相模川沿いを歩く
 今日は起床6時、相模川沿いを歩きました。カッコウ幼鳥を見にAへとも考えましたが、午後からの天気予報が悪いのと、もっと早く起きなければならないことを考えて近場に決めたのです。
 土手手前の水の抜かれた水田地帯には猛禽ねらいの車がもう5~6台は並んで止まっていました。土手に沿って歩くと畑でジョウビタキ♀が迎えてくれました。写真よりはずっときれいで鳴きもせず長く止まっていてくれたので、ひとしきり夫婦で眺めました。フィールドスコープからデジカメをはずして、交互に観察しました。
a0052080_17185034.jpg

イカル・アトリなどを捜しながら歩きましたが、未だ来ていないのか見つけることはできませんでした。浅瀬の水面にはたくさんのアオサギやコサギが餌を探し、空には数十羽のカワウの群が編隊を組んで飛んでいました。
歩き疲れた頃、今度はジョウビタキ♂が飛んできてくれました。♀のときとちがいじっとしてくれないのであまりゆっくりとは見れませんでした。
a0052080_1731526.jpg

ミサゴかチョウゲンボウがいるかも知れないと思い、堰のほうまでいって見ましたが、いたのはカワセミとこの子でした。
a0052080_17343991.jpg

車に戻る途中で、対岸遙か彼方にトビが止まっているのが見えました。カラスの激しいモビングを受けていました。人間同様、鳥の生活も煩わしいことが多いようです。
a0052080_1736147.jpg

 その後、タゲリを捜して車で休耕田を見て回りましたがやはり見つけられませんでした。
昼前には飽きてしまい、近くの公園に行ってみました。そこでは約半年ぶりの鳥仲間の人たちと何人にもお会いすることができ夫婦共々鳥談義に花を咲かせることができ楽しい時間を過ごしました。久しぶりにカケスの群を見ることができましたが写真には撮れませんでした。
 残念ながら雨が降り出してきたので夕飯の買い物のためスーパーに向かいました。

久しぶりに、お懐かしい方達とお会いすることができて、ハイテンションになってしまいました。
今日は楽しかったな!(妻)
# by likebirds | 2005-11-06 18:02 | 野鳥観察 | Comments(5)
ワシと間違えられたトビ
この写真は当たり前ですがトビです。2年前のちょうど今頃、宮ヶ瀬で撮ったものです。それをワシだと思いました。理由は後で書きます。

バードウォッチングを始めたばかりで、カワセミ以外の鳥もみたいと思い始めた頃、それなら神奈川県の宮ヶ瀬湖だろうと、夫婦で出かけたのでした。はじめの頃、ジョウビタキに出迎えられたりで幸先上々と思われましたが、鳥影見えず。加えて初心者の常、木の上ばっかり見て首は痛いし、足は棒。橋のところでカワウを見た程度でした。それからも歩きに歩き、終点が彼方に見えだした頃、もう引き返そうということになったのです。とぼとぼと帰り道、また先ほどの橋まで戻ると、すれ違う方からオシドリがいますよ、と言われました。橋から下を見るとちょうど日陰になった場所にオシドリがいます。暗い、遠い、と思いながらもしばらくは見ていました。
なにげなく反対側を振り返るようにみると、なんとこの鳥が止まっているではないですか。
a0052080_21491478.jpg

