メグロ② 小笠原・硫黄島3島クルーズツアー(19)母島
 母島最終日、相変わらず焼け付く日差しです。
昨日見回ったところを歩いていると、ガジュマルを食べにくるメグロが見られると教えてもらいました。
直近に小笠原を襲った台風で、あちこちのガジュマルの実は落ちてしまっていましたが、そこの木だけは赤くたわわに実っていて
メグロやメジロがひっきりなしに実を食べにやって来ていました。
涼しい日陰の道端に腰を下ろして、見てみたかったガジュマルの実を食べるメグロを存分に見ることができてとても嬉しかったです。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



小さなりんごのようなガジュマルの実
a0052080_10582757.jpg








a0052080_17241748.jpg





実をほじるように夢中で食べています
a0052080_10592311.jpg






食べている最中にふとこちらを見ましたが逃げません
a0052080_17281821.jpg







a0052080_17245250.jpg







a0052080_17261480.jpg






メジロのように逆立でぶら下がりました
a0052080_17230593.jpg






ガジュマルから我々の横の別の木に飛び移りました
a0052080_17221608.jpg







a0052080_10584969.jpg



 小笠原旅行ツアーの5日目。母島に宿泊した翌日に撮影したメグロです。この日は母島から父島へ戻り、午後3時半には父
島からおがさわら丸で東京へ向け出港です。正午には港の待合所に集合しなければなりません。
 早朝から食事を挟んであちこちとうろちょろしていたのですが、大きなガジュマルの木の実を食べにくるメグロが撮影でき
る場所があると教えていただき急行しました。その場所は幸い日陰に座ってメグロを撮ることが出来る場所でした。
 旅行に出発以来ずーっとテンション上げ上げで過ごしてきたので、知らぬ間にすっかり疲れていました。日陰で涼しい風が
当たる場所に丁度良い高さの冷たい石があります。これ幸いと腰かけてメグロを撮りました。お尻の下の石は冷たくて良い気
持ちでした。
 メグロは人を怖れず、ガジュマルの赤い実をつついて中身をむしり取るように食べる姿を至近の距離で見ることが出来ました。
信じられないほどノホホンとしてるメグロ(カラスバトも同様です)を見ていると、自然界も人間界も弱肉強食が常と言われ
ていますが嘗ては違う世界もこの鳥にはあったんだろうなぁという気がしてきます。
やっとのんびりした旅行気分に浸りながらの野鳥撮影を楽しむことが出来ました。後は集合場所近くのお店でアイスクリーム
を食べるだけです。主要な興味がアイスやジュースへ移っていくのを止められませんでした。
 小笠原固有種のうち、オガサワラカラスバト、オガサワラガビチョウ(本土の外来種ガビチョウとは関係ありません)、
オガサワラマシコは絶滅して、メグロ1種だけが辛うじて生き延びているそうです。
 DNAの分析では互いに数キロしか離れていない母島・向島・妹島の三島のみに生息しながら相互の交流はほとんどないそ
うです。各島で独自の進化を遂げている可能性があるとのことでした。(likebirds夫)

# by likebirds | 2017-10-30 05:00 | 小笠原諸島・航路 | Comments(8)
シギ・チドリ 小笠原・硫黄島3島クルーズツアー(18)母島
 前浜にある小さな河口には何羽かのシギチがのんびり水浴びしたり、羽繕いしたりしていました。
灼熱のような日差しに、撮影をしていてへばってしまいます。
気持ちよさそうに水浴びしているチュウシャクシギやエリマキシギが羨ましく感じました。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください




