<   2008年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧
ヒバリ
 ヒバリを初めて見たときは「なんかスズメみたいな模様」と思ったものです。
元気良くさえずりながら飛ぶ姿はとても清清しい感じがします。
勢い良く飛んでいたかと思うと、急下降して地面に降りてしまいます。
鶏冠を立てた、とんがり頭で歩く姿もとてもカッコイイ鳥さんでした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20134342.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2014065.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  とんがり頭のヒバリ、遊歩道を闊歩していました
a0052080_20142281.jpg


雨のため、もう半月くらい鳥を見に行っていません。そのお蔭でお蔵入り寸前のヒバリさんが日の目を見ました。
昨日は午前中にカメラ店に行き、焼肉屋で昼食、そのまま日帰り温泉へ行きました。マッサージの後、夫婦そろって仮眠室でグーグー寝ました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-06-30 20:36 | 野鳥観察 | Comments(18)
サンコウチョウ♀
サンデーバーダーなので日曜日に雨に降られるとお手上げです。先週の日曜日は雨でしたから最近の写真がありません。
仕方がないので、半月ほど前のサンコウチョウ♀です。目的の鳥に見事に振られ意気消沈しての帰り道。冬にはカメラマンでにぎわった辺りまで来て杉林の日陰で車を止め、コンビニオニギリを食べていました。すると、ホイホイホイの声が...。夫婦で顔を見合わせ、急いでカメラをセットしました。
杉林のなかにサンコウチョウが複数いるようでした。時々サンコウチョウは道路を飛んで横切りました。いきなり林から飛び出して道路をまっすぐ横切り、反対側の林に飛び込むので、とても撮れませんでした。あちこちから声は聞こえてくるし、暗い杉林の奥を飛び交うのは見えるのですが、良い場所には出てきてくれませんでした。
一瞬だけ、♀が巣材にするクモの巣を集めているところが撮れました。きっと今頃は子育ての最中でしょう。
明日は終日仕事、明後日の天気予報は雨、整理する画像もありません。サウナにでも行こうかな?(likebirds夫)

likebirds夫;30D+500F4  サンコウチョウ♀ 写真では分かりにくいですが、顔中クモの巣だらけです
a0052080_2132894.jpg


likebirds夫;30D+500F4  サンコウチョウ♀
a0052080_2135554.jpg


この日は、ついていませんでした。
せっかくサンコウチョウの声が聞こえ、長い尾で飛んでいく姿も見えたのに・・・。
夫が見つけたサンコウチョウ雌も、私は見つけられず・・・
シャッターを押さない鳥見はやはりさびしいです~~(涙)(likebirds妻)
by likebirds | 2008-06-27 21:43 | 野鳥観察 | Comments(18)
アオバズク
 しばらくぶりに、アオバズクに会ってきました。
お気に入りの枝で眠っていたアオバズクでしたが、少しすると目を覚まして羽繕いを始めてくれました。
いつもの倍の大きさほどに羽を膨らませて、熱心に羽繕いした後、大きく伸びをしました。
やったー!と思って連射したのですが、思いのほかゆっくり羽を広げたので、一番大きく羽を広げた時には連射切れしてしまいました(涙)
でも、大きな眼を開けた姿を沢山見ることが出来てうれしかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+400mmF5.6  羽繕い中、鋭い爪です
a0052080_20183925.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  大きく伸びをしました。このポーズはとても可愛いです
a0052080_20185697.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  片目だけ開けて・・・まだ眠そう
a0052080_20191159.jpg


