<   2015年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧
セイタカシギ
 干潟が満潮になってきたので、近くの谷津干潟に移動しましたが、こちらも既に潮が満ちてきていて、
シギたちの姿はありませんでした。
セイタカシギの幼鳥がぽつんと1羽さびしそうでした。(likebirds妻)


この子は足環をしていませんでした。
a0052080_10255283.jpg







振り向いた後姿も華奢で可愛らしいです
a0052080_20101877.jpg






写真は引き算と言う人がいますが。。。
a0052080_12004147.jpg

 三番瀬の満潮時にちょっとだけ谷津干潟へ行って1周してみました。約3.5kmほどですがカメラを持っていると案外疲れました。谷津干潟も満潮が近づいてきていて出会ったシギはこのセイタカシギのみでした。その他はウミネコ、カワウ。林にはオナガ程度でした。この場所の写真はすべて「没」と思っていましたが、likebirds妻が「セイタカシギがUP洩れ!」と言うので慌てて写真を探しました。探してみると賑やか過ぎるのが1枚ありました。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-10-29 07:00 | 野鳥観察 | Comments(10)
キビタキ♀
 エゾビタキと共によくやってきたのがキビタキメス。
エゾビタキとしょっちゅう追いかけっこしてました。
シックな色合いですが、とても美人なキビタキメスは素敵でした。(likebirds妻)


ハゼの木でひと休み
a0052080_10353461.jpg






横顔が美人ですね
a0052080_10355011.jpg






枝の混み合う中のキビタキ♀です
a0052080_11180995.jpg


 キビタキのオスと比べるとメスは「よくぞこれほど!」と言いたいくらい地味ですね。オスから見るとメスというだけで価値のある存在なのでしょう。それでも贔屓目に見るとシックと言うこともできます。お顔を良く見るとかなり可愛くて清楚な雰囲気を漂わせています。やはり美人の範疇に入るのでしょう。でもよくよく見ると眼に気の強さが読み取れます。実際、ヒタキ同士での喧嘩を見ていると、追い掛け回しているのがキビタキのメスのことが多いです。キビタキのメスを目で追いながら、そんなことを考えていると、人間の男性でも気の強い女性が好きという人も多いことに気が付きました。何人かの知人の顔が思い浮かびます。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-10-28 11:38 | 野鳥観察 | Comments(6)
エゾビタキ
 ヒメイソヒヨは姿を現してくれませんでしたが、エゾビタキは何度も飛んできてくれました。
春の渡りでは滅多に見られない、主に秋の渡りで見る事ができるエゾビタキは、元気いっぱいでした。
可愛い姿を沢山見る事ができて、楽しかったです。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧下さい



秋っぽいね
a0052080_20323910.jpg








a0052080_20325454.jpg







ちょっとおすまし
a0052080_20330866.jpg







熟したミズキの実を食べに来ていました
a0052080_16140397.jpg






背中に白い星が並んだ幼羽を残したお子様もいました
a0052080_15585040.jpg






お子様が横須賀の海を見下ろしていました
クリックすると拡大して背中の白い星が綺麗です
a0052080_15585096.jpg






200m下は横須賀の町です  こちらは成鳥
a0052080_07004791.jpg


 先にサンショウクイの写真をUPしましたが、たくさん居たのはエゾビタキでした。たくさんの人達が緊張しながら珍鳥ヒメイソヒヨを待っているところへエゾビタキが飛んでくると反応してシャッターを切る人も居ました。「なんだ、エゾビタキか。。」と言って舌打ちする人も居ました。自分はそんなことは口にしません。心の中では何度か言いましたが。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-10-24 07:00 | 野鳥観察 | Comments(10)
サンショウクイ
 鷹の渡りを見終えて、いつものように小鳥を探しました。
遠くの桜にはエゾビタキがちょこちょこと枝を飛び交っているのが見えました。
少し歩くと、ミズキの枝に真っ白な鳥が見えました。
枝を行ったりきたりしています。すぐにそれがサンショウクイと分かりました。
最初はオスが見えて、次にメスの姿も見えました。
2羽は着かず離れず餌を探しながら枝を飛び交っていました。下から見上げて探したり写真を撮ったりは、チョッと疲れましたが
秋のサンショウクイを今年も見る事ができて、とても嬉しかったです。
(likebirds妻)



