<   2008年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧
ミサゴ
 林道にでは、いつもの木にミサゴがいました。
「遠いなぁ~!」と思ったのですが、この時はちょうどお食事中でした。
大きな魚を夢中で食べていました。
これは撮ってみようとカメラを向けた直後、奥からやってきた巡視艇に驚いて、魚をつかんだまま飛び出しました。
そのまま木の陰で見えなくなり、遠くに行ってしまったのかと思っていたら、、大きな魚をぶら下げたまま、また戻ってきました。
元の木に止まるかと期待したのですが、目の前を通過して奥のほうへ飛んでいってしまいました。
とても天気が良くて明るかったので、ミサゴの白い姿が眩しくて綺麗に見えました。
ミサゴはその後、空を飛ぶ姿も見ることが出来ました。
久しぶりにミサゴにあえて嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmx1.4F4.0  巡視艇に驚いて、魚をつかんで飛び出しました
a0052080_21374556.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  「ああ、いっちゃったぁ」と思ったら戻ってきました  魚はコイだろうと思います
a0052080_2138329.jpg


今年一年私たちの拙いブログにお付き合い下さりありがとうございました。皆様、良いお年をお迎え下さい。
来年もよろしくお願い申し上げます。(likebirds夫婦)
by likebirds | 2008-12-29 22:11 | 野鳥観察 | Comments(55)
カワアイサ
 湖の岸辺近くに、白に黒い頭の水鳥が群れていました。
よく見るとそれはカワアイサの群れでした。
青い湖に白い姿がくっきり映えてとても綺麗に見えました。
私たちはカワガラスを撮るのを止めて、岸辺を迂回してカワアイサの方へ行って見ました。
でも着いてみたら、カワアイサは既に泳ぎだして、だんだん岸辺から離れていました。
 カワアイサは見てみたい鳥でしたので、遠ざかってしまって少し残念でしたが、広い湖をゆったりと泳ぐ姿を見ることが出来て嬉しかったです。
(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  カワアイサ♀
a0052080_20492755.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  カワアイサ♂
a0052080_20494065.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  カワアイサメス。遠くの浅瀬でくつろいでいました
a0052080_20495489.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  カワアイサオス。どんどん遠くに泳いでいってしまいました
a0052080_20501159.jpg


カワアイサは近くの川で見たことがありましたが、50m以内に近づくと飛ばれてしまいました。実質的にはこれが初見初撮りです。
撮っている最中は内心ガッツポーズでしたが、帰ってから写真を見ると鮮明ではありませんでした。
またの機会に再チャレンジしたいです。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-12-26 21:16 | 野鳥観察 | Comments(18)
ゴジュウカラ
 ゴジュウカラが湖畔の砂地を歩き回っていました。
夫が教えてくれたのですが、湖のカワガラスも気になるし・・・と思っているうちに木の枝のほうへ飛び移りました。
少し苔がむしたような木の枝で、身軽なゴジュウカラは上へ横へとちょこまかと動き回っていました。
ゴジュウカラは春以来の出会いでしたので嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20422712.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2043015.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  逆さに向いたり・・・
a0052080_20432178.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8 上の枝を覗き込んだり・・・木登り上手です
a0052080_20433935.jpg


「砂浜にゴジュウカラがいるよ」と妻に言いましたが、カワガラスに夢中で返事だけでした。一人で撮っていると、木のほうへ飛んで行きました。妻が来たので場所を教えると凄い連写でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-12-25 21:28 | 野鳥観察 | Comments(18)
ミソサザイ
 林道を歩いていたら、いきなり「ちゅるるー!」と言う鳴き声が響きました。
一瞬何の声??
と思いましたが、苔の上にいるミソサザイがすぐに目に入りました。
ミソサザイは、大きな響く声で鳴きながら、壁面の穴を出たり入ったりしていました。
時々身をかがめて警戒するような仕草もしていました。
突然現れて驚きましたが、緑の苔の上に可愛い姿がはっきり見えました。
通りがかった人たちもミソサザイに気がついたらしく、みんなで可愛い姿を楽しみました。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8  大きな声で鳴いていました
a0052080_20354729.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2027955.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  前方を気にしているようでした
a0052080_20272385.jpg