母島港に着くと小さな湾の向こうにチドリとシギ達がいました  まずは遠くから。。
a0052080_12085570.jpg







のんびりしていたムナグロの前をエリマキシギが早足で通過
a0052080_21304800.jpg






チュウシャクシギは狭い砂浜を闊歩してました
a0052080_21301257.jpg






浪打際で餌探しをするトウネン
a0052080_21310987.jpg







キョウジョシギは湾の手摺にとまっていました
a0052080_21473025.jpg







草原にもムナグロがいました
a0052080_21312565.jpg



 小笠原旅行中に母島で見たシギ・チドリです。シギはトウネン、チュウシャクシギ、キョウジョシギ、エリマキシギの4種。
チドリはムナグロ1種です。事後の鳥合わせのときに、タカブシギやセイタカシギの名前も出ていましたが私達は見ませんで
した。セイタカシギは南島に渡った時に遠くにいるのを見つけましたが、強い陽炎で写真になりませんでした。
 明るい浜辺に太陽が燦燦と降りそそぐ亜熱帯の孤島に居るシギ達は本土で見るのとはすこし雰囲気が違いました。まずはじ
めに水面が眩しくて目が痛いです。目を凝らして見る先の冬羽のシギ達は本土以上に地味に感じました。
 居る数もチョボチョボです。まぁ、はっきり言ってあまり面白くなかったというのが正直な感想です。
 この時期にこの場所にいるシギ・チドリたちはこの場所で越冬するものもいるのでしょうが、さらに進み南半球の越冬地の
一地方であるオーストラリアやニュージーランドへ行くための中継地としてt立ち寄っているのが大半ではないかと思われます。
 今までは単純に世界地図を広げて、日本列島に立ち寄るシギの移動はその後、九州→沖縄諸島→フィリピン諸島→インドネ
シア諸島→オーストラリア、またはアジア大陸東南アジア経由マレーシア、その先はソロモン諸島→ニューカレドニア→ニュ
ージーランドという具合に陸地主義というか島伝いに渡ると思っていました。出来るだけ一度に海を渡る距離は少ないルート
を選ぶと思ったからです。いわゆる東南アジアフライウェイです。(この場所からインド、アフリカ、南米へ行くのは居ない
と思われるので)
 でも小笠原諸島はそのルートから外れてポツンとしています。たんなる素人の憶測ですが、ここから北マリワナ諸島・ミク
ロネシアあたりを通って直接パプアニューギニア辺りを目指すのではないかと思いました。
 ちょっと疑問だなぁと思ってあちこち漁ってみたのですが、アラスカのオオソリハシシギをGPS追跡したところ、オース
トラリアやニュージーランドまで1万キロを1週間かけて無着陸で渡るものもいるそうです。
  哺乳類の我々には想像できないものを鳥類は持っていそうですね。楽な道ばっかりを選ぶ自分には想定外の行動です。
(likebirds夫)

# by likebirds | 2017-10-28 05:00 | 野鳥観察 | Comments(8)
オガサワラヒヨドリ 小笠原・硫黄島3島クルーズツアー(17)父島・母島
 オガサワラヒヨドリはこちらで見るヒヨドリと違って、けたたましく鳴くことも無く姿も余り見かけませんでした。
強い日差しに汗だくで集中力がなくなってしまっていましたが、もう少し見ておきたかったと心残りの鳥さんです。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください


パイナップルではありませんでした  小笠原固有のタコノ木でした
a0052080_21530289.jpg






落ちたパパイアを食べに来たのですが、遠慮がちな様子です
a0052080_21262888.jpg







換羽中(?)で姿がちょっと貧相です
a0052080_21384250.jpg







暗い乳房山登山道のオガサワラヒヨドリ
a0052080_21391245.jpg


 小笠原旅行の報告を続けます。 ヒヨドリですみません。
 陸地の鳥の撮影で悔いが残ったのは先日UPした亜種オガサワラノスリと今回の亜種オガサワラヒヨドリです。どちらも積
極的に撮影したのではなく、鳥見の途中で見かけるとついでに撮っておいたものです。そして両者とも頻繁に見かけたもので
はありませんでした。敢えて言えばメジロもついでに撮ったのですが、何処にでも居るので結果的にはいろいろ撮れました。
 オガサワラヒヨドリを最初に見たのは母島でパパイアの落実を食べにくるメグロを待っているときでした。本土のヒヨドリ
のように喧しく鳴かずにサッと現れて一瞬だけとまって飛び去りました。
 次に会ったのは乳房山登山道です。この時は鳴いていましたが、本土のように鬱陶しいほどの鳴き方ではありませんでした。
声は本土のヒヨドリより甲高かったです。2年前は街中で煩いと思ったのと逆の印象でした。
 体色は以前に石垣島で見たリュウキュウヒヨドリのように黒っぽかったのですが、観察時間がほとんどなかったのでそれ以
上の記憶がありません。
 この小笠原諸島には異なる2種類のヒヨドリが別々の場所に住んでいるそうです。(昨年の森林総合研究所プレスリリース
、及び 毎日新聞記事
 そのひとつがこの旅行でわたしたちが見た亜種オガサワラヒヨドリです。父島群島・母島群島を住み家として、起源は沖
縄・八重山諸島から1800kmの海を渡ってやって来たヒヨドリです。
 もうひとつが硫黄島を含む火山列島に住む亜種ハシブトヒヨドリで、本州または伊豆諸島から渡って来たものが起源とのこ
とです。文字通りオガサワラヒヨドリよりクチバシが太いそうです。
 つまり異なる進化を遂げてきた2集団がそれぞれの場所に定住して交じり合うことなく現在に至っているそうです。
 これを知ってNHKの番組「歴史ヒストリア」を見る思いがしました。古くは皇家の血を引く源氏と平家が別々の隣り合う
島に進出し、決して交じり合うことなく自分たちの血統を守りながら独自の文化を発展させるなーんちゃっての壮大な歴史ロ
マンを連想(妄想?)したからです。
 そんなことを考えながら旅行に出かけたのですが、現地では頭からすっかり抜けていました。likebirds妻に話すのは「アイ
ス買ってきて!」ばっかりで、当然ながら撮った写真はショボイものとなりました。(likebirds夫)

