<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
オナガ
 オナガは動きが速く、カメラを向けるとすぐに隠れてしまうので、なかなか近くで撮ることができませんでした。
この時は朝からたくさんのオナガがあたりを飛び回っていました。幼鳥と成鳥が一緒に行動しているみたいでした。
夏の日差しを浴びて、ブルーの尾がとても綺麗でした。
比較的近くで撮ることができ、とても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8  幼鳥
a0052080_20205598.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8 
a0052080_20211410.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  案外可愛い目をしています^^
a0052080_20213282.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2021481.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2022521.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20222165.jpg


早朝、オナガが低い所や地面に下りて遊んでいました。幼鳥も混ざっていました。このとき撮ればよいのに後回しにしてしまいました。さてオナガを撮ろうと思うと、もう良い場所にはいません。
以前もそういう経験をしています。オナガを甘く見た私が悪いのです。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-07-31 20:38 | 野鳥観察 | Comments(12)
アオバズク
 今年も4羽のアオバズクが無事に巣立ちました。
青葉のころにやって来て、夏の盛りに巣立ってゆくアオバズク!
みんなの人気者で、愛らしい姿を惜しげなく見せてくれました。
今年も元気に巣立って本当に良かったです。
短い間でしたが、私たちを和ませてくれました。
ありがとうアオバズク!
可愛い姿は、ずっと忘れないよ!(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  孵化して間もないころ
a0052080_20202745.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20204555.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2021149.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20211985.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20213453.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8 だいぶ大きくなりました。。白い羽がふかふかで仙人みたい^^
a0052080_2021524.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  降り出した雨が気になったのか、巣穴から出てきた2番子
a0052080_20223771.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  巣穴で首を回転していた3番子。巣立ち3日前の頃
a0052080_20225586.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  暗くなって目が深いブルーに見えました。見つめる先は外の世界かしら?
a0052080_20234785.jpg


今季は雨に祟られたりして昨年ほど見に行く機会がありませんでした。考えてみると、近所なのでいつでも見に行けるという気持ちが足を遠のかせました。全員無事巣立ちしたという話を聞くと、もっと見に行けばよかったと思います。
この樹洞も老朽化が激しく、危険なので切ろうという話もここ二三年チラホラ...。何も出来ない自分に無力を感じます。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-07-30 20:52 | 野鳥観察 | Comments(12)
ツミ
少し日は溯りますがツミの幼鳥を載せます。この日はlikebirds(妻)の体調が悪く久しぶりの単独鳥見でした。
朝、出かけようとすると妻が「ずるい! 私も行く!」と言って起きてきましたが、「起きるとフラフラする」と言ってあきらめました。
早朝の現地には散歩の人がまばらにいるだけでカメラマンはゼロ。しばらく歩いているとツミの鳴き声が聞こえ、目の前の枝でみつけることができました。
ツミ幼鳥は巣立ちして日が経っていたようで、親を追ったり、兄弟で絡みあうように飛んだりで、もう一人前でした。ただ、餌取りは未だ苦手なのか、親から獲物をもらって食べていました。
午前9時ころから家族連れが急に増えだして縁日の様になりました。他にはアベック、スケボー、ボール蹴り、お年寄りのグループ、犬の散歩、孫の遊び相手、ジョギング、何故か全力疾走する人、暑いのに読書、ありとあらゆる人たちであふれかえりました。その中で大きなレンズを持った私一人が妙に浮いてしまい困りました。
ジョギングの人が一周するたびに息せき切って私の所へ来て、「今度はあそこで見た」と教えてくれます。無視するのも申し訳ないので、礼を言い移動して撮るとまた呼びに来ます。カメラが重いのでジョギングの人よりも先に自分が汗まみれになりました。
女子学生が近づいてきて「何を撮っているんですか?」と聞かれ、「小さなタカです」と答えファインダーを覗かせてあげました。突然「キャーーーー!」という黄色い悲鳴をあげられたのには困りました。周囲の鋭い視線を浴びて「私は何もしていません!」と怒鳴りたい心境でした。彼女がツミを見て奇声を発したと周りが理解するまでおそらく数秒かかったと思われます。
その後はすごい人だかりとなりファインダー覗きの順番待ちとなりました。私を環境省の役人や鳥類学者と誤解する人まで出てきて、ホウホウの体で引き揚げました。(likebirds夫)

