<   2007年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧
オオソリハシギ・キアシシギ・キョウジョシギ・チュウシャクシギ
 GW初日の今日は、鳥のお師匠さんのTさんにご一緒させていただいて谷津干潟にシギチを見に行きました。早朝の干潟は鳥の鳴き声があちこちから聞こえて、潮のにおいがとっても気持ちよかったです。昨日くらいからシギチ類が次々飛来しているとのことでした。シギチ一年生の私たちには初見初撮りのオンパレードでした。干潟をゆったり歩き回足り、飛んだりしているシギたちを一日堪能しました。(likebirds妻)

 シギ・チドリは頭が混乱します。一種説明を受けても、二種目の説明で忘れてしまいます。無数の順列組合せを聞いているようで、絶望感が先にたってしまいます。現地でお会いしたバード大国さんTさんの二人の鳥博士の会話を異星人のような気持ちで聞いていました。
 ずいぶん多くの種類の鳥を撮りましたが、帰ってきて図鑑を見ると疑問が湧いてきてブログに載せることが出来ません。後日徐々に載せていきたいと思っています。(likebirds夫)

likebirds夫;デジスコ オオソリハシギ♂♀(手前が♂)  ...ですよね?
a0052080_22232681.jpg



likebirds夫;デジスコ オオソリハシギ♂(手前はハマシギ)
a0052080_22235319.jpg


likebirds妻;30D+500mm キアシシギが飛び出したところ、横に止まっているのはキョウジョシギ、初撮りです
a0052080_22241364.jpg


likebirds妻;30D+500mm  チュウシャクシギの飛び出し。とても綺麗でした。初見初撮りです
a0052080_22244854.jpg

by likebirds | 2007-04-28 23:15 | 野鳥観察 | Comments(16)
センダイムシクイとシメ
 渡りの途中の赤い子にふられた次の日、美容院に行くと言って妻にもふられ、久しぶりに一人の鳥見となりました。しばらくヤマガラやシジュウカラを眺めていると「チヨチヨビー」が聞こえてきました。気配を感じながら振り向かずに待っていると、左前方に出てきてくれ花のそばにとまり、さかんに囀っていました。誰もいない木立のなかに座ってゆっくりとセンダイムシクイを観察できました。時間がゆっくりと流れそうなものですが、案外早く時が過ぎました。後から一人、また一人と計三人になりました。夕方になり、クロツグミの声が近づいたり遠のいたりしてきましたが、寒くなってきたので帰りました。(likebirds夫)

likebirds夫;30D+500mm センダイムシクイ
a0052080_2221627.jpg


likebirds妻;30D+400mm 
a0052080_2220493.jpg

 
 赤い子にふられましたが、夏羽のシメが、美しい夏羽を見せに(?)来てくれました。
嘴はまだ少しピンク色が残っていました。もう少しすると、鈍い鉛色になってシメの強面もグレードアップするそうです。
でも、強面の割には、はずかしそうに振り返っている姿がかわいかったです。(likebirds妻)
by likebirds | 2007-04-27 23:02 | 野鳥観察 | Comments(8)
タシギたち
 タマシギのお出ましを待つ間、浅瀬の鳥さんを見に行きました。鳥の姿はまばらで、セイタカシギが時々追いかけっこをしているくらいでした。しばらくすると、タシギやハマシギやコガモが現われました。春の浅瀬は、のんびりムードで鳥達は気ままに餌を探したり、水浴びしたりしていました。
横の葦原には、オナガガモの雌が3羽でせわしなく餌探しをしていました。
水辺の鳥たちののんびりムードにつられて、ゆっくりと撮り鳥をすることが出来ました。(likebirds妻)


likebirds妻;30D  思い思いに餌探ししている、タシギ、コガモたち
a0052080_2035169.jpg


likebirds妻;30D  女性ばかりで現われて、せわしなく餌探しをする、オナガガモ嬢
a0052080_2044456.jpg


likebirds夫;30D 
a0052080_23205352.jpg

by likebirds | 2007-04-26 20:15 | 野鳥観察 | Comments(12)
ハマシギ
 干潟には、コアジサシの群とハマシギの群が一緒に羽を休めていました。数羽のハマシギは少し離れ波打ち際で餌を探していました。夏羽に換羽中なのかお腹が黒っぽいのや、まだらなのがいました。薄茶色で小さくて、かわいかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D  後ろに見えるのが、潮干狩りの行楽客の人たちです。とても楽しそうで少し羨ましかったです。
a0052080_1854635.jpg


