<   2007年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧
ウミネコ
 コアジサシが水浴びをしていると、どこからか次々にウミネコが飛んで来ました。
大きなウミネコの飛来で、コアジサシは慌てたように砂浜のほうへ飛んでいきました。ウミネコたちは、のんびりした様子で、餌を探し回っている様でもありませんでした。そのうちコアジサシも戻ってきて、水浴びを始めていました。
 夏の朝の海辺の風景は、穏かでのんびりして、コアジサシの鳴き声が賑やかに響いていました。
 朝日が強く照りだし、だんだんと釣りやバーベキューの人たちがやってきたので、引き上げることにしました。(likebirds妻)

likebirds妻;30D+400mm  散歩の人に驚いて一斉に飛び立ちました。大きな翼が綺麗でした
a0052080_20364167.jpg


likebirds夫;30D+500mm  魚を咥えてきました。この後、幼鳥に追いかけられていました。
a0052080_20355163.jpg


likebirds夫;30D+500mm  こちらは幼鳥です。生後40日くらいでしょうか。
a0052080_2037311.jpg


 ウミネコはこの時期の浜辺ではもっともポピュラーなカモメです。クチバシの色が先端から赤・黒・黄色と並んでいて足も黄色なのですぐ見分けられます。すぐそばで見ると向かってきそうで少し怖い顔です。
 日が昇って来るにつれ、砂浜の気温は急上昇し始め、夫婦で汗まみれになって撮りました。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-07-31 21:01 | 野鳥観察 | Comments(8)
コアジサシ
 日曜日は海辺にコアジサシを見に行きました。早朝の海岸にはたくさんのコアジサシが気持ちよさそうに水浴びをしていました。砂浜の奥にはまだ孵ったばかりの雛がたくさんいて、餌を持った親鳥が鳴きながら雛を探すシーンがあちこちで見られました。
コアジサシ達はあちこちで飛び立ったり、着地したり、水浴びしたりととても賑やかでした。砂の上にどっかり腰を下ろして、のんびりコアジサシの様子を見ていたら、近くに親鳥が下りて来ました。その後を追うように向こうから雛鳥がやって来て急いで親のおなかの下にもぐりこみました。砂の上は暑いのか二羽とも大きく嘴を開けて、はぁはぁと息をしているように見えました。親鳥は少しすると飛んで行きました。すると、雛は急いで砂を掘ってその穴に隠れていました。砂とそっくりな色の雛は、どこにいるのか分からなくなりました。まだふかふかまん丸でとても可愛い雛でした。
 波打ち際の方には数羽のコアジサシの若がいて水浴びをしていました。
まだ警戒心が浅いのか、けっこう近くで盛んに水浴びをしてくれました。羽の色は茶色いまだら模様であどけない表情がとてもかわいかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;30D+400mm  とことこと小走りに雛がやってきました
a0052080_20532447.jpg


likebirds妻;30D+400mm  親鳥のおなかの下にもぐって甘えるヒナちゃん。暑いのかはぁはぁと息をしていました
a0052080_20533726.jpg


