<   2016年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
クマタカ
 この日は少し早く出かけましたが、クマタカは朝から姿を見せてくれませんでした。
2時間ほど待って、少しネガティブな気分になった頃、遠くに白くぽつんとクマタカがとまっているのが見えました。
やっと姿を見せてくれたクマタカでしたが、何度か斜面や稜線を飛んで、見えなくなりました。
でも、クマタカは何度見てもかっこよくて素敵です。
枝に止まったところもまた見ることができて、とても嬉しかったです。(likebirds妻)


写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます


a0052080_21400458.jpg







a0052080_20311649.jpg







a0052080_21402467.jpg







a0052080_20281711.jpg







a0052080_21404288.jpg







a0052080_20302393.jpg








a0052080_20302326.jpg







a0052080_21405449.jpg







a0052080_20314311.jpg








a0052080_20313933.jpg

 今年2度目のクマタカ見物です。着いてみると先着のカメラマンはたった一人。クマタカを待っていると軽自動車がとまり、「出が悪くなってから地元の人は誰も来ないよ」と言われて思わず膝がガクッとなりました。それでもここまで来て直ぐに帰るわけにもいかず、すっかり弱気になりましたが待ちました。
 「お金が勿体ないから、一般道のみで帰ろうか」などとケチ臭いことを考え始めた頃にやっと遥か遠くに出てきてくれました。いつものことですが、クマタカを見ると事前に考えていたカメラの設定やイメトレなどが頭から飛んでしまいました。枝に止まったときには飛び出しをビデオ撮影しようとカメラのボタンをいじっているうちに飛ばれてしまいました。結局、撮り損ないの連続でしたが、大型猛禽撮影のときの独特の緊張感だけは味わって帰りました。もちろん一般道を走りました。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-03-31 06:00 | 野鳥観察 | Comments(8)
チョウゲンボウ
 みどりの中のチョウゲンボウを見に行ってきました。
チョウゲンボウは睦まじく鳴き交わしたり、枝で休んだりといろいろな場面を見せてくれました。
丸い大きな目が本当に可愛らしかったです。(likebirds妻)


写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます



♂  つぶらな眼でこちらを見てます
a0052080_22404401.jpg






♂ 尾羽が綺麗でしたが後ろ向き^^;
a0052080_22410143.jpg





♂  比較的近くから見ることができました
a0052080_22402092.jpg






♂  コンクリート橋の下を飛びます
a0052080_11005669.jpg






♀(色が濃い子)
a0052080_22412404.jpg






♀(色が薄い子)
a0052080_22414585.jpg






♀の飛び出し
a0052080_11392188.jpg







♂が枝を掻い潜るように♀向かいました
a0052080_17505680.jpg







微妙な間合いです
a0052080_11394952.jpg






仲の良いご夫妻
a0052080_11395006.jpg







♂の足は思いのほか赤いですね  ドキッとします
a0052080_17513964.jpg







♀が呼ぶと、♂が空かさず飛んできます
a0052080_11404028.jpg







ほほえましい2ショット
a0052080_11404015.jpg







ラブラブ飛行
a0052080_11430486.jpg
 お誘いもいただいてチョウゲンボウのいる公園へ計3度足を運びました。6羽が来ているそうですが、自分たちが同時に目撃したのは4羽でした。ペアのオスに突っかかる別のオスを見ましたが、一瞬で微妙でした。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-03-28 18:14 | 野鳥観察 | Comments(10)
エナガ
 ヤマヒバリを待ち続けていた時、何度もやって来たエナガです。
巣材のクモの巣を集めていました。
可愛い姿にレンズを向けましたが、エナガに気をとられてヤマヒバリを見逃さないかと、落ち着かない気分でした。
(likebirds妻)


写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます

a0052080_10041508.jpg






ぶら下がってクモの糸を引っ張っていました
a0052080_10411943.jpg







クチバシに大きな毛玉を咥えて前が見えるのでしょうか
a0052080_10420933.jpg







どうにか見えているようでした
a0052080_10421062.jpg







a0052080_10042823.jpg







a0052080_10423305.jpg







a0052080_10044178.jpg


 エナガの巣材集めの姿を間近に見ることが出来ました。何故か、懸命だった若い頃を思い出します。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-03-22 06:00 | 野鳥観察 | Comments(8)
ヤマヒバリ
 ヤマヒバリが見られると聞いたときは、本当に驚きました。
姿を現してくれるまで待つこと9時間、やっと見ることができました。
本当に疲れましたが、ヤマヒバリを無事に見ることができてとても嬉しかったです。
(likebirds妻)