静かな林道のトンネルを抜けたら、ひときわカン高い声があたりに響いていました。この小さな体でこれだけの声量を持つことに感心します。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-12-24 20:44 | 野鳥観察 | Comments(30)
ミヤマホオジロ
 ミヤマホオジロも、「さっき見た」とか「今撮ってきた」とか、話ばかりで出会うことが出来ませんでした。
オニギリを食べながら、待ってみたりもしたのですが、声も姿も見つけられませんでした。
仕方なく帰り道に差し掛かったとき、1人のカメラマンが土手を見据えていました。
その方が土手のススキの中にミヤマホオジロがいると教えてくださいました。
 私たちも、ススキの土手を必死で探しました。時々ススキが動いて鳥の影が見えるのですが、草の影でよく見つけられません。
一度大きくススキが揺れて、上でススキを食べるミヤマホオジロが見えました。そして1羽が飛び出して、近くの木の枝にとまりました。
でも、枝が込んだ枝の中でミヤマホオジロの姿は見え隠れでした。
明るい日差しにミヤマホオジロの姿が白く光ってとても綺麗に見えましたが、全身を見ることが出来ずに、ミヤマホオジロの群れは次々と土手の向こうに飛び去ってしまいました。
 ミヤマホオジロとはとても短い出会いでしたが、諦めかけていたのでとても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8  ♂ 込み合った枝にとまって・・・トホホなミヤホです^^;
a0052080_21104086.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ♀ 遠く高いところのススキにとまって...トホホなミヤホです 
a0052080_21105435.jpg


諦めかけたところでミヤマホオジロに出会えたのですから運が良かったと思います。写真の出来はともかく ヨカッタ ヨカッタ と書いておきます。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-12-23 22:00 | 野鳥観察 | Comments(16)
ベニマシコ
 林道にベニマシコ探しに行きました。
真っ青な雲ひとつ無い空。
空気は冷たかったですが、暖かな日差しが春のようでした。
周囲の木はすっかり葉を落とし、たわわに実ったヌルデの実があちこちに見られました。
今年は鳥たちの食べ物がたくさん実っているようでした。 
 この日はカメラマンや、バードウォッチングの方も多く、みなさん「ベニマシコ見ましたよ」と教えてくれました。
でも私たちは、タイミングが悪いらしく、ベニマシコの声すら聞こえません。
仕方なく帰り道に向かって歩いていると、斜面の草むらに2羽の鳥が飛び込むのが見えました。「ホオジロでしょ!」と夫が言います。
私もホオジロだと思い、一応双眼鏡で見てみました。
草の中に見えたその鳥の姿は、褐色に黒い模様。
「あら?ホオジロじゃないよ。アトリ?」と思ったのですが、正面を向いたその鳥はベニマシコのメスでした。
「ベニ、ベニマシコのメス!」
その後下のほうからオスも現れて、仲良く餌を食べ始めました。
太陽は山に隠れて、あたりは薄暗くなっていました。
ベニマシコは、のんびりと枝にとまって長い間餌を食べたり、休んだりしてくれました。
すっかり人がいなくなった林道で、私たちは夢中でシャッターを切りました。(likebirds妻)


likebirds夫;30D+500mmF4.0  あまり赤くないのが残念ですが...これから楽しみです
a0052080_2055184.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  この胴回りは自分を見るようでした
a0052080_20555158.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  ベニマシコオス、首を伸ばして実を食べていました
a0052080_20562141.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20565819.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  ベニマシコメス、オスの近くにとまって実を食べていました
a0052080_20571755.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  後ろで雄が尾羽を広げていました。MFであわせていたのでピントが間に合いませんでした 泣
a0052080_20573449.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  2羽そろって・・・  
a0052080_20574996.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2058936.jpg


