<   2014年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
クマタカ (その1)  2羽で出てくれました
 この日はlikebirds(夫)単独で鳥見をしました。最初は別の場所で違う鳥を待っていたのですが、日陰のあまりの寒さに耐え切れず退散。場所を変更して背中を日向に向けて立っていられるクマタカ待ちをすることにしました。つくってもらったおにぎりを食べながら待つこと約一時間。眼下の湖面はホシハジロ、背中はポカポカ、気分はノンビリで、少し眠気を感じ始めた頃、遠くの空にクマタカが現れこちらに向かってきました。しかも2羽。あまりの話の旨さに一瞬片方はトビじゃないのかと疑いましたがまさしく2羽ともクマタカでした。それならと双眼鏡をやめ、カメラのファインダーに切り替えました。最初は幼鳥が前を飛び、しばらく後ろを成鳥が追いかけるように飛んでいましたが、近づくにつれ、やがて成鳥が幼鳥の前に出ました。2羽は縦列でどんどん近づいてきて、西の山の尾根を這うように飛びました。着かず離れずに飛ぶクマタカの2ショット写真が何枚か撮れました。まずは幼鳥の写真を中心にUPします。(likebirds夫)



写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます





クマタカ成鳥(右)と幼鳥(左)が飛んできました  おそらく母子でしょう  写真をクリックしてみてください
a0052080_09405839.jpg








成鳥が力強く羽ばたいて幼鳥を抜き前へ出ました
a0052080_09405878.jpg








2羽の写真から成鳥だけを切り出してみました  ピントは幼鳥でしたのでボケてます
a0052080_09405889.jpg








こちらは幼鳥の切り出しです  まだ眼に黄味や赤味は全くありません  鷹斑の黒帯も狭そうです
a0052080_09405881.jpg








2羽揃って山の斜面に近づいてきました  親(左上)にくっついて飛んでいるので右下は亜成鳥ではなく幼鳥(2年以下)と思います  詳しくないので想像です
a0052080_09405919.jpg








こんなときにどちらにピントを合わせばよいのか、などと俗なことばかり頭に浮かびます  鳥が小さいのでクリックして拡大してみてください
a0052080_09405900.jpg








2羽の距離が離れてしまいました  もう同時には撮れません   どちらかにしなければ。。。。。
a0052080_15040507.jpg







立派な成鳥をとも思いましたが、今回は幼鳥を追いかけることにしました  これは後の展開で好結果を生みました
a0052080_09405988.jpg








絞り開放(F4)ですが背景スレスレを飛ぶのでクマタカが引き立ちませんネ  尾羽の黒帯は5本以上に見えます
a0052080_09405977.jpg








空に出るなよ!と念じながらシャッターを切ります
a0052080_09405903.jpg








首と肩に猛烈な力が入り、わかっていながら力が抜けないままに連写です
a0052080_09465086.jpg








幼鳥は空に出てしまいました  ノートリミングの写真です  
a0052080_09405987.jpg






空で再び2ショットとなりました  この後、幼鳥は山の向こうへ消え、成鳥は尾根付近の木の陰に止り見えなくなりました
a0052080_10222005.jpg



後日、成鳥の写真もUPする予定です

by likebirds | 2014-11-29 20:02 | 野鳥観察 | Comments(4)
ヒバリシギ
 早朝の蓮田は朝日で輝きまぶしかったです。
そこでチョコチョコ歩き回るシギチたちの中にヒバリシギが忙しなく歩き回るのが見えました。
こっちを向いた瞬間や水から顔を上げた瞬間を狙うのですが、なかなか思うように撮れませんでした。
撮り終えると「ふぅ~~」とため息が出ます。(likebirds妻)


写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます


蓮田にいると黄色の足も汚れて見えにくいのですが、たまたま畦の斜面に上がってきてくれました。
a0052080_11055377.jpg






a0052080_22245093.jpg





a0052080_11055233.jpg





a0052080_22252640.jpg




a0052080_22255343.jpg







 特に珍鳥という訳ではありませんが、越冬ヒバリシギは見ておく価値があるのではないでしょうか。(likebirds夫)


by likebirds | 2014-11-28 23:05 | 野鳥観察 | Comments(0)
コブハクチョウ
  ここでは、ちょくちょく2羽のコブハクチョウがとぶのを見ることができました。
いつも飛び去ってしまうのですが、このときは目の前の水溜りに着水しました。
真っ白で、穏やかで優雅な雰囲気でとても美しかったです。
2羽で少しだけゆったりと泳いでいましたが、1羽が水を飲み終えるとすぐに飛び立って行きました。(likebirds妻)


