<   2008年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧
オオジシギ
 オオジシギに会いたくて、見に行ってきました。
まだ来ていないかも・・・と少し不安でしたが、賑やかな鳴き声が聞こえました。声を頼りに近づいてみると高い空で2羽のオオジシギが鳴きながら旋回と急降下を繰り返していました。金属音のような鋭い音があたりに響き渡ってまるで、飛行機が飛んでいるようでした。しばらく旋回した後、枝に止まって休んだり、電柱に止まったりした後、ススキの中に飛び降りてしまいました。
 しばらく静かになったので、他の鳥を見たり、休憩をしたりして、そろそろ帰ろうと車を走らせていたら、すぐ横のススキの原から「ズビヤーク、ズビヤーク!」と言う大きな鳴き声が聞こえてきました。車を止めて声のほうを見ていたら、道路わきのススキの中を歩くオオジシギを見つけました。急いで車の中から写真を撮りました。すたすたと歩き回った後、またススキの中に歩いていってしまいました。突然現れたオオジシギに驚きましたが、タシギにそっくりなのにもっと驚きました。
オオジシギ三昧の一日でとても楽しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+400mmF5.6  飛び回った後近くの木の枝に止まってから、目の前の松の枝に飛んできました。あわてて手持ちで撮りました
a0052080_20152249.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6 鳴きながら飛んでいます
a0052080_20161162.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6 上空を滑空して・・・
a0052080_20162362.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  鋭い金属音をあげながら急降下
a0052080_20163676.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  音も姿もジェット戦闘機です
a0052080_20164733.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  編隊飛行、鳴き声が賑やかでした
a0052080_2017597.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  編隊飛行、横から
a0052080_2057868.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  車の中から撮りました
a0052080_20364444.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  近くから見るとずいぶんイメージが違います タシギに似ていました
a0052080_2022939.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  釣り損なった魚は大きいです
a0052080_20174957.jpg


ファインダーを覗く実感では、ディスプレー中のオオジシギはワシタカなどよりもずっと速く飛びます。空の彼方の小さな点がみるみる大きくなり、あっという間に頭上を通り過ぎ、あっという間に小さな点に戻ります。さらに突然翼をたたみ尾羽を広げて急降下を繰り返します。その時の風切音は金属的で物凄い迫力です。
昨年は木に止まっているのを撮るのが精一杯でした。今回は何とか飛んでいるオオジシギを撮りたいと現地に向かいました。幸い、オオジシギは木にも止まってくれ、よく飛び回ってくれました。
また、初めてオオジシギを間近でみるチャンスもありました。車の中から最短数メートルの距離でした。見た印象は「こんなに小さいのか」というものでした。高原でのオオジシギの圧倒的な存在感が大きな鳥という印象を持たせるのでしょう。
360度飛び回るオオジシギの撮影は一種のスポーツでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-04-30 21:36 | 野鳥観察 | Comments(28)
オオルリ
 美しい瑠璃色のオオルリ。 
今年も会うことが出来ました。
雨上がりの森はひんやりと少し湿った、心地よい空気に包まれていました。
さわやかな新緑を楽しみながら、待っていると突然オオルリの美しい鳴き声がしました。黒い鳥影がスーッと飛んできて、少し離れ木の枝に止まってじっとしてくれました。
一年ぶりに会うオオルリは、やはりとても美しく気品がありました。
 枝の先で大きくさえずると、茂みに飛んでいったり、どこかへ飛んでいなくなったりしました。でも定期的に現れてくれて、美しい姿で私たちを楽しませてくれました。
静かな森で鳥の声に包まれ、別世界にいったようで本当に心が癒されました。
ここでは、Sさんに久しぶりにお会いでき、大変お世話になりました。
本当に素敵な時間をすごすことが出来ました。ありがとうございました。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_1953841.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  最初に撮った一枚。見返りポーズ
a0052080_19532638.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_19533965.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  枝がもう少し細ければ
a0052080_19535559.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  見ている間中、あまり大きく口を開けて囀りませんでした。素晴らしい鳴き声でしたが。  
a0052080_19541357.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  枝の向こうで鳴いていました
a0052080_19542875.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  渓流で水浴びをしていたメス
a0052080_19545036.jpg