ベニマシコの声も聞こえない、声はすれども姿は見えず、姿は見えど撮れずの状態で湖畔の林道を歩き続けました。
帰る頃になってやっとベニマシコのペアを撮ることができて嬉しかった反面「もっと明るいうちに出てきてよ」と言いたくなりました。
「ベニマシコのペアがここにいますよ!」と他のカメラマンに教えてあげたくても、もう誰もいませんでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-12-22 22:31 | 野鳥観察 | Comments(24)
アトリ
 カワガラスを見ていると、反対側の砂地に鳥の群れが一斉に飛び立ったり、降立ったりしていました。
鳥の群れは、褐色の枯れ葉が積もった砂地の中に埋もれて最初は何の鳥かわからなかったのですが、双眼鏡でよく見ると100羽近くのアトリの群れでした。
落ち葉の中でアトリ達は、チョコチョコ動き回って餌探しをしていました。
水際に来て水を飲んでいるアトリもたくさんいました。
 時々一斉に飛び立って近くの木の枝にとまり、また少しすると一斉にまた下りてきて、餌探しと同じことを繰り返していました。
湖と遠くの山を背景に、一斉に飛ぶアトリの群れはオレンジ色が目立ってとても綺麗でした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  背景は中禅寺湖です
a0052080_20395874.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  湖畔の砂浜で水を飲むアトリ
a0052080_20403492.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  数羽そろって水を飲んでいました。枯葉の砂地はとても保護色でした
a0052080_20404826.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  時々一斉に飛び立ちます
a0052080_2041492.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20412566.jpg


図鑑などではよく見るのですが、開けた場所でアトリが群翔しているのを初めて見ました。写真におさめようとしましたが、なかなかうまくいきませんでした。
この頃から気温が徐々に上がってきて過ごしやすくなりました。もともと風邪が治りきっていなかったのか、咳が止まらなくなりました。咳を我慢しながらファインダーを覗くと喉にこみ上げてきて困りました。
読んでいて「写真の言い訳してる」と思っている方もいるかもしれません。半分アタリかも...です。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-12-18 21:15 | 野鳥観察 | Comments(26)
ミソサザイ
 少し移動して、ミソサザイを探しに行きました。
清流沿いの木道には雪が積もり、すっかり冬景色でした。
ミソサザイは、水辺でチョコチョコと動き回って、可愛い姿を見せてくれました。
2羽いたようでしたが、一羽は高い所でさえずっていました。
この時期にミソサザイのさえずりを聞くことが出来るなんて!ちょっと驚きでした。
もう一羽は水辺でのんびり羽繕いしたり、飛び回ったり、もう一羽のさえずりを気にしていませんでした。
 久しぶりに見たミソサザイは、やはりとても可愛かったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8 雪の清流沿いで、あちこち飛び回っていました
a0052080_21535381.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_21541262.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  近くでもう1羽がさえすっていましたが、お構いなしに羽繕いをしていました
a0052080_21543551.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2154543.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  オオワシの撮影場所にひょいと現れました
a0052080_21551580.jpg


今日は久しぶりに末娘が帰ってきました。妻はよっぽど嬉しいらしく声が弾んで半音ほど高いような気がします。
夕食時も鳥の話題を持ち出しませんでした。やはり鳥よりも娘のほうが可愛いのでしょう。あたりまえですが。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-12-17 22:17 | 野鳥観察 | Comments(21)
カワガラス
 オオワシが飛んでしまったので、湖のほうを見に行きました。すぐにカワガラスが岸辺にいるのを見つけました。
カワガラスは湖に潜っては魚を捕まえているようでしたが、すぐに飛んで行って見えなくなりました。
しばらくすると、別の所にまたカワガラスがいました。
ここには数羽のカワガラスがいるようでした。
川に潜って魚を捕ったり、岸辺で休んだりと、いろいろなシーンを見ることが出来ました。
カワガラスはとても地味で、あまり可愛げがないと思っていましたが、このときは何度も尾を立てた仕草を見ることが出来ました。
とても可愛くて、カワガラスを見直してしまいました^^
 一度に数羽のカワガラスを次々に見ることが出来たのは初めてでしたので、とても楽しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  この赤茶色の目がなんとも魅力的です
a0052080_2018445.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  川の中の岩で休んでいました
a0052080_20184393.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  湖に潜っては、浮かび上がりを繰り返していました
a0052080_20191116.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  ワカサギを捕まえたようです。ワカサギが銀色に光って見えました
a0052080_20192517.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  後ろから  尾羽をあげて
a0052080_20212015.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  たぶんワカサギを咥えているのだと思いますが...
a0052080_20195910.jpg