写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます

a0052080_21202586.jpg



ギーコ ギーコと舟を漕ぐような大きな羽音が聞こえます
a0052080_17351527.jpg





a0052080_21210985.jpg




a0052080_21221848.jpg




目の前の大きな水溜りに下りて浮かびました   その側でホシハジロが潜水を繰り返していました
a0052080_17351519.jpg





a0052080_21230605.jpg




a0052080_21240235.jpg




飛んでくるのはオオハクチョウかな、それともコハクチョウかな、と思って見上げるとコブハクチョウでした。2羽が目の前の水溜りに下りてきたのには思わずオオと声を上げてしまいました。水分補給だったようでした。(likebirds夫)

by likebirds | 2014-11-27 12:00 | 野鳥観察 | Comments(2)
ノスリ
  強風で鳥影が少なかったので、車で回ってみました。
全く鳥が見られず、少し気落ちしていたところでこのノスリに出会いました。
強い風に大きく首を振っているススキが白く光ってとても素敵な雰囲気でした。(likebirds妻)

写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます





ゆっくりと車で徘徊していると道端に生えたススキの向こうにノスリが止まっているのが見えました
a0052080_11080504.jpg





レンズを向けて撮ると飛ぶだろうナ、と思ったら案の定飛びました
a0052080_16491562.jpg





久しぶりの飛んでいるノスリの撮影です
a0052080_16493126.jpg






ススキの穂ギリギリを飛びます
a0052080_16500502.jpg






上昇して青空に出てきたノスリ
a0052080_11080576.jpg







a0052080_11080424.jpg







a0052080_11080413.jpg



 この日はオオヒシクイやシギ・チドリ、猛禽などを見て廻りました。これといった収穫もないまま車でウロウロと徘徊しているとノスリを見つけました。ノスリは希少性がないせいか、あまり人気がありません。自分も時々パスして通り過ぎるのですが、今回は撮ってみました。(likebirds夫)


by likebirds | 2014-11-26 12:01 | 野鳥観察 | Comments(2)
ハイイロチュウヒ
 2日目は強風でほとんど鳥影を見ませんでした。
今日はもう駄目かと思った頃、横の葦原の隙間からハイイロチュウヒが飛んでいるのが見えました。
背丈の高い葦の向こうを飛んでそのまま飛び去ってしまわないで!と祈るような気持ちでしたが、
葦原を抜けて高度を下げ、干拓地を低く横切って飛んでくれました。
2日続けてハイイロチュウヒを見ることができてとても嬉しかったです。(likebirds妻)


写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます  是非クリックしてみてください






脚立がないので背の高い葦に阻まれて全く見えませんでしたが、一瞬だけ葦の上に姿が見えました   これでお仕舞いか。。。と思いましたが
a0052080_13585857.jpg




やっとハイイロチュウヒが見える場所に出てきてくれました
a0052080_14052773.jpg





みんなが「ハイチュー♡、ハイチュー♡」という訳だなとあらためて思いました  美しい鳥です
a0052080_16031911.jpg






大きな水溜りの上を飛びます
a0052080_14075872.jpg






水溜りとは言え、青い水が背景の写真になりました  幸運です
a0052080_14090183.jpg




大きな水溜りを飛び越えて荒地を低く飛びます
a0052080_16051239.jpg



地面スレスレを滑空します     クールな顔をした超肉食系のイケメンです  それに若そうだし!!!
a0052080_14110565.jpg



 オオヒシクイを見た後で前日のハイイロチュウヒのポイントに戻りましたが強風のためか、猛禽の出はいまひとつでした。昨日さかんに飛び回っていたチョウゲンボウも見当たりません。周辺を車でウロウロとノスリやハヤブサなどを見て廻り、その後もとの場所へ戻りもう少ししたら帰宅しようかというときになって周りの人たちのシャッター音が響き始めました。1m以上もある踏み台や脚立に登って、壁のように並ぶ葦の上越しに飛んでいる鳥を撮影していました。何が飛んでますか?と聞くまでもなく「ハイチュー!ハイチュー!」の声が聞こえます。
踏み台や脚立のない我々には全く見えませんでしたが、ちょっとでも見えたら絶対に撮ってやると待ち構えていると数秒だけハイイロチュウヒが見えました。何とか撮りましたが後がありません。「一応撮ったということで...。」と自分を慰めていたらハイイロチュウヒは自分の待っていたポイントへ出てきてくれました。フィールドには行ってみるものだ、待ってみるものだと思いました。
たくさん撮りましたので[MORE]もご覧下さい。(likebirds夫)