likebirds夫;30D
a0052080_18541927.jpg


likebirds妻;30D  水に嘴を突っ込んで、餌をさがしていました
a0052080_18534226.jpg



likebirds妻;30D   コアジサシの群の上を横切って飛んでいました
a0052080_19145424.jpg



likebirds妻;30D   遠くから見た、ハマシギたちです
a0052080_18544540.jpg


 1000羽のハマシギの飛び交う様は見ることが出来ませんでしたが、100羽くらいの群は見ることが出来ました。行楽の人たちも多かったので警戒心が強かったのか、近づくことは出来ませんでした。水際で撮っていると、「潮風が機材に悪いよ」と言われ、急に不安になって戻りました。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-04-25 19:31 | 野鳥観察 | Comments(12)
コアジサシ
 土曜日、二度目に行った干潟では人出が多くて、目当ての鳥さんは別の所に行ってしまったようでした。それでもわずかに空いていた砂浜に沢山のコアジサシとハマシギが羽を休めていました。しかたなく干潟を歩いて、コアジサシの居る所まで近づきました。コアジサシは、しばらくのんびりと休んでいましたが、急に飛び立って海に浅くダイブして、餌をとり始めました。数羽のアジサシが目の前で何度も飛び込む様子はかっこよくて、素敵で、写真を撮るのを忘れて見入ってしまいそうでした。目当ての鳥さんには会えませんでしたが、コアジサシも初撮りでしたので、とても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D シャッターの直後、「やったー」と思いましたが、こんなものでした。ゴミも写っていました。
a0052080_1811548.jpg


likebirds妻;30D  コアジサシに混じって一羽だけアジサシが居ました。体が二倍くらいの大きさに見えました。 
a0052080_18113693.jpg


likebirds夫;30D
a0052080_18122488.jpg


likebirds妻;30D  海に向かって垂直に飛び込む所です。シャープな動きがかっこよかったです
a0052080_18123436.jpg


likebirds夫;30D エビのようなものを咥えました。ピンボケですが、かろうじて隅っこに写っていました
a0052080_18124730.jpg


 知らないというのは怖いもので、この日は大潮。1000羽のハマシギと100羽のミヤコドリの予定が、1000人の潮干狩りの行楽客を見ることになってしまいました。
 足が痛くなるほど歩き回り、潮の引いた浜の先端でやっとコアジサシが観察できました。
 ハマシギとコアジサシのなかにキョウジョシギもいたらしいのですが、全く見逃してしまいました。やはり、知らないということは損もします。いろいろ勉強して行くべきでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-04-24 18:56 | 野鳥観察 | Comments(16)
タマシギ
 土曜日は朝から目当ての鳥さんに振られ、次のところでもまた振られ、3度目の正直で、タマシギを初撮りすることが出来ました。終わってみれば、とてもラッキーな一日でした。
普段は警戒心が強いタマシギだそうです。でもこの時は、ゆっくり餌を探しながら、水辺を歩き回り、羽繕い、羽広げ、鳩への威嚇などなど・・・長い間大サービスでした。
羽を大きく広げる仕草はなんと2度も見せてくれました。水玉模様の羽がとても綺麗でした。
初見、初撮りでこんなに沢山の仕草を見ることが出来て大感激でした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D 大きな目が何とも魅力的でした この鳥は♀のほうが綺麗なんです
a0052080_18451661.jpg


likebirds夫;30D タマシギの水玉模様もバッチリ見ることができました
a0052080_1845333.jpg


likebirds妻;30D  近くに居た鳩を威嚇して、羽根をふくらませました。けっこう気が強いです
a0052080_18454828.jpg


likebirds妻;30D  2度目に羽を広げた所。ちょっと押さえ気味に広げました。
a0052080_1846245.jpg


 現地に着くとタマシギは見えず、「今まで出ていたけど、引っ込んだところ」と言われました。本日は鳥運が悪く、嫌な予感がしました。詳しい方が、「一時間半くらいは出てこないから、それまで何処かで他の鳥を見てこよう」と言われたのでその場を離れました。ピッタリ一時間半後に戻るとタマシギが目の前に出ていました。鳥運の悪さを吹き飛ばすことができました。「なんて運が良いのだろう」と思いながら帰ることが出来ました。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-04-23 19:13 | 野鳥観察 | Comments(24)
ホオジロ
 キジを見つけられなくて引き返すとき、なぐさめてくれるように近くの枝にとまったのがホオジロでした。番で行動していて、雄は短く「ピッピ、チッチ」と鳴いていました。まるで雌に声をかけているようでした。雌は、木の陰に隠れるようにしていて、いいところに出てきてくれませんでした。
とてもかわいくて、良い子のホオジロ君でした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D
a0052080_18574062.jpg


