<   2016年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ムギマキ♀
 ムギマキのオスは見たことがありましたが、メスを見に出かける機会はなかなかありませんでした。
そんな時ムギマキメスが見られると聞き、行ってきました。
ムギマキメスは山の斜面奥のカラスザンショウの実を食べにやって来るのですが、
とてもすばしっこくて、枝かぶりでなかなか良いところに止まってくれませんでした。
でも、何とか可愛い姿を見ることができて、本当に嬉しかったです。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください


丸い目がとても可愛いです
a0052080_21002983.jpg







前の枝が残念ですが。。
a0052080_21114643.jpg






カラスザンショウの実にちょこんと乗ってくれました
a0052080_21005146.jpg






おっとっと
a0052080_21024459.jpg







直ぐに飛んでしまいました
a0052080_21032871.jpg






飛んでくるときはいきなり見には来ず、そばの枝で様子見をします
a0052080_21064402.jpg






試しに16:9で
a0052080_21075657.jpg







枝からの飛び出し
a0052080_21095783.jpg






飛び出し その2
a0052080_21095811.jpg







やっと背中の写真が撮れました
a0052080_21095761.jpg







ムギマキのメスは今回が初めてです
a0052080_21100118.jpg



 あまり良いムギマキ♀の写真はありませんが、相変わらずたくさん並べてしまいました。夫婦二人で数枚づつ選ぶとすぐに10枚を超えてしまいます。写真にストーリー性があるなら別ですが単なる羅列の場合は諄いだけで良い点はないのは充分認識していますが結果的にいつもこうなってしまいます。

 理由の一つはどの写真が良くてどの写真が良くないのか選別できないことがあります。以前は鳥と分かれば全て残していたこともあります。

 数百枚も写真を撮ったが3枚だけ残してあとはすべて消去したなどという他所様の話を聞くと信じられない気持ちになります。もったいなくて自分には到底できないことです。物は捨てられても写真は捨てられません。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-10-31 11:26 | 野鳥観察 | Comments(8)
コゲラ
 たわわに実ったイヌザンショウにコゲラが時々やってきました。
枝を移りながら、食べごろの実の下に陣取り、美味しそうに実をつついていました。
見やすいところにやって来てくれて、楽しませてくれました。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください



a0052080_08102541.jpg








a0052080_08240616.jpg








a0052080_08243253.jpg

 低山でも頂上はそれなりに寒いだろうと思って厚着をしていきましたが直射日光を浴びて額から汗が噴き出るほどでした。

 たわわに実ったイヌザンショウの木の前に陣取って実を食べにくる小鳥を狙って撮影しました。数日前まではエゾビタキやコサメビタキで賑わっていたそうですが、季節の移りは早いものでまったく見かけませんでした。

 一番サービス良く現れたのは一年中いるコゲラでした。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-10-29 11:45 | 野鳥観察 | Comments(4)
ノビタキ その3
 キマユホオジロを待っている時、頻繁に現れてくれたノビタキです。
畑で見たノビタキと違った景色でノビタキを撮ることができて、良かったです。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください




サッカーグラウンドを見下ろす場所で。。
a0052080_11270569.jpg





黄色尽くしのお花に囲まれて
a0052080_21432808.jpg

 ノビタキ撮影に夢中になると目的のキマユホオジロを撮り損ないそうで気が気ではありませんでしたが、まるでモデルになったように振る舞うのでついシャッターを切りました。セイタカアワダチソウとセンダングサの向こう側はサッカーグラウンドで少年たちが声を上げながら練習していました。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-10-24 18:43 | 野鳥観察 | Comments(8)
オオルリ♂若とキビタキ♀
  エゾビタキやコサメビタキを撮っていると、オオルリ若オスがやってきました。
体が大きくて背中のターコイズブルーが鮮やかで綺麗です。
渡りのオオルリ若オスを見るのは久しぶりなので嬉しかったです。
爽やかな色合いできりりとした美人顔のキビタキメスも見ることができて、嬉しかったです。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください


