<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
コマドリ
 オレンジ色の美しい姿、響き渡るリズミカルなさえずり、今年も可愛いコマドリに出会うことができました。
とてもうれしかったです。(likebirds妻)

a0052080_20182933.jpg



a0052080_20183865.jpg



a0052080_2018476.jpg



a0052080_20185949.jpg


 コマドリにも個性があるような気がします。素晴らしい声で見事な囀りを聞かせてくれるのに、必ず木の枝や笹の後ろで鳴くもの。カラカラと鳴く声が弱くムラがあっても表へ出てきてさえずるもの。それぞれでした。
到着したてはあまり尾羽をあげないのでしょうか?尾羽を下向きに広げての囀りは威嚇と様子見のように見えました。「ほら!尾羽を上げて!」と何回も声を掛けましたが上げてくれませんでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-04-25 20:41 | 野鳥観察 | Comments(8)
シマアジ
 以前シマアジを見たときは、干潟でずっと休んでいる姿でした。
今回は短い時間でしたが、近くで泳ぐ姿を見ることが出来てうれしかったです。
(likebirds妻)

a0052080_20192491.jpg



a0052080_20193266.jpg



a0052080_20194988.jpg


 シマアジは雄しかいませんでした。「できればペアで見たかった」と贅沢なことを考えながら観察させてもらいました。コガモと行動しているかと思いましたが、このときはハシビロガモと一緒でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-04-16 20:48 | 野鳥観察 | Comments(6)
ツバメ、イワツバメ
 私にとって一番身近な夏鳥はツバメです。
水辺を急上昇、急降下、急旋回しながら颯爽と飛ぶ姿は本当にかっこよかったです。
また、近くの川には今年もイワツバメがやってきてくれました。
ようこそ!夏を告げてくれるツバメたち。(likebirds妻)

a0052080_1812131.jpg



a0052080_18125198.jpg



a0052080_18135195.jpg


つやつやの燕尾姿
a0052080_18143681.jpg



a0052080_18152143.jpg



a0052080_18155653.jpg


イワツバメ
a0052080_18174413.jpg


イワツバメ
a0052080_18175683.jpg


 ツバメを撮るときは毎回ですが、私の場合は運まかせしか手がありません。妻が撮りはじめたので私も慌ててツバメを狙いました。たくさんシャッターを切りましたがすべてダメでした。
 イワツバメは散歩がてらにいつもの場所へ行ってみると2羽が来ていました。たくさん撮って運よくそれとわかるものがありました。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-04-14 18:42 | 野鳥観察 | Comments(2)
コチョウゲンボウ
 この日2個体のコチョウゲンボウを見ることが出来ました。
最初は成鳥の♀でした。アスファルトの農道にぽつんと立っていました。
こんなところに?と本当に驚きました。
それから直ぐに♀タイプの幼鳥がやはり道路の上にちょこんと立っていました。
大きな目のとても可愛いコチョウゲンボウ。
意外なところにいる姿を見ることが出来て、得した気分でした。(likebirds妻)

♀成鳥
a0052080_20261889.jpg


♀タイプ
a0052080_20263983.jpg


♀タイプ
a0052080_20265589.jpg


♀タイプ
a0052080_2027089.jpg


♀タイプ
a0052080_20271387.jpg


 最初のコチョウゲンボウ♀はちょっと目を離した隙に見失ってしまいました。そばにとても詳しい方がいて、「成鳥♀」だと教えてもらいました。短い時間でしたので少し残念でした。
 その後、また直ぐにコチョウゲンボウを見つけました。メスかな?と思いましたが、幼鳥だということでした。この♀タイプは道路にかなり長く留まっていましたが、突然飛び立ち付近で遊んでいたハクセキレイに飛び掛りました。虫などを捕っているのは見たことがありましたが、小鳥を捕るのは初めて見ました。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-04-12 20:50 | 野鳥観察 | Comments(6)
ベニバト
 冷たい風を避けるように、キジバトの側でじっと丸くなっていたベニバト。
とても小さくてかわいらしくて、まるでキジバトと親子のようでした。
遠かったですが、初めて見るベニバトはとても綺麗で小さな鳩でした。(likebirds妻)

a0052080_19581094.jpg



a0052080_19582488.jpg



a0052080_19583316.jpg



a0052080_1958403.jpg



a0052080_19584732.jpg


 ベニバトはとても遠くて肉眼ではよく見えませんでした。双眼鏡で覗くと赤く錆びたトタンの波板の上で蹲っていました。頭を羽の中に埋めて全身がなかなか見えませんでした。どれくらい待ったかよく覚えていませんがやっと見ることが出来てホッとしました。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-04-11 20:16 | 野鳥観察 | Comments(4)
サシバ
 ようやく芽吹きが始まり、蛙の鳴き声が聞こえ始めた里山に今年もサシバがやって来てくれました。
餌を狙ってじっと枝に止まる姿、ピックイィーと鳴きながらおおらかに飛びあう番のほほえましい姿。
かっこよくて、なんとなく泥臭い本当に魅力的なサシバ。
今年も出会えることができてとてもうれしかったです。(likebirds妻)

