やっとチュウヒ見れました。コミミは残念。
本日は行きたい行きたいと言いながら行っていなかった渡良瀬遊水池へ行きました。
朝、現地に着くと雲一つなく風もない快晴。見渡す限り、一面に広がる湿地帯には噂に聞いてはいましたが、Only The Earth 、圧倒されました。いやが上にも期待は膨らみます。しかし、現実はそれほどあまくはありませんでした。
北エントランスから、まずは鷹見台の場所確認へ。向かう途中、あっベニマシコ、でも先にメインのポイントの確認を。
戻ってくるともうベニはいませんでした。それから歩きに歩き何回も遠くに猛禽を確認するもトビじゃないと思うだけ。やはり図鑑でタカ達の飛翔形くらいは勉強して来るべきでした。
でも、夕方、最後に鷹見台でコミミズクを..。出ませんでした。
下調べもせず不勉強な夫婦ですが、渡良瀬は最後にプレゼントをくれました。チュウヒさんがゆっくりとたっぷりとサービスしてくれましたから。(そばのカメラマンがチュウヒと言ってましたから、そうなのでしょう)
a0052080_22191079.jpg

飛びものを撮ったことがなかったのでまともな写真はありませんでしたが見れたので今回は満足としましょう。(夫記)
渡良瀬はとにかく広い。寒い。でも猛禽の宝庫ですね。なにしろトンビじゃない...しか分からなくて(勉強不足)最後にチュウヒがゆっくり間近で往復してくれてうれしかった。また行きたい!(妻記)

a0052080_2244186.jpg

# by likebirds | 2006-01-03 22:39 | 野鳥観察 | Comments(8)
謹賀新年。本年も宜しくお願い申しあげます。
ご訪問下さった皆様のおかげで、当ブログも新年を迎えることができました。
本年も宜しくお願い申しあげます。
a0052080_23585430.jpg

昨年春のコゲラです。
# by likebirds | 2006-01-01 00:09 | 野鳥観察 | Comments(5)
ミコアイサとオオタカ
オジロの帰り道、久しぶりにオオタカでも見ようと、ちょいと多摩川へ寄りました。
ポイントに着くと、数人の顔見知りの方達が「おーい、ミコアイサ、ミコアイサ。早く見ないとオオタカに喰われちまうぞ!」と大声で呼びます。苦笑しながら川辺をみると♀2羽・♂1羽がのんびりと泳いでいます。水鳥はあまり得意ではない私たち夫婦ですが、やはりミコアイサ♂は「カッコイイ」(妻曰く)です。(夫記)
黒白のモノトーンにベッカムヘアーのミコアイサおしゃれでカッコイイ!昨日来たばかりとのことでラッキーでした。(妻記)
a0052080_14184057.jpg

振り返ると対岸遙か彼方の木の中に確かにオオタカ♀が止まっています。スコープで覗いてみると、じっとミコアイサを見ているようです。
たくさんのカメラマンがオオタカの狩猟の場面を撮ろうとオオタカやミコアイサにレンズを向けています。(夫記)
a0052080_1433862.jpg

突然、飛び立ったと思うと全く逆方向のカイツブリを襲い着水しましたが狩りは失敗でした。難を逃れたカイツブリは何事もなかったかのようにゆうゆうと泳いでいるのが笑えました。

a0052080_14392940.jpg

狩りに失敗したオオタカはしばらく休憩でしょうか?
カイツブリに逃げられ、チャポンと水に浸かっただけのオオタカ、ちょっと無様。「オオタカだってカッコイイばかりじゃないわよ!」と言いたいのかな?
がんばれ!空の王者!!(妻記)

始めたばかりのつたないブログにご訪問下さった方々、書き込みまで頂いた方々に御礼申し上げます。三日つづくかと思ったブログですが、皆様の応援・励ましで少なくとも年末まではやってこられました。
来年も宜しくお願い申しあげます。
# by likebirds | 2005-12-31 14:49 | 野鳥観察 | Comments(5)
年末のオジロビタキ
年が明けてから行ってみようと話していたオジロビタキ。やはり、確実にいる内に見てしまったほうがいいということになり、本日行って来ました。
さすがに年の暮れの早朝、現地にはカメラマンが二人いただけでした。出没場所等を尋ねながら待っていると、一人、また一人と増え始め結局十人を越えました。厳しい寒さも今日は一服、風もなく絶好の鳥見日和でした。
チチチチチチと鳴きながらオジロビタキ登場。前方のツツジの中に入りました。
a0052080_19552953.jpg