More  その他のハイイロチュウヒの写真(13枚)  是非、拡大してご覧下さい
by likebirds | 2014-11-24 21:34 | 野鳥観察 | Comments(6)
ハヤブサ(若)
 車を走らせていたら「あれ、なに?」と夫が言いました。
車を道路わきに止めて双眼鏡で見ると、草地の上にハヤブサが止まっていました。
順光側に回って車から撮影しました。
ハヤブサを見るのは久しぶりでしたので、かわいい姿を見ることができて良かったです、(likebirds妻)


写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます



干拓地の整地され草も短く生えているミニゴルフ場のような場所にポツンと猛禽らしき鳥がとまっていました 逆光気味です
a0052080_21160021.jpg








半順光側へ車で回り込み、距離も詰めました   若いハヤブサです
a0052080_21155972.jpg







まだクチバシも灰色で幼く、とても可愛い感じです こちらを気にしているようですが飛びませんでした
a0052080_21372312.jpg







見ていて、落ち着きがなくなったような素振りの後、サッと飛んでいきました  食休みの時間だったようですね
a0052080_21160006.jpg



 ハイイロチュウヒや大陸型チュウヒをじっと待つのに飽きてきて、車でこの周辺や別の干拓地等を見て廻りました。とくに成果もないまま元の場所へ戻ったときのことです。道路の曲がり角でふと見ると広い平らな場所にポツンと1羽の鳥が下りていました。立ち姿勢から猛禽だろうと思いましたが、ひどい逆光でよくわかりませんでした。likebirds(妻)が後部座席から双眼鏡で見て、ハヤブサだろうと言いました。我々からは遠くて逆光でしたが、より鳥に近い順行側にはカメラマンが並んでいましたが誰もレンズを向けていないので、自分は違うと思いました。でもとりあえず証拠写真を数枚撮ってから、角を曲がりカメラマンの列のほうに車を進めました。近いので肉眼で見てもハヤブサでした。窓からレンズを出すと、ハヤブサはこちらを気にし出したので車から下りるのはやめました。数枚とってから、より近く完全な順行側に車を進めるとにわかに落ち着きがなくなって飛んでいってしまいました。「飛んじゃったか」と呟くと、likebirds(妻)は「そりゃー飛ぶでしょ!ハヤブサの態度を見て分からなかったの?」と言われました。勇み足でした。(likebirds夫)

by likebirds | 2014-11-23 23:05 | 野鳥観察 | Comments(0)
オオヒシクイ
 真っ暗でしんと静まり返っていた田園地帯は、しらじらと夜明けが近づくにつれて、川のほうからは目覚めたカモたちが賑やかに鳴く声が聞こえてきました。
土手に登って少しだけ見えてきた田んぼの方を見ていたら「クォークォー」という鳴き声がかすかに聞こえてきました。
監視員の方が「飛んでいる」と教えてくださった方を見ると、遠くの田んぼで寝ていたオオヒシクイが少しずつ飛んでくるのが見えました。
だんだんと景色が見えるくらいに明るくなってくるとオオヒシクイは旋回しながら次々飛んでくれました。
夜明け前の景色を飛ぶオオヒシクイの素敵な姿を見ることができて、とても嬉しかったです。(likebirds妻)


