<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
オグロシギ、オオソリハシシギ
 オオソリハシシギもオグロシギも久しぶりに見ました。
波打ち際にトウネンやキアシシギたちと大集合しているととても圧巻でした。
優雅に歩いたり餌を探す様子は、いつまで見ていても飽きない美しさでした。(likebirds妻)

飛んできたオオソリハシシギの群れの中にオグロシギが混じっていました
a0052080_10535972.jpg


オオソリハシシギとオグロシギ
a0052080_10542312.jpg


オオソリハシシギとトウネンミユビシギ
a0052080_1132615.jpg


オグロシギ(左)、気品があります 奥にいる2羽はオオソリハシシギ 
a0052080_1135199.jpg


オオソリハシシギ  下のオグロシギの写真と比べてみてください
a0052080_10553939.jpg


オグロシギ、尾が黒く翼の内側は真っ白です
a0052080_10564920.jpg


オオソリハシシギの頭上スレスレをオグロシギが飛びました
a0052080_10565515.jpg


超お久しぶりの干潟で渡りのシギチを堪能しました。やっぱり海は広くて気持ちがよかったです。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-08-16 11:31 | 野鳥観察 | Comments(12)
ササゴイ、ホシゴイ
 久しぶりにササゴイを見ることが出来ました。
まだ若い固体でしたが、どこかユーモラスでかわいい姿に魅了されました。
体が小さいのでホシゴイやコサギに追いかけられたりしていましたが、たくましく餌探しをしていました。
レモンイエローの足がとてもきれいでした。
同じ所にいたホシゴイは少しふかふかでとてもかわいかったです。(likebirds妻)

体が小さいのでコサギに追いかけられていました
a0052080_115746.jpg


ビッグサイズの釘状のものを咥え上げました  どうするつもりなのでしょう?
a0052080_11571859.jpg


魚かと思ったら・・・木のかけら
a0052080_11573959.jpg


がんばってえさ探し
a0052080_11575647.jpg


大きなカニを捕まえました
a0052080_11581077.jpg


狩にいそしんでいます^^
a0052080_11582146.jpg


同じ場所にはホシゴイ(ゴイサギ幼鳥)もいました
a0052080_11583544.jpg


ホシゴイは杭の上で大あくび
a0052080_11584727.jpg


 別のフィールドを早めに切り上げて、ササゴイが見たくて帰りに葛西臨海公園へ寄ってみました。前日にまたアカガシラサギが出たようでしたが、自分たちは見つけられませんでした。
 翼上面の白斑から昨年生まれの若鳥だと思います。期待通り、何をやってもユーモラスな動作で楽しませてもらいました。すぐそばにはホシゴイ(ゴイサギ幼鳥)もいて、こちらも負けずにユーモラスでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-08-15 12:32 | 野鳥観察 | Comments(2)
タカブシギ、コチドリ、ケリ、イソシギ
 田んぼにシギチを見に行きました。
渡りのシギたちをたくさん見れると楽しみにしていたのですが・・・・
待っていたのは閑古鳥。
田んぼには鳥の姿がほとんどありません。
とてもさびしい鳥見でした。
(likebirds妻)

タカブシギ   たった一羽でした
a0052080_1219342.jpg


ケリ       畦で置物のように佇んでいました。車から撮りました。
a0052080_12195462.jpg


イソシギ    シャッターのタイミングが遅れてクチバシが隠れてしまいました
a0052080_1220424.jpg


コチドリ    こちらは頭が隠れました
a0052080_12201614.jpg


 お盆休みはいつものように近隣の田んぼ巡りをしてシギチを探しましたがほとんど見ることが出来ませんでした。秋の渡りのピークが大幅に遅れているのかなと思いつつ回りましたが理由はわかりません。シギチのみならずセキレイさえ少ない気がしました。そうなると気分的に落ち込み始めて撮影も集中力が出てきませんでした。畦でオオジシギを見つけましたが写真になりませんでした。途中立ち寄ったデイリーストアの焼きたてカレーパンが期待通り美味しくて最大の成果でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-08-14 12:47 | 野鳥観察 | Comments(8)
シロチドリ
 早朝、堤防脇の砂地でシロチドリの卵とひな鳥が石ころの間に見えました。
その後、ひな鳥は親鳥に連れられてどこかへいきました。
残された卵は、照りつける太陽の熱でいつの間にか孵化を始めていました。
色も形も砂地にそっくり、目を放すとどこなのかまったくわからなくなります。
太陽の熱で自然に孵化するなんて驚きました。
初めて見た孵化の様子はとても感動的でした。(likebirds妻)