likebirds夫;30D
a0052080_18575354.jpg


likebirds妻;30D
a0052080_1858618.jpg


 この時期のホオジロは彩度が高く綺麗でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-04-20 19:07 | 野鳥観察 | Comments(13)
サシバ
 キジが見たいと、畑のあるところに行ってみました。三脚を広げたとたん、「ゲーン、ゲーン」と言うキジの声が聞こえましたが、いくら探しても全く姿をみつけられませんでした。しかたなく道を引き返していたら、今度は「ピックイー、ピックイー」と言う、聞きなれない猛禽の声が聞こえました。夫に「あの声は猛禽じゃない?」と聞くと「ピックイー、と鳴くのはサシバだ!」と言うのです。急いで声のするほうを見たのですが、茂った木の向こうからで、姿を見つけられません。また、声だけなのかぁ~!とちょっとがっかりしていたら奥のほうからサシバが飛んできて、向かいの木にとまりました。その後畦の草原に下りて、何か食べているようでした。再び飛び立って、今度は田んぼのほうへ行き、杭にとまってから、田んぼにおりて餌をとっているようでした。田んぼを飛び立ってから深い林の中に消えてゆきました。鳴き声も聞こえなくなったので、思いがけないサシバとの出会いに、二人で興奮を抑えながら帰りました。
本当にラッキーでした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D 何かまわずシャッターを切ったら偶然撮れていました
a0052080_20323452.jpg


likebirds妻;30D 草原に下りて、何かを食べていました
a0052080_2033567.jpg


likebirds妻;30D 草原を飛び立った所です。後ろの花大根の紫色が綺麗でした
a0052080_20332777.jpg


likebirds夫;30D
a0052080_20335122.jpg


likebirds夫;30D
a0052080_2034643.jpg


likebirds妻;30D 田んぼで餌を探して、飛び立った所
a0052080_20342696.jpg

by likebirds | 2007-04-19 20:49 | 野鳥観察 | Comments(12)
オオルリ♀
 オオルリの雄に混じって、1~2羽の雌も飛び回っていました。そのうちの一羽はおでこが青い色をしたチャーミングな子でした。
雌は雄と違って、縄張り争いはしていませんでしたので、なかなか見つけられませんでした。やっと、遠くの枝でのんびりしているのを見つけたのですが、ひどい枝かぶりでした。
何とか撮れた写真は豆粒のようでした。(涙)
 その後雌は、近くの枝にとまったのですが、私の場所からは良く見えませんでした。夫のいた場所からは、よく見えたそうです。
雄と雌と両方見ることが出来て、とても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;デジスコ
a0052080_2073170.jpg


likebirds妻;30D 枝の向こうに隠れるようにとまってのんびりしていました。おでこの青いのがうっすら分かると思うのですが・・・
a0052080_2074565.jpg


 帰ってから写真をみるとオオルリのメスはチャーミングでした。とは言え、メスのためにオスたちは半日もバトルを続けるのですから大変です。バトルの休憩時間にとまっている雄の写真を見ると目を瞑っていました。相当疲れるのでしょう。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-04-18 20:26 | 野鳥観察 | Comments(18)
オオルリ


 日曜日は早起きして、オオルリに会いに行ってきました。 
朝日が昇り始めた森はまだとても寒くて、白い息を弾ませながらオオルリの来ている場所へと歩いていきました。
森の中は、ウグイスやセンダイムシクイ、カケスなどいろいろな鳥の声がとても賑やかでした。オオルリの美しい声も聞こえてきます。
 少し休みながら、オオルリの現われるのを待ちました。
しばらくすると、オオルリ雄が姿を見せてくれましたが、なかなかいいところに出てきてくれませんでした。
そうこうしていると、オオルリ雄がもう1羽現われて、今度は激しい縄張り争いが始まりました。ええだから枝へ、木の中から茂みへ・・・。美しい羽を広げて飛び回ります。数が増えて4羽くらいの雄が飛び回ったりしていました。一羽が枝にとまるとすぐに違う雄が来て追い払います。ほとんど追いかけっこ状態でした。でもさすがに疲れるらしく、時々シーンとなってお互い休んでいるようでした。よく見ると奥の葉影で毛虫を食べたりしていました。腹が減っては何とか・・・ですよね。
最後は雌も後を追いかけあったりして、激しいバトルは半日続きました。
目の前で繰り広げられた、美しい野鳥の世界に魅了され、感動の一日でした。(likebirds妻)


likebirds夫;デジスコ
a0052080_20362771.jpg



likebirds妻;30D  近くのサワラの枝にとまってくれました
a0052080_20371586.jpg




likebirds夫;デジスコ
a0052080_20361318.jpg




likebirds妻;30D  激しいバトルの合間に同じ木で休憩でしょうか?
a0052080_20374121.jpg

by likebirds | 2007-04-16 21:22 | 野鳥観察 | Comments(23)