<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
クマタカ VS ノスリ
 ノスリが何度か斜面から稜線をゆっくりと飛びました。
するといきなり、クマタカが飛び出してきたのです。
どうやら斜面の木の陰に止まっていたクマタカにノスリがモビングをしたようでした。
何度か激しく蹴りあうようなバトルがありましたが、ノスリの方が離れていきました。
ノスリがとても小さく見えました。本当にクマタカは大きいと圧倒されました。
でもせっかくクマタカが木に止まっていたのなら、見える枝に止まっていて欲しかったなぁ・・・。(likebirds妻)

何度もノスリはクマタカにモビングを繰り返します
a0052080_19233272.jpg


あまりのノスリのしつこさに耐え切れなくなったのか、クマタカが反撃を試みます  ノスリはひらりとかわしました
a0052080_1923204.jpg


ノスリはつかず離れず追っていました
a0052080_19235870.jpg


クマタカもノスリも稜線の向こうへ飛び去りました
a0052080_19234955.jpg


早朝からクマタカの現れるのを待って、ずっと山の斜面を見続けました。でも現れてくれません。オオタカやハイタカ、ハヤブサまで現れたのに...。
昼過ぎになってノスリが低く飛びながら斜面の木に止まったりしました。ノスリさんには申し訳ありませんが、あれがクマタカだったらなぁと思わずにいられませんでした。ノスリは何度も飛んでは木の陰へ回り込み見えなくなってはまた現れました。すると突然クマタカが木の陰から飛び出してきました。どうやらクマタカは斜面の木のこちらからは見えない側に朝からずっととまっていたようでした。何度もノスリにちょっかいをだされて追い出されたようです。
それなら見えるところにとまってくれたらよいのに。少し意地悪ですね。勇敢なノスリに感謝です。それにしてもクマタカは大きいですね。

今年一年ブログをご覧下さりありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。(likebirds夫婦)
by likebirds | 2012-12-29 20:04 | 野鳥観察
トモエガモ♀
 鳥の大先輩から、トモエガモの雌はぜひ見ておいたほうがよいと勧められて写真を撮ったのが5年前でした。
でもその時夫のカメラが「エラー99」のアクシデント。夫は写真を撮ることが出来ませんでした。
それ以来、二人そろってトモエガモの雌を写真に収めるのが長い間の宿題でした。
やっとそれが叶い、本当に嬉しいです。
可愛いトモエガモのメスちゃん、ありがとう。(likebirds妻)

嘴基部の白斑がチャームポイントです^^
a0052080_20155689.jpg


a0052080_20162887.jpg


a0052080_20162014.jpg


a0052080_20165424.jpg

嘴に枯葉を付けたまま陸に上がってきました
a0052080_2016434.jpg


a0052080_20171339.jpg


トモエガモのメスは見たことがあったのですが、カメラの故障で写真を撮ったのは妻だけでした。そのときの悔しさは今でも忘れられません。そのときは次の機会に撮ればいいやと気を取り直したのですが、それから5年間メスに会うことは出来ませんでした。見栄えのするオスを時々見る度に地味なメスを撮りそこなったことが意識されていました。今から思うと妻にカメラを借りて自分のCFで撮ればそれで済んだのでしたが。
年も押し詰まって行った公園ではカモさんは長いお昼寝の時間で見つけるまで2時間半も待たされましたが、その後一生分ほどの量の写真を撮って気が済みました。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-12-28 21:17 | 野鳥観察 | Comments(6)
ソリハシセイタカシギ
 2年前の5月に、初めて可憐なソリハシセイタカシギを見ることが出来ました。
もう一度出逢うことができた幸運に感謝です。likebirds(妻)

a0052080_1945394.jpg


a0052080_195221.jpg


a0052080_19596.jpg


a0052080_1951719.jpg


a0052080_1952511.jpg


a0052080_1955131.jpg


a0052080_196118.jpg


 セイタカシギが水面上を泳ぐのはもちろん見たことがありませんが、ソリハシセイタカシギにはヒレがあってカモのように泳いでいました。残念ながら逆光でしたが優美な姿に魅了されてたくさん写真を撮りました。(likebirds夫)
↓のMoreもご覧ください。