早朝は雛一羽と卵が1個でした  その後、雛は親鳥に連れられてどこかへ去りました
a0052080_211960.jpg


ありゃりゃー! 卵から頭が出てるー!
a0052080_2111950.jpg


やっと足が出てきました
a0052080_2113820.jpg


ついに殻がはずれました。足がとても大きいです
a0052080_2115471.jpg


 鳥の孵化の場面を目撃したのは初めてでした。人も歩く堤防のコンクリートから1m弱の砂地でした。すぐそばで見ていてもちょっと視線を外すとすぐに場所がわからなくなります。雛も卵も石ころそっくりでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-08-08 21:36 | 野鳥観察 | Comments(10)
アオバズク
 今年もアオバズクの雛が無事に巣立ちました。
クリクリお目目で巣穴から覗いていた可愛い姿。
元気に巣立ってくれてよかったです。
末っ子は、親鳥が巣立ちを促して餌を運んでこなかったら、巣穴から「ぢりりぢりり」と大きな声で泣き叫んでいました。
根負けした親鳥が餌を運んできてくれて、巣立ちは2日延期でした。
「ほーほー」となく親鳥の声。
「ちりりちりり」となく雛の声。
境内はアオバズク一家の元気な声でいっぱいでした。
巣立ってしまって少し寂しいけれど、来年もまた元気な姿を見せてくださいね。(likebirds妻)

巣立ちから2週間前の写真です  まだ白い産毛が残っています
a0052080_21513957.jpg


巣穴で仲良し。でもおじいさん顔ですね^^
a0052080_21515796.jpg


巣立ち一週間前  4羽の雛のうち、3羽が写りました
a0052080_21521490.jpg


親がやってくると雛たちは大騒ぎです
a0052080_21523197.jpg


餌を運ぶ親鳥
a0052080_2156623.jpg


巣立ち雛、すっかり大人びた顔つきです。でも短い尾羽が可愛いです
a0052080_21531491.jpg


上を向いてばかりなので首が痛くなり、もう止めようと思ったらノビをしました
a0052080_21533950.jpg


この子がたぶん一番子だと思うのですが、実際はわかりません
a0052080_21535034.jpg


末っ子。巣穴で一人ぼっちです
a0052080_21535911.jpg


この写真が今季の見納めとなりました
a0052080_21541110.jpg


 ここ数年、アオバズクを見に行くのは地元専門です。3週連続で見に行きましたが、昨年同様巣立ちに立ち会えませんでした。笑。 涼しい日が比較的多く寝冷えをしてしまい、根気も足りませんでした。
 末っ子の気持ちは私には解かりませんが、最後に一人ぼっちになるのはたいそう心細いことだと思います。毎年のことですが、姉兄たちに先に巣立たれ一人残った末っ子にエールを送りました。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-08-02 22:34 | 野鳥観察 | Comments(10)
ハリオアマツバメ4
 ハリオアマツバメは長い距離をはるばる飛んでやってきます。
先を争うように飛んできては、バタバタと大きな羽音で旋回しながら水面へ突進するように水を飲んでいました。
でも水に接近して直ぐに水を飲んだり水浴びをしたりする固体もいれば、水面スレスレを飛んでから水を飲む個体もいます。
また、水を飲まずに急上昇していまうこともありました。
きらきら光る水しぶき、水面を飛び交うハリオアマツバメの颯爽とした姿。
本当に楽しい一日でした。(likebirds妻)


まっすぐにこちらに向かってくる写真を何枚も撮りましたが、ピントの合っているものは少数でした
a0052080_20374639.jpg


水浴後急上昇の場面です  シャッターのタイミングが遅れ、水滴が少ないです
a0052080_2038321.jpg


ジャボン直後の写真です  このときも水浴でした  羽ばたきはとても浅いです
a0052080_20381666.jpg


足が水面に付いてしまい、うまく水を飲めなかったようです  水を飲むのも命がけです  幸い溺れませんでした
a0052080_20382660.jpg


水を飲んだ直後です  口の中にたっぷり水を含んでいるようです
a0052080_20384784.jpg


長い距離を水面ギリギリに飛びました  水を飲む決断ができなかったようです
a0052080_2039652.jpg


水面から勢いよく飛び出すと水滴が光って綺麗でした
a0052080_20394983.jpg


頭まで水に突っ込んで、身体を洗っています
a0052080_20401140.jpg


顔が見えません
a0052080_20402916.jpg


飛び込みと飛び出しが上手くいかないとおぼれるそうです。凄い勢いで飛び出します
a0052080_20412338.jpg


1羽を追いかけていたら、前に飛んでいたもう一羽が水をあびました
a0052080_2040549.jpg


群れで来て一斉に水のみをしました。まるで水面の競技を見ているようで素敵でした
a0052080_20413699.jpg


 かなりしつこくハリオアマツバメです。
群れで飛んでくるなかには巣立ちしたばかりの幼鳥もかなり混じっていたようでした。といっても識別はできませんが、幼鳥はやはり水飲みはへたでした。かなり減速するとは言え、猛烈なスピードですからハリオアマツバメにとって水面はコンクリートのように硬いものなのでしょう。水浴の飛び込み角度、水飲みの口の開け方を少しでも間違えると溺れて命を落とすこともあるそうです。溺れたハリオアマツバメを救助した写真も見せてもらいました。
 幼鳥は水面が近づくと怖がって足をついてしまいます。なかなか水が飲めずに結局飛び去るものもいました。成鳥はものの見事に水を飲みますが、写真に撮るのはスピード満点で難しかったです。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-08-01 21:53 | 野鳥観察 | Comments(4)