<   2008年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ササゴイ
 ササゴイは初見初撮りです。
シベリアオオハシシギの姿が見えないときは、他のシギたちを撮っていました。何も居ないなと思っていると、回りに響くシャッター音!
 「なに?なに?」と思い、近くにいらした方に尋ねると「ササゴイ」とのことでした。
見ると、黄色い縞模様で首の長い個性的な顔立ちの鳥さんでした。
ササゴイは2羽居て、最初に見えたササゴイが杭の上に止まりもう1羽が登ると、仲良しなのか仲が悪いのか良くわかりませんでしたが、もみ合いながら1羽が飛び出しました。
その後2羽とも飛んで行きました。
この2羽は第一回夏羽のササゴイでしたが、今度は成長夏羽を見てみたいです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmx1・4F4.0  看板の上に居る一羽にもう1羽が近寄りました
a0052080_20274374.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20281191.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20282977.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2029248.jpg


likebirds妻;40D+300mmx1・4F4.0  対岸から飛んできたかと思うと、すぐに飛び立ちました。慌ててシャッターを切ったのですが、羽が切れてしまいました
a0052080_20292612.jpg


天気が悪かったのが残念です。日ごろの行いは良い(!?)のですが天は味方しませんでした。もし晴れた日ならどんなに良かったかと思うと今も悔しいです。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-08-29 20:56 | 野鳥観察 | Comments(18)
メボソムシクイ
高原は涼しいと言うより朝夕は寒いくらいでした。
次の日は朝食前に宿の周辺で鳥を探しました。息が白く見えるほど涼しかったので、鳥の動きも遅く、朝食時間ぎりぎりになった頃、やっと鳥の姿が見えました。
最初に姿を見せてくれたのは2羽のメボソムシクイでした。1羽が白い蛾をくわえていて、鳥さんも朝ごはんのようでした。
 何とか、メボソムシクイを撮ることができて、ホッとする一日の始まりでした。
苔むす森には、白くて小さな不思議なギンリョウソウも咲いていました。
周辺では、アサギマダラがひらひら飛ぶ姿をたくさん見ましたが、思わせぶりに目の前を飛んで行ってしまい、とまってくれませんでした。
帰りの山道でやっと遠くに止まったアサギマダラを撮ることができました。
アサギマダラは撮りたいと思っていたので嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  メボソムシクイ
a0052080_20193860.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  この後飛んで行きました
a0052080_20325041.jpg


likebirds夫;ixy1000           これが噂のギンリョウソウ?
a0052080_20202030.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  アサギマダラ、遠くの木の枝にとまりました
a0052080_2020336.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  根っこが猛毒の奴でしょうか?
a0052080_2020454.jpg


鳥撮りという点では、成果の乏しい旅行でした。メボソムシクイもやっと撮りました。高山植物を撮ったり蝶を撮ったりして過ごしました。
妻にコンパクトデジカメを持たせると喜んでそこらじゅうの花を撮り始めました。ご機嫌で「来て良かったねー」と言われ、ホッとし救われたような気がしましたが、なんでも喜ぶその単純さが羨ましくもありました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-08-28 21:01 | 野鳥観察 | Comments(14)
アオアシシギ
 シベリアオオハシシギのところには3羽のアオアシシギもいました。
最初は気がつかなかったのですが「アオアシもいるよ」と夫が教えてくれました。みるといつの間にか目の前にアオアシシギが3羽歩いていました。
のんびり歩いたり、餌探しをしていたのですが、少し立ち止まっていたかと思うと1羽が飛び立ちました。後を追うようにもう1羽が飛んで行きました。
 「最後の一羽は、飛び出しを狙おう!」と思って構えたのですが、何故かその一羽だけ飛びませんでした。
なかなか思うようには行きません^^;。
でも、アオアシシギは今期初見なので嬉しかったです。(likebirds妻)


likebirds夫;30D+500mmF4.0  アオアシシギが何かを捕まえたようです  ブレてわかりません
a0052080_2021375.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0 捕まえたのはハゼでした
a0052080_20204882.jpg


likebirds妻;40D+300mmx1.4F4.0 仲良く歩き回っていました
a0052080_20212026.jpg


likebirds妻;40D+300mmx1.4F4.0  3羽のうちの2羽が飛んでしまいました。偶然、お魚も飛びはねていました^^
a0052080_2192816.jpg