♂ ハゼのに木に止まりました
a0052080_20310241.jpg






♂  鳴いています。一緒に行動している♀を呼んでいるのでしょうか?
a0052080_20312008.jpg







♂  ピリリ、ピリリ、ピリリと辛い!   サンショウクイとはこのことですね
a0052080_21314820.jpg







♀  メスはやはり可愛らしいですね。
a0052080_20314275.jpg







♀   ミズキの葉が落ちていたので、サンショウクイが見えやすかったです
a0052080_20315453.jpg







ミズキの木に来ますが、食べるのは虫ばかりでした
a0052080_21435052.jpg


 タカの渡りを見に来て、その後に付近をウロウロしながら小鳥を探すのが恒例になっています。サンショウクイは繁殖期が終わり渡りの時期になっても相変わらず「ピリリ、ピリリ」と大声で鳴いてくれるので探すのが楽です。探すのは楽なのですが、撮るのは一苦労です。枝や木の葉に遮られ、空抜け逆光です。ずっと見上げていなければならないので首への負担も相当なものです。首を痛めて、帰りに膏薬でも買って帰ろうものなら思わぬ散財です。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-10-23 07:00 | 野鳥観察 | Comments(12)
アマツバメ
鷹の渡りを待っているときに一番沢山飛んだのは、アマツバメでした。
この日は200を越えていたと思います。
でも、かなりの上空で点のようにしか見えません。
青空にマサカリのようなかっこいい姿で滑空する姿はとてもかっこいいです。(likebirds妻)

写真をクリックして拡大画像をご覧下さい

a0052080_19172870.jpg







a0052080_19172857.jpg






a0052080_21043246.jpg


 房総方面から渡ってくるタカを待つ間に目を楽しませてくれたのはアマツバメでした。毎回ここで撮影を試みるのですが、あまりの速さに満足な結果が得られません。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-10-22 07:00 | 野鳥観察 | Comments(8)
チョウゲンボウ
 この日のサシバの渡りが大方終わった後に飛んできたチョウゲンボウです。
弱まっていた風がまた吹き始めて、風に乗って飛び去りました。(likebirds妻)


a0052080_21492090.jpg







a0052080_22104711.jpg

 「オオタカだー!」、「違うよチョウゲンボウだよ」。 近づいてきたらハヤブサ幼鳥でした。。。。。と思いましたが、鳥友からのご指摘がありチョウゲンボウでした。ご指摘ありがとうございました。(likebirds夫)


by likebirds | 2015-10-21 07:00 | 野鳥観察 | Comments(10)
サシバ
 今年も鷹の渡りを見に行きました。
昨年は4~5回通いましたが、今年は都合がつかずに一度だけしか行かれませんでした。
ハチクマの渡りは既に終わっていて、サシバの渡りが中心でした。
この日のサシバのカウントは66羽でしたが、ほとんどははるか遠くを高く飛んだので、はっきりと見る事ができたのは20羽ほどだったと思います。
それでも、一心に南に向かって飛び去る姿は感動的でした。
来年また、元気に戻ってきてほしいと思いました。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧下さい



