<   2010年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
オオノスリ
 夫が退院して初めての鳥撮りが、オオノスリでした。
当初は諦めていたのですが、お医者様から「少しの遠出なら大丈夫ですよ。」と言われて決断しました^^。
少し不安もありましたが、穏やかな春の田園で、のんびりと時間を過ごしました。
昼過ぎにやっとオオノスリは悠々と飛んできてくれました。
でもカラスに追われて遠くに飛び去ってしまいました。
夫は重い機材を担いでの移動は出来なかったので、車に戻って移動しようと思ったとたんに、カラスに追われながらオオノスリがこちらに飛んで来ました。
そしてなんと私たちの直ぐ上空を何度か旋回してくれたのです。
逆光気味でしたが、目の前に見るオオノスリはとても大きくて、鋭い顔つきでした。
遠くを飛ぶのを見るだけでも・・・と思っていたのですが、幸運にも近くで見ることが出来て本当にうれしかったです。
(likebirds妻)

likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  とても大きくて圧倒されました。 手持ち撮影
a0052080_19424411.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6
a0052080_1943473.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6
a0052080_19432192.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4   手持ち撮影
a0052080_19433349.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4   手持ち撮影
a0052080_19435216.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6
a0052080_1944731.jpg


 オオノスリはこの日が最後だったようです。文字通り滑り込みセーフでした。
体力がなく、思い通りに移動できない私は車の中で寝てばかりいました。そこへ運良くオオノスリが飛んできてくれました。空抜けながらも画角いっぱいのオオノスリを見て露出補正ダイヤルをグリリと回しシャッターを切りました。回した向きが逆でした。写真はほぼ全滅。やはりブランクは大きかったです。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-05-26 20:17 | 野鳥観察 | Comments(27)
オオハシシギ、エリマキシギ
 こんなに近くで綺麗な夏羽のオオハシシギを見るのは初めてでした。
水の張られた蓮田でエリマキシギと一緒に三羽で仲良く餌探しをしていました。
穏やかな表情と、美しい茜色の姿がとても上品で素敵でした。
(likebirds妻)

likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  オオハシシギ
a0052080_20215298.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  オオハシシギ
a0052080_2022329.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  オオハシシギ(左)とエリマキシギ♀(右)
a0052080_20221558.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  エリマキシギ(左端)とオオハシシギ
a0052080_20222469.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  手前がエリマキシギ
a0052080_20223871.jpg


 5月5日撮影分です。エリマキシギもオオハシシギも翌日には旅立ったようです。
 初孫誕生のため、今週の鳥見はお休みしました。妻は孫を抱きましたが、私は怖くて抱けませんでした。
 当たり前ですが、可愛さは鳥とは比べ物になりません。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-05-25 20:49 | 野鳥観察 | Comments(14)
コルリ
 コルリの声は朝から賑やかに聞こえていました。
でも森の中か聞こえてくるばかりで、姿は見えませんでした。
時々は近くの茂みの枝をチョコチョコと飛び交う姿も見えました。
とても写真を撮れないと思っていたのですが、少しすると水辺を早足で走る姿が見えました。
直ぐに草の影に隠れてしまったのですが、その後近くの木の枝を飛び移って、少しだけ飛び交ってくれました。
緑の森に瑠璃色と白の美しい姿がとても輝いて見えました。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0  藪の隙間からパチリ
a0052080_2025726.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  頭上の枝で一瞬だけ囀り
a0052080_2031075.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4
a0052080_20101094.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  水を飲みにぴょんぴょんと走っていきました
a0052080_2032572.jpg


 相手が野鳥ですから仕方がありませんが、コルリさんにも翻弄されました。コルリが水場に来たのは、車に戻っているときでした。妻に「たった今まで来ていたのに」と言われるととたんに気持ちが焦ります。一旦そうなると観察もせずにやたらとコルリにレンズを向け撮りまくります。結果は顔無し、目無し、クチバシ無しやピンボケの量産となりました。毎回後で反省しますが直りません。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-05-21 20:45 | 野鳥観察 | Comments(18)
クロツグミ
 直ぐ前の茂みに黒くて大きめな鳥が飛び込むのを見ました。
「何だろう?もしかしてクロツグミかも・・・?でも、間違えたら恥ずかしいし・・・」などと考えていたら、
茂みを動く影が見えました。枯れた根の上にぽんと飛び乗ったのは!やはりクロツグミでした。
しばらくその根っこでじっとしていましたが、チョコチョコと歩いて水を飲みにやってきました。
黒くてつやつや、黄色いアイリングと大きな嘴がとてもチャーミングでした。
クロツグミは直ぐに飛んで行ってしまいましたが、おいしそうに水を飲む姿はとても可愛かったです。(likebirds妻)

likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  前に小枝がありましたが、強引にシャッターを切りました^^
a0052080_19545333.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  このあと、水を一口呑みました
a0052080_195569.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0 クリックすると少し大きい写真が見られます
a0052080_19551999.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4
a0052080_201875.jpg