平日の夕ご飯の準備前の短い時間に妻がアオバズクを見に行ってきました。ホントに鳥好きなんだなーと感心しました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-06-26 20:53 | 野鳥観察 | Comments(18)
ヨシゴイ
 緑の葦原では、ヨシゴイがあちこちで飛び交っていました。
葦の中から突然飛び出し、背中をそらせるような姿勢で勢い良く飛びます。
スーッと葦原すれすれを飛ぶと今度は、幅跳びの選手みたいに足を伸ばして茎に飛びついていました。
そのまま葦の中にはいってしまったり、茎にしがみついたままじっとしていたりと、楽しい場面を沢山見ることが出来ました。
 風に揺れて光る葦の葉で、ヨシゴイにピントを合わせるのが難しかったですが、大きく羽を広げて飛ぶ姿を何度も見ることが出来て、とても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+400mmF5.6  ブルーの羽がとても綺麗でした
a0052080_20185112.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  
a0052080_20191234.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  葦の中に飛び込みました
a0052080_20193324.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  逆立てた冠羽が綺麗でした
a0052080_20195653.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20201564.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  首が伸びます やはりサギですね
a0052080_20203421.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  じっと動かず、葦に擬態しているのだそうです
a0052080_202057100.jpg


葦の中でヨシゴイはさかんに鳴いていました。自分には「フー フー フー フー」と聞こえました。夜聞くと少し気味が悪いかもしれません。
鳴くときは心持顎を上げ喉を見せます。ちょうど人間の男が喉仏を見せる時の感じでした。口を閉じたまま喉を膨らませて息むように鳴きました。
ヨシゴイはサギにしてはとても小さく、色も綺麗なので見ていて飽きない鳥です。(likebirds夫)

鳴いている写真は「もっとヨシゴイを見る」をクリックしてください。


もっとヨシゴイを見る
by likebirds | 2008-06-24 21:14 | 野鳥観察 | Comments(30)
ハジロクロハラアジサシ
 サンカノゴイを見ていたら、近くの方が「ハジクロ、ハジクロ」と言いながら、飛んでいるアジサシを撮っていました。
「アジサシですか?」とたずねたら「ハジロクロハラアジサシですよ」と教えてくださいました。
そんなめずらしいアジサシが飛んでいたなんて!気がつきませんでした。
でももう夕方でしたので数羽で飛んでいる中のどれがハジロクロハラアジサシなのか見分けがつきません。
 「一番前の」とか「真ん中の」とか教えていただきながら撮りました。
速いスピードを追いかけるのがやっとで、黒い上半身と白い尾が分かる程度でしたが、何とか撮ることができて嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+400mmF5.6  ハジロクロハラアジサシ
a0052080_19535997.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  頭が黒く、目が入りません(涙)
a0052080_19521397.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  ハジロクロハラアジサシ
a0052080_19544245.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ハジロクロハラアジサシ
a0052080_19534539.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ハジロクロハラアジサシ
a0052080_19532646.jpg


この日、午前中に別のフィールドでエリグロアジサシを見つけることが出来ませんでしたので、ハジロクロハラは嬉しかったです。
ただし、はるか遠くでとまり、飛び回るのも遠く。たまたま近づいてくると撮りそこねでした。
ここではクロハラアジサシも一緒に飛んでいました。どちらも酷い証拠写真ですが、載せてみます。
2種共、自分で識別して撮ったわけではありません。教えられてあわてて撮ったものです。(likebirds夫)

likebirds夫;30D+500mmF4.0 クロハラアジサシ
a0052080_20355750.jpg

likebirds夫;30D+500mmF4.0 クロハラアジサシ
a0052080_20411944.jpg

likebirds夫;30D+500mmF4.0 クロハラアジサシ  クチバシと足のダークレッドがかすかに見えます
a0052080_219554.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  クロハラアジサシ、おなかの所の黒いのがやっと分かります^^;
a0052080_2152365.jpg