以前アオアシシギを先輩に教えていただいた時「アオアシシギなのに足は緑色ですね」と訊ねました。「昔は緑色も青と呼んでいたじゃないか」とのお答えでした。そう言えば昔の信号も緑色でしたが青と呼んでいました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-08-27 20:47 | 野鳥観察 | Comments(10)
ツバメ
 鳥撮りに行く途中、道路に沢山のツバメが止まっていました。車が近づいてもなかなか逃げません。「わぁ~!轢いちゃう~!」と思った瞬間一斉に飛び立ちました。
通り過ぎてから見てみると、また一斉に道路に下りてのんびりしています。
十数羽ものツバメが道路に下りて休んだり、飛び回ったりしているのは初めて見ました。
道路わきに車を止めて早速ツバメを撮ることにしました。
 少しずつ近寄って、低い姿勢でツバメを狙いました。
見ていると、道路わきの畑に虫が沢山いるみたいで、ホバリングしながら虫を捕まえていました。虫を食べると、道路で休んでいるようでした。
畑にはかぼちゃの花や、萩の花が咲いてとても綺麗でした。
道路で休んでいるツバメたちは、車が通ると一斉に飛び、畑の周辺を飛び交ってまた道路に下り・・・というのを繰り返していました。
止まっている後姿は、青く光ってとても綺麗でした。
尾羽の白い模様も初めてはっきり見ることが出来ました。
ツバメのかっこいい姿を時間がたつのを忘れて撮りました。とても楽しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmx1・4F4.0  萩の花のを撮りたかったのですが、草の中になってしまいました^^;
a0052080_22345555.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  萩の花の上を横切るところを狙ってみました
a0052080_21264750.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  真直ぐに向かってくるのを撮るのは難しかったです
a0052080_2127689.jpg


likebirds妻;40D+300mmx1・4F4.0  枯れ草に飛びつきました。丸い目が可愛いです
a0052080_22355446.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  幼鳥がとまると親がやってきますが、給餌などはしていませんでした
a0052080_21273132.jpg


likebirds妻;40D+300mmx1・4F4.0  休むときは何故か道路の上でした。
a0052080_22362139.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  この写真は先日ヨシゴイのところで撮ったものです。載せる機会がなかったのでついでに。
a0052080_21281187.jpg


目的の鳥が来るのを待っている間に、ツバメを撮ることにしました。(結局振られたのですが)
これが案外面白く、途中から二人で時間を忘れるほど夢中になりました。
生憎の曇り空でシャッタースピードが上がらずブレ写真の量産でした。流し撮りなどは出来ないので感度を上げて撮りました。
法則性なく飛び交うツバメ撮りは思いのほか難かったです。背景だけで何も居ない写真も多かったです。ツバメは近所にもいるので今後は安上がりで楽しめそうです。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-08-26 22:19 | 野鳥観察 | Comments(18)
シベリアオオハシシギ
 7年ぶりに飛来したという、シベリアオオハシシギを見に行きました。
現地に着くと、シベリアオオハシシギは砂浜の石の裏でうずくまって昼寝をしていました。周りにはオグロシギがいて、頭しか見えません。
早く起きてくれないかなぁと思いながら見ていると、ゆっくり起き上がってとことこ歩き始めました。羽の模様がとても綺麗で、クチバシがとても長く見えました。
そのまま水辺まで歩いて、少しすると飛び立ちました「あー!飛んじゃった!」と思ったのですが、しばらくするとまた戻ってきていました。
それからまた飛び立ち、今度は目の前の干潟に降りてくれました。
近くで見ると以外に小さくて、スマートな感じでした。
干潟で餌探しをしたり、浅瀬で水浴びしたり、羽繕いしたりと、いろいろな場面を沢山見ることが出来ました。
時折雨が降ってくるあいにくの天気でしたが思いがけずにとても近くから、初見初撮りのシベリアオオハシシギを見ることが出来てとても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  シベリアオオハシシギ(手前) 後ろはオオソリハシシギ
a0052080_2046547.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2046199.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20463210.jpg