写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます


ヤマヒバリ、初見初撮り~~!  高い急斜面のごちゃごちゃの場所にでました
a0052080_21463258.jpg






濃い黄色のはずの眉斑は白っぽいクリーム色でした  耳羽もほぼ白ですね
a0052080_21472905.jpg






頭と太い過眼線が黒く左右の眉斑が目立ちます
a0052080_17303481.jpg







動作は同じ科のカヤクグリに似ていましたが、一回り小さいです
a0052080_17303440.jpg







正面顔です  上腹部にぽつぽつと黒っぽい斑が見えます
a0052080_17303406.jpg







人知れず、枝止まりの写真と呼んでいます (笑)
a0052080_17303421.jpg







内緒で、岩走りのヤマヒバリの写真と呼んでいますが、、、 (笑)
a0052080_17311301.jpg







なにしろチョロ助でじっとしてくれません
a0052080_17311312.jpg







全て急角度の見上げの写真です  短時間で首がパンパンになりました  腕もダルダルです
a0052080_17311364.jpg

 ヤマヒバリを見に行ってきました。普通は日本海の離島などでしか見ることが出来ないヤマヒバリは自分の希望リストには
載せていませんでしたが、山奥とはいえ東京都で確認されたと聞き飛んでいきました。
 現地到着は午前8時ちょっと前でした。既に10人余りの人達が居ました。「7時前にもう出ましたよ」と教えられて遅刻
に気づきました。浅学非才にも、霜で凍った草には出ないと思い、陽の昇る頃がちょうど良いと判断したのが誤りでした。そ
の場所は崖でオーバーハングに霜は下りていませんでした。早朝が勝負時とは知りませんでした。カメラモニタで早朝の写真
を見せてもらうと、眼に毒なほど鮮明で驚きました。
 でも、まだ勝負はこれからです。「次は午後2時頃かな」などと言う人もいるので期待して待つことにしました。10時前
には人も徐々に増えて20人以上になりましたが出てくるのはヤマヒバリではなく、同じ科のカヤクグリばかりでした。その
後、早朝組のカメラマンが帰ったりして少し減りましたが、チリリのカヤクグリにジュルジュルのエナガが加わっただけでした。
 ヤマヒバリの鳴き声はカヤクグリのチリリに似ていると前日調べてきていました。ヤマヒバリの声を未だ聞いたことが無か
ったので、カヤクグリの声を聞く度にドキッとしました。少し離れた場所で一斉にシャッター音が聞こえたりして俄かに緊張
しましたがすべてカヤクグリを撮っているものでした。成果の無いまま時間だけが過ぎて昼が来ましたが、ヤマヒバリは出ま
せん。持参のお握りを立ったまま食べました。
 誰とも無く聞こえてくる「午後2時」にはカメラマンだけが50人くらいに増えました。午後3時になると諦める人達も出
始めて30人ほどになりました。せっかく来たのだし天気も良いので、私たちは午後4時まで待とうと決めました。それでも
ヤマヒバリは姿を見せませんでした。数回屈伸しただけで一度も座らずに立ち続けて8時間経ち忍耐も限界で4時半にカメラ
を仕舞い始めました。そのころは早出をしなかった後悔で夫婦共に青菜に塩の気分でした。ゆっくりゆっくりカメラを仕舞っ
て、さあバックを背負おうとしたときです。「出たらしいですよ」の声でどやどやとカメラマンたちが移動を始めました。
 このときの我々夫婦のカメラを出す素早さは嘗て記憶に無いほど速いものでした。カメラをバッグから取出し、一脚にセッ
トして移動する人達についていきましたが、50mほど離れたその場所へ着いたのは比較的先頭のほうでした。likebirds妻も
数歩遅れてすぐに着きました。でも大変だったのはそれからでした。
 「あそこ、あそこ」と指差されて教えられた場所は20mくらい上の崖で、たくさんの木に邪魔されて見えにくいところで
した。さらに、崖には枯れ枝が転がったり草が生えたりでした。そろそろ午後5時という暗さも手伝って呆然となりました。
「白い木の左後ろ」などと声が飛びますが、木は何本も生えていて良くわかりませんでした。何人かが姿を捉えたようでシャ
ッター音が響き始めました。自分もレンズを急角度に上に向けて遮二無二ファインダーで探すと小さく動くものを見つけまし
た。たしかにヤマヒバリでした。木があったり、小枝が邪魔したりで、すぐそばの人でも見える人と見えない人がいました。
見えていても採餌しながら小刻みに動き回るのであっという間に見えなくなります。ちょうど自分の視界からヤマヒバリが外
れた頃、「あっ、居た居た!」とlikebirds妻の声がしたので一安心です。暗いのでシャッタースピードが上がらず、採餌中ク
チバシで落ち葉を跳ね飛ばすときに首を激しく振るのでブレ写真が多かったです。見えては見失うの繰り返しでしたが、夫婦
共に証拠写真は撮れました。立ち続けて待つこと9時間、似たような写真ばかりでしたが、ふたり分足すとかなりのショット
数になりました。
 ヤマヒバリの素晴らしい写真がネットで踊っているのを見るにつけ、だんだんブログにUPするのを躊躇う気分になりまし
た。でもまぁ、ヤマヒバリと出会えたことだけでも自分たちにはすごいことなので遅れましたがUPすることにしました。
 スーパー ハイパー ウルトラ エクストリームのトリミングです。(likebirds夫)
 