by likebirds | 2008-06-23 20:46 | 野鳥観察 | Comments(18)
サンカノゴイ
 サンカノゴイも見てみたいと思っていた鳥さんでした。
爬虫類のような個性的な羽の模様はアリスイと同じような感じです。
緑の稲の中、首を伸ばしてあたりを見回したり、背中を丸めてとことこと歩いたり、インパクトの有る風貌とは似合わないとてものんびりした鳥さんでした。
サンカノゴイが飛ぶ時はとてもゆっくり飛ぶと聞いておりましたので、夕方になるまで飛んでくるのを待ったのですが、とうとう飛んで来ませんでした。
でも願いが叶って、サンカノゴイを初見初撮りすることが出来てとても嬉しかったです。
 のどかな田園の個性的なサンカノゴイ、また会いに行きたいと思いました。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+400mmF5.6  畦を歩いて土手までやってきました
a0052080_20103249.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  舗装された農道を渡ってくれたので全身を見ることができました
a0052080_20104764.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  田んぼを歩いていました
a0052080_2011263.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  やはりサギ科の鳥です  首が思い切り伸びます
a0052080_20111836.jpg


サンカノゴイは飛んでくれませんでした。泣。まあ、初見で贅沢を言っちゃあいけないと自分を慰めました。朝夕に飛ぶそうです。着いたのが午後3時過ぎでしたから、今度は行く時があれば朝からにしたいです。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-06-20 20:34 | 野鳥観察 | Comments(34)
オオセッカ
 オオセッカは以前から見たいと思っていました。
でも見ることが出来る場所も時期も限られていて、やっと見ることが出来ました。
でも動きの早いオオセッカを写真に撮るのは至難の業でした。
 葦原からいきなり「チュルルルルー!」と鳴きながた飛び出してきます。そのまま勢いよく飛ぶと、急降下してストンと葦原に飛び込んでしまいます。
葦原の中に入ると、いつ出てくるのかわかりません。
 またしばらくすると、違うところからまた飛び出してきます。
初見初撮りで気があせり、風に揺れる葦の葉でピントが合わず・・・
本当に大変な撮影でした。
今度こそはちゃんと撮りたい!リベンジ魂がめらめらです(笑)(likebirds妻)


likebirds夫;30D+500mmF4.0 藪から棒に鳴きながら飛び上がり、すぐ下りてしまいます
a0052080_20304224.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0 羽の痛み加減から上の写真と同じ個体でしょう
a0052080_20312543.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  奥の葦の葉にとまっていました
a0052080_20314165.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2032010.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  飛び去る姿。羽がぼろぼろです
a0052080_2032146.jpg


絶滅が危惧されるオオセッカを撮ろうと張り切りましたが困難を極めました。声はすれども姿は見えずで、撮りようがありませんでした。
藪の中から突然飛び上がり、次の瞬間はもう藪の中です。レンズを向ける暇さえありませんでした。
開けた駐車場に移動して、そこから藪を狙いました。飛び出してくるとヤミクモにシャッターを切り何とか撮ることができました。オオヨシキリ、コヨシキリ、ヒバリ、セッカなどもいてとても賑やかな場所でした。いつかまた行きたいです。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-06-19 21:05 | 野鳥観察 | Comments(21)
コジュリン
 広い河原の葦原には、コジュリン、セッカ、オオヨシキリ、オオセッカが賑やかに鳴いていました。
コジュリンは昨年、夫が葦原の奥にいるのを撮ったのですが、私は初見初撮りです。
真っ黒頭の可愛い姿にやっと会うことが出来ました^^。
鳴き声はホオジロに似ていますが甲高い声でした。空に向かって大きく鳴く姿はホオジロそっくりでした。
 込み合った葦原の中にいてなかなか全身を見ることが出来ませんでしたが、何度か見える茎に止まってそのまま上に登って大きくさえずってくれました。
大空に向かってさえずる姿はとてもかっこよかったです。
 ついにコジュリンを撮ることができてとても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+400mmF5.6 見えるところにとまってくれました
a0052080_2162338.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  こんな鳥でした
a0052080_2164167.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  頭が真っ黒な子
a0052080_2165915.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  頭が少しごま塩でした 
a0052080_2171998.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  鶏冠は無いようです
a0052080_2173885.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  遠くからみるとホオジロに似ています  声はホオジロのほうが良いような...
a0052080_21115092.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  飛ぶ姿もホオジロのようでした
a0052080_2175548.jpg


