<   2015年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ヤマセミ
 ひとりでミサゴを撮りに行った朝。朝食に持参したパンを食べていたら、上流でヤマセミらしい声がしました。誰かが「おー、ヤマセミ」。あわてて探すと目の前を通過中でした。連写しましたが、1枚だけなんとか撮れていました。
 ヤマセミに出会ったのは久しぶりで得をした気分になれました。その後のミサゴ撮影はダメでした。(likebirds夫)



写真を1クリックで拡大画像がご覧になれます


上流でケロッ、ケロッとヤマセミの声が。。。  あわてて探すともう目の前でした
a0052080_12181772.jpg







枝にとまりましたが、小枝が前に
a0052080_12181744.jpg

by likebirds | 2015-11-23 07:00 | 野鳥観察 | Comments(14)
アトリ、ウソ、ミヤマホオジロ
 ここでは渡りの冬鳥を沢山見ることができました。
特にアトリは数百の大群がいくつも飛びました。
ウソの大群も何度も旋回しました。
アトリの大群は遠くを白く光る塊のように飛んでいるのが見えるのですが、だんだん目の前に飛んでくると、数羽しかフレームに入りません。
猛スピードで飛び回るので追うのがとても難しかったですが、写っているものがあってよかったです。
他にはマヒワの群れやイカルなど沢山の鳥が通過していきました。(likebirds妻)



写真を1クリックで拡大画像がご覧になれます

アトリ
a0052080_20384248.jpg






アトリ
a0052080_12293654.jpg







ウソ
a0052080_12292492.jpg







ミヤマホオジロ
a0052080_12293048.jpg






カシラダカ
a0052080_17195239.jpg

アトリは物凄い数でした。当たり年かもしれません。 ただ、遠かったり逆光だったりで良い群れの写真は撮れませんでした。黄色のマヒワの群れも通過していきました。イカルも十数羽の単位で通り過ぎました。
 自分は鳥の移動は早朝が多いのかと思っていましたが、ここでは主に夕方でした。昼間は懸命に食事をして、夕方になると群れをつくり峠を越えていきました。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-11-20 17:05 | 野鳥観察 | Comments(10)
ハイタカ
 ハイタカも良く飛びました。
すごいスピードで前方をあっという間に飛び去ります。
しょっちゅう飛んでくるので「また、ハイタカ・・・」などと、ハイタカには失礼なことを言ったりもしました。(likebirds妻)






a0052080_20353811.jpg


a0052080_19111233.jpg


a0052080_19111277.jpg

a0052080_19270036.jpg

 イヌワシを待った場所には冬鳥がどんどん渡ってきていました。その所以か、オオタカやハイタカが何回も飛びまわっていました。頻度は圧倒的にハイタカでした。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-11-18 07:00 | 野鳥観察 | Comments(6)
ノスリ
 イヌワシとの出会いに心残りがあったので、道路凍結の心配の無いうちにもう1度出かけようと言うことになりました。
でも、イヌワシは一度も現れてくれませんでした。
渡りのノスリは終盤のようですが、次々に飛んできました。
これがイヌワシだったら・・・と少し恨めしく思いましたが、待ちぼうけの私たちを慰めてくれました。(likebirds妻)



写真を1クリックで拡大画像がご覧になれます
a0052080_16452819.jpg








a0052080_16454027.jpg








a0052080_16455321.jpg







a0052080_16503035.jpg








a0052080_16512254.jpg








a0052080_16514209.jpg








a0052080_16523640.jpg








a0052080_16532023.jpg








a0052080_16532196.jpg


 前回のイヌワシに味をしめて 夢よ!もう一度 と思い再度行きましたが、柳の下に鰌はいませんでした。良く晴れ渡り空気が透明で絶好のお天気でしたが主役のイヌワシは飛びませんでした。イヌワシの代わりにはなりませんが、ノスリは良く飛びました。これがもしイヌワシだったらこう撮るんだけどなぁと思いながらファインダーで追いました。悔しさを込めてたくさんUPしました。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-11-16 07:00 | 野鳥観察 | Comments(10)
ハクガン
 都会の真ん中にやってきてくれた3羽のハクガン幼鳥。
河川敷の草を美味しそうに食べてのんびりしていました。
こんなに近い距離でハクガンを見ることができた幸運に感謝です。(likebirds妻)


