<   2007年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧
さようなら、ベニマシコ!ありがとう
 秋が深まると、なんとなくそわそわします。「もうベニマシコは、来たかしら~?」と気になるのです。セイタカアワダチソウの穂が開くと、もう待ちきれなくなリます。
そしてこの冬も、可愛いベニマシコが沢山来てくれました。最初は余り赤くないのですがだんだんと目の周りや体が真っ赤になって、「猿顔」になってきます。ふっくらポッチャリ、紅色の可愛い鳥さんに沢山会うことが出来ました。本当にありがとう!
また秋になったら、元気に戻ってきてください。(likebirds妻)

likebirds夫;デジスコ
a0052080_2046462.jpg


likebirds妻;30D  二羽仲良く餌を食べていました。
a0052080_20461789.jpg


 冬に鳥仲間との会話で「紅い子見た?」と言うとベニマシコのことでした。今冬は平野に近い所でオオマシコが出ましたので、ベニマシコの地位が危うくなりかけました。
 しかし、ベニマシコの魅力が霞んだわけではありません。やはり毎冬、ぜったい見たい鳥です。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-03-30 21:10 | 野鳥観察 | Comments(20)
さようなら、マヒワ !ありがとう
 黄色いマヒワに会いたいとずっと思ってきました。今年やっとその願いが叶いました。鳥さんとの出会いは不思議で、会えたと思ったら、2ヶ月の間に3度も会うことが出来ました。
 思っていた通り、濃いレモンイエローに黒い羽模様のとても美しい鳥でした。とがったピンク色の嘴がとても印象的でした。
秋になったら、今度は木の実を食べている所を見てみたいです。(likebirds妻)

写真は在庫からです
likebirds妻;30D 小川に水を飲みに下りてきました
a0052080_20385751.jpg


likebirds夫;デジスコ
a0052080_20391116.jpg


likebirds夫;デジスコ
a0052080_20392131.jpg


 マヒワは昨年暮に初めて見ました。他の方たちが見ているのに何故か縁がありませんでした。公園で昼食をのんびりと食べていたら、そばの人が「マヒワが来たね」と話していました。その人達は何度も見ているのか平然としていましたが、私たちは大興奮でした。空腹も吹っ飛ぶ思いでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-03-29 21:11 | 野鳥観察 | Comments(11)
さようなら!オオコノハズク、ありがとう!
 このオオコノハズクは、昨年からいろいろ大変な目にあってきました。密猟者に狙われたり、塒が壊れたり、目の前の道路が工事中になったり・・・。ですから、もう会えないかも知れないと、内心とても不安でした。
でも、やってきてくれたのです!!塒は少し小さくなったみたいですが、何事も無かったように、塒でのんびりと眠っていました。
木のこぶみたいな姿と、ほのぼのした妖精のようなキャラクターで、私たちをたくさん癒してくれました。
この不思議な鳥さんを見ると、童話の世界に入ってしまったような気持ちになります。本当にかけがえの無い鳥さんです。
この子も、もう元気に旅立ったらしいです。
秋になったら、きっとまた来てね。待っているよ~。(likebirds妻)

写真は今冬の在庫から

likebirds妻;30D 日が当たって、とても眩しそうでした
a0052080_2041392.jpg


likebirds妻;30D  塒から一歩踏み出したら、強い風が吹いたので、ちょっと立ち止まりました。 「皆さん、遅くまでご苦労さん!」と言いたげ・・・
a0052080_20411647.jpg


likebirds夫;デジスコ
a0052080_20415353.jpg



likebirds夫;デジスコ  二枚目の写真をウシロから
a0052080_204217.jpg


 オオコノハズクは年に一度は見たい鳥です。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-03-28 21:13 | 野鳥観察 | Comments(14)
さようなら!トモエガモ!ありがとう
 私が初めてトモエガモを見たのは一年余り前でした。その時は「カモかぁ」なんて思っていたのですが、出会ってみたら、あまりのかわいらしさに、すっかりファンになってしまいました。
そして、今年もまたトモエガモが来てくれました。他の水鳥に混じって泳いでいる姿は、ひときわ小さくてカモの子供みたいに可愛かったです。
 頭は黒い帽子をかぶり、顔は緑色とベージュ色の光沢がある色合い、背中には素敵な飾り羽。 とってもおしゃれなトモエガモにまたあえてとても嬉しい冬でした。もちろん私は初撮りでした。
既に元気に旅立ったとのこと、今度の冬もまた来てほしいです。(likebirds妻) 

