<   2009年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
ヨーロッパトウネン
 干潟では元気のよいヨーロッパトウネンがやんちゃ振りを発揮していました。
波打ち際で餌探しをしている、トウネンやミユビシギにやたらと威嚇したり、追いかけまわしたり・・・。
餌を探すのも忘れて、暴れ放題でした^^;
 暴れん坊のヨーロッパトウネンがあまりに可愛かったので、ヒメハマシギを見るのも忘れるほどでした^^;。

 もう一羽の足の悪いヨーロッパトウネンは、静かにたたずんでいたので、本当に対照的でした。(likebirds妻)

likebirds妻;50D+300mmF2.8  足の長いヨーロッパトウネンは鋭角な姿勢で餌探しをします
a0052080_2059066.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  この採餌姿勢がヨーロッパトウネンの特徴です
a0052080_20591515.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  自分よりも大きいミユビシギに何度も威嚇ポーズしていました
a0052080_20593737.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  向こうっ気の強いヨーロッパトウネン
a0052080_20595856.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  トウネンにも、威嚇のポーズ
a0052080_2101782.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  ついには飛んで追いかけてました^^
a0052080_2103675.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  足の悪い個体  じっとしているときは片足です
a0052080_2105225.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  トウネン(左)とヨーロッパトウネン(右)  クチバシは長く、翼の先端はほんの少し尾羽より長いです
a0052080_21173.jpg


ヨーロッパトウネンをトウネンの群れの中から探す方法は色々あると思います。シギチ音痴の私は採餌姿勢で探します。
足の長さや細さ、クチバシの長さや細さ、初列風切の長さ、軸斑と羽縁のコントラスト、背中のV字模様などは動き回られると自分にはわかりません。
まず、トウネンの群れの中にいてもヨーロッパトウネンは群れとは多少違う動きをします。歩く向きが違っていたり、同じ方向でも追い越したり急に向きを変えたりします。密集していてもヨーロッパトウネンの周囲には少しだけ空間があったりです。微妙ですが何か雰囲気が違います。
そんなのを見つけたら採餌姿勢を観察します。短足胴長のトウネンに対してヨーロッパトウネンは足長短胴なので採餌のとき極端に前傾姿勢になります。それだけ確認したら後は写真に撮って家で図鑑と見比べます。ファジーですがこれが案外当ります。笑。(likebirds夫)

More  宜しければ、ここをクリックして他のヨーロッパトウネンの写真もご覧ください
by likebirds | 2009-09-30 22:12 | 野鳥観察 | Comments(14)
ヒメハマシギ
 秋の渡りの珍客!
今年は干潟にヒメハマシギがやってきてくれました。
ちょうどイヌワシ遠征に出かける当日に飛来を知りました。
帰ってくるまで、待っていて欲しい・・・
願いは通じて、干潟をチョコチョコと歩き回る可愛い姿を見ることができました。
「ハマシギ」と名はつきますが、見た目はトウネンに良く似ていました。
体はトウネンよりも少し大きく、クチバシと足が長い、特徴のある姿でした。
最初は見つけるのに苦労しましたが、だんだん見慣れてくるとすぐに見つけることが出来ました。
波打ち際を右へ左へと歩き回るヒメハマシギは、元気いっぱい!
この日は、干潟の可愛い珍客の姿をたくさん見ることができて、とても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_20384997.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_2039499.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_20392062.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  ヒメハマシギ(後方)とトウネン(手前)
a0052080_20393539.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8
a0052080_20395177.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8
a0052080_2040475.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8
a0052080_20401657.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8
a0052080_20402814.jpg


イヌワシの関が原ICを午後6時に出て、ハマシギの三番瀬に着いたのが午前3時でした。深夜の渋滞のため、仮眠の1時間を差し引いても8時間かかってしまいました。
寝ながら夜明けを待ちました。午前5時半に目覚まし時計が鳴ったとき、これほどウルサイと思ったのは初めてでした。帰りも大渋滞で4時間かかりました。我ながら〇〇ですねェ。
さすがに翌日は休息日としました。
ヒメハマシギはトウネンと比べるとクチバシと目の距離が離れているので人相(?)も違いました。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-09-29 21:08 | 野鳥観察 | Comments(26)
イヌワシ 3
 イヌワシは何回か近くや真上を飛びましたが、あっという間に遠くの山肌のほうへと飛び去りました。
そして、背中に光を浴びながらゆっくりと山肌を縫うように飛びました。
旋回しながらこちらに来て欲しいと、何度も願いましたが、遠くの山の陰に隠れて見えなくなりました。
 はるか遠くに槍ヶ岳や穂高も望める絶景の中に、美しいイヌワシがゆったり飛ぶ姿は物語りの世界のようで素晴らしかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_20251265.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_20252544.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8
a0052080_2026411.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_20261847.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8
a0052080_20263274.jpg


