<   2011年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
キビタキ
 キビタキは数ケ所で見ることが出来ました。
新芽色の木立の中で、鮮やかな黄色がとても眩しく綺麗でした。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0  ♂
a0052080_20153556.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  ♂
a0052080_2015449.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  ♂
a0052080_2016099.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  ♀  地面で枝をくわえていました^^
a0052080_20162212.jpg


 キビタキオスは何処でも綺麗な囀りを聴かせてくれました。オオルリなどの囀りと比べるとかなり複雑です。良く聞いてみると、他の鳥の囀りを一部拝借しているような部分もあります。メスに気に入られるように色々工夫するのでしょうが、だんだんと聴いていて切なくなってきます。もてるオスは何も工夫しなくてもきっと最初からもてるんだろうなと思えるからです。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-05-30 20:45 | 野鳥観察 | Comments(8)
メリケンキアシシギ
 やっと、メリケンキアシシギを見ることが出来ました。
何度振られたことでしょう!
見たい見たいと思って何年経ったのか忘れたくらいです。
やっと見ることが出来て、敵のように写真を撮りました。
とても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0  全体的に黒っぽいメリケンキアシシギ
a0052080_186395.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  キアシシギより背中の灰味はかなり強いです
a0052080_1861496.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  跗蹠後面の鱗の模様
a0052080_1862166.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  鼻孔の先の鼻溝が濡れて光って写りました
a0052080_1864778.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  何度も波しぶきを浴びて・・・
a0052080_20232354.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8
a0052080_2017661.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  キアシシギ(左)とメリケンキアシシギ(右) メリケンキアシシギが一回り大きいです   翼も長そうです
a0052080_18821.jpg


 どこかでブログで6年間出会えなかった人がいると読みました。お気の毒としか言いようがありません。私のことではありません。私は5年です。5年前は恥ずかしい誤認もしました。来ていると聞いてもためらいがありました。朝は行かずにぐずぐずして結局昼過ぎになって見にいきました。
 これまで何回も図鑑やネットの写真を見ていましたから、遠くからでも夏羽なら一発でメリケンキアシシギを見分ける自信がありました。堤防伝いに歩いていくと遥か遠くに6羽のシギがテトラポットの上に見えました。シルエットから3羽はキョウジョシギ、残る3羽がキアシシギのようでした。メリケンキアシシギが居るとすればこの中のどれかです。
 頭の中でキアシシギとの違いを反芻しながら、「もう少し近づこう」と早足で歩きました。「さあどれがメリケンか!」と勇んで双眼鏡を覗く前に横で甲高い声がしました。
 「一番向こうに居るのがメリケンキアシシギですよーー!」
 「あっ!それは言わないで!」と思って横を見るととても親切そうな女性がニコニコしてこちらを見ながら1羽を指さしていました。
 「あ、ありがとうございます」と礼を言い、そちらを見ると果たしてメリケンキアシシギでした。結局教えられて見たことになりましたが、そんなことよりメリケンキアシシギです。
 超逆光の中「ここで会ったが百年目」とばかり記念すべき最初の写真(午後2時44分)を連写で5枚。時々フナムシを捕える以外にほとんどじっとしているメリケンキアシシギを日が傾くまで見続けました。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-05-22 19:01 | 野鳥観察 | Comments(23)
サンショウクイ
 サンショウクイのペアはピリリピリリと鳴き交わしながら高い逆光の枝に止まっていました。
もっと良い所に降りてこないかなぁ・・・・と思いましたが、あまり近くには来ませんでした。
サンショウクイは大好きなので、出会えただけで嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0   ♂
a0052080_2018038.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8   ♂
a0052080_20181654.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0   ♀
a0052080_20183386.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0   ♀
a0052080_20184561.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8   ♀
a0052080_2019573.jpg


 サンショウクイを初めて見たのは3年前のGW、信州戸隠森林公園で地元の方に案内していただいたときです。このときは10数羽の群れが枝から枝へと飛びながら採餌していました。
それからサンショウクイを見る度にその時の感動が甦ります。このときに「ピリリ!ピリリ!」の鳴き声を覚え、サンショウクイが居そうな場所では必ず耳を欹てています。おかげで昨年秋には100羽以上の群れを見ました。何故こんなに好きなのか解かりませんが、出会う度に夫婦で大喜びをします。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-05-17 20:51 | 野鳥観察 | Comments(8)
コルリ
 コルリの鳴き声は少しコマドリに似ています。
でも、カララでなく私にはカタカタと聞こえます^^。
地鳴きでジッジッという鳴き声も近くで聞こえました。
姿は藪の中でしたが、時々地面を走り抜けたり、枝に止まったり、とにかく忙しない子でした。
♪ここかと思えばまたまたあちら・・・♪
三脚を持って右往左往・・・
翻弄されましたが、美しくて可愛いコルリをたくさん見ることが出来てうれしかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0  以下写真はすべてコルリ♂
a0052080_20373355.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_20375889.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_20381181.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_20382561.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8
a0052080_2038494.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8
a0052080_2039848.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_20392119.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8
a0052080_20393426.jpg