♀  現地に着くと雌が立ち木にとまっていました
a0052080_20215276.jpg


♀  飛び出しは向こう向きでした^^
a0052080_2022964.jpg


♀  獲物を狙って田んぼに飛び降りました
a0052080_20223922.jpg


♂  餌を探してじっと地面を見つめていました 
a0052080_20244162.jpg


♂  何かを見つけたのか、地面に向かって飛び出しました
a0052080_2025397.jpg


♂  格好よい滑空シーンです
a0052080_20251218.jpg


♂  盛んに鳴きながら飛び、♀を呼んでいます
a0052080_2026241.jpg


♂  ピックイィーの鳴き声が響きます
a0052080_20261830.jpg


♂  木の天辺で♀を呼んでいます 
a0052080_20263549.jpg


左♂ 右♀ 雄の鳴き声に答えるように雌が飛んできました 
a0052080_2026529.jpg


下♀ 上♂ 今季も繁殖が上手くいくとよいです
a0052080_2027359.jpg


 4月に入り「そろそろかな?」と思ってサシバを見に行きました。開発が進み、毎回心配しますが今季もペアを一つ確認しました。このペアに幸あれと祈りました。
 たくさん撮りましたので、下の[More]をクリックして他の写真もご覧ください。(likebirds夫)

More 他のサシバの写真
by likebirds | 2012-04-10 21:25 | 野鳥観察 | Comments(2)
ウズラ
 以前ウズラに出会ったときは、陽炎が立つ乾田でした。
あまりしっかり見ることが出来ないまま、草地に隠れてしまったので、心残りでした。
今回は餌を探しながら往復する姿をたくさん見ることが出来てうれしかったです。
(likebirds妻)

a0052080_21502721.jpg



a0052080_2151058.jpg



a0052080_2150457.jpg


スズメの学校の先生みたい^^
a0052080_21513760.jpg


羽を伸ばし
a0052080_21512741.jpg


一瞬、羽広げ
a0052080_2152249.jpg


ウズラは以前にも見たことがあります。一度は写真にも撮りました。今回、またウズラを見て驚いたことは記憶にあるものよりはるかに小さかったことです。TL20cmなどという数値データとは別に持っていた記憶中の大きさの感覚の危うさを改めて認識させられました。そんな話は置いておくとして、ウズラはチョコマカと餌を食べながら動き回りとても可愛かったです。今回初めて飛ぶところを見ましたが格好の割には速かったです。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-04-06 22:22 | 野鳥観察 | Comments(7)
亜種シベリアハヤブサ
 とても気の強いシベリアハヤブサ、朝一番に現れて、そこらじゅうのカラスを追廻してから、ゆうゆうと畦に止まっていました。
狩のタイミングを計っていたのでしょう、飽きるほどそこに止まっていたかと思うといきなり飛び立ち、鳩の群れに突っ込みました。
あっという間に鳩を捕まえて、田んぼに降り立ちましたが周りのカラスに苛立ち、もとの畦に戻ってゆっくりと獲物を食べていました。
すく目の前で繰り広げられた、野生のすさまじいシーンに息を呑みながら圧倒されました。
獲物を食べ終えたシベリアハヤブサは休憩もそこそこ、近くにいたトビを追い回しながら、遠くに飛び去りました。
本当に気の荒いシベリアハヤブサ、とてもかっこよくて魅力的でした。(likebirds妻)

朝、畦に長いこと止まっていました
a0052080_2052412.jpg


「ワシタカ類ハンドブック」には体下面の赤みが強く、頬ひげが太く、脇の斑も少し太めと載っています  見ているとそんな気もしてきますが...
a0052080_2053566.jpg


待ちくたびれた頃、急に飛び立ちました  脇の横斑も少し太いような気がします
a0052080_20105660.jpg


ハトを押さえました
a0052080_2055747.jpg


回り込んで前から見せてもらいました  たしかに頬ひげは太く、体下面は赤みがあります
a0052080_206750.jpg


カラス達が周りを鳴きながら取り囲んだのを嫌って飛び立ちました
a0052080_2061671.jpg


朝止まっていた畦に戻ってゆっくりと餌をたべました
a0052080_2063139.jpg


たっぷりと時間をかけて獲物を食べ切り、そ嚢を大きく膨らませて飛び立ちました
a0052080_2064783.jpg


ねぐらの鉄塔で寛ぐ番、上が雄、下が雌
a0052080_2065946.jpg


3月7日撮影
雑用に追われて更新が滞りましたがまた再開します。
幼鳥のハヤブサの体下面も幾分褐色の赤味がありますが斑の向きは縦です。このハヤブサは横向きの斑でピンク色のような赤味がありました。識別力ではなく、ムードと勢いで「亜種シベリアハヤブサ」とさせていただきます。
ここでは亜種シベリアハヤブサと思われる3個体を見ることが出来ました。鉄塔にいた2個体(おそらく番)は体下面の赤味はほとんど認められませんでした。地元で観察と研究を続けている方のお話では秋にやってきた当初はこの2個体もかなり赤味があったそうです。プロミナーハイランダーを覗かせていただくと2個体ともバフ色ぽい赤味がありました。
もう一個体は田んぼへ下り立ち、人を恐れずに近くから観察させてくれました。飛び立ってからは狩とお食事シーンを堪能させてもらいました。このときは亜種云々とかは忘れて固唾を呑んで見守りました。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-04-03 21:16 | 野鳥観察 | Comments(8)