likebirds妻;40D+300mmx1.4F4.0   対岸へ飛んで行きました
a0052080_20464640.jpg


likebirds妻;40D+300mmx1.4F4.0  正面を向いて着地 
a0052080_2047426.jpg


likebirds妻;40D+300mmx1.4F4.0  夕方、カルガモとおそろいポーズで羽繕い^^
a0052080_20471865.jpg


シベリアオオハシシギは珍しいと聞き、見に行ってきました。遠くの・近くの・陸の・水の・空の。たくさん撮りましたが、次回見ても判らないと思います。また教わって撮るしかありません。
(likebirds夫)
by likebirds | 2008-08-25 21:24 | 野鳥観察 | Comments(20)
ルリビタキ
 夏休みは、八ヶ岳方面に旅行に行きました。
「涼しい所で鳥撮りができたら良いなぁ」と思っていましたが、甘かったです^^;。
日差しは強いものの吹く風は肌寒く、とてもさわやかな高原。
緑が眩しい森は鳥の声がいっぱい。
コマドリ、コルリやホシガラス、遠くにはアカショウビンの声も・・・
山道では、ウソやキクイタダキが姿を見せてくれましたが、あっという間の逢瀬でした。
 水辺のトンボを撮ったりしながら、帰りに寄った峠の山道でやっとルリビタキのメスに会うことが出来ました。
ルリビタキのメスは鳴きながら定期的に同じところにやって来てくれました。
旅の最後に可愛いルリビタキに会えて、本当にホッとしました。
美しい景色と鳥の声。可愛いルリビタキに会えてとても楽しい旅行でした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20382757.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2036182.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  根っこから根っこへ飛び移って、鳴いていました。
a0052080_2041788.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8 笑っているように見えますが「ヒーヒー」とせわしなく鳴いていました
a0052080_20413183.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  宿の裏にいたルリビタキ雄
a0052080_20373074.jpg


美しい苔の景色。コマドリやコルリの声は数メートル先で聞こえましたが見えません。ホシガラスの声も聞こえてきましたが森に阻まれて見えませんでした。ウソは目の前を通り抜けましたが、三脚を置く場所も無い山道でした。キクイタダキは目を楽しませてくれましたが、急斜面で遠かったです。
夫婦ともに重い機材を肩に担ぎ、朝から夕方まで細い山道を登ったり下りたりしましたがシャッターを押す機会がありませんでした。それでも歩き終えた後で妙に達成感がありました。
普段なら「骨折り損のくたびれ儲け」と思ってしまうのですが、高原の美味しい空気が補ってくれたのでしょう。
「キョロロロロロロ」も遠くに聞こえました。私は一回、妻は二回聞きました。ここでも営巣しているのでしょうね。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-08-22 21:31 | 野鳥観察 | Comments(29)
チゴハヤブサ雛
 チゴハヤブサの雛はとっくに巣立って、すっかり逞しくなっているみたいですね。
私たちが見た時は、まだ真っ白ふわふわでした。
朝のうちはおとなしくしていた雛でしたが、日が高くなって気温が上がると巣の端っこに出てきました。時々大きく口を開けて、暑そうに息をはぁはぁしているように見えました。
背中からの日差しをよけるように母鳥が巣に入って面倒も見ているようでした。
10時頃になってお父さんが餌を運んでくると母鳥が受け取りに飛んでいって雛のところに運んでいました。
その後は何度か餌の受け渡しがあったようですが、高い木の枝に阻まれて見ることは出来ませんでした。
昨年に続き、今年も可愛いチゴハヤブサの雛を見ることが出来て本当に嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20535395.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  じっとしていた雛も、暑くなると巣から顔を出しました
a0052080_2054854.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20542347.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  お母さんは、巣に入って強い日差しをさえぎっているように見えました。
a0052080_20543562.jpg


