)
a0052080_2254361.jpg

下の写真は、上で述べたカッコウです。アハハ。(likebirds夫)
a0052080_2285082.jpg

 湿地の公園に降りる途中の小道で、見上げた木に大きめな鳥がこちらを見ています。双眼鏡で見ると、白い胸に黒いボーダー模様。さっき鳴いていたカッコウにちがいありません。
急いで夫がデジスコで狙ったのですが、谷から濃い霧が吹き上げてきて、証拠写真にしかなりませんでした。ついていませんでした。(likebirds妻)
by likebirds | 2006-06-22 22:09 | 野鳥観察 | Comments(4)
セキレイ親子
 ヒバリがいた畑の一画に堆肥を積み上げているところがありました。餌が豊富らしくてセキレイやスズメ、ツバメが飛び回っていました。飛んでいるツバメは速すぎて狙えませんでした。セキレイのお母さんは忙しそうにせかせかと歩き回って餌を探していました。幼いセキレイはちょっとのろのろした感じで後から歩いてきました。
 車の中からlikebirds妻が写したものです。
 せっかちな母さんセキレイはせかせか歩いてました。
a0052080_21514355.jpg

 ちょっとのんびり、セキレイ幼鳥。
a0052080_2152172.jpg

 黒と白のセキレイ親。黒と白を足してグレーの幼鳥。なんか面白いです。(likebirds妻)
 カメラマンをのせて運転をするのは相当難しいです。「もっと前」とか「止めて」等、いっさい言わずに撮りまくるのでどうしてよいかわかりません。文句を言いたかったのですが、この雛には人の心を癒す力がありました。(likebirds夫)
by likebirds | 2006-06-20 22:08 | 野鳥観察 | Comments(8)
はるか彼方のセッカとホオジロ
 ヒバリやモズの他にはセッカやホウジロも飛び回っていました。セッカはヒッヒッヒッ、チッチッチッと囀りと地鳴きを交互に繰り返しながら飛び回るのですが、近くにとまってはくれませんでした。下りたところに見当をつけてスコープを覗いてみるとセッカがいました。どれくらいの距離かはわかりませんが、likebirds(夫)の肉眼では見えませんでした。「セッカがいたよ」とlikebirds(妻)に言うと、「どこ?どこ?」と聞きます。なにしろ見えないので教えようがありません。「いいなあ、いいなあ」と2回続けて言うので、スコープで見せてあげると、「ズルイ」と一言でした。スコープを覗きながら、イジワル心で「ああ、毛繕いを始めたよ」等と声に出して説明を始めると、likebirds(妻)はもう他の鳥を見ていました。
 30倍接眼に3倍ズームですから、約3300mm相当です。(likebirds夫)
 セッカはヒッヒッヒと通る声で、高い空で鳴いています。鳴きながらすっと葦原に入るのですが、遠くて見つけることも撮ることもできなくて残念でした。リベンジしたいです。(likebirds妻)
a0052080_2040675.jpg

 こちら(下)も3300mm相当です。デジ眼400mmでは小さすぎてAFでピントが拾えなかったそうです。(likebirds夫)
a0052080_20401796.jpg

 このホオジロは、とても長い間ここに止まっていました。赤茶色でとても綺麗に見えました。この枝は鳥さんのお気に入りらしく、この後モズ若に横取りされてました。(likebirds妻)
 
by likebirds | 2006-06-19 21:13 | 野鳥観察 | Comments(4)
若いモズ
 likebirds(妻)のヒバリ撮りも一段落。河原に出てみることにしました。土手の上から川を眺めるとキラキラとした川面に点々と鮎釣りの人達が見えます。昨日までの雨で増水したのか、広い河原の所々は水たまりになっていました。草地も水に洗われたらしく背の高い草は倒されている場所もありました。土手を下り始めると雨水が蒸発し始めた猛烈な湿気で蒸し暑さに閉口しました。
 先月のモズの雛の場所に行ってみると、また若いモズが枝から枝へ飛び回っていました。よく見るとまだ少し産毛が残っているようです。何事もドラマチック好きのlikebirds夫婦は「先日の雛達がここまで成長し、元気に飛び回っている!」と感動的に考えたかったのですが、何となく違うような気もします。
 1枚目と2枚目はlikebirds(夫)撮影の換算3300mm相当のデジスコです。
 3枚目はその直後のlikebirds(妻)撮影デジ眼400mmです。
 4枚目は虫を捕ってきて食べている場面で、デジスコです。
 5枚目は食べ終わった後飛び立つ瞬間、デジ眼です。
 「飛ぶなよ、飛ぶなよ」とlikebirds(夫)がデジスコで、もたもたピントを合わせていると、デジ眼で飛び出しを撮りたいlikebirds(妻)は「飛べっ、飛べ!」と小さく叫びます。デジスコは瞬時の撮影はデジ眼にはかないませんので、ついつい超長焦点距離の写真を狙うようになります。
「だんな様 びびってるでしょ・・・?(爆)」とコメントを頂きましたが、ほぼアタリです。(likebirds夫)
a0052080_12221528.jpg

a0052080_12212892.jpg

a0052080_12291069.jpg
a0052080_12331635.jpg
a0052080_12271595.jpg

 河原の土手で待っていると鳥さんたちが、忙しそうに飛び回っています。のんびりと、鳥撮りをするのも楽しいですね。今回は飛び物が撮れてよかったです。(likebirds妻)
by likebirds | 2006-06-18 20:34 | 野鳥観察 | Comments(8)
河原の田園でひばり三昧
 今日は午前中のみの鳥撮り。近くの河原と田んぼに行きました。
何羽ものヒバリが少し残っている麦畑から飛んだり、ホバリングしながら降りてきたりしていました。とてもにぎやかでした。likebirds夫が運転する車の中からlikebirds妻が撮りました。
 ホバリングしながら、降りてくるヒバリ。家に帰ってからヒバリが後ろ向きだとわかりました。(likebirds妻)
a0052080_21173014.jpg

 元気よく囀りながら、歩き回っていました。
a0052080_21182327.jpg

 ちょっと近づきすぎたかな?飛んでしまいました。でも、飛び物が撮れてラッキー!
a0052080_21185668.jpg

 畦を歩いていたヒバリがシャッターの音に気づいて「?」という顔でこちらを見ていました。
a0052080_21212866.jpg

 本日は午後は仕事なので、小遠征を中止して手軽な鳥見となりました。朝のうちは曇っていましたが、だんだん晴れてきて暑くなり、汗だくになりました。広い田んぼの所々にある麦畑を車でゆっくり回るのは案外爽快でした。最初飛んでいるヒバリが何かをぶら下げているように見えましたが、足を完全にはたたまないで飛ぶことを今回初めて知りました。ヒバリの撮影中は運転手役に徹していましたが、カメラを持たないと新しい発見もありますね。(likebirds夫)
by likebirds | 2006-06-17 21:55 | 野鳥観察 | Comments(6)