<   2008年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧
メジロ
 真っ赤なつやつやの実が沢山実っているピラカンサにメジロの群が来ていました。おいしそうな実を選んでは、大きくクチバシを開けてパクリ!と食べていました。一粒食べると飛んで行き、少しするとまたやってきて、おいしそうに実を食べていました。かわるがわるにメジロがやってきて、赤と緑の色合いがとても華やかで綺麗でした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mm
a0052080_2094130.jpg



likebirds妻;40D+400mm  口いっぱいに実を頬張っています
a0052080_2010106.jpg


 ピラカンサの前で何人かがメジロを撮っていましたので、私達も便乗させていただきました。実を咥えたまま飛び去るメジロを撮った方や、羽を大きく広げたメジロを撮った方がいて、モニタを見せてもらいました。私も頑張ったのですが飛んでいるものは、そばの実や枝にピントバッチリでマトモなものはありませんでした。
 ヒヨドリがホバリングしながら実を咥えるところを撮ろうと思いましたが、全く現われません。いつもうるさく飛び回り、ピーピーと騒ぎまわるヒヨドリですが、こういうときに限って出てきません。こんなときこそ出てきて欲しかったです。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-01-10 20:29 | 野鳥観察 | Comments(16)
キクイタダキ
 今年はキクイタダキがたくさん里に降りてきてくれました。
逢えたらいいなぁ~!
でもとても小さいキクイタダキ、そんなに簡単に逢えるわけが無いと半ば諦めていました。
 でもその可愛いキクちゃんに逢うことが出来ました。
すっかり葉が落ちた木の枝をチョコチョコと飛び移り、空中や枝先でホバリングを繰り返しとても素早いキクイタダキ!
姿を追うだけで精一杯!写真に撮るのはとても難しいです。とにかく姿を見つけたらすぐシャッターを切りました。とにかく沢山撮りました。
家に帰って見たら、やはり枝だけ写っている写真や、ボケボケ写真ばかりでした。それでもなんとか写っているものがあって本当に良かったです。
この日は地元の方にたくさんお会いでき、キクイタダキを待つ間とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。本当にありがとうございました。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mm
a0052080_20183559.jpg


likebirds妻;40D+400mm  頭の黄色が何とか写っていました
a0052080_20185952.jpg


likebirds妻;40D+400mm  枝にぶら下がって・・・本当に身軽でした
a0052080_20191484.jpg


likebirds妻;40D+400mm  枝に飛び移りました
a0052080_20211477.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_20193024.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_2020299.jpg


 ちょうどキクイタダキが現われた時、防寒着の尻のポケットが抜けてしまいました。入れていた財布がズボンの裾まで落ちてきました。表面のナイロンと内側のボアとの間に落ちたので取ることができません。まさか人前で脱ぐこともできませんから焦りました。
 撮っているときもズボンの右裾がゴロゴロしていて気になって集中できません。キクイタダキが遠のいたとき、少しずつ上にずらしましたが半分くらいのところでキクイタダキが近づき元の木阿弥です。
 近くにルリビタキ♂が出てきたとき周囲の人たちが一斉にそちらを見たので、素早くズボンを半分下ろし無事財布を取り戻しました。
 この素早さがカメラワークでもでると良いのですが、正反対でオロオロするばかりでした。飛んでいる写真は空抜けで真っ黒かブレ写真ばかり。止まっているものもほとんど枝か葉っぱが邪魔していました。シジュウカラやメジロでも飛んでいるのは撮れないのですから当たり前でした。
 地元の方達には大変お世話になり、ありがとうございました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-01-09 21:04 | 野鳥観察 | Comments(20)
トラツグミ
 トラツグミに今年も会うことが出来ました。
暗い木陰の落ち葉の上にいたトラツグミは本当に見つけるのも、撮影するのも大変でした。 
でもチョコチョコ動くトラツグミは、黒い目がキラキラしてとても可愛かったです。
動きのある写真は撮れませんでしたが、可愛い姿を撮影できてとても嬉しかったです。(likebirds妻) 

likebirds夫;30D+500mm
a0052080_2071170.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_2072736.jpg