昨年は巣立ち後を見ましたが、今年は時期を早めた(7月下旬)ので白い雛を見ることができました。猛禽の雛は白くて青い目をしていて可愛いです。
この日は夕方、妻が帰りたがらなくて困りました。「帰ろうよ」と言うと「ウン」と答えるのですが、なかなかその場を動きません。よっぽどチゴハヤブサが好きなようです。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-08-21 21:27 | 野鳥観察 | Comments(11)
ケリ
 ケリは田んぼの中の小高い盛り土の上にいました。最初は数羽がのんびり羽を休めていたのですが、みているうちにどこからか次々に飛んできて十数羽の群れになりました。
しばらくは、歩き回ったり、羽繕いをしたりしていたのですが、1羽が飛び立つと、後を追うようにまたどこかへ飛んでいきました。
 近くの田んぼに餌探しに行っているように見えました。
時々飛んでは戻ってきてを繰り返し、とまっているところや飛んでいるところなどいろいろなシーンを見ることが出来手てとても楽しかったです。
 ケリはとても地味な色合いですが、羽を広げるととてもおしゃれな感じで素敵でした。
またこの時はケリの幼鳥を初めて見ることが出来ました。全体にグレーのまだら模様でとても可愛かったです。
(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  後方から飛んできたケリに驚き身をすくめるもう一羽
a0052080_20101965.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  スーッと急降下してきて群れのなかへ
a0052080_2010418.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  次々に飛んできた中に幼鳥もいました
a0052080_20105043.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  ハクセキレイが急に飛んできました
a0052080_2011341.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  幼鳥が少し近くにやってきました。後ろで見ているのは兄弟かしら?
a0052080_20111928.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  頭が隠れてしまいましたが...
a0052080_20113223.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  休憩が終わり、餌場の休耕田へ
a0052080_20114389.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  飛び立った直後  後ろの壁が無粋です 
a0052080_20115513.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  水の中で伸びをしていました。シックな羽が綺麗でした
a0052080_20121361.jpg


他のブログでも書かれていましたが、ケリは地上と空中では別の鳥のようです。地上にいる時はスラッと足の長いクールな鳥です。それがひとたび飛び立つと実に華麗で優雅な鳥に変身です。
採餌は水を張った休耕田でしていましたが、休憩は乾燥した畑がお気に入りのようでした。
警戒心が強いので、地上でも空中でもなかなか近くで撮らせてはもらえませんでした。今回は比較的近くで撮れました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-08-20 20:58 | 野鳥観察 | Comments(17)
ヨシゴイ
 ヨシゴイの親子に会いに行きました。
池のほとりは桜並木の日陰で、明るい日差しを浴びた葦原はとてもさわやかでした。池には睡蓮がたくさん咲いていて、緑の葉っぱにピンク色や白の花がとても綺麗でした。
 葦原の奥にいるヨシゴイの幼鳥は、最初はなかなか出てきてくれませんでた。
でもだんだんと、奥のほうから幼鳥の姿が見え始めました。幼鳥は親鳥が餌を持ってくるのが待ち遠しいように見えました。
葦にとまって、遠くを見たり、池の中を覗き込んだりと愛らしい姿を見せてくれました。
ようやく親鳥が餌を持って飛んできましたが、葦原の奥のほうで餌やりをしてしまい、なかなか餌をあげるシーンを見ることが出来ませんでした。
葦に阻まれて仕方ないなぁと思っていた頃、ようやく見えるところで餌を食べさせるところを見ることが出来ました。
親鳥が吐き出す餌を幼鳥が食べるようなのですが、元気いっぱいの幼鳥は親鳥に噛み付きそうになりながら餌をもらっていました。
「なんだか親鳥が食べられそうな勢いねぇ~」「ほんと、親鳥も命がけって感じ・・」などと話しながら写真を撮りました。
すぐ近くの桜の幹では、クマゼミが勢いよく鳴き、水面にはトンボが飛び回って、とても素敵な所でした。
 元気いっぱいのヨシゴイの親子を心行くまで見ることができて、とても楽しかったです。(likebirds妻)