by likebirds | 2016-03-19 06:00 | 野鳥観察 | Comments(14)
ヒドリガモ
 帰る途中の芝生広場にヒドリガモが沢山いました。
せかせかと動きながら草を食べていました。
陸に上がったヒドリガモがとても綺麗で可愛らしかったので、仕舞ったカメラをもう1度出して撮影しました。(likebirds妻)


写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます


a0052080_17073039.jpg







a0052080_17325835.jpg







a0052080_17071295.jpg







a0052080_17325861.jpg

 ヒドリガモの写真ををUPするのは2007年以来です。2012年にもヒドリガモのtagを上げていますが、写真には小さく写っているだけです。見慣れたカモですが、地上で採餌しているのを撮るのは案外難しいですね。それぞれ勝手に草をむしっているので決めポーズがありません。しつこくレンズを向けているとだんだん警戒し始めて斜め後ろを向いて逃げる準備をします。ローアングルで狙ったりしているうちに、とても元気の良い可愛い女の子が自転車で群れに突入して飛ばしました。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-03-17 06:30 | 野鳥観察 | Comments(6)
バンとオオバン
 鳥撮りを始めた頃、夫に「赤いクチバシがバン、白いのがオオバン、黄色は?」と聞かれて、真剣に考えていたら
「小判でした!」とからかわれたことがありました。
バンやオオバンを見るたびに思い出します(笑)(likebirds妻)

写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます



見慣れたオオバンですが、よく見ると怪しく綺麗でした
a0052080_21120246.jpg







ポーズも決めてくれました
a0052080_21120294.jpg







こちらはおでこの赤いバンです
a0052080_21120212.jpg







美しい姿に驚きました
a0052080_21120116.jpg


 バンとオオバンは久しぶりの撮影でした。あまりにも見慣れてしまって、眼に入らなくなっていました。オオホシハジロ♀やミコアイサ♀を撮っているときに、ふと眼を留めるとびっくりするほど綺麗でした。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-03-15 08:43 | 野鳥観察 | Comments(6)
ミコアイサ♀
 ミコアイサのメスは、大きなカモたちの間を元気に泳ぎ回っていました。
小さいですが、可愛らしくて、すばしっこい動きで目立っていました。(likebirds妻)


写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます


a0052080_21301801.jpg






ちょこっとだけ、石の上に乗りました
a0052080_17465143.jpg







左奥からキンクロハジロ♂、ミコアイサ♀、ホシハジロ♂   みんな右のほうから近づいてくるオナガガモ♀を見ています
a0052080_00105342.jpg


 オオホシハジロ♀の居た都内の公園の池にはミコアイサ♀も泳いでいました。大急ぎで♂も探しましたが、どうやら居ないようでした。今までは白と黒でパンダガモなどと呼ばれるような美しいミコアイサ♂に眼を奪われがちでしたが、♀のミコアイサもじっくり見ると可愛く美しい鳥ですね。待っていると石の上にも登ってくれました。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-03-14 08:20 | 野鳥観察 | Comments(10)
オオホシハジロ♀
 以前オオホシハジロのメスを見たときは遠くの姿でしたが可愛い仕草を沢山見ることができてとても嬉しい出会いでした。
でも今回は、本当に間近で見ることができました。
遠くで見た時は地味な色合いの鳥さんのようでしたが、近くで見ると、とても繊細で上品な羽模様の素敵な鳥さんでした。
見てみたかった石の上で休んでいる姿も見ることができて、とても満足でした。(likebirds妻)

