<   2009年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
トウネン、ミユビシギ
 夏色のトウネンとミユビシギ、美しいオレンジ色の姿を見るのは今回が初めてした。
冬羽の優しい色合いのときとは別の鳥のような鮮やかさでした。
輝く羽の美しさをまるで競い合っているようでした。
干潟は、あちこちに赤い花が咲いたように夏色のシギチで美しかったです。
干潟の鳥達を見ていると、とてものどな気分になります。
潮の匂いをいっぱい浴びて、とても楽しいひと時でした。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8  トウネン、夏羽でとても綺麗でした
a0052080_20571499.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  トウネン
a0052080_20573030.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  トウネン
a0052080_20574416.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ミユビシギ
a0052080_2058368.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ミユビシギ
a0052080_20581817.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ミユビシギ
a0052080_205832100.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  ミユビシギ、鱗のような羽がとても綺麗でした
a0052080_20585193.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  ミユビシギ、後ろの個体のほうが赤が濃かったです
a0052080_2059630.jpg


5月9日撮影したものです。時間が経過してしまい、UPする内容の鮮度が落ちてしまうのはとても残念です。
この日、トウネンとミユビシギは均等に撮ったつもりでしたが、あらためて写真を見ると「あれっ? トウネンの写真がほとんど無い!」と気付きました。走り回っているトウネンを大分撮ったつもりでしたが、ミユビシギだったようです。じっとしている時には判るのですが、動いているときの2種夏羽は案外似ています。
山の鳥のときには「あっオオルリだ! コルリだ! キビタキだ!」とはっきり言いますが、シギチやカモメの場合はつい小声でモゾモゾ呟きます。顔見知りの前で間違えると超恥ずかしいので。だから進歩がありません。
自分とは逆の性格の妻が羨ましいこともあります。(likebirds夫)

所用により、ブログの更新と頂いたコメントへのレスは来週月曜日以降にさせて頂きます。
by likebirds | 2009-05-27 21:52 | 野鳥観察 | Comments(18)
コマドリ
 コマドリを探しに林道をゆっくりと走りました。
熊笹や沢のあるところでは、ところどころコマドリの「カララララー」と言う声が聞こえました。
声が響いて姿を探すのは大変でした。木の枝に止まっているコマドリは想像以上に小さかったのです。
遠くの枝にいるコマドリを見つけたときはとても嬉しかったです。
 そして、帰り道に綺麗な桜が咲いていたので、写真を撮ろうと沢沿いの道に車を止めると、反対側の茂みに元気なコマドリの声が!
桜の花を撮るのを忘れて、声のほうを探すと、ごちゃごちゃの茂みの中を動く姿が・・・何とコマドリでした。
すると、後ろの木立からもコマドリの声。
縄張り争いで鳴きあっているみたいでした。
鳴きながら、あちこち忙しく移動しているので姿はなかなか見えません。笹の中からも聞こえました。地面を歩きながらも鳴いているみたいでした。
2羽はお互いにけん制しあいながらも、決して近寄りませんでした。
そして少しだけ見える枝に止まった瞬間を、何とか撮ることができました。
思いがけなくコマドリにあえて、とても嬉しかったです。
ここに美しい桜が咲いていなかったら、きっとコマドリにも会えなかったと思います。
桜の花に感謝でした。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  遠くの枝で鳴いていました
a0052080_1954295.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  遠くの枝にとまって
a0052080_19545364.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_19554284.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  写真のほとんどがこんなのでした (涙)
a0052080_19551018.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2034984.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_1956915.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  正面の高い枝に飛んできて
a0052080_1957232.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  鳴いたのだけ少しぶれてしまいました(涙)
a0052080_19573918.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  向きを変えて直ぐに飛び去りました^^
a0052080_19575719.jpg