近所で渓流のカワガラスは何度か見ていますが、大きな湖の浜辺で見ると新鮮でした。あまり人を恐れないようです。すぐ近くまで来て潜ったりしてくれました。
カワガラスはいつも年が明けてから見に行っているので、年内に見ることが出来て得をしたような気分でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-12-16 21:13 | 野鳥観察 | Comments(27)
オオワシ
 オオワシに会いに行きたい!
やっと、その日がやってきました。
オオワシは、北海道などからここ中禅寺湖に越冬にやってきています。
夜明け前に現地に着きましたが、オオワシの姿は見当たりませんでした。
出会える確立は50パーセント。
もしかしたら、今日は来ないかも・・・と思っていたとき、朝靄の中に大きな鳥がゆっくり飛んでくるのが見えました。
「あれはなに?」「からす?」
唖然と見ている私たちの前をゆっくりとびながら、目当ての木の枝にその鳥はふわりととまりました。
間違いなくオオワシでした。
まだ夜明け前。シルエットの姿はとても大きく、太いくちばしがとても目立ちました。
だんだんと夜が開け、辺りが明るくなりましたが、生憎の曇り空。
思うように姿が見えません。
少しずつ、雲が切れて明るくなってきました。ようやくオオワシをすっきりと見ることが出来ると思った頃。オオワシは突然飛び立ちました。
いつもよりは30分以上も早い飛び立ちでした。
「あ~~」と言う悲鳴にも似たため息の中、オオワシは彼方の空に飛び去りました。
でも、かっこよくて、愛嬌のある姿をたっぷり見ることが出来て本当に嬉しかったです。
 地元でも、この素晴らしいオオワシの姿を1人でも多くの人に見てもらおうと、オオワシを見る探鳥会が催されています。
素晴らしい出会いの喜びは、きっと消えることは無いと思いました。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  この枝に1時間弱止まっていました
a0052080_2012936.jpg


likebirds妻;40D+300mmx1・4F4.0  枝の上であちこち見回していました。体の割りにとても小さな目が可愛いです
a0052080_20122212.jpg


likebirds妻;40D+300mmx1・4F4.0  飛び立つ直前
a0052080_20123686.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20124915.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2013437.jpg


likebirds妻;40D+300mmx1・4F4.0  目の前を悠々と飛んで行きました
a0052080_20132247.jpg


オオワシの飛んでくる場面は撮り逃しました。カメラは準備していましたが、手が凍えて三脚のネジを緩められませんでした。オオワシの出ている時だけ曇天でした。オオワシの飛び立つ場面も撮り逃しました。もう少し明るくなるのを待とうと、よそ見してたら飛ばれました。
「なんでこうなるの?」と、近くで飛び出しの瞬間を見事に撮った人が羨ましくて仕方がありませんでした。
その後、オジロワシの飛来を期待しましたが、この日は現れてくれませんでした。
それでもオオワシを見ることが出来た満足感は充分ありました。中禅寺湖を悠々と横切る姿は豪快そのものでした。大きいので木にとまっている姿も肉眼で充分見ることが出来ました。
多くの人にオオワシを見て頂きたいです。関心のある方は栃木県立日光自然博物館へ問い合わせると詳しく教えてもらえます。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-12-15 21:07 | 野鳥観察 | Comments(20)