 コルリは良い声で鳴くとても可愛い鳥です。
そういうコルリも戦うときは闘争心むき出しです。オスが到着して縄張りをつくるときです。
他のコルリ♂が侵入すると先着のコルリ♂は大怒りでバタバタと羽音をたてて前後左右に飛び回り、地面に下りては駆け回ります。「ジッ!ジッ!」や「ギッギッ」と鳴いて自分の存在をアピールします。
 藪の中から「プンッ!プンッ!」と鋭い怒りの声を上げて何処へともなく地面を突進します。人の怒る擬態語「ぷんぷん」はここから来たのかと思うほどの見事な「プンプン」ぶりです。相手が出て行かないとしばらく休憩です。このときは双方ともに虫を探して食べたりもします。一服するとまた「プンプン」、「ギッギッ」の再開です。
 そして根負けした相手が出て行ったとき、コルリ♂は少し高い枝に止まって高らかに囀りの声を聞かせてくれます。
 これはオスが到着してから、遅れてメスがやって来るまでの短い時間に見ることが出来ます。この時期は枝とまりと地面走りを同時に観察できて楽しいです。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-05-16 21:18 | 野鳥観察 | Comments(12)
センダイムシクイ、ウグイス
  「チヨチヨビー」「ホーホケキョ、ケキョケキョ」センダイムシクイとウグイスはとても賑やかに鳴いていました。
センダイムシクイは時折、水辺に降りてきては水を飲み水浴びをして、そして近くで鳴いていました。
「ウグイスも鳴いているから来ないかなぁ・・・」と思っていたら、本当に水辺に降りて来ました。そろりそろりと姿を現すと、水を飲み水浴びをして直ぐに居なくなりました。
賑やかに鳴いているからきっと、喉も渇いたのでしょう^^。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0  センダイムシクイ
a0052080_19554842.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  センダイムシクイ
a0052080_19561024.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  センダイムシクイ
a0052080_19563079.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  センダイムシクイ
a0052080_19564824.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  ウグイス
a0052080_1957458.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  ウグイス
a0052080_19572137.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  ウグイス
a0052080_19573316.jpg


 ウグイス♂はスズメくらいの小さな鳥ですが、センダイムシクイと比べるとかなり大きく感じます。大きさだけでなくセンダイムシクイのほうが、身体つきも華奢に見えます。ウグイスの色をウグイス色というのかどうかはわかりませんが、センダイムシクイのほうがかなり緑味があります。
 センダイムシクイを見つけると無意識に頭央線を確認しようと必死になります。確認するとなにかホッとしてしまい、そのせいで他の部分の観察を忘れます。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-05-12 20:30 | 野鳥観察 | Comments(9)
ノジコ
 カラマツの高い枝で、ノジコが囀っていました。
低い所にはあまり降りてきてはくれませんでした。
芽吹いたカラマツの緑とノジコの黄蘗色が映えてとても綺麗でした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+400mmF5.6  ♂
a0052080_19493789.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  ♂
a0052080_1950122.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  ♂  雌のようにも見えますが目先が黒いので若い雄と思われます
a0052080_19502394.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6  ♂
a0052080_19504353.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  ♀
a0052080_1951562.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6  ♀
a0052080_19511952.jpg


 ノジコは小さくて可愛い鳥です。おとなしそうに見えますが他所者にはけっこう強気です。このときもアオジやコサメビタキにつっかかって追い出していました。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-05-11 20:17 | 野鳥観察 | Comments(12)
コマドリ
 コマドリのペアが一生懸命巣穴探しをしていました。
石の下や倒木の下など覗き込みながら斜面をチョコマカと飛んだり跳ねたり・・・本当に忙しそうでした。
時々尾をピンと立てていました。
これから子育てという大仕事が待っています。でも今は♪るんるん♪という感じでとても楽しそうに見えました。
今年もコマドリに出会うことが出来てとても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;50D+300mmF2.8  ♂
a0052080_20241595.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6  ♂  「鳴いて!お願い!」と祈念しましたが鳴きませんでした
a0052080_20243940.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  ♀
a0052080_20252269.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6   ♀
a0052080_20255397.jpg


 毎年ですが、今年もコマドリは超苦戦でした。単純に嬉しがる妻が羨ましいです。(likebirds夫)

