オオミズナギドリ アナドリ  小笠原・硫黄島3島クルーズツアー(1)竹芝桟橋~御蔵島先
  念願だった、小笠原、硫黄島3島クルーズツァー、
初日はオオミズナギドリとアナドリだけでしたが、波が高く、海面を飛ぶ海鳥を見つけるのは大変でした。
期待と不安の中、船旅が始まりました。(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください




9月8日朝の竹芝桟橋  あんまり良いお天気じゃありませんねー
a0052080_10413571.jpg







乗船待ちでごった返す客船ターミナル
a0052080_10540167.jpg







出港前にデッキで鈴生りのカメラマン達
a0052080_10540738.jpg







塩害を少しでも減らそうとカメラ全体をビニル袋で覆いました  likebirds夫のレンズ
a0052080_10541277.jpg







東京湾とlikebirds妻のレンズ
a0052080_10541807.jpg







凄い船と遭遇しました 183の文字が。。。 例のヘリ空母「いずも」じゃないでしょうか
a0052080_10542623.jpg







東京湾内です  お天気が悪くてオオミズナギドリの色が出ません
a0052080_21215058.jpg







2羽のオオミズナギドリが並翔
a0052080_21240521.jpg







外洋が近づくにつれお天気は回復し始めました
a0052080_21264328.jpg






外洋に出ました。オオミズナギドリが遠くを飛びます  遠目に頭が白く見えます
a0052080_18193944.jpg







オオミズナギドリの背中側と腹側
a0052080_21291119.jpg






オオミズナギドリの群れ  1羽大きくて黒っぽいのが居ますね!?
a0052080_18140244.jpg







アナドリは初見初撮りですが、遠すぎて実感が湧きません
a0052080_21373376.jpg







とても小さくて恐縮です  アナドリが腹側を見せています
a0052080_21392684.jpg







ピンボケ量産で苦労したアナドリの写真をもう1枚
a0052080_21415687.jpg







御蔵島を通過
a0052080_22461890.jpg


 9月8日からの硫黄島三島クルーズツアーに行ってきました。2年前はトリプル台風でツアーは中止になり、昨年はlikebirds妻が

怪我をして泣く泣くキャンセル。今回が三度目の正直になりました。どんなツアーになるのか、期待と不安を募らせながらこの日を

迎えました。集合場所の竹芝客船ターミナルへ車で向かいましたが、朝の通勤ラッシュにぶつかっては大変と思い10時集合のところ

6時に出発してあっという間に着いてしまいました。ターミナルの3階のコンビニで100円コーヒーを買い、買っておいたパンを朝食に

食べました。

 その後、どうして時間を潰そうかと考えながら集合場所へ行ってみると、知り合いの方達のお顔があちこちに見えました。

お名前は存じ上げませんが、お顔だけは何度も存じ上げている方も多く来られていました。皆様には道中大変お世話になり、この場を

借りてお礼申し上げます。

 ツアー初日は海鳥が少なく、目ぼしい鳥さんはオオミズナギドリとアナドリくらいでしたが、緊張のためアッと言う間に過ぎました。

(likebirds夫)

 


# by likebirds | 2017-09-15 22:48 | 小笠原諸島・航路 | Comments(10)
ヒバリシギ
 ヒバリシギを見るのも久しぶりです。
この休耕田は、かなり干上がってしまって、僅かに残った水辺で餌探しをしていました。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください



a0052080_21451337.jpg








a0052080_21452992.jpg








a0052080_22515851.jpg







a0052080_22493328.jpg








a0052080_21455382.jpg


 8月30日撮影。
 早朝訪れた湘南の田圃地帯です。陽も高くなり始めたのでそろそろ帰ろうということになり、もう一度だけ何も居なかった
休耕田に行ってみるとカメラマンが数人いました。
 見ると、朝早く飛んでしまったというヒバリシギが戻ってきていました。ヒバリシギは久しぶりでした。(likebirds夫)