写真は1クリックで拡大画像がご覧になれます


現地へ到着すると3羽が揃って居てくれました  初見初撮り!!!
a0052080_15122696.jpg






クチバシに草をつけたまま急ぎ足・・・
左の1羽は幼羽、右の2羽は第一回冬羽に移行中のようです
a0052080_15314912.jpg






空が気になる?
a0052080_15321943.jpg






3羽が一斉に飛び出して川へ向かいました  水を飲むようです
a0052080_15131791.jpg






ズーム170mm   川へ向かう3羽のハクガン
a0052080_15140544.jpg






300mm、ノートリでも2羽しか入りません
a0052080_15330976.jpg






川面に並ぶハクガン
a0052080_15125502.jpg






いきなり飛び出し、年少の1羽は出遅れて大慌て
a0052080_15325906.jpg






飛んで川から草地へ戻ります  500mmレンズではこの大きさで3羽は入りません
a0052080_15142483.jpg

 何しろ、58年ぶりとのことなので遅ればせながら荒川のハクガンに会いに行きました。最初は6羽居たとか、4羽居たと

か聞きましたが、自分の行ったときには3羽でした。ハクガンは初見初撮りです。この3羽のハクガンは幼鳥のようで、図鑑

の写真のようにクチバシがピンク色ではなく、どちらかと言うと黒ずんでいました。3羽のうち2羽は明らかに第一回冬羽に

換羽中で肩羽には生え変わった白い冬羽が目立ちました。この2羽のクチバシを見比べると片方は幾分黒からピンク色に変わ

りつつあるようで、この1羽がリーダーのように見えました。歩いて移動するときや、飛び立つときに首を動かして合図をし

ているようでした。残る1羽は写真でもわかりますが、全体的に黒ずんでいて換羽はほとんど進んでいないように見えました。

 飛び立つときなども、2羽が飛び立ってからあわてて後を追いかけるようでした。この差がお誕生日の違いによるものなの

か、発育度合いの違うものなのかは自分にはわかりません。大型のカモ(白鳥や雁)は家族で行動するらしいので、移動の途

中で親鳥とはぐれてしまったのかもしれません。今後の無事を祈りました。

 この3羽は人をまったく怖れずにどんどん近づいてきました。その度に後ずさりをしながら観察したり撮影したりするので

すが、近すぎるときには持参した100-400mmズーム+EOS50Dが役に立ちました。

 この場所は河川敷のグラウンドなので普段から野鳥観察や撮影をしている人だけでなく、じつに色々な人たちがカメラを持っ

て集まって来ていました。そういうところでは面白いことがたくさん起こります。怒る人、顔をしかめる人、笑う人。そんな

人たちの風景を見るのも一興でした。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-11-14 20:30 | 野鳥観察 | Comments(12)
サメビタキ
 ヒメイソヒヨを待っていた時に、前方の大きな木にひょっこり止まった鳥がいました。
サメビタキかも?と思ったのですが、この場面しか撮れなくて、充分な決め手に欠けました。
でも、サメビタキと分かってよかったです。(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧下さい

a0052080_19081479.jpg

 ヒメイソヒヨをもう1度との思いで山へ行き、振られて帰ったときの写真を整理=削除していたらサメビタキの写真があり

ました。likebirds妻もまったく同じ写真を撮っていました。そのとき「サメかな?」と思ったそうです。自分は気付きません

でしたが。。。

 念のため、山階鳥類研究所さんに写真を送り同定いただきました。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-11-11 07:00 | 野鳥観察 | Comments(9)
イヌワシ(2)
 イヌワシ2日目は北風も収まり、寒さも少しは和らぎました。
この日は、曇りがちな一日でした。
イヌワシは近くを飛んでくれましたが、朝、夕の暗い頃でした。
そして、枝にもとまってくれましたが、逆光空抜けのシルエットのようでした。
イヌワシを2日続けて見ることができて幸運だったのですが、少し悔しい出会いでもありました。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧下さい