More コマドリ 似たようなのばかりあと9枚
by likebirds | 2011-05-10 21:00 | 野鳥観察 | Comments(8)
マミジロ、エゾムシクイ
 標高1585mの涼しい場所へコマドリを見にいきました。朝8時に到着するとコマドリ劇場は既に閉幕していました。満足げに引揚げる人を見送りながら、あっという間に時間が経過し日も傾きだして多少気落ちしながら自分等も駐車場へ向かう坂道を下りました。
 とぼとぼ歩くと前方に急な斜面に向かって用足しをしている人がいました。ちょうどその人の頭の上辺りの斜面に枯葉を掘っくり返す鳥が見えました。その人の用が済むのを待ち「アカハラかな?」と思い近づくと腹に赤茶の斑が見えました。急いで妻に「クロツグミの雌がいるよ!」と告げると、妻も落ち葉がハラハラと落ちてくる辺りの上を探し始めました。
 少しして「マミジロの雄じゃない?」と妻が言いました。私もその頃には腹の模様からマミジロだと気づきましたが、どう考えても赤茶色の雌です。「なに言ってるんだ、雌だよ」というと妻は雄だと言い張りました。雌が視界から消えてはじめて私はマミジロの雄の存在に気がつきました。私が雌を見ているときに妻は雄を見ていたのでした。お互いに「何て変なことを言うのだろう」と思っていましたが、謎が解けて大笑いになりました。この日の鬱憤を晴らすべく雄にも雌にも猛烈にシャッターを切りました。
 この日はエゾムシクイも高ーい枝先で盛んに鳴いていました。ひどい写真ですが初撮りなのでUPします。何度も所謂「ヒーツーキーー」の良く響く囀りを確認したので間違いないと思います。

likebirds夫;40D+500mmF4.0  マミジロ雌 特徴の白い眉斑が弱いので最初クロツグミ雌と間違えちゃいました
a0052080_19535054.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  マミジロ雌
a0052080_1954617.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  マミジロ雌
a0052080_1954167.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8 マミジロ雄  クチバシで落ち葉をひっくり返しています
a0052080_2065687.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8 マミジロ雄  木の実を見つけて枝ごと咥えていました
a0052080_207983.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8 マミジロ雄
a0052080_2072459.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0 エゾムシクイ  耳に心地よく盛んに囀りました
a0052080_20305060.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0 エゾムシクイ
a0052080_2031086.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0 エゾムシクイ
a0052080_20311215.jpg


夫がクロツグミの雌と教えてくれたので、薄暗い斜面の鳥にカメラを向けました。
でも後姿のその鳥は真っ黒・・「これってクロツグミの雄じゃない?」と最初は思いましたが、振り向いた顔に真っ白な眉毛がありました。
「マミジロじゃない!」と夫に言うと「雌だろう?」と言うのです。「うそ雄でしょ!」・・・
話がかみ合いません、でも直ぐに近くに居るマミジロの雌に気がつきました・。
お互いに雌と雄を別々に見てることがわかって、可笑しくなりました^^。
マミジロは夢中で落ち葉をひっくり返しながら斜面の奥へと居なくなりました。
思いがけなくマミジロを見ることができて疲れが吹き飛びました。
エゾムシクイは高い枝で囀ってばかり、上向きが不向きな私の雲台ではカメラを向けることが出来ませんでした・・・超負け惜しみ(笑) (likebirds妻)
by likebirds | 2011-05-09 20:56 | 野鳥観察 | Comments(4)
ヤマドリ
早朝の林道でヤマドリ♂に出くわしました。これまでは見かけただけで写真に撮ったことはありませんでした。
車の運転席の窓から大きく身をのり出して夢中で撮りました。後部座席の妻は私が邪魔で良い場面を撮りそこないました。謝って済む問題ではありませんが、とりあえず謝りました。
たぶん♀も居たのでしょうが、冷静さを失って探すことを忘れていました。とにかくヤマドリ初撮りでーす。(likebirds夫)

likebirds夫;40D+300mmF4  ヤマドリ♂  
a0052080_2148546.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  ヤマドリ♂
a0052080_21491255.jpg


運転席の夫が突然「ヤマドリ!」といって車を止めました。
本当にいきなりの出会いで、私達もヤマドリも相当驚きました。
後部座席から身をのり出して撮影しましたが、ヤマドリはすたこらと走って山の中に入ってしまいました。
羽があるのに飛ばないで走るところがとても面白かったです^^。(likebirds妻)
by likebirds | 2011-05-06 22:15 | 野鳥観察 | Comments(20)
メダイチドリ、トウネン
 震災の影響もわからず、どうしようか迷いましたが敢えてシギチ巡りをしました。ツルシギ夏羽にもツバメチドリにも会えず、違う場所で出ているという珍鳥にも会えない地味目な鳥見となりましたがそれなりに楽しむことが出来ました。
 水を張った田にあそぶ赤くなったトウネンを見たときには「やっぱり来て良かった」と思いました。(likebirds夫)

likebirds妻;50D+300mmF2.8 メダイチドリ♂夏羽  正面顔が可愛いです 
a0052080_19423882.jpg


likebirds夫;40D+400mmF5.6  冬羽から換羽中メダイチドリ♀  過眼線はもう充分に太く、胸部にはかなり赤みが出始めていました
a0052080_19522423.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  10羽ほどの群れでせわしなく採餌していました
a0052080_19533598.jpg


likebirds夫;40D+400mmF5.6 すっかり夏羽で遠目には水面にぽつぽつと赤い斑が動いているように見えました
a0052080_1953489.jpg


 水鳥の群れを見つけ「なんだろう?」と双眼鏡で見る瞬間がとても楽しいです。
トウネンとメダイチドリはせわしなく採餌したり、時々立ち止まったり、綺麗な夏羽が誇らしげにも見えて可愛かったです。(likebirds妻)
by likebirds | 2011-05-05 20:57 | 野鳥観察 | Comments(4)