likebirds妻;sony W1  琵琶湖の向こうに沈む夕日
a0052080_20523435.jpg


しつこいようですがまたイヌワシです。イヌワシはこれで最後です。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-09-28 20:56 | 野鳥観察 | Comments(10)
イヌワシ 2
 イヌワシはいつも突然現れました。
いきなり頭上を横切ったり、眼下を音も無く飛んだり・・・
一瞬でも見つけるのが遅れると、既に飛び去る後姿でした。
数回のチャンスのほとんどを上手く撮れなかった私は、本当に泣きたい気分でした^^;
夕方になってカメラを仕舞い始めたら、それを見透かしたようにイヌワシが目の前を旋回しながら飛んで来ました。
きっとイヌワシは、とても頭がいいのだと思います。
慌てて手持ちで撮りましたが、鋭い眼光の中にも穏やかな表情をしていて、本当に魅力的な鳥でした。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0  イヌワシはまったく羽ばたきません
a0052080_20365528.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  翼を少し窄めると猛烈にスピードアップします
a0052080_203798.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8
a0052080_20372767.jpg


likebirds妻;30D+300mmF5.6
a0052080_20373999.jpg


 イヌワシは山間をゆったりと飛んでいるように肉眼では見えましたが、レンズを向けるとファインダーで追いきれないほどの猛スピードでした。遠くを飛んでいるうちに見つけないと、近くへ来てからでは間に合いませんでした。一度だけ山の斜面を背景にした絶好の場所を飛んでくれましたが、あわててピントが合いませんでした。ピントを合わせ直すともう頭上で空抜け画角いっぱいでした。
 イヌワシはまったく羽ばたかないので初心者の自分には谷底を覗いても見つけられません。諦めかけて緊張の糸も切れ、ダレはじめると突然出てくるのです。神出鬼没でどこから出てくるかもわかりません。これだから楽しいのだと現地の常連さんに教わりました。前日までの状態、その日の天気、風速、風向き等を考慮してもなかなか当らないそうです。
 良いものは有りませんが[More]もクリックしてみてください。(likebirds夫)

More  宜しければ、ここをクリックして他のイヌワシの写真もご覧ください
by likebirds | 2009-09-25 21:29 | 野鳥観察 | Comments(24)
イヌワシ
 かねてからずっと、イヌワシを見てみたいと願っておりました。
台風の進路で一喜一憂しながら、その日を待ちました。
運よく台風が反れ、天気には恵まれたのですが、なんとその天気が良すぎでした^^;
そよ風ほどの風で、イヌワシはあまり飛んでくれませんでした。
それでも、憧れのイヌワシが岩の上に止まっているのを見た瞬間は本当に嬉しかったです。
逆光と距離に阻まれて、そして一瞬のチャンスを撮ることができない未熟さ故に良い場面を撮ることはできませんでしたが、王者の風格の威厳ある姿に出会うことができて感激でした。
(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0  岩に来てくれましたが、全て逆光の時間帯になってからでした。
a0052080_20154483.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_2016074.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  かぶさるような大きな翼でした
a0052080_20164827.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8
a0052080_20172244.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_20173882.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  ペア一緒に見られたのはこの時だけでした
a0052080_20175991.jpg


 連休を利用して伊吹山へ一泊で行ってきました。一日目は天気に恵まれましたが、無風状態でイヌワシはあまり飛び回ってくれませんでした。岩には何回か来てくれ、逆光でしたがそれなりに楽しむことができました。一度は目の前を悠々と飛びましたが、気付くのが遅く証拠写真となりました。
二日目は5~6mの風、空は真っ青の絶好の条件でした。何故かイヌワシは飛ばず、一度はるか下方でチラッと見たのと、遠方をゆっくり飛んだのみでした。
 イヌワシは思いのほか黒い鳥でした。白い雲を背景にするとカメラの露出設定を+2としてもイヌワシは真っ黒に写っていました。
 今回は岩ものをUPします。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-09-24 20:54 | 野鳥観察 | Comments(21)
コオバシギ幼鳥
 この日、干潟で是非見たかったもう一種!
それはコオバシギの幼鳥でした。
でもハヤブサがやってきて、シギチ達は1羽残らず飛び去ってしまいました。
長いこと待ってやっと、メダイチドリやトウネン、ハマシギなどが次々に飛んできました。
そして、前方の群れの近くにコオバシギの幼鳥がいるのをK君が見つけてくれました。
鉛色の海にシルエットのようなシギたち、本当に見分けるのは難しかったです。
でもコオバシギの幼鳥は、全体に暗い色合いの少し丸みをおびた感じに見えました。
 近くには来てくれませんでしたが、目的のコオバシギ幼鳥も見ることができて満足でした。(likebirds妻)

likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  左がコオバシギ幼鳥。白い羽縁の内側に黒いサブターミナルバンドが有ります
a0052080_21365372.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  コオバシギ 飛んでいるのはダイゼン
a0052080_2194413.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  コオバシギだと思うのですが...違っていたらご教授ください
a0052080_21513121.jpg