likebirds夫;30D+500mm  波打ち際を飛ぶ成鳥(上)と水浴びする幼鳥
a0052080_2052132.jpg


likebirds夫;30D+500mm  幼鳥が水溜りで水浴びをしていました
a0052080_20525577.jpg


likebirds夫;30D+500mm  羽を大きく広げた幼鳥
a0052080_2053963.jpg

 
likebirds妻;30D+400mm  着いた時、浅瀬で水浴びをしていました
a0052080_20513659.jpg


likebirds妻;30D+400mm  お散歩の犬に驚いて、一斉に飛び立ちました
a0052080_20543577.jpg

by likebirds | 2007-07-30 21:29 | 野鳥観察 | Comments(14)
密着、アオバズク (今日は三番子、四番子)
 二羽が巣立った後、巣に残った二羽は広々とした巣穴で楽しそうでした。夕方になって親鳥が餌探しに飛び立つと、巣穴から身を乗り出すように餌を待つ雛の姿を見ることが出来ました。あちこちきょろきょろして、待ちきれない様子がとてもかわいかったです。親が2回餌を運んだ後、三番子が急に巣穴から飛び出して向かいの木に止まりました。ちょうど午後6時59分でした。見ていた人達は一瞬あっけにとられましたが、すぐに静かな拍手が沸き起こりました。あたりはもう真っ暗で、巣立った雛をよく見ることは出来ませんでした。でも巣立ちの瞬間に立ち会えて本当に幸せでした。
 巣に残った子はその後も親に餌をもらって食べていました。
それから2日後の夜、私たちは雛の様子を見に現地に行って見ました。すると月明かりに照らされた巣穴の木のてっぺんの枯れ枝に3羽の雛が並んで「ジリリリリ、ジリリリリ」と盛んに鳴き交わしていました。仲良くおしゃべりしている様でもあり、巣穴に残った兄弟に話しかけているようでもありました。ほのぼのとした情景に心を打たれながら、明日はきっと最後の子も巣立つに違いないと思いながら家に帰りました。
 次の日の早朝、現地にいってみると、最後の子は昨夜巣立ったとのことでした。どうやら私たちが帰って少ししてから巣立ったようでした。
四羽の雛と、親鳥は朝日を浴びながら仲良く木の枝で眠っていました。(likebirds妻)

likebirds妻;30D+400mm(ISO1600)  餌をまっている、三番こと四番子
a0052080_2111782.jpg


likebirds夫;30D+500mm(ISO1600)  巣立ち20分位前の三番子です  
a0052080_2102938.jpg


likebirds夫;30D+500mm(ISO3200)  三番子が巣立ち、四番子だけが残りました
a0052080_2105949.jpg


likebirds妻;30D+400mm  まだ白くてフサフサだった、巣立ちから二週間ほど前の雛たち
a0052080_2115548.jpg


likebirds夫;30D+500mm(ISO1600)  午後6時半頃、巣穴に餌を運んできた親鳥。 前後の写真はアオバズクが煙のようにブレていましたが、この写真だけが撮れていました。私にとっては奇跡の一枚です。写っていたのは愛嬌のあるいつものアオバズクではなく、猛禽そのものでした。
a0052080_2121053.jpg


 アオバズクの話は妻に全部書かれてしまいました。笑。三番子の巣立つ直前にもシャッターを切っていましたが、ブレまくっていました。
 帰りに蕎麦屋に寄り、妻は天ぷらそば(温かい方)、私は冷やし狸そば(大盛り)を食べました。
 アオバズクの話はこれでお仕舞いです。しつこくて済みませんでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-07-27 22:00 | 野鳥観察 | Comments(16)
密着、アオバズク (今日は二番子)
 土曜日に巣立った雛は最初1羽と思われていたのですが、夜半にもう1羽巣立っていました。二番目に巣立った雛は、巣穴から落ちてしまって、猫に囲まれていた所を近くの方に助けられていたのです。朝になって助けられた雛は親元に帰すべく、奥のほうの木にとまらせていました。その時に撮った写真です。とても緊張した顔が印象的でした。
その夜無事に親元に帰って、次の朝は巣立ったほかの兄弟と高い木の枝で眠っていました。
元気そうな姿に、みんな大喜びでした。(likebirds妻)


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_20181654.jpg


likebirds妻;30D+400mm  アオバズクは思ったより小さくて、牛乳瓶くらいでした
a0052080_20182656.jpg


likebirds妻;30D+400mm  巣立つ数日前の雛、愛らしい仕草を見せてくれていました
a0052080_20184285.jpg


 一晩親と離れて過ごした2番子が無事に親元に戻れるか心配でしたが、翌朝一緒に並んでいたと妻に聞き一安心でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-07-26 20:39 | 野鳥観察 | Comments(19)
密着、アオバズク (今日は一番子)
 近くの八幡様のアオバズク、昨夜最後の子がやっと巣立ちました。巣立ちそうで巣立たなくて、皆をやきもきさせた、アオバズク4兄弟。嵐の日は、巣の中の雛を心配した人たちが様子を見に駆けつけたそうです。多くの近所の人たちも可愛い姿を見に、毎日訪れていました。本当にたくさんの人に愛されたアオバズク一家でした。そして私たちにたくさんのハッピーをくれました。
 一番目の子が巣立ったのは土曜の夜でした。日曜に現地に行った時は、父親にピッタリ寄り添われて、高い枝で可愛い姿を見せてくれました。(likebirds妻)