写真は在庫から
likebirds妻;30D  まるで大人と子供のようでした
a0052080_203770.jpg


likebirds妻;30D  散歩の人が投げたパンを、潜って拾って食べていました。
a0052080_203243.jpg


likebirds夫;デジスコ  
a0052080_2033849.jpg


likebirds夫;デジスコ  垂れ下がった枝にとまり休むトモエガモ  
a0052080_2034958.jpg


 見に行った日は風が強かったせいで陰に隠れることが多く、昨年ほどのサービスはしてくれませんでした。地面に木の実が無かったせいか、陸に上がってドングリ拾いも見れませんでした。それでも充分満足できました。オナガガモの夫婦や、婚姻色のカワウも目を楽しませてくれました。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-03-27 20:32 | 野鳥観察 | Comments(14)
さようならジョウビタキ!ありがとう
 もうすぐ四月。あちこちで桜が咲いて、すっかり春ですね。
冬鳥たちは、もう旅立ち始めたのでしょうね。この冬はカラフルな可愛い鳥さんたちとたくさん出会うことが出来ました。
昨年の秋の終わりごろ、一番に来てくれたのが、オレンジ色のジョウビタキでした。
美しい羽と愛らしい眼差しで、私たちを魅了させた冬鳥の代表ですね。
 また来冬元気な姿を見せて欲しいですね。
ありがとう!ジョビオ君そしてオジョウ様。(likebirds妻)

likebirds夫;デジスコ
a0052080_20464437.jpg


likebirds夫;デジスコ
a0052080_20465575.jpg


likebirds妻;30D
a0052080_204777.jpg


 日曜日は雨で鳥見はお休みしました。物干し場の屋根のPPPを敲く雨音で目が覚め、がっかりしました。ゆっくりと起床して、ずいぶん久しぶりに家で休日の朝食をとりました。その後、知り合いの方たちの写真展に夫婦で行きました。
 どの写真も素晴らしいものばかりで、圧倒されました。私のように「撮れた!撮れた!」ではなく、絵として成立する写真を将来的には撮って見たいと思いました。帰りに食べたピリ辛タンタン麺は辛すぎました。妻が食べた広東麺にすれば良かったと内心思いました。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-03-26 21:20 | 野鳥観察 | Comments(13)
笹薮にキジ!
 キレンジャクがだんだん飛んで行ってしまったので、駐車場のほうへと歩き始めたら、途中の木の高い所にまだ止まっていました。降りてくるかも・・と少し待っていたら向かいの土手にキジが歩いているのが見えたのです。皆がいっせいにキジに注目していたら、パーッと目の前を横切って飛んで反対の笹藪に行ってしまいました。そして笹薮にふわっと着地するとゆっくりと歩き回り始めました。見えるところに出てきてくれないかと、しばらくカメラのフィルターで追跡しました。やっと少し開けている所に現われたのですがとても遠かったです。出来ればもっと近くで見たかったのですが、遠くからでもとても綺麗でした。地面をさかんにつついたり、草の実を食べたりしているようでした。偶然にも帰りがけにキジにあえて嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;30D  キンキラキンの羽で とても目立ちました。真っ赤な顔と丸い目はちょっとひょうきんなかんじでした
a0052080_21361937.jpg


likebirds夫;デジスコ
a0052080_2136292.jpg


likebirds夫;デジスコ
a0052080_21363885.jpg


 目の前を横切ったときは、誰のカメラからもシャッターの音は聞こえてきませんでした。笑。誰もが呆然と飛び去るのを見守っていました。なかなかうまくいかないもので、背中の模様がはっきりと写っている写真には藪に遮られて顔がありませんでした。
 「キジが公園でしばしば見られるのは、おそらく他に居場所がないのだろう」とブログに書いておられる方がいます。その言葉を思い出しました。ミイハア鳥見らしくないですね。(likebirds夫)
 
by likebirds | 2007-03-23 22:17 | 野鳥観察 | Comments(19)
キレンジャクパート2!
 キレンジャクは草の実を食べていたので、食べ終わって休んでいる間もあまり高い枝にはいかないで、低めの枝にとまってくれました。少し休むとすぐに下におりて、草の実を食べていました。昼近くになって、だんだん遠くのほうへ飛んでいってしまいました。公園内をあちこち回っているとのことでした。待っていたかったのですが、メモリー満杯に撮ってしまったので、帰ることにしました。
こんなに間近でキレンジャクを撮り放題だったなんて!夢だったら覚めないで!と思いながら帰路につきました。(likebirds妻)