★8日(金)よりしばらく留守します

# by likebirds | 2017-09-06 16:15 | 野鳥観察 | Comments(12)
セイタカシギ
 セイタカシギは成鳥と幼鳥が仲良く餌探しをしていました。
華奢な長い足は、ちょっと歩きにくそうに見えます。
スマートで小顔、本当にスタイル抜群の可愛らしさでした。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください




a0052080_12365917.jpg







a0052080_22023850.jpg







赤とんぼが通過
a0052080_22025834.jpg








a0052080_12375774.jpg



 コアオアシシギ、ケリを見てからしばらく経ってまた同じ休耕田に戻ってみると数人のカメラマンが並んでいるのが見えました。 
近づいて見るともうコアオアシシギは居なくなっていて水面の半分くらいが水草に覆われたところに2羽のセイタカシギが餌を探していました。
セイタカシギは成鳥と幼鳥のようです。
 セイタカシギは珍しいシギではありませんが、眺めているとのんびりした気分になりました。(likebirds夫)


# by likebirds | 2017-09-04 20:35 | 野鳥観察 | Comments(2)
ケリ
 朝、姿が見えなかったケリが、いつの間にか田んぼ脇の畑地に降り立っていました。
眩しい朝日でうまく撮れませんでしたが、実り始めた稲を背景のケリは素敵でした。
(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください



a0052080_20563172.jpg








a0052080_20564546.jpg








a0052080_21540046.jpg








a0052080_21540025.jpg


 8月30日。たった1羽のコアオアシシギを撮影している最中にふと後方を見通すと土が剥き出しになった何も植えていない
畑地に数羽のケリが下りていました。
 逆光で厳しい光の条件でしたが撮ってみました。いつもながらケリは警戒心が強く、何かの拍子に群れごと飛び去りました。
(likebirds夫)

# by likebirds | 2017-09-02 16:31 | 野鳥観察 | Comments(8)
コアオアシシギ
 重い腰を上げて、出かけた田んぼで
久しぶりにコアオアシシギを見ることができました。
とても蒸し暑く汗だくになりましたが、田んぼは秋の気配でした。(likebirds妻)






スマートで可愛いです
a0052080_17240600.jpg







一心に餌探し
a0052080_17242048.jpg







水草の浮いていないところに来てくれました
a0052080_17243146.jpg



 8月は鳥見はお休みと書きましたが、本日ふと思いついて湘南の田圃へ出かけてみました。気温は高く蒸しましたが、薄い雲が
覆っていて青空は見えませんでした。
 昨年よりも休耕田はさらに減り、渡りのシギチもとても少ないようでした。数少ない休耕田の畔にカメラマンが一人立って
いるので近づいてみると縦長の田圃の一番奥にコアオアシシギが餌を食べていました。
 久しぶりにファインダーから見える野鳥の姿は上手くピントが合わず、ときどきボケました。(likebirds夫)

# by likebirds | 2017-08-30 18:05 | 野鳥観察 | Comments(6)
残暑お見舞い申し上げます



写真をクリックして拡大画像をご覧ください


約1年前、目的のツルに出会えなかった夜明けです
a0052080_10031877.jpg
各地猛暑と豪雨、くれぐれもお体に気を付けてお過ごしください

# by likebirds | 2017-08-25 10:16 | 余談 | Comments(10)
イカル
 ウソを見ていたら、1羽のイカルがやってきました。
大きな黄色いクチバシと翼のブルーがとてもお洒落で美しかったです。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください


a0052080_20482888.jpg








a0052080_20484314.jpg








a0052080_21085552.jpg








a0052080_21090889.jpg

 暑さにやられて出かけられません。写真は先月に行った高原の山荘で見たイカルです。
 八千穂高原の山荘の庭にはウソとイカルが来ていましたが、ヒマワリの種の有る餌台へは頻繁に来るわけではありませんでした。
やはり、彼らが子育てに勤しむ時期だけあって、夏は天然の餌が豊富なのだろうと思いました。ヒマワリの種は脂肪分が豊富
なので、ときどき食べたくなるのかもしれません。
 冬里に群れで下りて来てバリバリと大きな音を立てながら木の実を食べるイカルたちをダウンジャケット等を着込んで見るのも
良いですが、夏の高原でイカルを見ると如何にも避暑に来ているなーという実感が湧いてリッチな気分に浸れます。
 残念ながら「キーヨスクー」の声は聞けなかったです。(likebirds夫)

# by likebirds | 2017-07-29 13:42 | 野鳥観察 | Comments(10)