写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます


午前5時50分夜明け前  空が少し明るくなってきました  最初のグループが塒立ちしました
a0052080_11281515.jpg







前回訪れたときは89羽でしたが、今回は未だ59羽+αだそうです  これからもっと増えるのでしょう
a0052080_18284322.jpg








a0052080_18122900.jpg







里山の田園風景を背景に飛ぶオオヒシクイ
a0052080_11281553.jpg








a0052080_18130979.jpg








山の端を飛ぶとカメラのAFは速くなってくれます
a0052080_11281517.jpg






もう第一グループは戻って来始めました   まだ夜明け前です
a0052080_11281564.jpg








塒立ちの二番手、三番手が飛んでいます
a0052080_11281568.jpg








太陽は顔を出していませんが、空は赤味を出し始めました
a0052080_11281561.jpg







ジーンとくるような情景が続きます  空が明るくなる分オオヒシクイは暗く写ります
a0052080_11281627.jpg




朝焼けの空を飛び、まっすぐこちらに向かってきます
a0052080_11281604.jpg

空がピンク色に染まり始めましたが、太陽は山の陰です。

a0052080_18135932.jpg







寝ていた田圃に戻るオオヒシクイ  まだ6時になりません
a0052080_11281635.jpg






もうすぐ夜明けが来ます  塒立ちの最終組が飛び立ちます
a0052080_11251438.jpg






少しずつ田んぼに降り立ち始めました
a0052080_18155202.jpg





太陽が顔を覗かせて、畦の向こう側まで朝が迫って来ました  皆様そろそろお食事モードです
a0052080_20274954.jpg








朝の運動を終えてくつろぐオオヒシクイ
a0052080_20274998.jpg





 今回、ハイイロチュウヒとともに撮影の主目的にしていたのがオオヒシクイの塒立ちでした。夜明け前の真っ暗な堤防下に車を止め、保護監視員の人たちの来るのを待ちました。ほどなく監視員の人達がやって来てしばらくお話を聞き、いっしょに堤防にあがりました。暗くて自分には見えませんでしたが、監視員の人が「飛んだ!」と叫んだので慌てて撮影開始です。太陽が顔を出すまでに無手勝流に膨大なシャッター数を数え、夜明けと共に引き上げました。野鳥撮影の醍醐味を味わったようなイイ気分に浸りました。(likebirds夫)

by likebirds | 2014-11-21 06:30 | 野鳥観察 | Comments(4)
オジロトウネン  猛禽の干拓地の水溜り
 ハイイロチュウヒを待っていた干拓地。
この日はとても風が強く、鳥の姿はほとんど見ることができませんでした。
ひたすら風が弱くなるのを待っている間、水溜りにいたホシハジロのメスを見ていたら、水辺をチョコチョコ歩いている小さな鳥が見えました。
歩き方はイソシギとは違っていました、セキレイよりは小さくて丸っこい姿です。
ライブビューで見てみると、オジロトウネンでした。
思いがけなくオジロトウネンを見ることができて、鳥が居ない虚しさが少し晴れました。(likebirds妻)


写真は右クリックで拡大してご覧になれます 是非クリックしてみてください



白鳥も休むほどの大きな水溜りの対岸に地味~な鳥が
a0052080_08593526.jpg





ライブビューで撮影  かなりキビシイですが足の色はわかります
a0052080_20385358.jpg





じっと待っていると近くへ飛んできました
a0052080_08593527.jpg







比較的近くへやってきました
a0052080_08593529.jpg







オジロトウネン
a0052080_08593565.jpg







何かの拍子に急に5羽で飛び去りました
a0052080_08593518.jpg







オジロトウネンの尾白が写っていました  幸運です
a0052080_08593554.jpg



 干拓地でハイイロチュウヒを待つ間に、目の前の巨大な水溜りの対岸にハクセキレイが数羽チョロチョロしていました。それを見ていると、そのそばに泥の色と同化しそうなくらい地味目な鳥が3羽見えました。遠目には肩に白い切れ込みがあるようにも見えたのですが、歩き方が忙しいイソシギとは違いました。「オジロトウネンかな」と少し離れた場所にいたlikebirds(妻)に言いに行くと、同じ鳥を見ていたらしく「そう、そう。オジロトウネン」と答えました。元の位置に戻って双眼鏡で見ていると、そばにいた男性に「あそこにいるのはオジロトウネンじゃないですか」と話しかけられました。自信がないので「そうかも知れませんね」とだけ答えました。その内その人がSP200-600mm+7Dmk2で撮った横向きの写真を拡大して見せてくれました。黄色の足もはっきり見えていました。(600X1.6は凄いです!)  「ほら、オジロトウネンですよ」と言われ「そうですね」と同意しました。ちょうど同じ瞬間をlikebirds(妻)もライブビューで撮っていたようで「やっぱりオジロトウネン!」と言いにやってきました。それなら!としばらく注目しているとその3羽は水溜りを渡って近くへ飛んできました。オジロトウネンは5羽だったようです。飛んでいるオジロトウネンを初めて撮影することが出来ました。ヘッポコでも続けていれば良いこともあるもんだと喜びました。一緒に観察した方とはお互いに名乗り合うこともなくお別れしましたが感謝しております。(likebirds夫)