More ソリハシセイタカシギ あと4枚
by likebirds | 2012-12-24 19:33 | 野鳥観察 | Comments(2)
ハギマシコ
 昨年は見ることが出来なかったハギマシコ。
今年は、赤紫色が奥ゆかしくて美しい姿に出会うことができました。
豊富に実った草の実を争うように食べていまた。(likebirds妻)

a0052080_19131865.jpg



a0052080_19125690.jpg



a0052080_1913734.jpg



a0052080_1913469.jpg



a0052080_19135839.jpg



a0052080_1914953.jpg


ハギマシコはオオマシコやベニマシコと違って地味目な色彩ですね。そんなハギマシコが群翔すると存在感がぐっと増します。今回も40羽くらいが一斉に飛ぶ姿は壮観でした。それがハギマシコの魅力だと思います。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-12-17 19:46 | 野鳥観察 | Comments(2)
イカル
 パキパキという音が木立の向こうで聞こえました。
イカルが木の実を食べている音のようでした。
最初は地面に落ちた実を食べているのかと思って下ばかり探しましたが、ふと見上げるとヌルデの実を美味しそうに食べているイカルの群れが見えました。
夢中で実をついばむイカルの姿はとてもかわいらしかったです。(likebirds妻)

ブルーの金属光沢が光って見えました
a0052080_19115045.jpg



a0052080_191202.jpg



a0052080_191284.jpg



a0052080_19121588.jpg


にっこり
a0052080_19555349.jpg


 別の鳥を待っていると、少し離れた場所から「イカル~!」という妻の声が聞こえました。大声でもなく、かといって聞こえなくては困るような微妙なボリュームの声だったので「こりゃあイカルは近くに居るな」と思い、カメラ機材を担いでゆっくりと近づいていきました。側に寄ると直ぐ目の前の頭上のヌルデの実をイカルがバリバリと音を立てて食べていました。脅かして飛ばしてはいけないのでそっと腰をかがめて写真を撮っていましたが、どうも枝に邪魔されてうまくピントが合いません。イカルが猛烈な勢いで食べ始め、イカル同士で喧嘩を始めるまでになったのを見て、少しづつ近づき見通せる場所へ移動しましたが案の定イカルは全くこちらを気にしないでヌルデを食べ続けました。昨年は見ることが出来なかったので近くで思いっ切り見てやりました。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-12-07 19:42 | 野鳥観察 | Comments(2)
オオマシコ
 オオマシコに出逢えたのは一昨年以来です。
鮮やかな紅色の美しい姿。
一心にヤマハギの実をほおばる姿はとてもかわいらしかったです。(likebirds妻)

a0052080_1991215.jpg



a0052080_1858560.jpg



a0052080_18582537.jpg



a0052080_18583477.jpg



a0052080_1858431.jpg



a0052080_1955485.jpg


 そろそろどうかな?と思って少し遠出をしてみました。期待通り今季はオオマシコが来てくれていました。
早朝からハギの実の見事な場所を探して「ここで見たい」オオマシコを待ちました。最初は心に余裕があり暖かい日向でゆっくり待ちましたが現れてくれませんでした。昼が過ぎる頃になると焦りはじめ、場所に拘ってはいられなくなり、坂道を登ったり下りたりして探しました。カメラマンが三脚を据えている場所があり、その傍に並んで斜面のハギの木を見上げるとオオマシコのオスが一羽だけで食事中でした。近くにメスも居るとのことで探しましたが自分達は見つけられませんでした。
枝の中を動き回るので写真は上手く取れませんでしたが、やはりオオマシコの紅色は格別でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-12-01 19:34 | 野鳥観察 | Comments(4)