だいぶ日にちが経ってしまいましたが、今季二度目のコマドリ撮りは日帰り遠征でした。前回とは別の場所でコマドリ探しの復習をしてきました。標高は1000m以上で沢に豊かな笹薮があるところを探すのですが、現実は甘くありません。(笑)
コマドリの声は何箇所かで聞こえてきました。でも見えません。コマドリには敢えて我々二人の前に出てくる義理はありませんから仕方がありません。
早朝は高い枝で囀るのを見かけましたが、何とか撮るのは妻だけで、私のはピンボケやブレ写真ばかりでした。
最後に帰りがけに寄った場所でもコマドリの声が聞こえたので「ダメかな」と思いながらも探しました。ここは2羽で縄張り争いの最中だったようで時々すぐそばに姿を現します。コマドリも警戒心があるのでしょう。私との間に必ず枝一本あるところで囀ります。数メートル先で囀るのに見えているのは足だけ、などの連続でした。
楽しいはずの鳥見ですが、だんだんイライラしてきて妻のシャッター音が妙に気になりました。
最後に一瞬見える場所で囀ってくれたのを横から撮ることができました。早速モニタに出して自慢げに妻に見せました。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-05-26 21:11 | 野鳥観察 | Comments(14)
サンコウチョウ
 サンコウチョウに今年も会いに行きました。
早朝の森は霧雨が降って、辺りはモヤがかかり、今にも泣き出しそうな空でした。
でも、鳥の声は賑やかで、サンコウチョウの「ジッジ」と言う鳴き声も聞こえました。
「ホイホイホイ」と言う鳴き声も聞こえます。
木の枝影で、なかなか姿が見えません。飛んでいるのを見つけても、空抜けのシルエットで、行方が追えません・・・。
1羽が枝に止まると、直ぐにもう1羽が飛んできて、あっという間に2羽ともどこかに飛び去り・・・しばらくするとまた鳴き声がして・・・の繰り返しでした。
少し空が明るくなって、目も慣れてきた頃、飛んできては枝に止まる姿を見つけられるようになりました。
 そして時々は、枝で少しだけゆっくりもしてくれました。
本当に忙しなく飛び回る手強いサンコウチョウでしたが、妖精のような美しい姿と鳴き声をたくさん楽しむことができました。
とても幸せな一日でした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_19324280.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  陽が射した枝に止まりました
a0052080_1933172.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8
a0052080_19341996.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_19343754.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0 尾羽の短めの個体もいました
a0052080_19345545.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  
a0052080_19413211.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  
a0052080_19362831.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8
a0052080_19365185.jpg


朝5時過ぎに森の入り口へ着きました。霧雨模様で少し肌寒い中を、渓流に沿って歩きました。歩きながら、「ここでヤマガラを撮ったね」、「ここでオオルリ」、「キビタキはこの辺で鳴いていた」、「ここのセンダイムシクイは撮れなかった」などと話しました。けれども心はサンコウチョウに会えるか不安でいっぱいでした。
しばらく歩き汗ばむ頃にはサンコウチョウの声が聞こえてきました。朝まだ暗い森の中では動きの速いサンコウチョウの姿を捉えられませんでした。写真に撮ってもモヤがかかったものばかりでした。「もう少し先へ歩いてみよう」を繰り返すうちに霧雨も止み良いお天気になりました。
声も姿も妖精のようなサンコウチョウですが、真上で忙しなく飛びまわり、双眼鏡で追うと写真に撮れません。ファインダーで追うと小枝が邪魔をしてピントが合いません。そもそもフレームになかなか入ってくれませんでした。上ばかり向いていたので首が痛くなり、何度も手で揉みながらの撮影でした。それでも何枚か撮ることができたのは幸運でした。毎回書いていますが、サンコウチョウはとてもこの世の鳥とは思えません。
昼過ぎに帰途に着きました。(likebirds夫)

  朝靄の中のサンコウチョウは下の[More]をクリックしてください。

More 朝靄の中のサンコウチョウの写真、7枚
by likebirds | 2009-05-25 21:09 | 野鳥観察 | Comments(32)
コオバシギ、オバシギ
 夏羽のシギたちを見ようと早朝出かけました。
干潟に着くと、凄い数の車、車・・・そして人、人、人・・・
まるで真夏の海水浴場のようです。
あまりの人の多さに驚いて、一時は帰ろうかと思いました。
でも、気を取り直して干潟に行ってみると、やはり凄い人。
潮干狩りの一番良い日だったのです^^;。
それでも干潟には、鮮やかな夏色のシギ達やコアジサシ、アジサシなどがたくさん餌探しをしていました。
賑やかなシギたちやコアジサシをたくさん撮りましたが、潮が引いて鳥も遠くなったので、谷津干潟に移動。
でも、鳥達はまばら・・・
仕方なく、コアジサシを探しに移動しましたが、鳥影はなく・・・メリケンキアシもまだ来ていないとのこと・・・
谷津干潟の観察屋根の下でノンビリと遠くの鳥を眺めながら休んでいると、潮が満ちてくるに連れて、だんだんと鳥達がやってきました。
そろそろ帰ろうかと思った頃、オバシギがやってきてくれました。
最後にオバシギの夏羽を撮ることができ、弾んだ気分になりました。(likebirds妻)