オオルリ♂若
a0052080_10181422.jpg







キビタキ♀かと思いましたがオオルリ♀ですね!!
a0052080_10194871.jpg






オオルリ♂若
a0052080_20390903.jpg






オオルリ♂若
a0052080_20393434.jpg






キビタキ♀
a0052080_10194749.jpg







キビタキ♀
a0052080_20405668.jpg


 渡りのエゾビタキやコサメビタキに混じって少数のオオルリ♂若と♀やキビタキ♀にも出会うことが出来ました。キビタキ♂も居たのですが、枝の奥だったり遠くだったりで残念ながら上手く撮影できませんでした。

 そう言えば、渡りの時期のオオルリ♀にはなかなか出会えません。ルートは同じはずですからきっと何処かにひっそりといたのだと思います。そう思うと急に見てみたくなりますね。キビタキ♀と思って撮った写真がPCで確認するとオオルリ♀でした。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-10-22 06:00 | 野鳥観察 | Comments(10)
コサメビタキ
  公園の桜の木には、コサメビタキもやって来ました。
ここも、ミズキの実が不作のようで、虫を探して食べているようでした。
つぶらな丸い目がとても可愛いコサメビタキも見ることができて嬉しかったです。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



a0052080_10224150.jpg








a0052080_10224279.jpg








a0052080_10224301.jpg








a0052080_20370003.jpg







a0052080_20381951.jpg


 エゾビタキのなかにコサメビタキが混じっていると、ついコサメビタキの方を優先的に撮ってしまいます。この公園ではほかのカメラマンも同じ傾向でした。自宅近くのフィールドではコサメビタキのほうが少ないのも理由の一つだと思います。

 コサメビタキのほうが可愛いのではないか?と思われるのです。コサメビタキは国内の高原などで普通に繁殖していますから秋だけでなく夏にも見ることが出来ます。その点、エゾビタキは渡りの通過のほんの一時期だけ(春にはほとんど見れませんから)しか見ることが出来ません。

 やはり、より愛らしいと思われるほうに自然とレンズが向くのだと思います。カメラマンの態度にもそのことが現れています。エゾビタキは「エゾ」とか「エゾビ」などと省略形の呼び捨てをする人がほとんどです。コサメビタキも「コサメ」と呼ぶ人も多いのは確かですが「コサメちゃん」などとちゃん付けで呼ぶ人も良く見かけます。
 なかには「コサメたん」などと愛称で呼ぶ人も少なくありません。

 そんな状況で、エゾビタキはコサメビタキをどう思っているのか聞いてみたくなります。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-10-20 06:00 | 野鳥観察 | Comments(6)
エゾビタキ
 エゾビタキはこちらでは秋の渡りの時だけ見られるヒタキです。
今年もシックで可愛いエゾビタキを見ることができて嬉しかったです。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



a0052080_10254320.jpg








a0052080_10260346.jpg








a0052080_10265143.jpg







a0052080_20273983.jpg








a0052080_20284068.jpg








a0052080_20281296.jpg






これは鷹の渡りの帰りに見たエゾビタキです
a0052080_20271717.jpg

 毎年毎年、秋が深まるとエゾビタキというのも何か芸が無いような気がしますが、それでも見に行かないのは余計に芸が無いような気もして結局見に行きました。

 いつもはタカの渡りを見に行った帰りにその付近でエゾビタキ、コサメビタキ、サメビタキなどを探すのですが、今回はそこで見たのはエゾビタキ2羽のみでした。30羽くらいが入ったと聞いていたのですが当てが外れました。
 周辺を眺めるとミズキの実がまったく成っておらず全滅状態だったので、エゾビタキ達も当てが外れて飛び去って行ったのでしょう。