話には聞いていましたがオジロビタキは尾羽をツンツン上げるのがとても特徴的で愛らしかったです。ウチのオクサンは「カワイイ~!」の年末大売り出し状態となりました。(夫記)
a0052080_19554531.jpg

冬のヒタキ科の常ですが、ちょこまかと飛び移りじっとしてくれないのでなかなか落ち着いて観察できません。
地味な色の鳥さんですが、あまりの愛くるしさに見とれるばかりでした。きのう大掃除頑張って、鳥見に来た甲斐がありました。(妻記)
a0052080_19555914.jpg

偶然、三脚を隣り合わせた方と、あとから来られたそのお友達の方と楽しい時間を過ごせました。その方達の広範囲な鳥の情報には驚かされ、URL・adressの交換をさせていただきました。
また、日本野鳥の会東京支部の方が定例探鳥会の下見に来ておられ、野鳥の情報とともに、観察マナー等の知識を得ることができ有益な鳥見でした。やはり年末に見に行って良かったです。
充分鳥見を満喫して昼過ぎに現地を後にしました。(夫記)
# by likebirds | 2005-12-30 20:56 | 野鳥観察 | Comments(5)
ジョウビタキ♀
今日は、朝から蛍光灯の交換、割れた植木鉢を燃えないゴミに出す、etcを昼までに終え、オクサンは娘と買い出し。で、夫の私は堂々と近所の公園へ行きました。
ベニマシコが出たとか、未だ入ってないとかいろいろ言われていますが、私は見ていません。
ポイントへ行くとカメラマンが二人。これは!、と思いましたがお聞きするとベニは見ていないとのこと。「まあ、こっちに来てジョウメスでも撮ったら」と言われ、そうすることにしました。あとからまた一人カメラマンがやってきましたがベニは見ていないとのこと。結局、ジョウビタキ♀さんに遊んでもらうことになりました。
a0052080_23324049.jpg

あまり近くはありませんが、度々出てきて楽しませてくれました。
a0052080_233321100.jpg

メジロも可愛かったです。
a0052080_23361858.jpg

# by likebirds | 2005-12-29 23:37 | 野鳥観察 | Comments(1)
夕日のジョウビタキ
日も傾き始めた頃、近所の公園に寄りました。別の鳥を捜していたのですが見つけられませんでした。ススキ、セイタカアワダチソウ、梅の芽の食害を調べているとヌレデの実を食べるジョウビタキに夕日が当たっていました。
a0052080_23132724.jpg

元来、早起き・ポイントに向かう途中・ポイントで・帰り道等、バードウォッチング全体を楽しみたいので、写真は記念写真と思って拘らないようにしています。でもこのときは夕日に映えるジョウビタキがあまりに綺麗だったので良い写真が撮れるぞと力みました。でも、帰ってからみると朝か昼か夕方かわからないような写真でした。誰かに写真の撮りかたを教えてもらいたいです。
a0052080_2313474.jpg

あとから来られた二人のカメラマンとしばらく鳥談義をして帰りました。
# by likebirds | 2005-12-28 23:39 | 野鳥観察 | Comments(2)
ホウジロ
カメラマンの姿はほとんどありませんでしたので、ベニさんのいない時間は少し寂しい気分になります。そんなときホウジロさんが相手をしてくれました。これまた遠かった。お食事の仕方ははベニさんよりずっとお上品です。
a0052080_2261116.jpg

光線の関係か、一瞬おなかがまっ白に見え、まさかオオジュ...。あぶないあぶない(笑) やめられませんね、バードウォッチング。
# by likebirds | 2005-12-26 22:15 | 野鳥観察 | Comments(3)