likebirds(夫);30D+500F4
a0052080_19521779.jpg


likebirds(夫);30D+500F4
a0052080_19522983.jpg


likebirds(夫);30D+500F4
a0052080_19524514.jpg


likebirds(夫);30D+500F4
a0052080_1952586.jpg


likebirds(夫);30D+500F4
a0052080_19531170.jpg


likebirds(夫);30D+500F4
a0052080_19532755.jpg


likebirds(夫);30D+500F4
a0052080_19534418.jpg


likebirds(夫);30D+500F4
a0052080_19542938.jpg


likebirds(夫);30D+500F4
a0052080_19544574.jpg


ツミの若はまだ見たことがりませんでした。私も見たかったのですが、夏風邪をひいてしまいあきらめました。
でも、1日ゆっくり静養したおかげで元気になりました。
無理せずにあきらめたよかったと思っています。(likebirds妻)
by likebirds | 2008-07-29 20:47 | 野鳥観察 | Comments(20)
ヒヨドリ団子
 巣立ったばかりの雛がかたまって餌を待っているのを○○団子と呼ぶそうです。
私たちは鳥見を始めたばかりのころに、エナガ団子を見たことがありました。
それ以来一度もそういうシーンに出会うことが無かったのですが、今回はヒヨドリの巣立ち雛を見ることが出来ました。
大きな木の枝陰で、おとなしく並んで親鳥を待っている姿は本当に愛らしくて、ほほえましい姿でした。
親鳥はひっきりなしにアブや蜂、せみなどを捕まえて来て雛に与えていました。
あまりの可愛さに、沢山写真を撮りました。(likebirds妻)


likebirds夫;30D+500mmF4.0  順番に一羽づつ飛んできて四羽並びました
a0052080_21181948.jpg


likebirds妻;40D+4300mmF2.8 親鳥が餌をはこんでくると大騒ぎです
a0052080_21185170.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  右端が末っ子のようです
a0052080_21192483.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_21195664.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_21202423.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8 親がいなくなると、おとなしく待っています
a0052080_2124116.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8 身を乗り出して大騒ぎ、右端の子は何故かおとなしくしてました^^
a0052080_2120428.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  全員満腹になって食後休憩です
a0052080_21211763.jpg


木陰で休んでいるとすぐ上の枝にヒヨドリの巣立ち雛が一羽飛んできてとまりました。すぐに2羽目、三羽目と飛んできて全部で四羽が並びました。そこへ親鳥が餌を持って飛んできて給餌を始めました。餌はアブ、セミ、ハチなどですぐそばで捕まえ、何回も叩き付けて弱らせてから雛に与えていました。およそ2分から3分間隔で餌を運び各雛は三回くらいもらっていました。動作の鈍い末っ子も最初と最後にちゃんと餌をもらっていました。
食休み後、また一羽づつ隣の木に飛び移っていきましたが、やっとやっとでした。地元の方のお話では二日目とのことでした。
ヒヨドリの雛がこれほど可愛いとは思いませんでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-07-28 22:18 | 野鳥観察 | Comments(22)
アオバズク
 アオバズクの雛ちゃん、今年も巣立ちました!
私が行ったときはすでに高い木の枝に止まっていました。
でも背後から西日が当って、強い逆光が当る枝でした。
親鳥の下の枝に止まって眠っていた雛ちゃんは、時折吹く強い風に目が覚めたのか、あちこちきょろきょろしたり、羽繕いをしたり、くるくると体をくねらせる独特の仕草をしてくれました。
翼を伸ばして、大きく伸びもしてくれましたが、ゆらゆらと風に揺れる枝先でのポーズでしたので、ピンボケばかりでした。
でも、今年も巣立った雛ちゃんを見ることが出来てよかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+00mmF2.8 首をまわして・・・
a0052080_214155.jpg


likebirds妻;40D+00mmF2.8  翼も広げてくれました・・でも風に揺られてぶれてしまいました(涙)
a0052080_2141842.jpg


夫は見に行っていませんので、コメントはないそうです(笑)(likebirds妻)
by likebirds | 2008-07-25 21:18 | 野鳥観察 | Comments(15)
チゴハヤブサ
 今年もチゴハヤブサに会うことが出来ました。
チゴハヤブサは「ケーケーケー」と鳴きながら真上の空を一気に飛び、そのまま枝に止まってしまいます。高くて遠い枝の上がお気に入りらしく、同じような所に良くとまりました。
でも枝かぶり葉かぶりで、ピンポイントでしか見ることが出来ませんでした。
狩に飛び立つとしばらく戻ってきません。戻ってきても込み合った枝の中にとまってしまいます。
全身を写すのはとても大変でしたが、チゴハヤブサの雄姿を沢山見ることが出来ました。
本当に嬉しかったです。
 ここでは地元のKさんにいろいろアドバイスを頂き、また楽しい鳥談義に華がさきました。
とても素晴らしい一日となりました。ありがとうございました。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  チゴハヤブサはカッコイイし可愛いし...
a0052080_2056199.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8 遠くの枝で、羽繕いをするメスを見つめる雄^^
a0052080_20563318.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  美しい羽を広げたオスに見向きもしない雌^^;
a0052080_20572784.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  一番近くの枝に止まった雄
a0052080_2058145.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  餌をくわえていたようでした
a0052080_20583172.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  さすが小さいけれどハヤブサです
a0052080_2059095.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  狩が終わってから居眠りをしていた雄
a0052080_21016.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  枝からの飛び出し
a0052080_210503.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  獲物をくわえながら飛び立ちました
a0052080_2111656.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  獲物を足でつかんで頭上を通過
a0052080_212969.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  飛びながら獲物をクチバシから足に持ち替えたところです
a0052080_2122361.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2124735.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_213344.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2133466.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  飛びながら足でつかんだ獲物を確認しているようです
a0052080_213533.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_214115.jpg