# by likebirds | 2017-10-25 05:00 | 小笠原諸島・航路 | Comments(6)
クマタカ

台風21号で被災された方々にお見舞い申し上げます



 久しぶりにクマタカを見に行って見ました。
ついたとたんに上空を飛んでいたクマタカが飛び去った後で「運が無いなぁー」とがっかりしましたが
昼のパンを食べながら待っていると、若鳥がピーヨピーヨ鳴きながら背後の山陰から出てきてくれました。
その後正面の斜面をゆっくり飛んでから木の陰に入り、奥のほうに止まって見えなくなりました。ピーヨピーヨ鳴く声が時々聞こえるだけです。
もう帰ろうと移動始めたら若鳥はまた飛んで、親鳥が飛ぶのも見ることができました。
距離がありましたが、クマタカを見ることができて嬉しかったです。(likebirds妻)





写真をクリックして拡大画像をご覧ください


一昨年生まれの若いクマタカです
a0052080_13070857.jpg






身体は大きいですがまだ甘えん坊、ピーヨピーヨと鳴きながら飛びます
a0052080_21490052.jpg








a0052080_13083297.jpg








a0052080_21491345.jpg








a0052080_13093376.jpg








a0052080_13100729.jpg







大声で鳴き続けています
a0052080_12003642.jpg








a0052080_21492547.jpg







トビに厳しいモビングを受けて飛び去りました
a0052080_22393873.jpg



 
 先日のコスモスノビタキならぬソバノハナノビタキを撮影した帰り道に少し寄り道をしてダム湖に寄ってみました。
 到着した時に親子で出ていましたが、車から下りて機材を用意している間に飛び去られてしまいました。先客のカメラマン
に「ちょいと遅かったですね~」と言われて苦笑いをしました。
 木陰で休憩も兼ねて三脚椅子に座っていると「出ましたよ」の声がしました。急いで空を見上げると若いクマタカがピヨピ
ヨと大声で鳴きながら飛んでいました。あっという間に山の斜面に飛んでいき旋回しました。
 帰る途中に若鳥と成鳥が同時に高空を飛びました。望遠レンズでは両方を画角に入れることが出来ず、仕方なくトビに嫌が
らせをされている若鳥のほうを撮影しました。(likebirds夫)

# by likebirds | 2017-10-23 05:00 | 野鳥観察 | Comments(8)
オガサワラノスリ 小笠原・硫黄島3島クルーズツアー(16)父島・母島
 オガサワラノスリは何度か見ることができました。
こちらで見るノスリより色白でした。
前回に続き、今回もオガサワラノスリを見ることができて嬉しかったです。
(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください


宿泊した母島での夕食。 名物の島寿司はとても美味しかったです
a0052080_15150264.jpg






父島の二見港で電線にとまるオガサワラノスリ  ははじま丸のデッキから
a0052080_16030661.jpg






レンズを向けると直ぐに飛びました
a0052080_16030755.jpg






母島では青空を旋回する姿を見ることが出来ました
a0052080_18040918.jpg







本土のノスリより白っぽいそうです
a0052080_18045372.jpg






母島で、高いところを旋回して飛び去ってしまいました
a0052080_21065445.jpg


 9月8日~9月13日の小笠原旅行の報告を続けます。
 父島や母島の気候は気温が30度くらいでした。東京の酷暑日程は高くありません。日陰に入ると案外涼しかったです。
木陰に入って風に吹かれると何とも気持ちが良く、日向で歩きに歩いて掻いた大汗も引いてくれました。
島にとまったのは唯一母島だけでしたが、ここで泊まった「アイランドリゾート母島ナンプー」は清潔感満点、広くて快適で
した。食事も地元の料理がとても美味しかったです。船中泊をまったく苦にしていませんでしたが、やはり陸地の広いベッド
での睡眠はこの旅行を通じて1番の睡眠を得ることが出来ました。風呂も各部屋に付いていて船内のシャワーのような混雑や
順番もなく、後ろで待つ人を気にすることなくゆっくりと入浴することが出来ました。
 オガサワラノスリは以前にも飛んでいるのを短時間見たことがありましたが、今回も見たのは短時間でした。父島から母島
へ向かうためははじま丸に乗船し、デッキから港岸辺の電柱に居るオガサワラノスリを見つけました。レンズを向けると直ぐ
に飛びました。その次は母島でガイドさんに引率されて移動中に空を飛んでいました。河口近くの川で幼鳥が水浴びをしたり
餌を捕っているのを見た人もいました。その場所へ私たち二人も何回か行ってみましたがその度にオガサワラノスリは留守で
した。
 ノスリの国内の亜種は基亜種ノスリ、この亜種オガサワラノスリの他には亜種ダイトウノスリがあります。ダイトウノスリ
は絶滅、亜種としての存在に疑問とのことです。そうすると現在国内では2亜種だけと言うことになります。そして推定生息
数約60羽という少なさです。それなら、もう少し様々なオガサワラノスリの写真が欲しかったとちょっと悔いています。
 他に猛禽も居ないため、このオガサワラノスリが生態系の頂点に君臨している鳥さんです。今の頂点は野生化したネコと言
う人もいますが。(likebirds夫)

# by likebirds | 2017-10-21 05:00 | 小笠原諸島・航路 | Comments(8)
ハシナガウグイス 小笠原・硫黄島3島クルーズツアー(15)母島
 2年前に行った小笠原弾丸ツァーの時に、声だけしか聞くことが出来なかったハシナガウグイス、
今回は是非見てみたいと思っていました。
何とか、写真に収めることが出来てとても嬉しかったです。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください




草薮から一瞬出てきたところを、運よく細くて長いクチバシが撮れました
a0052080_21484068.jpg






翌朝、乳房山登山道でもハシナガウグイスに出会いました
a0052080_21222500.jpg







明らかにクチバシが長いように見えますがどうでしょう?
a0052080_21222640.jpg







囀りは「ヒーーーーチョッチョリ、チョッチョリ!」と聞こえました
a0052080_21222608.jpg







ぐっと近づきましたが逃げません
a0052080_21222790.jpg







枝が邪魔ですが。。
a0052080_23031222.jpg







登山道を入るとチトセラン(トラの尾)が群生しています
a0052080_23194767.jpg







乳房山登山道
a0052080_21240622.jpg







乳房山
a0052080_23221675.jpg




 中断していた小笠原旅行の報告を再開します。
 アカガシラカラスバトの次はやはり小笠原固有亜種のハシナガウグイスです。聟島列島では絶滅、この父島母島を含む小笠
原群島でも野生化した野ネコに襲われて数を減らし、環境保護のため野ネコがコントロール下に置かれるとそのことにより数
を増やした外来種クマネズミに襲われて更に減っているとのことです。
 早めに見ておかないと徐々に見つけにくい鳥になってしまう可能性大なので、今回出会うことが出来たのは大きな喜びにな
りました。
 ガイドさんに引率されてアカガシラカラスバトを探しているときに、少し開けた場所で「チャッ、チャッ」とウグイスの地
鳴きの声がしました。ひとりが目敏く低木の枝に居るウグイスを見つけて写真に撮りました。そのあとすぐにウグイスは下の
ゴチャゴチャの藪の中に下りてしまったので自分は見ることもできませんでした。
 それを今度はlikebirds妻が素早く撮っていました。亜種ハシナガウグイスは嬉しい初見初撮りです。
 カメラのモニタには亜種ウグイスより明らかに長いクチバシが写っていました。
 翌日に乳房山(ちぶさやま)の登山道を登った時にもハシナガウグイスに出会うことが出来ました。乳房山は登山道入り口
で靴の泥を洗い落とす等すればガイドの引率無しで登れる山です。
 誰も居ない登山道を自分たちだけで登るのは最初は少し不安でしたが、一本道なのでどんどん登りました。入り口付近は
びっしりとチトセラン(トラの尾)が生い茂った細い道です。本土では鉢に植える観葉植物ですから、やっぱり南国へ来たも
んだという実感がありました。1時間ほど早足で登りましたが、朝食の時間に間に合わせるために途中で引き返しました。
 引き返し始めてすぐに、聞き慣れない鳴き方の大きな声がしました。likebirds妻が「ウグイス!ウグイス!」と言うので声
のほうを見ると小さな鳥がチョロチョロと枝間を移動していました。ファインダーで覗くとウグイスでした。そう言えば声は
間違いなくウグイスです。ウグイスが外国語をしゃべっているといえば感じが近いと思います。
 こちらは日本語風に「ホーホケキョ」と口笛を吹こうとしましたが、何故か唇が強張って上手く吹けませんでした。でも、
幸いウグイスは少しづつ近づいて来てくれました。こちらから近づいても逃げません。
 登山道は鬱蒼としていて暗いので撮影は難しかったですが、ハシナガウグイスとはっきりわかる写真もあったので幸いでした。
 朝食前に大汗を掻きましたが登って良かったと喜び合いました。(likebirds夫)

# by likebirds | 2017-10-19 05:00 | 小笠原諸島・航路 | Comments(10)
ノビタキ
 朝もやが消えて、朝日が昇るとノビタキが蕎麦の花に止まって、餌探しを始めてくれました。
蕎麦畑の横に植えられているアマクリナムの花にも何度も止まって、虫を狙っていました。
白い蕎麦の花に止まるノビタキも、ピンク色のアマクリナムに止まるノビタキも、初めて見る姿です。
2日続けて挑戦して、本当によかったと思いました。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください



アメリカセンダンソウに2羽とまりました
a0052080_20564684.jpg






反対側の蕎麦畑を見るとアキノノゲシに。。
a0052080_20580663.jpg







蕎麦の新種「タチアカネ」の実は赤いそうです
a0052080_21323874.jpg






低いところの蕎麦にも
a0052080_22045887.jpg






フライングキャッチ
a0052080_22051004.jpg







諍いもありました
a0052080_22211172.jpg






アマクリナムの花はお気に入りみたい
a0052080_22054592.jpg






白とピンクがゴージャス
a0052080_22055787.jpg






見返り姿、キュートです
a0052080_22095820.jpg







こちらは赤蕎麦の畑です ノビ君は来ませんでした
a0052080_21451295.jpg






結局、コスモスには来てくれませんでした~~103.png
a0052080_21541332.jpg



 埼玉県の巾着田のノビタキの続きです。
 2日続けて見に行きました。1日目は朝コスモス畑に2羽出たのを見損ないその後は1羽のみ。その1羽も嫌な場所ばかり
にとまってサービスはゼロ。あまりに悔しいので翌日に再チャレンジしました。
 まだ暗い早朝から繰り出して行って前日のリベンジとばかり、しつこいほどノビタキを楽しみました。ノビタキは近くや遠
くを定期的に回ってくるので、ほとんど移動しなくても見ていることが出来ました。ときどき連れ立って川の方向へ飛び去り、
しばらく見えなくなります。おおかた水を呑んだり水浴びをしているのだろうと思い、自分も水分補給をしました。
 likebirds妻はアマクリナムとかいうピンク色の花の近くで、その花にとまるノビタキをさかんに写していました。自分は
離れたところから狙ってみましたが、陽が高くなっていたので陽炎の影響を受けて良いものはありませんでした。
 午前11時過ぎには引き上げましたが、その間にノビタキはコスモス畑に来た形跡はありませんでした。(likebirds夫) 

# by likebirds | 2017-10-17 05:00 | 野鳥観察 | Comments(6)