likebirds夫;30D+500mmF4.0  コオバシギ  撮れたのはこの一枚だけでした
a0052080_19522462.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  やっとオバシギが飛んできました
a0052080_19524662.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ワクワクします
a0052080_1953426.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  オバシギ、右と後ろはキョウジョシギ
a0052080_19532827.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  オバシギ、手前はハマシギ
a0052080_19534829.jpg


三番瀬へ着くと早朝6時にもかかわらず凄い車の数でした。結局、車を止めるのに30分以上かかってしまいました。この30分が痛かったです。干潟に出るとカメラマンがコオバシギを撮り終えた直後でした。場所を教えて頂き1枚撮って、双眼鏡で確認するともう居ませんでした。
アジサシ、コアジサシの混群やオオソリハシシギ、トウネン、ミユビシギ、メダイチドリなどの見事な夏羽を楽しみましたが、潮干狩りの人たちに押し出されるように三番瀬を後にしました。
谷津干潟に移ると野鳥観察の人はほとんど居ませんでした。キアシシギが1羽見える程度でハマシギ、アオサギさえ居ませんでした。
しばらく待っていると潮が満ち始め、野鳥観察の人たちも集まり始めました。メダイチドリ、キアシシギ、オオソリハシシギ、ムナグロ、コアジサシその他が飛んで来始めると、地元のベテランの方達もぞくぞくお出でになりました。(さすが地元!)
はるか彼方の点にしか見えない鳥を肉眼や双眼鏡で「オオメダイチドリだ!」、「オバシギだ!」と次々見つけられ関心させされました。
残念ながら目的のメリケンキアシシギは来ていないと教えていただき見に行きませんでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-05-22 20:49 | 野鳥観察 | Comments(14)
コルリ、センダイムシクイ
 コルリに会いたいと出かけましたが、姿は見えず・・・賑やかなさえずりばかり。
そして、近くにはやはりセンダイムシクイが賑やかに鳴いています。
鳴き声の聞こえるほうを必死で探しても、姿は見つけられません。
いい加減に、いやになる頃にやっと姿を見つけることが出来ました。
 センダイムシクイも木の枝の中を、鳴きながらちょこまか飛び交っているのを見つけました。
声ばかりで姿をなかなか見つけられなかったコルリとセンダイムシクイ。
何とか見つけることが出来て嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_19553349.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_19554912.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_19561072.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  コルリ、遠くの笹薮で羽繕いしていました
a0052080_19563252.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0   センダイムシクイ
a0052080_19565050.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8    センダイムシクイ
a0052080_19571049.jpg


コルリはなかなか見つけられませんでした。朝ではなかったので、藪に入ってしまい枝でなかなか囀ってくれませんでした。
声ばかりで姿を見ることが出来ません。諦めかけた時、縄張りに別のコルリが入ったようで、枝に出てくれました。
5枚目のセンダイムシクイは6枚目の引き立て役です。涙。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-05-21 20:54 | 野鳥観察 | Comments(14)
オオジシギ
 オオジシギのあの可愛らしくて、おっとりした姿から想像もできない豪快な飛翔姿にすっかり魅せられて、今年もでかけました。
早朝、枯れ木の枝で鳴いている姿を発見。
しばらく鳴いた後、急に飛び立ち、しばらく静かになってしまいました。
今年はあの豪快な飛翔姿は見られないのかしら?と少し心配になりながらも、ノビタキの可愛い姿を撮影したりしていました。
すると、聞き覚えのあるだみ声が・・・
遠くの空に点のように3羽の鳥が見えました。
鳴き声が大きくなるに連れて、姿も大きく見えます。
オオジシギです。
でも眩しい朝日で、その姿を捉えられません。
 少しすると、姿が見えなくなりました。
仕方なく少し場所を移動してオオジシギを待ちました。
此処で偶然お会いしたご夫妻とお話していると、まただみ声が・・・
今度は何度も旋回と急降下を繰り返して飛んでくれました。
少し距離はありましたが、大空を勢いよく飛ぶ姿を何度も見ることが出来ました。
オオジシギの飛ぶ姿はまるでジェット機のようで豪快です。
本当に魅力に嵌ってしまいそうです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8  早朝、枯れ木の枝で鳴いていました。回りに虫がいっぱい^^
a0052080_20183390.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  初めて枝からの飛び出しがフレームに入っていました
a0052080_2019084.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8
a0052080_20192083.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  鳴きながら急降下1
a0052080_20203872.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  鳴きながら急降下2
a0052080_2024431.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  急降下
a0052080_20242185.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  背中向きで急降下
a0052080_20243757.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8
a0052080_2024562.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  富士の雪を背景に
a0052080_20261626.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  2羽で飛ぶ(本当は3羽)オオジシギ
a0052080_20253123.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  富士の斜面を背景に
a0052080_20263195.jpg