写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます


着いたときにはやっぱり寝てました  前回見てるので目が慣れてすぐにわかりました
a0052080_22425175.jpg






今回は池が小さいのですぐ近くで見ることが出来ました
a0052080_21281889.jpg








a0052080_21285180.jpg







待望の石に登ってくれました
a0052080_22451470.jpg






座り込んで一休みです
a0052080_21290681.jpg







モデル立ち???
a0052080_22475835.jpg





身体のお手入れもすぐそばで見ることができました
a0052080_22501119.jpg





キンクロハジロに何か言っているようでした
a0052080_22501115.jpg







右のホシハジロのメスと比べるとやはり左のオオホシハジロのメスは色が薄いです
身体の側面はかなりオオホシハジロのほうが白いですね  奥はホシハジロのオスです
a0052080_22501098.jpg

 先日、埼玉県の湖へ見に行ったオオホシハジロ♀が都内の公園へ移動したと聞きました。一度見て写真も撮れたのでもういいかな...と思っていましたが、デジスコ時代からの友人のブログに陸に上がって足の写ったオオホシハジロを見て考えが一変しました。これは自分も全身像を見てみたいし、写真にも残しておきたいと思い早速行ってみました。
 前回のように広い湖ではなく公園の池なのでさすがに近くで見ることができました。ときどき池の辺まで近づいてくるので数メートルで見ることもできました。たくさん居るホシハジロと近い距離でたっぷりと見比べることができました。けれども、オオホシハジロはなかなか陸に上がろうとはしてくれませんでした。ときどき水面から顔を出している石に近づくことはありましたが、先客のオナガガモの♀やキンクロハジロの♂などが邪魔になるのか、石に登りませんでした。先客の鳥たちが場所を空けてくれてスペースができても石に登ろうとする素振りだけして躊躇って止めたりしました。焦らされました。
 オオホシハジロが石に登ってくれたときには願いが叶って胸がスッとしました。(likebirds夫)


More オオホシハジロの潜水
by likebirds | 2016-03-11 11:05 | 野鳥観察 | Comments(8)
ハクガン
 都内で越冬してくれたハクガン。
白く綺麗な羽に、クチバシもピンク色になっていました。
河川敷の草をもりもり食べて相変わらすのマイペース。
美しいハクガンを見ることができて、とても嬉しかったです。(likebirds妻)


写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます

a0052080_11570751.jpg





a0052080_11362415.jpg





a0052080_11364061.jpg





a0052080_10255389.jpg





a0052080_11371051.jpg





a0052080_11374098.jpg





a0052080_10264573.jpg





a0052080_10265174.jpg




この日はズームレンズだったので遊んでみました
a0052080_10265586.jpg

 荒川の3羽のハクガン。だいぶ換羽が進んで身体が白くなってきたと聞いて、もう一度行ってきました。滞在も長いのでカメラマンはほとんど居ませんでした。ポカポカ陽気に包まれてのんびりとしながらハクガンを楽しみました。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-03-09 12:01 | 野鳥観察 | Comments(15)
オオジュリン
 コホオアカを待っている時、元気よく何度も現れてくれたオオジュリンです。
「おっ!」っと思うと、ほとんどオオジュリンでした。
葦の穂をするすると登ってよいところに止まってくれるので、コホオアカを待っている間楽しませてくれました。
(likebirds妻)



写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます

a0052080_21061784.jpg








a0052080_18322432.jpg







クチバシで茎を割り
a0052080_21064169.jpg







中にいる虫を食べてます
a0052080_21071147.jpg








a0052080_21072873.jpg







2月下旬ともなると黒味の増す雄もいますね
a0052080_18323764.jpg


 コホオアカの出てくるのを待っている間、オオジュリンが目を楽しませてくれました。目的の鳥が枝に来るのを眼を離さずに見張っているべきなのですが、ちょろちょろと動き回って可愛いのでついついレンズを向けてしまいました。小さいくせにクチバシの力は強そうで、ススキの茎の皮を剥ぎ穴を開けて中の虫を捕らえていました。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-03-07 20:39 | 野鳥観察 | Comments(12)