Sさんに「営巣中独特の鳴き方です。」と言われました。「えっ、縄張り宣言のときと営巣中は違うんですか?」とお聞きすると「違います」
そう言われてみると、オオルリの囀りの最後の「ジジ」が無いような気が.....。おっと危ない危ない。私は言われるとすぐそんな気になるので。
結局その差はわかりませんでした。それにしても鳴き方まで聞き分けられるSさんに仰天、脱帽でした。
その後、遠くでオオルリの声がして、妻が「別のオオルリかしら?」と言うと「同じ個体です」と答えるSさん。声で個体識別までできるとは絶句です。
ところで、妻は♀の水浴びを撮りましたが、私は♀を見ることも出来ませんでした。帰りの林道で「♀の水浴びが撮れて良かったぁ」と妻が何回も言うので、
早歩きの意地悪をしました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-04-28 20:50 | 野鳥観察 | Comments(44)
コゲラ
 コゲラはよく見かけますが、つい「あぁ、コゲラか」なんて思って見過ごしてしまいます。
でもここでは一生懸命に巣穴を掘っていました。
小さな体が、ばねのように反復して何度も何度も木に首を突っ込んでいました。
クチバシだけであんなに大きな穴を開けるのですから、きっと首の力がとても強いのだと思いました。
そして体の割りにとても大きな足で、しっかりと体を支えていました。
錐のようなクチバシも、きっと鋭いのでしょうね。
こげ茶色と白の縞々の背中が明るい日を浴びて、とても綺麗でした。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+400mmF5.6  近くに止まりました。澄んだ瞳が可愛かったです
a0052080_20443092.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  巣作りの真っ最中でした
a0052080_2045343.jpg


時々ご一緒させていただいているYさんと並んで撮りました。妻がカメラから離れたとき、私はほっぽらかしにしていましたが、わざわざYさんは撮影を中断して妻のカメラを安全な場所へ移動させました。こういう時に人間性が出るものです。私はコゲラの掘った穴に入りたい気持ちでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-04-25 21:17 | 野鳥観察 | Comments(24)
ユリカモメ
 少し前に干潟に行った時、沢山のハマシギといっしょにユリカモメも沢山いました。
まだ冬羽の個体や、夏羽になって黒い頭と赤い足の綺麗な個体もいました。
この日は遠くまで潮が引いたので、ユリカモメたちはだんだん干潟の沖のほうへ移動していきました。ぬかるんだ干潟を歩いて近寄りましたが、足がとられてとても疲れました。
 いつもは海に隠れて見えない堤防の下を歩くと、以外に水深が浅いことが分かって面白かったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20164911.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  残念ながらまだ冬羽です
a0052080_20171322.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  ユリカモメ飛び出し
a0052080_20172727.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6
a0052080_20174028.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  この子も完全な黒頭巾ではありません
a0052080_20175326.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  広い干潟にたたずんでいるユリカモメ
a0052080_20253033.jpg


4月上旬の写真です。まだ頭の真っ黒な夏羽は見ることが出来ませんでした。ユリカモメを撮ろうとすると、何故か三脚の一本が砂に沈み込みます。あわてて据えかえるのですが、また沈みます。倒れたら機材はお陀仏ですから、気になって集中できませんでした。お腹も空いていたので背負ったカメラバッグの中のお握りも気になりました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-04-24 20:58 | 野鳥観察 | Comments(12)
カワガラス
 少し前、渓流沿いを車で走っていたとき「ここって、カワガラスがいそうだね~」と、車から降りて川を覗いていたら、下流からチーと鳴いて、本当にカワガラスが現れました。
カワガラスは渓流の堰の所で餌探しをしていました。
でもその堰の下にはデイキャンプの人がいたので、カワガラスは近くに来てくれませんでした。
夕方になって、キャンプの人が帰ってから、堰の上でのんびりする姿を見せてくれました。
あたりは暗くて、とても遠かったので、荒れた写真しか撮れませんでした(涙)
でも、思いがけなくカワガラスを見つけられてとても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2075351.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2081583.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  夕方、水浴びした後伸びをしていました
a0052080_2082926.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  森の奥へ飛んで行きました
a0052080_2084478.jpg