100-400ズームレンズをテレ端から少しワイド側にして撮影しました
a0052080_17204490.jpg







少しワイド側にすると広い青空がファインダーに広がります
a0052080_17204436.jpg







頭上で旋回を始めました  100-400テレ端で
a0052080_17204430.jpg







こういうときにはズームレンズは便利ですね ♪
a0052080_17204577.jpg







こちらは500mmF4で撮影
a0052080_17272151.jpg







横が気になるようで、脇見運転していました
a0052080_17273052.jpg





後から飛んで来るサシバを待っているかのように旋回していました
a0052080_18513162.jpg

 例によってダラダラとしたシギのUPがやっと昨日終わりました。
 毎年、横須賀市のタカの渡り定点観察地へ出かけていますが、今回は1度切りでした。10月4日。前々日は雨、前日は好天なれど南風。当日は好天で北風。タカが飛ばない訳はない!と思っていましたが、渡りは低調でした。日曜日でもあり、皆さんが盛大なタカの渡りを期待したのか、観測地の山頂は車で、見晴台は人で大賑わいでした。
 好天に恵まれましたが、双眼鏡で東京湾の対岸の房総半島の空を見ると低く雲が垂れ込めているのが見えました。タカが飛ばないのはそのせいだと言う人や、もうタカは渡り切っていて在庫切れという人などが居ましたが、両方正しいようでした。
 自分たちはアマツバメやハヤブサ等を見たり、久しぶりに出会った友人達と鳥談義などをして過ごしましたが、11時ころには飽きてしまいました。
 さらに、前日は見晴台周辺で「ジジロ、ジジロ」と3音節で鳴くオオムシクイの声が聞こえたという話を聞き、すっかり腰が落ち着かなくなってしまいました。オオムシクイは今夏の知床峠で悪天候もあって惨敗しています。姿はメボソムシクイとそっくりですから探すのは鳴き声です。でも結局、声を聞くことはありませんでした。
 見晴台を下りて、レンズを手持ち用に取り替えている最中に上の見晴台が騒がしくなったので、空を見上げるとやっとサシバの一団が肉眼で見える高さで通りかかっている最中でした。手持ち用のズームレンズが幸いして鷹柱を撮ることができました。
 この場所へは数年前から毎年来て、毎年同じような変わり映えのしない写真を撮っていますがとても居心地が良いので続けたいものです。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-10-20 07:00 | 野鳥観察 | Comments(10)
コアオアシシギ
 一番数の多かったコアオアシシギ、アシナガシギもこの群れと一緒に行動していたらしいです。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧下さい




a0052080_18174367.jpg




のび~
a0052080_18180002.jpg






コアオアシシギ3羽  右から2番目はアシナガシギ
a0052080_18353325.jpg







一斉に飛び立つコアオアシシギの群れ   アシナガシギが1羽混じっていました
a0052080_22414968.jpg


 一時は80羽くらいの群れが居たそうですが、このときは30羽くらいでした。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-10-19 07:00 | 野鳥観察 | Comments(8)
ツルシギ
 9月27日、干拓地の水溜りでは5から6羽のツルシギを見る事ができましたが、
9月29日の蓮田では早朝に1羽見ただけでした。
アシナガシギを見てから、何かいるかもと蓮田を見て歩いた時に、蓮の葉の影からそぉっと覗くと
深く水を張った蓮田でのんびり餌探しをしているツルシギを見る事ができました。
すらりと長い首の美しいツルシギを見る事ができてうれしかったです。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧下さい

9月27日撮影
距離約200m  巨大な水溜りでアシナガシギを探していたらツルシギが見えました
a0052080_07420382.jpg






以下9月29日撮影
ツルシギは足が赤いです  アカアシシギと違って上クチバシは赤くありません
a0052080_07420346.jpg







刈り取られた蓮根畑を歩いて見て回ると、ツルシギがのんびりと寛いでいました
a0052080_07420339.jpg



 



5羽の群れでした
a0052080_07420491.jpg

 ツルシギはスリムでファッションモデルのような体型に魅せられます。足が赤く、どちらかと言うとシックな雰囲気ですね。自分は昔、オードリー・ヘプバーンのファンでした。いまはだいぶ好みが変わりましたが...。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-10-18 07:00 | 野鳥観察 | Comments(4)
エリマキシギ
ヒメイソヒヨとマミジロの写真で中断しましたが、茨城のシギの再開です

 エリマキシギは一羽だけでした。
すらりとした気品のある美しさは、何度見ても素敵です。
とても好きなシギです。(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧下さい


エリマキシギは肩羽が持ち上がり気味が多いですね
a0052080_18375129.jpg






食欲旺盛
a0052080_18295991.jpg








a0052080_18384864.jpg








a0052080_18394489.jpg


 雑然と居るシギの中にエリマキシギが居るとなんとなく目立ちますね。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-10-17 07:00 | 野鳥観察 | Comments(8)