朝8時前、眼下右の谷から突然飛び出してあっという間に目の前に来てしまいました
a0052080_20052062.jpg






徐々に上昇しますが、まったく羽ばたきません
a0052080_20103709.jpg






朝のイヌワシ  前方を見ました
a0052080_18562605.jpg






今度は下を気にしているようです
a0052080_18570198.jpg







午後3時半頃です  飛んで来たと思ったらもう頭上です  手持ちで仰け反って撮影
a0052080_20155070.jpg







しまった!と思ったら背後の崖の上の木にとまりました   でも逆光だぁ
a0052080_20350472.jpg







雲が流れて空の色が猫の目のように変わります
a0052080_20303821.jpg






イヌワシは長くとまっていました  崖下のわれわれは大変です  逆光の中、右へ左へ
a0052080_20290774.jpg







テレコン装着直後、ブルッと身震い  このあと後ろへ飛び去りました
a0052080_20400536.jpg






暗くなり帰り支度をしていると飛び去った辺りから戻ってきました
a0052080_20524024.jpg






羽ばたきません  こちらをチラッと見たような。。。
a0052080_18572906.jpg







徐々に高度を下げて山並みが背景に入りました
a0052080_20545913.jpg






今度は下を覗いているようです  カメラを仕舞う前で良かったです
a0052080_21011583.jpg


 2日目も早起きして暗いうちに三脚を立てました。前日ほど寒くはなかったのですが風がないのが少し不安材料でした。右手の山の向こう側から霧が涌いてきて斜面を下り、目の前の谷に溜まっていきます。風がないので霧は低いところから溜まり始め、谷筋を埋めて川や池のように見えました。陽が差し始めて霧が消えかかった頃、カラスが騒いで煩いと思っているとイヌワシが突然眼下右下の谷から飛び出してきました。慌ててレンズを向けたときには、もう目の前でした。自分達とその場に居たもう1人(この方はベテランのようでいろいろ教わりました)の計3人で夢中でシャッターを切りました。
 昼前頃からカメラマンは少しづつ増えて三脚が並ぶようになりましたがイヌワシは出てきませんでした。悔しかったのは午後3時半頃のことです。右手から大きく羽ばたきながら近づいてくる鳥をまさかイヌワシとは思わずにその場に居た数人でボンヤリ見てしまいました。それがイヌワシだとわかってカメラを構えた頃には頭上まで達していました。凄いスピードです。自分は咄嗟に三脚からカメラを外して手持ちで撮りましたが腹しか写っていませんでした。地元の方達もカラスのようにあんなに羽ばたくイヌワシは初めて見たと言っていました。悔しいと思う間もなく、そのイヌワシは自分達の背後の崖の上の枯れ木にとまりました。こんな幸運はありません。でも逆光で肉眼では真っ黒です。逆光を少しでも避けようと移動すると、今度はイヌワシの前に枯れ枝がかかります。長い時間とまっていたので数え切れないほど写真を撮りましたが良いものはありませんでした。でも枝とまりが撮れただけで嬉しかったです。イヌワシが山の反対側に飛び去るとカメラマン達は帰り始めました。自分達はもうしばらく居ましたが、暗くなってきたので帰り支度を始めました。なんとなく未練が残り、先に撮影機材以外のものを片付けて最後にカメラに手を触れたときに「出た!」と言う声で振り向くと、先ほどのイヌワシが飛んで戻って来ていました。朝と同じく、あっという間に目の前でしたが何とか撮ることができました。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-11-10 07:00 | 野鳥観察 | Comments(10)
イヌワシ(1)
 5年ぶりにイヌワシに挑戦してきました。
この日は北風が強く吹いて凍えるほどの寒さでした。
イヌワシは何度か飛んでくれましたが、いずれも遠くでした。
幼鳥2羽が遠くで戯れるように飛んでいるのを見れたのは嬉しかったです。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧下さい