カワガラスの餌場近くに若い男女4人がデーキャンプを楽しんでいました。大きな岩の上に登ってVサインをして写真を撮ったり、河口堰をよじ登ろうとしたりしていました。あまりに楽しそうなので、子供たちが小さかった頃のキャンプを思い出しました。今はもう誘ってもついて来ません。
「夫婦二人だけでキャンプしようか」と妻に聞くと、「絶対にイヤダ」と言われました。
カワガラスは毎年見ていますが、これほど遠いのは初めてでした。笑。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-04-23 20:45 | 野鳥観察 | Comments(21)
サシバ  その2
 嬉しくて、サシバを沢山撮りました。
新緑が目にさわやかな谷戸田に、時折響くサシバの鳴き声。そして飛び交う姿。
かっこよくて、なんとなく泥臭い、素敵なサシバとの出会いでした。
本当に夢のように楽しい一日でした。(likebirds妻)


likebirds夫;30D+500mmF4.0  朝、待っているとサシバが飛んできて最初にこの木にとまりました  ワクワクしました
a0052080_2025513.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  黄緑色の新緑がとてもさわやかでした
a0052080_20261596.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  素敵な写真になると思ったのですが...こんなものです
a0052080_2027850.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  とまり枝の細さから体重の軽さがわかります
a0052080_20322551.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  あたりを警戒?
a0052080_20273572.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  飛び出す直前
a0052080_20275945.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  遠くの畦に下りて餌探しをしました
a0052080_20281363.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  木の天辺であたりを見回して・・・
a0052080_20283346.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ♀を見ていたら♂が飛んできました ペアリングの瞬間です 
a0052080_20285058.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6 
a0052080_2029618.jpg


この日曜日は一日中サシバを撮っていましたので、ほかに載せる鳥がありません。考えた末、「サシバその2」にすることになりました。
朝から夕方まで見ていましたが、サシバが地面の見えるところに下りたのは一度だけでした。いつものことですが妻は撮り、私は撮り損ないました。次のチャンスを望みましたが帰らなければなりません。涙をのんで家路につきました。予想通り大渋滞でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-04-22 21:08 | 野鳥観察 | Comments(16)
サシバ
 渡りのシギチや港を見に行く予定でしたが、強風のためサシバを見に行くことにしました。
あちこちで「ケロケロ、コロコロ」と賑やかなカエルの声がするのどかな田園には、数羽のサシバがいて、「ピックーイ、ピックーイ」とあちこちでなき交わしていました。
時々上空を飛んだり、二羽で追いかけあったり、田んぼに下りて餌をとったりとカッコイイ姿を沢山見せてくれました。
里山の原風景にとても似合うサシバは、とても親しみのある猛禽だと思いました。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0 ピックイーーーーと鳴きながら飛んでいました
a0052080_20592959.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  空が暗いのが残念...
a0052080_205946100.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  猛スピードで滑空
a0052080_210348.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  枝間を飛ぶ
a0052080_2113470.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ♂を呼びながら飛んで
a0052080_2115029.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  捕った獲物はやはりカエルでした
a0052080_2121116.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6
a0052080_2122647.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  萌え立つ若葉色の背景がとても綺麗でした
a0052080_213663.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6
a0052080_214934.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  大きな木の天辺から飛び立ちました
a0052080_2143631.jpg