目的地をカーナビにセットして向かったのですが、着く直前の橋が工事中で渡れませんでした。同行の皆様申し訳ありませんでした。
コジュリンは以前チラッと見たことがありましたが、私もほとんど初見初撮りのようなものです。
いつも初物のときはそうなのですが、コジュリンも気ばかり焦ってなかなかうまく撮れませんでした。
限られた所でしか見れないので見たい見たいと思っていましたが、居る所に行けば居るものだなーと言うのが実感でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-06-18 21:49 | 野鳥観察 | Comments(18)
コアジサシ
 港の砂地にはコアジサシのコロニーがありました。
あたりは「キィキィキィ」と賑やかな鳴き声が響いていました。
何かに驚いたのか、威嚇しているのかわかりませんが、時折ものすごい大群が飛び交っていました。
 カラスなどの外的がくると集団で追い払うのだそうです。小さい鳥でも大群で向かえばカラスも撃退できるのですね!
凄いなぁと感心しました。
 中には餌をくわえて飛んでいるコアジサシもいました。まだ雛の姿はないようなのでプレゼント用なのかもしれません。
でも残念なことに求愛給餌を見ることは出来ませんでした。
 広い海辺を飛び交うコアジサシの姿はとてもシャープで颯爽としていて、本当に素敵でした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20191351.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  颯爽と飛ぶ姿はかっこいいです
a0052080_20194347.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  小石のごろごろした所で鳴いていました
a0052080_2020884.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  飛び出しの時、広げた尾羽が綺麗でした
a0052080_20202840.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  餌をくわえて飛んでいました
a0052080_20204748.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2021732.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0 シャッターが一瞬遅れました  
a0052080_20271941.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0 これも遅れました
a0052080_20214567.jpg


今日は夫が会合に出席していますので、likebirds(妻)単独アップです^^。
by likebirds | 2008-06-17 20:51 | 野鳥観察 | Comments(20)
シロエリオオハム
 水鳥の夏羽は本当に美しく、冬に見るそれと別の鳥のように変身します。
シロエリオオハムも例外では無いそうです。
幸いなことに私たちは、初見でシロエリオオハムの夏羽を見ることが出来ました。
黒に白い模様の背中、紫色の喉、薄紫の頭。脇には白い縞模様!
本当になんておしゃれな鳥さんなのでしょう!
その上、丸い可愛い目はルビーのように真っ赤でした。
とても近くを泳いでくれて、心行くまで美しい姿を見ることが出来ました。
 この日は色々な方にお世話になりました。
本当にありがとうございました。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+400mmF5.6  透き通った真っ赤な目が印象的でした。
a0052080_21103455.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  泳ぎながら口を開けて何かを吐き出したように見えました
a0052080_21104882.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  シックな色柄の綺麗な鳥でした
a0052080_21111698.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2220192.jpg


朝4時起床、4時半出発でした。現地に着いた時点でもうかなり疲れていました。最初、探し歩いても見つからず途方に暮れました。幸い、対岸の堤防にカメラマンが数人いると教えてくれた人がいて何とか見ることが出来ました。想像していたよりずっと綺麗な模様でした。
シロエリオオハムは初見初撮りですから良くわからないのですが、自分同様とても疲れているような気がしました。外洋の鳥は無知なのでわかりません。港の海の油にやられているんだという人もいました。
この後もあちこち寄ったので家路につく頃には疲労の極となり、PAで早い夕食の後、仮眠しました。目が覚めると午後10時半。3時間半も寝てしまいました。
これならスイスイ走れると思っていたら、首都高速はいたるところで夜間工事をしていて大渋滞でした。結局、家に着いたのは翌0時半でした。風呂にも入らずに寝ました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-06-16 22:05 | 野鳥観察 | Comments(16)