2日間の第一日目  遥か遠くにイヌワシが2羽
a0052080_15481706.jpg






尾と翼の白斑がはっきり見えました。「こっちへ飛んできて!」の願いは叶わずでした
a0052080_15342647.jpg






地元の方の話では2羽とも白斑があり若い個体とのことです
a0052080_15481702.jpg






そのうちの1羽は他所から強風に吹かれて入って来たらしいです  これも受け売り
a0052080_15490202.jpg







カラスに追われていました  これも遠かったぁ~
a0052080_15490230.jpg







空に抜けると悲惨な写真になります  じゃれているのか、喧嘩しているのか
a0052080_15493157.jpg


 北進してイヌワシを見に行ってきました。実は1泊で2度行きましたが、イヌワシを見たのは1度目だけで2度目はまったく見ることは出来ませんでした。
 1度目の第1日目は何回か2羽で飛んでくれましたが、何しろ遠くて肉眼では黒い点のようでした。また、地元の人が遠くの山の尾根の木にイヌワシがとまっているのを見つけてくれましたが小さすぎて写真になりませんでした。今回はその第一日目の写真をUPします。
 不順な天気が続いていましたが、やっと予報が回復に向かい寒波が近づいて北風が吹くというので「これは良い傾向」と思いましたが寒すぎでした。冷たい北風に終始吹き付けられて関心がなかなかイヌワシに向きません。車に逃げ込んで目を閉じたいのをやっと我慢してイヌワシの出現を待ちました。イヌワシは断続的に5分くらいづつ飛んでくれましたが、写真を撮るにはあまりにも遠かったです。
 ほとんど2羽が同時に出てきました。2羽の間隔は遠かったり、あるいはとても近くて交錯することもありました。交錯するときは仲良くじゃれているようにも争そっているようにも見えて自分にはわかりません。その辺は人間を見ているときと同じです。
 「嬉しかったです」のlikebirds妻とは違い、文句の多い自分としてはせめてこの半分の距離に出て欲しかったです。翌日に期待しながら宿へ向かいました。(likebirds夫)


by likebirds | 2015-11-09 07:00 | 野鳥観察 | Comments(15)
ミサゴ
 早朝からミサゴを見に行ってきました。
2時間ほど待って、ようやくミサゴは飛んできてくれました。
枝にとまったミサゴは、長いこと休んだ後、飛び込む直前になって急上昇して、飛び去ってしまいました。
ミサゴの愛嬌のある仕草を沢山見ることができたのですが、迫力あるダイブシーンを見てみたかったです。(likebirds妻)





写真をクリックして拡大画像をご覧下さい


待っているとミサゴが飛んできました
a0052080_08513115.jpg







飛び込むかと思いシャッターを切りましたが身震いでした
a0052080_08521104.jpg







次の瞬間、飛び出しました
a0052080_08521168.jpg







川面にダイブしてアユを掴むか???
a0052080_08521253.jpg







写真を確認するとこの時点でミサゴはもう水面を見ていません
a0052080_08521113.jpg






やはり急降下はここまででした
a0052080_08521690.jpg







ずっと待ったのに、飛び去ってしまいました。
a0052080_09353181.jpg







ミサゴの代わりにアオサギがアユをGET
a0052080_09010391.jpg


 鳥見はしていますが、更新が滞りました。
ミサゴのフィールドへ数回行きましたが、あの飛び込み直前のポーズが撮れません。数時間待ってやっと訪れたチャンスを逃すとかなり悔しいものがあります。もう一度!と思って寒さに耐え、またも撮り逃すと悔しさを通り越して空しい気持ちになります。ジャボンと飛び込んだ水飛沫のその後を追う気も萎びます。
 今季、最初のミサゴは10月19日、昼まで。この日は幸か不幸かダイブはありませんでした。「飛び込んでくれれば撮れたのになぁ」と勘違いして帰りました。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-11-07 09:53 | 野鳥観察 | Comments(16)