オオジシギの飛翔目当てに今季も北富士へ行ってきました。
枝からの飛び出しは過去2年妻にやられっぱなしなので、「今回こそ」と心に秘めていました。撮っている最中、モニタで露出の確認をしたくなりましたが我慢してファインダーから目を離しませんでした。
飛んだとき2連写して一枚目は翼で顔が隠れていました。(涙) 2枚目は辛うじてフレームに入っていました。(ホッ)
妻に聞くとモニタで画像確認中だったそうです。今回はいつもと逆でした。「飛び出しが撮れたよ」と言うと、妻は悔しそうでした。
この日は山菜摘みを楽しむ方たちがたくさんフィールドに入っていて、オオジシギの飛翔は高く遠かったです。上空での急降下の音もその分小さかったです。
飛翔が遠いので撮っている最中、妻は「見つけられない!」とか「ピントがこない!」とか言うので少し心配になりました。家に帰ると「急降下が背中からも撮れてたぁ」、「横からも撮れてたぁ」、「お腹からも」といつもの調子でした。
昨年と比べると写真の鮮明さに欠けますが、充分に鳥撮りを楽しむことができました。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-05-20 21:43 | 野鳥観察 | Comments(20)
ツルシギ
 春のシギチを探しに田園に行きました。
水を張った田園は緑の苗が綺麗に並んで風にそよぎ、とてもさわやかな景色でした。
でも、お目当ての鳥さんはあまり姿が見えませんでした。田園を飛ぶツバメの姿も見当たりません。
田んぼ沿いの道路を車をゆっくり走らせながら、鳥探しをしていました。
田んぼに目を凝らしていると、後ろから大きなタンクローリー車がやってきました。
車を寄せて、行き過ぎるのを待っていると、タンクローリーの運転手さんがこちらに向かって何か言っていました。
 私は窓から頭を下げて「すみません」と言いました。
でも、風の音とエンジン音で、お互いが何を言っているのか聞こえません。
少し行くと、さっきの車が農家の庭に止まっていました。そして先ほどの運転手さんがこちらに向かって何か言っています。
私はまた頭を下げて「お邪魔しております・・・」と言いました。
すると、「あんた達、鳥を見にきたんだろ?2枚向こうの田んぼに居るよ、みんなあそこで写真をとっているよ」
とニコニコ笑いながら教えてくださいました。
先ほどから私達に、田んぼの場所を教えてくださっていたのでした。
「御親切にありがとうございます」
私達は何度もお礼を言ってその田んぼに行きました。
水を張ったその田んぼには目当てのツルシギがノンビリ餌探しをしていました。
嬉しさが倍増の日でした。(likebirds妻)


likebirds妻;40D+300mmF2.8  黒い夏羽
a0052080_20545535.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20551949.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8
a0052080_20553891.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2056176.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8   左から、やや冬羽、やや夏羽、ほぼ夏羽、が並びました^^
a0052080_20561984.jpg


この日は鳥の先輩と田んぼ回りをしました。シギチは全体として低調でしたが、タカブシギやムナグロを楽しみました。
ツルシギは白っぽいのから黒っぽいのまで居てなかなか見所がありました。水が深かったので暗赤色の足をしっかり見ることが出来なかったのが少し残念。下嘴基部の赤がよく目立ちました。(likebirds夫)