likebirds妻;30D
a0052080_21515483.jpg


likebirds妻;30D
a0052080_21521184.jpg


likebirds妻;30D
a0052080_21522265.jpg


likebirds夫;デジスコ
a0052080_21523569.jpg


likebirds夫;デジスコ
a0052080_21524991.jpg


likebirds夫;デジスコ
a0052080_21525751.jpg


likebirds夫;デジスコ 羽はこんな感じ
a0052080_23542397.jpg


 キレンジャクは今回が初見です。「キ」と「ヒ」では大違いと勇んで現地に向かいました。現地で待望のキレンジャクを見ると違いは「ヒ」が「キ」になっていただけでした。これを希少価値というのかな、と思いました。黄色なのでヒレンジャクより目を惹きます。
 ズラッと並んだ三脚の壁に沿って、キレンジャクは右から左まで満遍なくサービスしてくれました。足元の地面に下りたときは近すぎて撮れないので、一生懸命肉眼で観察させてもらいました。鮮やかな黄色が目に焼きつきました。
 時々行く公園ですが、これほどのカメラマンが揃うのを見たのは今回が初めてでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-03-22 22:30 | 野鳥観察 | Comments(21)
キレンジャク!
 今日はお彼岸のお中日。朝早くお墓参りを済ませて、隣市の公園に行きました。ここにキレンジャクがいると聞いたのです。「まだいてくれるだろうか?いて欲しい・・・」と祈るような気持ちで現地に行くと、かなりのカメラマンの方がいました。お聞きすると、前の木にいるとのこと。
見ると目の前の枝にキレンジャクがとまっていました。少しすると地面に下りて草の実を一生懸命食べ始めました。大勢のギャラリーなど気にもしていない様子です。時々ホバリングしながら黒っぽい実を美味しそうに食べていました。その距離は、わずか3メートル足らず。「近すぎ~!」という贅沢な嘆き声があちこちでしていました。初見初撮りの鳥をこんなに間近で見ることが出来るなんて!最高の一日でした。現地でお会いした皆様お世話になりました。(likebirds妻)

likebirds妻;30D  背伸びをして、実をたべていました
a0052080_2282236.jpg


likebirds妻;30D  もぎ取った実は、口の中に放り込むように食べていました
a0052080_2283452.jpg

l
ikebirds妻;30D  実を全部食べると、ぱっと飛びたちました
a0052080_2284451.jpg


夫はパソコンが旧式で、めちゃ遅なので画像整理が間に合わずlikebirds妻だけ先にアップしました。
新しいパソコンはとっくに買ったのに、新しいカメラに夢中でまだ開梱すらしていません!(怒)(likebirds妻)

likebirds夫;デジスコ  あたふたと取り敢えず1枚
a0052080_2321929.jpg


最近攻守ところをかえたような...(likebirds夫)
by likebirds | 2007-03-21 22:36 | 野鳥観察 | Comments(14)
コチョウゲンボウ 猛禽は目が命 part2
 写真は在庫からコチョウゲンボウです。何回も書きましたが、この日のコチョウゲンボウ♂はリラックスして全く逃げませんでした。だるまさんが転んだ方式で徐々に近づき、とまっている枝の直ぐ下まで行きましたが、毛繕いをしたり、ウツラウツラと目をつぶったりしていました。間近に見るコチョウゲンボウの目は驚くほど澄んでいて感動を呼ぶものでした。顔の凛々しさは小さくてもハヤブサでした。
 他に誰もいないフィールドで約50m位の距離を縮めるのに2時間弱かけましたが、その間、チョウゲンボウは枝を移動するだけでした。本当に感謝感激でした。この冬の大きな収穫です。(likebirds夫)

likebirds夫;デジスコ
a0052080_20343966.jpg


likebirds夫;デジスコ
a0052080_20344978.jpg


likebirds夫;デジスコ
a0052080_2035276.jpg


 近くで見るコチョウの顔は気高く清らかで、とても美しかったです。
私には宝物のような時間でした。(likebirds妻)
by likebirds | 2007-03-20 21:06 | 野鳥観察 | Comments(7)
コミミズク 猛禽は目が命
 日曜日は、また用事があって鳥撮りにいけませんでした(涙)ので、こないだのコミミからです。
このコミミは、人を怖がらないのか、それとも人を見慣れているのか、近くに人がいても全く動きませんでした。
すっかり暗くなって皆帰った後、残ったのは私たちだけでした。夕闇に閉ざされ始めた河川敷はとても静かで、風に揺れる木々がまるで黒い生き物のように見えました。車に戻る途中の杭に止まっていたコミミは、まるで見送ってくれるようじっととまっていました。お別れに撮った大写しの写真です。
この後コミミは空に飛んでいって、何度もホバリングを繰り返していました。すぐにもう一羽のコミミも飛んできて、けんかするように二羽でもみ合いながらホバリングをした後、急降下して草むらに消えていきました。闇の中の野生の世界を垣間見たような感じでした。(likebirds妻)

likelikebirds夫;デジスコ  SS1/4 帰る直前の写真です
a0052080_2032447.jpg



likebirds妻;30D  暗かったので,ISO感度1600 SS1/13でした
a0052080_20321626.jpg


やはり猛禽は「目が命」ですね。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-03-19 20:56 | 野鳥観察 | Comments(20)