未明に起床、夜明けに出発と張り切りましたが、レインボーブリッジを渡る時風速8m。「こりゃー漁港は立っていられないほどの風だな」と予定変更。広大な田園地帯でサシバをとり続けました。
夏のタカ、サシバはオオタカなどと比べるとヤボッたいタカですが、それがまたたまらない魅力です。
サシバは4羽いました。2羽はペアになっていました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-04-21 21:42 | 野鳥観察 | Comments(20)
メダイチドリとシロチドリ
  干潟のチドリは、割と砂浜近くで餌探しをしてくれます。
砂遊びをしている子供のすぐそばを、行ったりきたりしていることもあります。
近寄ろうとすると逃げるのですが、じっとしていると近くまで来てくれて、とても愛嬌があります。
この時シロチドリを見ていたら、中学生バーダー君が、「メダイチドリの夏羽がいる」と教えてくださいました。 
 シロチドリに混ざって、メダイチドリが急ぎ足でチョコチョコと歩いていました。もうオレンジ色の美しい夏羽になっていました。
首が短くてずんぐりしたメダイチドリは、だるまさんのような体つきでとても可愛かったです。
シロチドリもあちこちにいて、忙しそうに歩き回ったり、急に立ち止まったりしていました。何か考え事でもしているように立ち止まる姿はとても可愛かったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0 考え事をしているようです
a0052080_20264236.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  メダイチドリ夏羽。
a0052080_20275447.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  写っていました。ラッキー!
a0052080_2028856.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  またまた超ラッキー!
a0052080_20282014.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  シロチドリ雄。伸びをしたのですが後ろ向きでした
a0052080_20283389.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20285048.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  シロチドリ雌。小さな蟹を捕まえました。でも食べるのに苦労していました
a0052080_2029683.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20293880.jpg


シロチドリ、メダイチドリはとても小さく可愛いのでつい沢山撮ってしまいます。妻も書いていますが、立ち止まって考え事をしているような姿は魅力的です。
この日はシロチドリやメダイチドリは多く目にしましたが金色のアイリングのコチドリを見つけることができませんでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-04-18 21:03 | 野鳥観察 | Comments(22)
オオジュリン
 葦原にオオジュリンがいると聞いて、オオジュリンが現れるのを待つことにしました。
最初は何も聞こえてこなかった葦原ですがしばらくすると、奥のほうに小さな鳥の影が見え隠れしてきました。かすかに鳴き声も聞こえてきました。葦の中に目を凝らしていると、1羽のオオジュリンがだんだん葦原の表のほうに出てきました。しばらくするともう一羽も出てきて、葦の茎を飛び移っていました。よく見ると、葦の茎をクチバシで破って中にいる虫を捕まえているようでした。
せわしなく葦の中を飛び移り、時々表にも出てくれました。
でも、細い葦の茎が風に揺れて、AFでピントを合わすのがとても難しくMFでピントを合わせて撮りました。
少しの間、見えるところに出てくれたオオジュリンでしたが、だんだんまた葦の奥へと見えなくなりました。
可愛くて元気な姿をたくさん見ることが出来て、とても楽しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+400mmF5.6  やっと、表に出てきてくれました
a0052080_20224061.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  葦の茎をするすると上のほうにあがってきました
a0052080_2023234.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20231846.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20233993.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20235376.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  飛ぶのは葦の中ばかりでした
a0052080_20241080.jpg


今日は夫が出かけていますので、likebirds(妻)が単独アップしました^^;
by likebirds | 2008-04-17 21:06 | 野鳥観察 | Comments(18)
モズ
 モズは思ったよりも大きい鳥です。
この時も前方の木の梢に鳥の姿を発見しました。
少し大きめに見えたので、ちょっと期待したのですが、餌をくわえているモズでした。
遠くから見ると少しふっくらして見えて、「あれっ!」と思ってしまいます。
しばらくすると、また前方に鳥の姿が・・・またモズでした。 
見ていると、急に枝から急降下して、すぐに餌をくわえて茨の枝に止まりました。
口にくわえているのは赤く光って見えるコガネムシのようでした。餌をくわえたまま茨の枝の中に入って美味しそうに食べ始めました。
食べ終わると、硬い羽の部分をポイと落として、また高い枝に飛んでいきました。
 今の時期はモズも、お腹のオレンジ色がとても綺麗でした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  高原で最初に見た鳥がこの子です
a0052080_20332269.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  こっちの木にもモズがいて、急に飛び降りました
a0052080_20334517.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  ジャーン!戻ってきたらコガネムシをくわえていました
a0052080_20341781.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  茨のなかも自由自在
a0052080_20343717.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  美味しそうにお昼ごはんのコガネムシを食べ始めました。
a0052080_20345943.jpg


 モズは折にふれて撮ってはいますが、載せそびれることが多いです。なかなか気に入ったのは撮れません。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-04-16 21:09 | 野鳥観察 | Comments(18)