likebirds妻;30D+400mm  お父さんといっしょだもん!
a0052080_2025380.jpg


likebirds夫;30D+500mm  これだけ首が回れば、寝違えることもないのでしょう
a0052080_2028391.jpg


likebirds夫;30D+500mm  惣領の甚六..でないとよいのですが
a0052080_20261889.jpg


likebirds妻;30D+400mm  羽ばたきの練習。真剣そのものです
a0052080_2026316.jpg


likebirds夫;30D+500mm  何をやっても愛らしい動作の巣立ち雛です
a0052080_20264279.jpg


likebirds妻;30D+400mm 親が餌を取りに行ったので、一人でお留守番です
a0052080_20265571.jpg


 妻は早朝5時起きして、この場所へ一週間通いました。前の晩、私も行くと毎回言いましたが起きられず、行ったのは2回だけでした。幸い一番子の巣立ちは土曜日の宵だったそうで、日曜日の早朝巣立ち雛を見ることが出来ました。親の片方が雛に寄り添うように付き添い、もう片方は少し高い枝にとまっていました。
 付き添っているのはお父さんか、お母さんかわかりませんでしたが、その疑問をバード王国さんが解いてくれました。「オスは腹部の縦縞がメスより太い、猛禽の特徴としてオスはメスより一回り小さい」とのご指摘で雛に付き添っているのはお父さんだと分かりました。(脱帽)
 通いつめた妻は相当思い入れがあったらしく、雛が無事に巣立ち、高い枝で親と一緒にいるのを見てホッとしたようでした。お会いした方達皆が嬉しそうにニコニコしていたのが印象的でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-07-25 21:16 | 野鳥観察 | Comments(18)
モズとオナガ
 私の住んでいる家の近くにはまだ、こんもりした木立のある所ががたくさんあって、鳥さんがたくさん住んでいます。
朝からキーキ、ージュージュー鳴いていて飛び回っていたモズ一家。ジャージャー鳴いていたオナガ一家。どちらも巣立った幼鳥が可愛い姿を見せてくれました。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mm 幼鳥のため、尾が短いです
a0052080_2054133.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_20541415.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_20542364.jpg


likebirds妻;30D+400mm  5~6羽の幼鳥が飛び回っていました。
a0052080_20544459.jpg

by likebirds | 2007-07-23 21:01 | 野鳥観察 | Comments(14)
オオヨシキリ
 この間コヨシキリを撮った時、「そういえば、少し前にオオヨシキリに会っていたんだっけ!」と思い出しました。オオヨシキリは春の頃に探しましたが声ばかりで、今期はなかなかちゃんと撮ることが出来ずにいました。この間、田んぼの近くの芦原でようやく撮っていたのでした。すぐ近くで「ギョギョッギョギョシギョシギョシ!」と威勢のいい声で鳴いていました。苗を植えたばかりの水田では数羽がけんかをしている場面もありました。でも子育て中のオオヨシキリもいて、餌を草むらに運ぶ姿も見られました。一面オオヨシキリだらけで、賑やかで楽しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mm
a0052080_216282.jpg


likebirds妻;30D+400mm  餌を咥えて草むらに入っていきました。紫色の花がきれいでした
a0052080_216215.jpg


 すこし前の写真で恐縮です。ここでは他の方は珍鳥を待っていたようでした。我が夫婦はそれには見向きもせずオオヨシキリで大盛り上がりしました。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-07-20 21:30 | 野鳥観察 | Comments(21)
ホオアカ
 コヨシキリのいた草原には、ホオアカもたくさんいました。子育て中の親鳥は大きな餌を咥えては、何度も同じところを出入りしていました。ススキの中から急に縞模様の鳥が飛び出したのでよく見ると、こんどはホオアカの幼鳥でした。コヨシキリとホオアカが両方現われたりして、霧の中でしたが、とても賑やかで楽しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;30D+400mm  車で移動中、道路わきの木にとまっていました
a0052080_20545685.jpg