likebirds妻;40D+400mm  身をかがめて辺りを見ていました
a0052080_2075851.jpg


likebirds妻;40D+400mm  草の下でじっとしていました
a0052080_2082024.jpg


 トラツグミが木の実を食べているのを初めてみました。トラツダンスで身体を揺らせながら落ち葉の下の虫を追い出して食べるのを見慣れていたので純肉食と思っていました。考えて見ればツグミの仲間ですから、いろいろ食べるのですね。そういえば昨夏、キビタキが木の実を食べるのを見たときも驚きましたっけ。浅学者は毎回驚きがあります。
 トラツグミが鳴くのを初めて聞きました。鵺のようではなくキョとツグミ系の声でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-01-08 21:05 | 野鳥観察 | Comments(24)
アオシギ
 おっとり可愛いアオシギに今年も会えました。
湿地でのんびりと餌探しをしているのかと思ったのですが、カラス山椒の実を食べにくるカラスに意地悪されて、木の影でじっとしてばかりでした。時々動いて餌をさがすのですが、カラスが怖くてすぐにフリーズ状態。我が物顔のカラスはついにアオシギの近くに飛んできて、追い出すそぶりをしました。カラスに驚いてアオシギはパッと飛び立ち、道路のすぐ近くに舞い降りました。おかげで思いがけずアオシギの可愛い姿を近くで見ることが出来て結果的にラッキーでした。とても地味な色合いですが、つぶらな目がとても可愛かったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+400mm  カラスが近くに来たので、身をかがめました。尾羽が綺麗でした
a0052080_20222133.jpg


likebirds妻;40D+400mm  カラスに追われて飛び立ちました
a0052080_20223547.jpg


likebirds夫;30D+500mm  やっと足全体の写ったアオシギが撮れました
a0052080_202254100.jpg


likebirds夫;30D+500mm  あまりにも動かないので焦れてシャッターを切りました
a0052080_2023773.jpg


 カラスに驚いて首を伸ばしました。「飛ぶぞ、飛ぶぞ」と思い、飛び出しの撮れる位置へ移動してその瞬間を待ちました。飛ぶかと思いきや、アオシギは身をかがめると駆け足で5mほど移動してから飛び立ちました。「それはないでしょアオシギ君」 移動されてしまったので、私の場所からは飛び立つ瞬間は見えませんでした。飛び降りる瞬間も葦に阻まれ撮れませんでした。駆け足の場面はピンボケでした。社会や政治が悪いわけではありません。全部自分が悪いのです。
 妻の場所からは飛び出す瞬間だけは撮れたそうです。「約一名撮れているだろうな」と思いましたが予想通りでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-01-07 21:03 | 野鳥観察 | Comments(20)
トモエガモ
 昨年夫の30Dが突然故障して,夫はトモエガモを撮れませんでした。何とか年内にトモエガモを撮りたいと暮に出かけて行きました。
 トモエガモがいる池に着くと、トモエガモは少し眠そうにしながらのんびりと泳いでいました。そして時々、すごいスピードで泳ぎ回ったりしていました。お気に入りの杭からオナガガモがいなくなっても、なかなか杭に上る気配がありませんでした。1時間以上経ってやっと杭に飛び乗ってくれ、伸びをしたり、羽を広げたりと色々なポーズで楽しませてくれました。でも今度は杭の上でぐっすりと眠り始め、また1時間以上も顔を羽にうずめて頭を上げてくれませんでした。やっと起きてくれた時は辺りはすっかり薄暗くなっていました。それでも待った甲斐があって飛び出すところも見ることが出来ました。
寒い池の岸辺で半日を過ごしすっかり体が凍えましたが、可愛い姿を堪能することが出来てよかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mm
a0052080_1894735.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_1810669.jpg


likebirds妻;40D+400mm  キンクロハジロのメスと口喧嘩?
a0052080_18102351.jpg


likebirds妻;40D+400mm  やっと杭に飛び乗りました
a0052080_18103945.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_1811161.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_18131631.jpg