likebirds夫;30D+500mmF4.0  幼鳥もヨシゴイお得意のポーズです
a0052080_2052324.jpg


likebirds妻;40D+300mmx1.4F4  親が来るのが待ち遠しくて葦原の先に出てきました
a0052080_22313515.jpg


likebirds妻;40D+300mmx1.4F4  バランスをとる姿が体操選手みたいでした^^
a0052080_20524125.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  親の翼に食いついて餌をねだります
a0052080_2053177.jpg


likebirds妻;40D+300mmx1.4F4  親を追いかける幼鳥たち
a0052080_20532566.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  幼鳥はヤミクモに食いつきますから、給餌の親も大変です
a0052080_20534480.jpg


likebirds妻;40D+300mmx1.4F4  餌をあげた後飛び去る親鳥
a0052080_20541278.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  餌を捕りにスイレンの花の上を飛びます
a0052080_20543421.jpg


likebirds妻;40D+300mmx1.4F4  池にいた「チョウトンボ」光沢が綺麗でした
a0052080_20544926.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  空を見上げるとサシバが悠然とハトの群れの中を横切りました
a0052080_21431471.jpg


ヨシゴイの雛は葦に掴まって自分でも捕っていました。水面近くの水生昆虫のようでした。きっと巣立ちが間近なのだと思います。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-08-19 21:34 | 野鳥観察 | Comments(18)
タマシギ、雄
 タマシギは昨年も会えましたが、とても遠くて草の中でした。
今年は全身が良く見てみたいと思い、出かけました。
でも早朝の田園は静まり返り、鳥の姿も人の姿もありません。
あちこち見て回っていると、遠くに車の列!
近くにいってみると、タマシギがいるとのことでした。でもタマシギはなかなか姿を見せてくれませんでした。
 田んぼの畦に目を凝らしていると、やっと姿を見せてくれました。
だんだん日が昇って暑くなると、頻繁に現れてくれて、水を飲んだり餌を探したり、羽繕いをしたりと、可愛い仕草を惜しみなく披露してくれました。
時々上空を気にしているようでしたが、近くにコサギが降立った時は警戒の姿勢からゆっくり大きく羽を広げてくれました。
開いた翼をしならせた姿はとても美しくて、本当に感激でした。
その後田んぼに下りて、水を浴びそうになったのですが急に飛び立ちました。
羽を広げてくれた後、やれやれと喜んでいた私たちは不意を付かれましたが、私は咄嗟にシャッターを押して、何とか飛んだところを撮ることができました。
とてもラッキーでした。
今回は雄だけしか見ることが出来ませんでしたが、今度はメスを見たいと思いました。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0 稲の間からタマシギ♂が姿を現しました ワクワクする瞬間です
a0052080_20454860.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20501435.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20481946.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0 タマシギは♀より♂が地味ですが羽を広げると♂もなかなかのものです
a0052080_20465434.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  近くに飛んできたコサギを威嚇して羽を広げました
a0052080_204795.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  羽を広げた後、水に入ったと思ったら急に飛び立ちました
a0052080_2047341.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  翼の下の羽は、真っ白でふかふかでした
a0052080_20475686.jpg


タマシギの飛んでいる写真は撮れませんでした。水浴びの場面を撮り、大きく羽を広げた写真を撮ってレリーズから手を離したとたんにタマシギは飛び立ちました。すぐ横で妻の連射音を呆然と聞くのみでした。昨年は妻だけタマシギを撮り、私は一枚も撮れませんでした。
集中力が長続きしない自分が情けないですが、タマシギ♂も意地悪です。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-08-18 21:36 | 野鳥観察 | Comments(22)