likebirds夫;30D+500mm  親鳥がアブかハチを捕まえてきたようです。
a0052080_2054209.jpg


likebirds妻;30D+400mm  道の真ん中の水溜りで水浴びをしていました
a0052080_20544365.jpg


likebirds妻;30D+400mm  ススキの中から急に現われた幼鳥。とても可愛かったです
a0052080_20573595.jpg


likebirds夫;30D+500mm  上の写真の直後、飛び去るところです 幼鳥も親鳥顔負けの飛翔でした
a0052080_20575987.jpg


likebirds夫;30D+500mm 画角の隅に写っていた幼鳥をトリミングでやっと...
a0052080_20581242.jpg


 ホオアカの幼鳥は初見です。最初、ファインダーから見える姿に「なんだ?この鳥は!」と疑問に思いましたが、嘴の根元が黄色いので幼鳥とわかりました。
 幼鳥とは言え、堂々たる飛翔ぶりで追いかけるのは大変でした。とにかくちょっと離れると霧に邪魔されますから、たまたま近くに来た時に連写で撮りまくります。MF(AFが迷いっぱなし)でしたので弱りました。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-07-19 21:45 | 野鳥観察 | Comments(10)
アカモズ
 一旦霧が晴れて、ヤレヤレと思い、コヨシキリの場所の前にアカモズの様子を見に行きました。草いきれのにおいがする道を歩いていくと遠くの木にアカモズの姿。少しづつ近づいてみたら数羽で飛び回っていました。湿った空気の中一生懸命餌探しをしているようでした。少しおなかの色がくすんできているように見えました。
久しぶりのアカモズに喜んでいたら、にわかに雲が広がって霧雨が強く降って来てしまいました。後ろ髪を惹かれる思いで、車へと戻りました。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mm
a0052080_21441264.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_21442745.jpg


likebirds妻;30D+400mm  この木の上はお気に入りで何度も止まってくれました
a0052080_21444244.jpg


likebirds妻;30D+400mm  霧雨が強くなって帰ろうとしたら近くのススキの茎から飛び出しました
a0052080_21445847.jpg


 昨日のコヨシキリの場所とは違う場所です。ホントはここでコヨシキリを見る予定で来たのですが、アカモズを見ているうちに雨足が強くなって断念せざるを得ませんでした。アカモズは巣立ちが済んだのか、数羽が一緒に行動していました。残念ながら霧のため幼鳥を確認はできませんでした。
 雨のため車に戻る時、コヨシキリに囲まれるようにして撮った昨年を思い出し、天気を恨みました。(likebirds夫)
 
by likebirds | 2007-07-18 22:17 | 野鳥観察 | Comments(12)
コヨシキリ
 台風一過の海の日。天気は回復するという予報を信じて出かけましたが、予報は見事にはずれて、霧と雨に祟られた一日となってしまいました。
それでも、夏景色の高原は草のにおいがして、とても気持ちが良かったです。
雨と霧に悩まされながらも、元気のいいコヨシキリにあえました。「ギョギョギョ」と鳴きながらススキの茎を登ってきて、一生懸命囀っていました。太い眉毛が愛らしいコヨシキリ。今期初撮りでした。とてもかわいかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mm  なかなか姿を見せてくれませんでしたが、霧が出ると見通せる場所に出てきて鳴きました
a0052080_20575158.jpg


likebirds妻;30D+400mm  細いススキの茎をチョコチョコと登ってきます
a0052080_2058115.jpg


likebirds夫;30D+500mm  このときは心配になるほどの霧でした
a0052080_20582373.jpg


likebirds妻;30D+400mm  正面顔。いたずらっこみたいで可愛いです
a0052080_20583512.jpg


 台風の予報で諦めていた鳥見ですが、月曜は朝から比較的良い天気なので出かけちゃいました。家を出たときには青空も見えていましたが、着いた所は小雨混じりの霧でした。鳥見もそこそこに待機中、車が揺れ、ラジオで地震のことを知りました。被害にあわれた方達の一日も早いご回復をお祈りします。
 午後からは場所を変えましたが、やはり濃い霧に悩まされました。カッコウ、ノビタキ、ホオアカ、ホオジロやコヨシキリを見ましたが写真はうまく撮れませんでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-07-17 21:35 | 野鳥観察 | Comments(15)