このチゴハヤブサのオスは右利きのようです。足で獲物をつかんで飛ぶ時はいつも右足を使っていました。
妻も果敢に飛び物に挑戦しましたが、慣れない328で手こずっていました。何しろ雲台と三脚は旧来のままなので見るからに頭でっかちで最悪のバランスです。どなたか女性でも持ち運べるような軽くて丈夫な雲台と三脚を御教授いただけたら幸いです。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-07-23 21:56 | 野鳥観察 | Comments(27)
アカショウビン
 ついにアカショウビンに会うことができました。
日中でも暗くてひんやりとした森の中に、アカショウビンの赤茶色の姿と、オレンジに輝くくちばしが眩しく輝いて見えました。
枝に止まると、可愛い尾をひくひくとあげたり下げたりして、とても可愛い姿でした。
今年はもう会う機会がないかも・・・とあきらめていただけに、とても嬉しい出会いでした。
ついにアカショウビンを初見初撮りすることができて、本当に良かったです。
(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8  神秘の森に良く似合います
a0052080_2161445.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  かえるをくわえていました
a0052080_2163152.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  何度も飛んでくれたのですが、暗くて・・・
a0052080_2164818.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2171075.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2172489.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2173863.jpg


アカショウビンは昨年に引き続きあきらめる予定でした。前の日の晩、夕食中に話が盛り上がり、見に行くことになってしまいました。
初見の鳥で勝手も分からず良い写真は撮れませんでしたが、今回は見ることが出来ただけで大満足でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-07-22 21:35 | 野鳥観察 | Comments(35)
キビタキ
 キビタキに会えたのは、日が傾き始めてからでした。
でも、暗い森の中でも黄色い美しい色は輝いて見えました。
キビタキに会うのはGWぶりでしたので、とても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8  前に枝がありましたが、美しい黄色が目に飛び込んできました。
a0052080_2032329.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2032183.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  身をかがめて威嚇のポーズのようでした。
a0052080_20323212.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  キビタキ♀
a0052080_20324591.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  幼鳥
a0052080_2203969.jpg


夕方5時近くに現地に着いたので、森の中は暗かったです。ブレ写真を撮るよりはと、ISO800~1600で撮りました。
久しぶりに見るキビタキは新鮮でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-07-18 20:47 | 野鳥観察 | Comments(33)
キセキレイ
 炎天下の草原をあきらめ、涼しい清流に移動しました。
小さいけれど澄み切った川の水は、しびれるほどの冷たさでした。水しぶきとともにマイナスイオンがいっぱいで、本当に深呼吸をしたくなりました^^。
この浅瀬で沢山の子供たちが楽しそうに水遊びをしているすぐ上で、キセキレイが子育てをしているようでした。
 口には小さな虫をくわえて、何度も同じ木の中に入っていきました。運んでいる餌から察して雛はまだ孵ったばかりなのかもしれません。
涼しい水辺で涼を取りながら、キセキレイの姿を楽しみました。
 またここでは偶然Kさんご夫妻とお会いしました。とても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20514316.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_205232.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  水遊びの人を気にしながら、餌を運んでいました
a0052080_20522317.jpg


今日、夫は会合に出席のため、likebirds(妻)がアップしました^^;
by likebirds | 2008-07-17 21:11 | 野鳥観察 | Comments(20)
ホオジロ
 高原では幼鳥の姿をあちこちで見ることができました。
松の木の天辺でホオジロ雄がさかんに鳴いていました。すると1羽の鳥が同じ枝に飛んできたのです。
とても枝に止まるのが下手で、羽をばたつかせながらやっとこさ枝に止まっていました。
最初は番と思っていたのですが,PCでよく見たら、お父さんに連れられたホオジロの幼鳥でした。
しばらくして親子は遠くに飛んで行きました。
あどけないホオジロの幼鳥の顔がとても可愛かったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8+1.4 松の木の上にいたホオジロ親子
a0052080_213618100.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  夫唱婦随!と思いましたが、親子でした
a0052080_21364510.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  この写真をみると暑さがよみがえります
a0052080_21371071.jpg


炎天下、妻は鳥を探しながら歩いていたようですが、私は「東屋に着いたら日陰に座って休もう」だけを考えて歩を進めました。
東屋に着くとリュックを下ろし、残っていたペットボトルの水を飲み干しました。ベンチで横になろうかと思いましたが、本当に眠ってしまいそうなので止めておきました。
木の天辺でホオジロが鳴いています。ベンチに座りながら何気なくピントを合わせシャッターを何回か切ると二羽の飛び出しが撮れました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-07-16 21:59 | 野鳥観察 | Comments(11)