コオバシギもイケメンバーダーに教わって撮りました。教えてもらってからは見分けがつくのですが、オバシギと一緒に遠くにいられると区別ができません。
幼鳥の特徴も双眼鏡でははっきり見えましたが、写真は上手く撮れませんでした。次期に頑張ります。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-09-17 22:15 | 野鳥観察 | Comments(14)
キリアイ
 キリアイに出会うのは二年ぶりです。
独特の曲がったくちばしと、綺麗な模様。
つぶらな目がとても可愛いシギです。
少し前にここで、キリアイに振られていましたので、今度は会うことができてとても嬉しかったです。
(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0  天気は悪かったですが、キリアイをみて心は晴れました
a0052080_20525971.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_20532716.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4   頭の縞模様がV字に見えます
a0052080_20534350.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4 
a0052080_20535994.jpg


雨の予報でしたが、葛西、谷津、三番瀬と廻りました。三番瀬の空は鉛色でとても暗い午後でしたが、シギ・チドリの数はけっこう多かったです。
天気の影響でしょうか、人出も少なく鳥たちが近くに来てくれました。鳥に詳しい若い知人にお会いし、キリアイやコオバシギの幼鳥を教えていただきました。
キリアイは2年ぶりです。お盆明けから散々あちこち追いかけましたがやっと出会うことができました。幼鳥だと教えられて撮りました。帰ってから図鑑と写真を見比べると、なるほど、羽縁が白っぽいです。それならと2年前の写真を見ると、やはり幼鳥でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-09-16 21:30 | 野鳥観察 | Comments(13)
エゾビタキ、キビタキ
 秋の渡りのエゾビタキには、2度も振られました^^;
今度こそはと思ったところも、出てきてくれたのはキビタキばかり・・・
エゾビタキは一瞬だけしか出てきてくれませんでした。
でも何とかエゾビタキに出会うことができて嬉しかったです。
今度はもっとゆっくりと、見てみたいです。(likebirds妻)

likebirds妻;50D+300mmF2.8   エゾビタキ、枝の先に一瞬だけとまりました
a0052080_20394460.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  キビタキ♀
a0052080_2040085.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  キビタキ♀
a0052080_20402041.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  キビタキ♀
a0052080_2128599.jpg


双眼鏡を覗くとエゾビタキが1羽枝にとまっていました。距離があってとても写真は撮れません。
「エゾビタキがいるよ!」と声を出すと数人が集まってきて一緒にエゾビタキを見ました。この時likebirds(妻)はついにエゾビタキを見つけることが出来ませんでした。しばらくするとエゾビタキがこちらに飛んできました。それぞれカメラの準備をして待ちましたが、そのとき撮れたのは妻だけだったようです。
もちろん私も撮れません。そういえばキビタキ♀も気に入った写真は撮れませんでした。
こういう日は帰りに早歩きで妻に意地悪をするのですが、疲れてそれも出来ませんでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-09-15 21:12 | 野鳥観察 | Comments(18)
コサメビタキ
 小鳥達の秋の渡りが始まって、落ち着かない日々です。
昨年はタイミングをずらしてしまい、秋の渡りのコサメビタキを撮ることができませんでした。
今年こそはと、出かけました。
もしかしたらまだ早いかも・・・と不安でしたが、コサメビタキの可愛い姿に出会うことができました。
枝から枝へと忙しなく飛び移るコサメビタキの姿を追うのは大変でしたが、くりくりお目目の可愛い姿をたくさん見ることができて、本当に嬉しかったです。
現地でお会いした皆様、お世話になりました。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0 コサメビタキ
a0052080_20222435.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  朝靄の中を
a0052080_20223755.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  
a0052080_2142155.jpg



likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_20231084.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  枝が無い時は空抜けばかり・・・
a0052080_2132855.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  背景のある時は、込みあった枝の中ばかり・・・でした^^;
a0052080_2145459.jpg


エゾビタキ、サメビタキ、コサメビタキの識別のおさらいをして現地に向かいました。
おかげで迷うことはありませんでした。
なにしろ、コサメビタキとキビタキ♀にしか出会いませんでしたから。
この三種のヒタキの渡りの時期はタイミングを逃すといけないので気が休まりません。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-09-14 20:55 | 野鳥観察 | Comments(29)
コアオアシシギ、アオアシシギ
 華奢で色白なコアオアシシギ。
他のシギの中にいて、ひときわスマートに見えます。
優しい雰囲気の可愛い姿は本当に魅力的です。
アオアシシギと一緒にいることが多かったように見えました。
コアオアシシギも今季、やっと近くで見ることができて嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  コアオアシシギ
a0052080_20571752.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  コアオアシシギ
a0052080_20573484.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  コアオアシシギ(手前)とアオアシシギ
a0052080_20575395.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  背中を向けてたそがれているのはアオアシシギ
a0052080_21504054.jpg


夏休みにミニ遠征して遠くのコアオアシシギを見ましたが、今回は間近での観察となりました。昨季に群れでいるところを見ているので、1羽は少し寂しかったです。
そのぶん、集中して眺めることができました。細く鋭いクチバシ、スラリとした長い足、いかにも華奢な身体がコアオアシシギの魅力ですね。
現地に着いたとき、オグロ、エリマキ、タカブ、アオアシもいて目移りしましたが、迷わず最初にレンズを向けたのはこのコアオアシシギでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-09-10 21:34 | 野鳥観察 | Comments(21)