 タカの渡りの場所ではあまり写真が撮れなかったので隣県の都市公園へ行ってみました。ここでもエゾビタキは多いとは言えませんでしたがそれなりに枚数は撮影出来ました。

 エゾビタキを撮影に来る人は多いのですが、人気では サメビタキ > コサメビタキ > エゾビタキ という順ですね。国内で繁殖せず純粋に通過のみはエゾビタキだけなんですが、なにしろ数が一番多いから希少価値という点では低いのかもしれません。
 かくいう自分も公園でエゾビタキを撮影しながらこっそりと他の2種を探しました。今季は未だサメビタキは見ておりません。(likebirds夫)


by likebirds | 2016-10-18 18:35 | 野鳥観察 | Comments(8)
キマユホオジロ
 離島に行かなければ見ることができないと思っていたキマユホオジロを見ることができました。
刈り込まれたツツジの上に時々止まりましたが、直ぐに茂みに潜ってしまいます。
神出鬼没で見つけるのに苦労しましたが、何とか見ることができて良かったです。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください




やっとキマユホオジロが出て来てくれました  初見初撮りです!
a0052080_11112400.jpg







白い眉斑の先半分(クチバシ側)に黄色味があります
a0052080_11112519.jpg







連写中に飛び出しました
a0052080_11112545.jpg







そのおかげで飛んでるところも撮れました
a0052080_11115996.jpg







一瞬しか止まっていないので手強いです
a0052080_11120042.jpg






散歩の人に驚いて植え込みの上に乗ってくれました
a0052080_11120111.jpg







堤防のすぐ下、いちばん近くでの写真です
a0052080_11120177.jpg


 
 隣県のダム湖にキマユホオジロが出ているとのブログがあると連絡を受けました。直ぐに出かける決断が着かずにいました。昼前になって実際に現地で撮影されている方からの連絡をいただき、急に尻に火が着いたような気分になって慌てて向かいました。

 現地までは1時間強。13時頃には到着できるつもりでした。ところが、慌てて以前の記憶で向かったため間違えて隣のダム湖へ行ってしまい大幅に時間をロスしてしまいました。結局、現地付近の駐車場に到着したのは14時を過ぎていました。

 駐車場でカメラを出していると、長尺のレンズを肩に背負ったカメラマンが続々と引き上げてきていました。皆さん、お腹いっぱいキマユホオジロを撮影した満足感で笑顔でした。撮った!撮った!出が悪くなったので帰って来たと言う人までいて胸が張り裂けそうになりました。

 足早に向かう途中、ちょうど先輩ご夫妻が帰って来られるところに行き当たりました。ご親切にも、ベストポイントまで引き返して案内してもらうことが出来ました。猛烈に焦っている最中だったので大感謝でした。

ひとしきりダムの堤防から見下ろしていましたが、現れるのは数羽のスズメばかりで、そうしている内にも並んだカメラマンは櫛の歯が抜けるようにどんどんお帰りになります。帰らずに残っている人たちも、散々撮ったから今度もう一度出たら帰ろう、という人が多くてあんまり真剣じゃありません。私たちのように目がお皿になっている人は少数でした。

 この場所には数羽のホオジロ♂♀も住んでいるようで最初は紛らわしいです。パタパタッとしたのでカメラのファインダーをのぞくと思いっきりホオジロです。ああドホオジロとか言いながら、それでもついシャッターを切りました。

 そんなことをしているうちに、だんだん悲観的な気分になり始めた矢先、眼下のツツジの植え込みの上に腹の白さの目立つホオジロ系がとまりました。遠く小さいので肉眼ではカシラダカそっくりに見えました。もう狂ったように連写をしまくり、飛び去ってからモニタで確認するとやっぱりホオジロじゃない!! ホオジロじゃないけど。。

 モニタを拡大してみると白い眉斑の半分がほんのりと黄色味がありました。シロハラホオジロじゃない。もちろんミヤマホオジロともぜんぜん違うし。

 キマユホオジロの初見初撮りでした。眉斑の黄色の部分が図鑑よりもかなり薄いんですけど。。

 キマユホオジロも一旦この目で確認すると、目が慣れてすぐにわかるようになりました。(遠目にはカシラダカですけど)
その後、17時まで約3時間弱粘りましたが計4度出て来てくれました。

 日本海の離島まで旅行することなくキマユホオジロに出会うことが出来てお得感満点で引き上げました。(likebirds夫)



by likebirds | 2016-10-17 20:11 | 野鳥観察 | Comments(10)
セッカとコスモス
 コスモス畑でセッカの親子が見られると聞き、行ってきました。
綺麗なコスモスにセッカがちょこんと止まって、とても可愛かったです。(likebirds妻)



