<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ヨシゴイ
 霧が晴れてくるとヨシゴイが飛ぶのが良く見えました。
ヨシゴイはいつも、葦の中から突然飛び出します。
慌ててレンズを向けて撮りました。
久しぶりの撮影で楽しかったですが、この日の暑さには参りました。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



気が付くと目の前の葦に止まってました
a0052080_16443584.jpg






メスの場所へオスが近づいてきました  メスは小さいですね
a0052080_17503637.jpg






お揃いで葦にとまりました  左がメス、右がオスです
a0052080_17455241.jpg






メスが飛び出しました
a0052080_16445895.jpg






葦を縫うように飛ぶメス
a0052080_17531338.jpg






オスはきれいなピンク色です
a0052080_17574936.jpg






葦を伝って歩いて移動するオス
a0052080_17593057.jpg






待っているとオスも飛び立ちました
a0052080_18012389.jpg






ヨシゴイのオスも芦原の中を飛びます
a0052080_18025604.jpg






ヨシゴイの前にも葦があるのでピントがなかなか合いません
a0052080_18041544.jpg






夫唱婦随のヨシゴイ
a0052080_18055591.jpg






と思ったら婦唱夫随になりました
a0052080_18070247.jpg






気が付くと遠くを飛んでいます
a0052080_16451935.jpg






時々高くも飛びました
a0052080_16453268.jpg






向こう側に見えるのは鉄道です
a0052080_18095579.jpg






列車が通るとこんなに近いです
a0052080_18100589.jpg


 朝霧が晴れると急に暑くなってきました。予定ではとっくに撤収している時間ですが、目的のサンカノゴイを見ていないので帰れません。持参した水筒の水をガブガブ飲み、汗を拭きながらたっぷりとヨシゴイさんにお付き合いさせていただきました。サンカノゴイさんには恨み節~~♫。(likebirds夫)

しばらく留守をしますので、コメント欄は閉じておきます

by likebirds | 2016-06-25 18:22 | 野鳥観察
朝霧の中のヨシゴイとオオヨシキリ
 久しぶりの鳥撮りにサンカノゴイを見ようと出かけました。
早朝に現地に着いたら、まさかの濃霧。あたりは真っ白でした。
でもオオヨシキリやヨシゴイは元気に鳴き、飛び交っていました。サンカノゴイの「ぼわ~~ん」と言う鳴き声も目の前で聞こえます。
サンカノゴイや沼アジサシは見ることができませんでしたが、楽しい一日でした。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください




まさに五里霧中でしたが、ようやく少し晴れてきました  ヨシゴイが飛んでいます
a0052080_19311636.jpg







白く浮いて見えているのは朝露に濡れた蜘蛛の巣です
a0052080_22144043.jpg







今まで気付きませんでしたが、葦の中は蜘蛛の巣だらけです
a0052080_22153040.jpg







露で光るくもの巣が綺麗でした  シルエットのオオヨシキリ
a0052080_22394962.jpg






靄の中でも餌探しに余念がありません
a0052080_22401411.jpg







オオヨシキリは蜘蛛の巣を巣材に利用しているようです
a0052080_22232804.jpg






蜘蛛の巣の主を食べちゃっていました  クチバシの先端に蜘蛛を咥えています
a0052080_22250744.jpg




 サンカノゴイと沼アジサシを見ようと北印旛へ行きましたが、どちらも見ることが出来ませんでした。朝6時に現地へ着きましたが、深い霧に阻まれてしばらく何もすることがありませんでした。ウシガエルやオオヨシキリ、ときどき響くサンカノゴイの声を聞きながら霧の晴れるのを待ちました。7時近くなって陽が高くなり始めるとようやく霧が薄れてヨシゴイやオオヨシキリの姿が見えるようになりました。
 すこしづつ明るくなるにつれて朝露に濡れた蜘蛛の巣がキラキラと光りだして宝石のように見えました。蜘蛛の巣の量は膨大でほとんど芦原の全面に及んでいました。霧が晴れると全く見えなくなりました。
 晴れてからの写真は後日UPいたします。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-06-21 23:19 | 野鳥観察 | Comments(14)
サシバ
 二ヵ月半ぶりにサシバの様子を見に立ち寄りました。
谷戸の森はすっかり緑に茂り、田んぼは青々と稲が伸びていました。
田んぼでカエルを狙うサシバ、派手さは無く狩の様子も決してかっこよくありませんが、
泥臭さがとても魅力的で好きです。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください


田んぼわきの電柱でじっと獲物を狙います
a0052080_18573882.jpg







狙いは大きなカエル
a0052080_18575543.jpg







カエルを足に持ち替えて、急いで飛びます
a0052080_18581165.jpg







カエルをしっかり握って
a0052080_18582660.jpg







足で獲物のカエルを掴んだまま我々の頭上を飛びます
a0052080_20090363.jpg






いきなり真上の電柱に止まりました。カエルの顔が見えてます
a0052080_18583943.jpg







尾羽はぼろぼろ
a0052080_18585154.jpg



 北印旛の谷津田にサシバを見に行ってきました。滞在時間が極めて短かったので、じっくりと観察は出来ませんでしたが、どうやら子育て中のようで親鳥が交互に捕えた獲物を運んでいました。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-06-20 20:46 | 野鳥観察 | Comments(6)
アカエリカイツブリ
 漁がお休みで、漁港は静まり返ってのどかでした。
アカエリカイツブリも活発に潜水を繰り返して、楽しませてくれました。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



オオハムやシロエリオオハムの浮かぶ波崎の港湾内にはスズガモやアカエリカイツブリも泳いでいました
a0052080_19073560.jpg







このアカエリカイツブリは未だ冬羽でした
a0052080_19091854.jpg







こちらもまだ冬羽の個体
a0052080_19493401.jpg






裸眼で遠目に見たときはカンムリカイツブリ?と思いましたが、双眼鏡を覗くと夏羽に換羽中のアカエリカイツブリでした
a0052080_20504512.jpg







振り向くと前頸辺りは赤くなりつつあります
a0052080_20503477.jpg







このアカエリカイツブリはかなり夏羽になっていました
a0052080_20514907.jpg







もう直に真っ赤な夏羽になるのでしょう
a0052080_20511479.jpg


 最近の写真がないので5月1日の在庫写真の放出が続きます。換羽中のアカエリカイツブリは頭の羽が逆立ったりすると遠目にカンムリカイツブリと紛らわしいときがあります。アカエリカイツブリのクチバシ基部は黄色なので区別できます。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-06-17 18:31 | 野鳥観察 | Comments(6)
オオハム
 漁港にはオオハムも餌を探して潜水を繰り返していました。
モノトーンな冬羽がシックで可愛らしい姿でした。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください



オオハムも対岸の堤防付近を泳いでいました
a0052080_18310258.jpg






羽を膨らませ・・・
a0052080_21443090.jpg







パタパタと羽ばたきました
a0052080_18295974.jpg






長い首を伸ばすとイメージが変わりますね
a0052080_18293448.jpg
 
 オオハムは前述のシロエリオオハムと違い、あまり岸壁近くには近づいては来ませんでした。オオハムとシロエリオオハムの識別は詳しい人でも苦労することがあるそうですから自分なりの判断でUPです。
 現地で双眼鏡やカメラのファインダー越しに見ているときは、その都度これはオオハムだとかこんどはシロエリオオハムだなどと判断しているのですが、その根拠となるといささか心許なくなります。帰宅してから写真を確認しているときには、何を根拠にそう思ったのだろうと自分ながらに呆れます。
 自分の見る限りではオオハムの夏羽は見掛けませんでした。夏羽にも会ってみたいものです。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-06-14 22:13 | 野鳥観察 | Comments(6)
シロエリオオハム
 鳥見にしばらく出かけていないのでタイムリーな写真がありません。今月に入りまったく更新がないので知人から問い合わせがありました。こちらは元気にしております。
 撮影してからだいぶ日が経過していますが波崎港のシロエリオオハムをUPします。(likebirds夫)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください



漁港の岸壁から漁船の間を見下ろすとシロエリオオハムが浮いていました
a0052080_18224961.jpg






夏羽一歩手前といったところでしょうか
a0052080_18275191.jpg






具合が悪いのか?  浜に上がっているシロエリオオハムもいました
a0052080_18294987.jpg







シロエリオオハムの冬羽です  前頸に首輪のような線が見えます
a0052080_18411291.jpg






このシロエリオオハムは未だ冬羽です  若いのか?首輪状の帯が目立ちません
a0052080_18335660.jpg






海中で何かをくわえています
a0052080_16354653.jpg







浮きあがると魚をくわえていました
a0052080_16354661.jpg



by likebirds | 2016-06-10 21:25 | 野鳥観察 | Comments(12)