likebirds妻;40D+400mm  杭に乗って1時間以上眠った後、飛び立ちました。もう暗くなっていました。
a0052080_18113125.jpg


暮の29日に故障した30Dが戻ってきました。カメラ店で「年内は無理」と言われたので40Dを買ったのにとは思いましたが、速いことは良いことです。
修理票には
 1.シャッターASSY交換
 2.CMOS清掃
 3.各部点検
とありましたのでもう大丈夫でしょう。
家に帰って早速MENUでRAWモードにしようとしたら、アレレ!MENUにRAW撮影モードがナイ! なんと記録画質MENUにJPGしかないんです。よくよく見ると機能設定MENUもナイ!
あわててカメラ店にまた行きました。「あのー、修理したらRAWに出来ないんですけど」と言うと、女性の店員サンはRAW設定の仕方が分からないと思ったようです。男性店員を呼び「RAWにしてあげてください」
男性は忙しいときにとても面倒そうでした。しばらく待って、やっと来てくれたので事情を説明しましたが、「取説に書いてありますから覚えてくださいね」と言ってカメラをいじり出しました。
どういじろうとMENUが欠落しているのですからRAWに設定できる訳はありません。そのことを告げましたが、店員サンは今度は取説を取りに行って読み始めました。
最後に一言「修理不良です」
だから最初からそう言っているのにと思いながら、「もういくつ寝るとお正月? 今何時何分?」と聞くと、店員サンは顔をゆがめてキャノンの電話一覧表を出して電話をし始めました。29日の17時5分でした。
いくつかの場所へ電話をかけまくっていましたが17時を過ぎていたのでかかりませんでした。
男性の店員サンはよほど困ったのか、「お正月はJPGでお撮りになって来年お持ちくだされば最優先で修理させます 済みません 済みません」
でも、悪いのはこの男性の店員サンではありません。悪いのは「各部点検」と謳っておきながらMENUボタンも押してみない修理のズサンさです。
仕方がないのでトモエガモは妻のお古の30Dで撮りました。まあ全く支障はありませんが。笑。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-01-06 19:36 | 野鳥観察 | Comments(20)
オオタカ
 「今年こそは是非オオタカに会いたい!」と昨年から夫と話していました。でも簡単にオオタカに会えるはずなどありません。
 今日も朝から木に止まった鳩を猛禽と見間違えながら空しい時間を過ごしました。諦めて元来た道を引き返していたら前方の木に鳥の影が・・・「また鳩じゃない?」と私が言うと双眼鏡で見ていた夫が「鳩じゃない、猛禽だよ」と言います。「まさか、どうせ鳩に決まってるよ~」と私もカメラのファインダーで覗くと本当に猛禽でした。
 濃いブルーの背中はもしやコチョウゲンボウ?と思いましたが少し近づいたらなんとオオタカでした。
 昨年からずっと会いたいと思い焦がれていたオオタカが目の前の枝に止まって遠くを見ていました。嬉しくて夢中でシャッターを切りました。
本当に夢なら覚めないで・・・と思ってしまいました。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+400mm 横向きのオオタカ!凛々しいです~!
a0052080_20363915.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_2037421.jpg


likebirds妻;40D+400mm  カメラ目線のオオタカ!カッコイイです!
a0052080_20372167.jpg


likebirds妻;40D+400mm  飛び出しの瞬間
a0052080_20374635.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_2038647.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_20381745.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_20382916.jpg