More  ハシボソガラスの♡ラブシーン❤はこちらをクリックしてください
by likebirds | 2009-05-19 21:38 | 野鳥観察 | Comments(14)
オオルリ、キビタキ
 近くでクロツグミのさえずりが聞こえました。何処にいるのかしら?と辺りをきょろきょろ・・・
姿は見つけられず、ふと振り向くと遠くの枝にキビタキが・・・
キビタキは落ち着きなく枝から枝に飛び移っていました。するともう一羽のキビタキがやってきて、追いかけっこをはじめました。
時々立ち止まっては、囀っています。
朝日を浴びてキビタキの黄色が輝いてとても綺麗でした。
縄張り争い中のキビタキは何度も現れて、追いかけっこをしていました。
 そして美しい鳴き声でオオルリも縄張り宣言をしていました。
やはり、2羽が追いかけっこをしていました。
オオルリは見上げるような高い枝で鳴いていたかと思うと、直ぐに藪にはいってしまいます。
するともう1羽がやってきて、また追いかけっこ・・・
この時は、ちょうど縄張り争い真っ中のキビタキやオオルリを見ることが出来ました。
とても忙しなかったですが、美しいさえずりをたくさん聞くことが出来て楽しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_19513539.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  大きな口^^
a0052080_19522339.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  
a0052080_19524119.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_19531652.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_1953371.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  枝の込んだ所に止まってばかり・・・
a0052080_1954728.jpg


キビタキ、オオルリと関係がなく、恐縮ですが
土曜日、都心に出たヤツガシラにふられました。またしても「平日という壁」に阻まれました。私はヤツガシラにふられることに関してはかなりの「ベテラン」です。木曜金曜の状況を聞いて「おそらく土曜にはいない」と予想しました。そうは思っても行かずにはおれないところが哀しい習性です。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-05-18 20:39 | 野鳥観察 | Comments(14)
サンショウクイ
 サンショウクイには、昨年初めて出会いました。
スマートできりりとした美しいすがた、透き通るような鳴き声、本当にいっぺんでファンになりました。
今年もサンショウクイに出会いたいと願っていました。
願いが叶って、またサンショウクイに出会うことが出来ました^^。
ちょうどこの時は縄張り争いと番が出来る時期でしたので、ピリリリ、ピリリリリと囀るオスを見ることが出来ました。
違う場所では巣材を運ぶ姿も見ることが出来ました。
高原はまさに、鳥達のさえずりとペアリングの季節でした。
鳥達の美しい囀りに包まれ、可愛い姿を見ることが出来て本当に嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_19594798.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  きりっとした顔立ちのオス
a0052080_2001341.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  ピリリリ、ピリリリ
a0052080_2002988.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2005214.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  優しい顔のメス
a0052080_2012948.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  メス  後ろから
a0052080_2021060.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  メス、巣材を咥えていました
a0052080_2024716.jpg


サンショウクイは2ヶ所で見ることが出来ました。1ケ所目ではオスが縄張り確保の真っ最中で、鳴いている姿も怒っているようでした。
2ヶ所目はペアで巣作りをしていました。二股になった枝のところへ懸命に苔などを運んでいました。
どちらも澄んだ美しい[「ピリリ」を絶えず聞かせてくれました。
サンショウクイは気品があって好きです。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-05-14 20:58 | 野鳥観察 | Comments(22)
クロツグミ
 クロツグミの美しいさえずりは、いたるところで聞くことが出来ました。
森の中の道を走っていると、クロツグミの番がノンビリ道路で餌探しをしている姿にも出会いました。
最初は道の真ん中に居るのがクロツグミとは思いませんでしたが、何度か見つけた道路で餌探しをしていた鳥は全部クロツグミでした。本当に驚きでした。
こんなにあちこちでクロツグミに出会えたのは初めてだったのでとても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8  クロツグミ雄
a0052080_2032063.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  クロツグミ雄
a0052080_203364.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6  クロツグミ雌 
a0052080_2035788.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6  クロツグミ雌 
a0052080_2042180.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  左が雌  右が雄
a0052080_2044359.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  道路に出て餌探しをしていました
a0052080_205619.jpg


クロツグミを撮ろうと囀りをたよりに樹上を見て回りました。其処此処で聞こえるのですが辺りに響き渡ってなかなか見つけられませんでした。ふと路上でチョロチョロしている鳥がいるので双眼鏡で覗くとクロツグミでした。
「フランスへ行ったらフランス人ばかりなので驚いた」と言う人がいましたが、私もクロツグミばかりで驚きました。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-05-13 20:45 | 野鳥観察 | Comments(18)