 

写真をクリックして拡大画像をご覧ください



両足を広げる独特のポーズ
a0052080_21363070.jpg






花の下に隠れていた巣立ち雛がすこしづつ登ってきました
a0052080_21401279.jpg






薄ピンクの花へ飛んで来ました
a0052080_21352152.jpg







a0052080_21262835.jpg






キバナコスモスにもやってきました
a0052080_21271943.jpg






素早くてなかなか手強かったです
a0052080_21373818.jpg






餌を咥えて。。  呑み込みました
a0052080_21543233.jpg






かなり暗くなってきたのでこれで止めました
a0052080_21381778.jpg


 どうも「花と鳥」というと運に恵まれないのですが、今回は撮れました。コスモス畑のあるこの公園はしばらく前にノビタキを撮りに来たのですが、まったく出会うことが出来ずに頭を抱えて帰った場所です。

 この日も昼前から数時間も地面のヒバリばかりで諦めて帰ろうかと思っていましたが、久しぶりにお会いできたベテランご夫妻に「粘らなきゃダメ!」と言われ、特にご主人には「4時過ぎれば出ますよ。」と太鼓判を押されて待ちましたが、その甲斐がありました。大喜びで一緒に撮らせていただきました。

  午後2時半ころに一度姿を現し、その後は断続的にコスモスの中にとまってくれました。 雛は別として、花の中での滞在時間がとても短いので苦労することが多かったです。 夢中で撮っているうちに暗くなり始め、チャイムが鳴ったので5時だと思って引き上げました。実際には4時半でした。あと30分粘っても良かったかも知れません。(likebirds夫)


by likebirds | 2016-10-14 22:23 | 野鳥観察 | Comments(4)
ハヤブサ幼鳥
 好天で北東の風が比較的強く吹いた早朝、鷹の渡りにはもってこいの天気です。
鷹の渡りを待っている私たちにアピールするように、何度もハヤブサの若が飛びました。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



a0052080_17574831.jpg








a0052080_17574857.jpg






足を伸ばしました!?
a0052080_21091854.jpg

 先日、横須賀へタカの渡りを見に行った時の写真です。早朝は北風にもかかわらず渡りのタカがなかなか飛んで来ませんでした。タカが飛ばないはずのないお天気でした。気持ちが弱いので直ぐに不安や不満が頭をよぎります。こんな日に限って飛ばなかったりして。。とか、風が冷たくて少し寒いな。。もっと着て来るべきだったかな。。とか。
 そんな時、若いハヤブサが何回も頭上を飛び回って目を楽しませてくれました。この付近に居着いているそうです。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-10-13 20:09 | 野鳥観察 | Comments(4)
渡りのサシバ
この秋は雨ばかりで、なかなか出かけられませんでした。
やっと鷹の渡りを見にいってきました。
既に終盤を迎えていたのですが、この日は140羽余のサシバとノスリが元気に渡っていきました。
サシバ達は旋回することなくまっしぐらに上空を飛び去っていきました。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



a0052080_17553594.jpg








a0052080_17554021.jpg







a0052080_17543363.jpg







a0052080_17542863.jpg







a0052080_21052227.jpg








a0052080_21060797.jpg


 横須賀まで鷹の渡りを見に行ってきました。天気予報では北風が吹くのは昼からでしたが、山頂では幸先よく早朝から北東の風が吹いていました。朝早くから集まった人たちの期待は高まりましたが、肝心のタカは遅い出になりました。
 午前8時半過ぎにやっとサシバが飛んで来始め(15+3+5羽)、9時頃にまた比較的大きな一団(24羽)が通り過ぎました。その後も断続的にサシバが飛んでは来るものの通過ルートが遠かったり、飛行高度が高かったりが多かったです。
 それでも冷たい空気を吸いながら眺めるタカの飛行は秋の深まりを十二分に味わうことが出来て気持ちが良かったです。昼前に引き上げました。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-10-11 21:43 | 野鳥観察 | Comments(6)