likebirds夫;30D+500mm 秒間5枚でこの恰好ばかりでした
a0052080_20384029.jpg


 猛禽好きのlikebirds夫婦ですから一昨年は何回もオオタカを見ました。昨年末に「この一年間はあまりオオタカに縁が無かったね」と話し合っていました。ですから今年は「オオタカを見よう」が新年の抱負でした。あまりにもあっけなくオオタカに会ってしまったので拍子抜けです。
 他に人もいなかったので、ばんばん車で近づいちゃいました。オオタカまで30mくらいのところに車を止めて両窓から撮りました。こちらを気にする様子も無かったのですが、シャッター音には反応してこちらを見たりしました。右に飛んだので、左の席にいた妻は飛んでいる姿は撮れず気の毒でした。
 意気揚々の帰り道、妻が「私のオオタカ、ボケてるー」と悲しい声を出しました。私はISO感度、露出、ピントについて一演説しました。家に帰ってから、「なんだー!ボケているのは車のフロントガラス越しに撮った3枚だけだったー。後のはバッチリ撮れてるー!」の言。人騒がせなヤツだなとは思いましたが一安心でした。
オオタカ成鳥♀だと思います。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-01-05 21:30 | 野鳥観察 | Comments(15)
新春初見初撮り!ハイタカ
 新年の鳥撮り初めに、こんな幸運が待っているなんて!本当に思ってもいませんでした。
のんびりモードで鳥見をしていたら「ハイタカが氷の上を歩いている」と教えていただきました。
「ハイタカが氷の上を歩いてる???」
どういう状況なのか全く想像できませんでしたが、皆でその池へと急ぎました。現場に着くと、氷が張った池の上にじっととまっているハイタカが・・・!
しばらくじっととまっていましたが、意を決したように滑りながら本当に氷の上を歩き始めました。でも滑ってしまい、転びそうになって飛び立ち、また少し歩いて・・・の繰り返しをした後、ワイヤーにとまったりしながらすこしづつ移動していました。大勢のギャラリーの前で本当に美しい姿を惜しみなく見せてくれます。でもあまりに飛ばないので「何処か怪我をしているのではないか?」と皆が心配し始めた頃、やっとパッと飛び立ち枝にとまりました。枝の上でのんびり羽繕いをした後、奥の山の方へと飛んで行きました。「アーァ、飛んだ!」と言うため息とともに、「怪我をしていなくて良かった」と言う安堵の声が入り混じりました。
30分以上のハイタカの氷上のパフォーマンス!
新年早々本当に幸先の良い一日でした。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+400mm 氷の上を滑りながら歩いていました
a0052080_1837565.jpg


likebirds妻;40D+400mm  転びそうになり飛びましたが着氷もおっかなびっくりです
a0052080_18373655.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_18375127.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_18381460.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_1839314.jpg


likebirds妻;40D+400mm  転びそうになると飛んでいました
a0052080_18392976.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_18394463.jpg


likebirds妻;40D+400mm  木の枝にとまったとき、鋭い目が光ってかっこよかったです
a0052080_1840473.jpg


 運良く未見のハイタカを見ることが出来ました。最初見たときはかなり大きく見えたので「オオタカじゃないのか?」と思いました。ツミよりはずっと大きく中指が突出しているのでハイタカでした。結局ハイタカ♀成鳥だということです。
 氷の上を歩く姿は習いたてのアイススケートのようでした。長い時間いろいろなパフォーマンスをしてくれたのでlikebirds妻のメモリーカードの残量が心配でしたが、足りたようでした。
車に戻りドアを閉めてから夫婦で「ヤッター!!」と歓声をあげました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-01-04 19:50 | 野鳥観察 | Comments(28)
新年あけましておめでとうございます ベニマシコ
 新年明けましておめでとうございます。
旧年中は、私達の拙いブログにたくさんの方にご訪問いただき本当にありがとうございました。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 昨年末、念願だった夫婦二人でのベニマシコ撮影が叶いました(喜)(likebirds妻)

likebirds妻;40D+400mm  ススキにつかまって身体を膨らませました。まん丸で可愛かったです
a0052080_0114830.jpg


likebirds妻;40D+400mm  セイタカアワダチソウをおいしそうに食べていました
a0052080_0123490.jpg


likebirds妻;34D+400mm
a0052080_0125489.jpg


likebirds妻;40D+400mm
a0052080_013138.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_0152086.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_0164319.jpg


 当ブログも三度目の新年を迎えることができました。三日続くかと危ぶみながら始めたのですが、皆様の応援に支えられてここまで来ることができました。本年も宜しくお願い致します。
 初冬に妻は撮り、自分は撮れなかったベニマシコの再チャレンジに行ってきました。30日、早起きが辛く気持ちが折れそうになりましたが何とか起きることができました。その甲斐あってか、誰もいない川辺でベニマシコに会うことができました。
 前夜の雨と朝露にびっしょりと濡れたセイタカアワダチソウの先端が乾き始めた頃、「フィッフィッ」と嬉しい声が聞こえ始め、すぐそばのススキにとまってくれました。やっとベニマシコを満喫することができました。誰もいなかったので、夫婦ではしゃぎながら撮りました。幸福な年末となりました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-01-01 00:00 | 野鳥観察 | Comments(50)