 GWの真ん中あたり、山麓の水場でのんびりと鳥がやって来るのを待っていました。 朝からいきなりクロツグミが姿を現すとは予想していませんでしたから、妻が撮り始めたときには焦りました。妻のレンズの先を見ても何処にいるのか見つけられませんでした。やっと見つけてレンズを向けますが、何故かピントが来てくれませんでした。辛うじてピントのまあまあなのが2枚でした。
 このときは我々2人の他には誰もいませんでした。私ならいつも間違えているのでまったく恥ずかしくはありませんけどね。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-05-18 20:36 | 野鳥観察 | Comments(36)
オバシギ、コオバシギ
 コオバシギの夏羽、このあでやかなまでの美しさに出会ったのは初めてでした。
そして、幾何学模様のようなおしゃれなオバシギ。
のどかな干潟で思い思いに餌探しをしたり、昼寝をしたり・・・輝くような美しさに見とれました。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0  コオバシギ  かなりメタボな印象を受けました (クリックすると大きな写真が見れます)
a0052080_20235435.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  コオバシギ
a0052080_20241319.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  オバシギ
a0052080_20242658.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  コオバシギ(左)とオバシギ(右)
a0052080_20243749.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  オバシギ(左)とコオバシギ(右) (クリックすると大きな写真が見れます)
a0052080_20244723.jpg


 数年前鳥友に言われたことがあります。「山の夏鳥を見るのを少し我慢すれば、シギチドリの見事な夏羽を見られるよ!」
 そう思うのですが、毎年欲張って二兎を追いかけてしまいます。GW中、綺麗なコオバシギの夏羽を近くで見ることが出来て満足しました。
他にはオオソリハシシギやハマシギ、トウネン、メダイチドリなどの夏羽を楽しむことが出来ました。午後2時頃までここに未見のサルハマシギもいたそうです。我々の到着は3時過ぎでした。来年の楽しみにしておきます。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-05-17 20:53 | 野鳥観察 | Comments(8)
ノジコ
 黄色い鳥が水浴びにやってきた時、夫は「ノジコだ!」と言いました。
私は「アオジじゃない!」と言いました。
でも、良く見ると白いアイランが・・・。
その鳥は何とノジコでした。
思いがけなくノジコが現れて、うれしかったのですが、あっという間に奥に飛び去ってしまいました。
でも、しばらくしたら今度は雄と雌と一緒に水を飲みにやってきてくれました。
草が茂った水辺に黄色い花が咲いたような美しい雄でした。
雄は雌を見守るように水辺にやってきて、雌が水を飲み終えると急いで水を飲んでいなくなってしまいました。
その後、枝にとまってしばらく休んでいたのですが、私はその枝をファインダーに捉えることが出来ませんでいた(大泣)
でも、ノジコの雄と雌を見ることが出来て最高にうれしかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0  ♂
a0052080_208226.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  ♂
a0052080_208336.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  ♂  水に入っているのが♀
a0052080_2085839.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  ♀
a0052080_209116.jpg


 私はどんな鳥でも見たい鳥に見えてしまう性格です。その度合いは極端で、木にとまったホシゴイを見て「フクロウだ!」と叫んでしまうほどです。
 そのことを良く知っているlikebirds(妻)は私が「ノジコだ!」と言ったくらいではなかなか信用しません。私も目のアイリングを確認するまでは不安でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-05-14 20:47 | 野鳥観察 | Comments(10)
コマドリ
 笹が茂る林道では、コマドリの声が聞こえました。
声がするほうに目を凝らしても、その姿は全く見えません。
近くで聞こえたり、遠ざかったり・・・林道を走らせて姿を探しても、まったく見えません。
3時間以上も探しても見つけられず、もう帰ろうと坂道を下っていたら、前方に赤いものがピョンピョンしているのが見えました。
「??」と思って見ると2羽のコマドリが体当たりしたり、蹴りあったりと猛烈なバトルをしていました。
思わず「コマドリ!喧嘩している」と叫びました。
直ぐに車を止めてカメラをセットしましたが,素早すぎて喧嘩のシーンや石の上に一瞬止まったシーンなどは全て撮れませんでした(涙)
 コマドリのバトルは程なく終ってしまい、いつの間にか静まり返ってしまいました。
もう一度見たいと待ってみましたが、鳴き声ははるか遠くで聞こえるばかりでした。
でもなんとかコマドリを見ることが出来て、とてもうれしかったです。

likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  尾羽を広げてくれましたが、中途半端^^;
a0052080_19505389.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  僕はこれで充分、贅沢は言いません
a0052080_19511049.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  
a0052080_19513558.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  残雪をバックに
a0052080_19515089.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  ライバルは去り、この子がその場に残りました
a0052080_19522317.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  バトルを終えて、少し興奮しているように見えました
a0052080_19524250.jpg


 コマドリは今季もだいぶ苦戦しました。そもそもコマドリはなかなか見つかりませんでした。探しに探して、もう諦めて休もうとして車を止めたとたんに妻がコマドリを見つけました。まったく声も出さずにオス2羽がバトルをしていました。そばにはメスもいました。
 カメラを準備している間に決着はついてしまい、オス1羽が残り、囀り始めました。その囀りに刺激されたのか、夢中で撮っていると我々のすぐ後ろでも別のコマドリが囀り始めました。1枚目2枚目はこのコマドリです。
これらのことは一瞬で終ってしまいました。後でメスを撮らなかったことに気づきました。諦めるギリギリのところでコマドリを見つけた妻は大威張りでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-05-13 20:50 | 野鳥観察 | Comments(16)
サンショウクイ
 芽吹きが始まったばかりの森で「ピリリリリ。ピリリリリ。」と言う澄んだ鳴き声が聞こえました。
見上げるような枝先を見ると、サンショウクイでした。
忙しなく鳴いては飛び、枝に止まってはまた飛び・・・
必死でレンズで追いかけて、首が痛くなりました^^;
でも、サンショウクイにあえてとてもうれしかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0 ♂
a0052080_19464751.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4
a0052080_1947581.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_19471873.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  
a0052080_19473366.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_19474149.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  
a0052080_19475661.jpg


 見上げると目眩がするような高い木の天辺付近から力強く鳴くサンショウクイの声が聞こえてきました。これでは写真に撮るのは無理だと諦めていたら、雄が何故か我々の傍を飛び回り始めました。一瞬たりともじっとしていないのでなかなかファインダーの中へ捉えられませんでした。やっと何枚か撮ることが出来ました。雌も見たかったのですが見つけられませんでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-05-12 20:13 | 野鳥観察 | Comments(12)
ツルシギ
 真っ黒な姿に赤い嘴と足。
シックでおしゃれな姿は、水辺で際立つ美しさです。
今年もツルシギに出会うことが出来て、とてもうれしかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_1939422.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  まだ、ところどころに白い冬羽が残っています
a0052080_1946230.jpg


 今頃はもっと黒い夏羽に変わっていることでしょう。もう少し我慢すべきでしたが、見に行ってしまいました。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-05-11 20:03 | 野鳥観察 | Comments(10)
シロエリオオハム、 ヒメウ
 シロエリオオハムは最初は港の沖合いで泳いでいました。
だんだんと近くに泳いできて、岸壁近くで何度も潜水をして餌を探していました。
真上から見る姿は紫色に輝いてとても綺麗でした。
潜水を繰り返しながら、まただんだんと湾の沖に泳いでいきます。
しばらくするとまた近くまでやってきてくれて、何度も綺麗な姿を見ることが出来ました。
また近くの漁港ではヒメウの群れがノンビリと潜水したり、日向ぼっこをしたりしていました。
婚姻色のヒメウは艶々でとても綺麗でした。(likebirds妻)

likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  シロエリオオハム、紫色の羽と赤い目が綺麗でした
a0052080_2025178.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_203539.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  ヒメウの顔が真っ赤です
a0052080_2031681.jpg


 前回シロエリオオハムをUPしたときはもっと夏羽真っ盛りでしたがかなり衰弱していました。今回の夏羽はそこまで見事ではありませんが鳥は元気いっぱいでした。
 普段あまり目にすることない鳥を見るのは胸が躍りますが、落鳥寸前だったりするとやはり胸中は複雑です。元気いっぱいの鳥にレンズを向けるとシャッター音まで元気そうに聞こえます。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-05-10 20:38 | 野鳥観察 | Comments(8)