by likebirds | 2014-11-20 06:30 | 野鳥観察 | Comments(0)
タゲリ
 蓮田が続く道をゆっくり走っていると、2羽のタゲリが激しく追いかけあってバトルを繰り返しているのが見えました。
激しくけりあうようにぶつかり合ったかと思うと、そのまま追いかけあって飛び回る、を繰り返していました。
時々畦に降り、興奮したように尾を高く上げて相手をにらんでいるように見えました。
タゲリがこんなに激しく戦っているのは初めて見ましたので驚きましたが、次の朝立ち寄ってみたらまた戦っていたので
「あらまぁ、まだ喧嘩してたのね」と少し可笑しくなりました。(likebirds妻)




写真はすべて右クリックで拡大してご覧になれます
是非クリックしてみてください


戦い前のファイティングポーズ   相手を威嚇しているようです
a0052080_21455752.jpg







体を大きく見せようとしているのかもしれません
a0052080_21455702.jpg






さあ!タゲリの戦いは追いかけっこから始まりました
a0052080_17323776.jpg






追いかけられているタゲリが振り向いて応戦します
a0052080_18451862.jpg







お互いに体当たり攻撃です
a0052080_10042550.jpg






暫しの休憩タイム
a0052080_17323840.jpg






寛いでいるように見えますが、じきに戦闘再開します
a0052080_16491348.jpg





干拓地の上空をタゲリの群れが飛びました。
a0052080_10060703.jpg


 車中から重いレンズを振り回して飛んでいる鳥を撮るのは苦手です。特に運転席から撮ろうとするとハンドルその他が邪魔になって良い撮影姿勢を素早く取ることができません。また、大抵はレンズを車の窓に置いて撮るのですが、そのときもガタガタしてスムーズに動く鳥を追いかけられません。発泡ウレタンをホームセンターで買ってきて常備しているのですが、撮影チャンスが突然訪れるときは取り出してセットするのももどかしくあまり役に立った記憶がありません。レンズも車の窓も傷だらけになりそうです。(もう少しなっていますが) 自分のレンズのAFストップボタンにはゴムの突起を両面テープで取り付けてボタンを押しやすくしていたのですが、このタゲリの撮影で綺麗さっぱりと無くなっていました。
そんな時のために400mmf5.6や300mmf4などの比較的軽いレンズも持っていくのですが、いざとなると面倒でなかなか持ち替えられません。(likebirds夫)


by likebirds | 2014-11-19 06:30 | 野鳥観察 | Comments(6)
アメリカウズラシギ
 早朝、越冬シギチが居る蓮田に寄りました。
ハマシギやヒバリシギ、ツルシギ、タシギなどが思い思いに餌探しをしていました。
アメリカウズラシギは見つからず、撤収しようとしたときにスーッと飛んできたシギが居ました。
ハマシギの陰に見え隠れして、最初はウズラシギかと思いましたが、よく見るとアメリカウズラシギでした。
見たいと思っていたアメリカウズラシギを見ることができてとても満足でした。(likebirds妻)


写真はすべて右クリックで拡大してご覧になれます


a0052080_14591625.jpg





a0052080_16364598.jpg



羽を広げましたが後ろ向きでした。
a0052080_16381015.jpg






a0052080_19042064.jpg




 ハイイロチュウヒの干拓地へ行く前に、早朝の蓮田を覗いて見ました。前日に目撃されたというサルハマシギは見つけられませんでした。アメリカウズラシギも見つけられませんでしたが、カメラをしまう直前に蓮田の中央部へ飛んできた鳥を撮影して置きました。ウズラシギだネ、とlikebirds(妻)が言い、自分もそう思いましたがアメリカウズラシギでした。
 このところ裏目続きでしたが、これで賽の目が変わるかも?と思いました。(likebirds夫)

by likebirds | 2014-11-18 09:39 | 野鳥観察 | Comments(2)