あれを見ろ、猛禽だ。妻も驚いたように感嘆の声をあげました。私はやり始めたばかりのデジスコを構えるや撮り始めました。途中でレリーズを落とし無くしてしまっていたので、シャッターは手押しです。「すごい。すごい。猛禽は初めて見た!」と二人ではしゃぎ回ること暫し。
しかし、私は冷静になりました。猛禽だがいったい何という鳥だろう?鳥の知識のない頭の中でいくつかのことを箇条書きにしました。
       1.眼前の鳥はワシ・タカ科の鳥であることは間違いない。
       2.図鑑で見たあこがれの鳥、オオタカではない。
       3.オオタカは大型のタカと書いてあった(ような気がする)
       4.ワシ・タカの区別は要するに大きさであって、大きいものをワシと呼ぶ。
       5.オオタカより相当大きいこの鳥はワシである。
       6.尾が白くないのでオジロワシではないが、それ以外のワシである。
シャッターを切りながらこれだけのことを考え、妻に結論を告げました。眼前の鳥は何ワシかはわからぬがとにかくワシである、と。
「こんなところにワシなんかいるのかしら。」などと言いながら、もう見飽きて「あっ、カケスがいる。カケスがきれい。」などと別の所を見ている。
大発見を前に、それに気づかず無邪気にカケスを見る妻よ、それはそれでいい。かのヘーゲルだって、フォイエルバッハだって妻は凡婦だったかも知れないのだから。などとさらにシャッター100回以上。
a0052080_22232574.jpg

ビジターセンターに入るやいなや、職員のオネーサンに、「この鳥を撮りました。この鳥は何ですか?」
デジカメのモニタを覗いてオネーサンは会心の笑みを浮かべて「わー、トビをきれいに撮りましたねー」
妻に慰められながら、かくして私は知識を深めたのでした。2度とトビをワシと間違えることはありません。
そして、記念すべき野鳥観察日となりました。このトビさんは永久保存版です。
# by likebirds | 2005-11-04 22:36 | 野鳥観察 | Comments(6)
予定変更して
きのうは、夜いったん帰宅して直ぐ外出。再帰宅は深夜。
早朝、宮ヶ瀬に出かける予定が、目が覚めたのは7時。「ウワ、寝坊した!」 おまけにオクサンはワニ目。それに加えて二日酔い気味..
仕方なく予定変更。オクサンの運転で隣市の長池公園へ行きました。気を取り直してジョウビタキ、ジョウビタキ。
ところが、着いたら雨が降り出してきました。(すぐ止みましたが)
築池の周りを歩くと、いました。
a0052080_1825293.jpg

アルコールが抜けきらないせいか、どうも一連の動作で撮影できません。

朝、まだ顔が赤かったですから。しかたないでしょ!(ワニ目の妻より)

a0052080_1829828.jpg

せっかくだからカワセミも。
a0052080_18315059.jpg

この後、他の場所のジョウビタキも見てみたいということになって小宮公園に行きました。
ここのジョウビタキは、例年、公園内よりも駐車場付近の梅林辺りの方がよいなどと話していると案の定。
a0052080_18405979.jpg

TSN664+W1
朝の雨の影響か、今日はバードウォッチャーにはあまり出会いませんでした。
# by likebirds | 2005-11-03 18:44 | 野鳥観察 | Comments(5)
アオバト・ノゴマ・ジョウビタキのつづきのつづき
 相互リンクのやり方がわからなくて苦労しました。でも、まあ、何とか、見よう見まねでやりました。ふう...。
 
 つづきのつづき。このノゴマさんって格好や仕草がコルリさんソックリですよね。足も長いし。両翼を尾羽より少し下に垂らしたリラックスポーズも。
a0052080_2012126.jpg

 それよりも藪から出てきそうなときのムードというか、少しだけ顔を出したときの感じ。色と模様を変えたらもうコルリさんそのものって気がするんですが。(気のせい?)
a0052080_20183433.jpg

 まあ、どちらもツグミ亜科だから、と言っちゃえばそれまでなんですけど。

 埼玉はよい所です。ノゴマのポイントに居たのは約3時間。ノゴマの出番は30~40分に1回程度でした。その幕間にちゃんとジョウビタキ♀さんが出てきてくれて退屈させないんです。
a0052080_2037235.jpg

 ヒッヒッっと鳴いて、大サービスでした。
a0052080_20401292.jpg

 埼玉はよい所です。よそ者の私たち夫婦に親切に地図まで拡げてポイントを教えて下さり、どの道が早く着けるかで言い合いまでして頂いたりで大感激でした。

 ノゴマが居た土手は、ひんやりと冬の空気に包まれていましたが、思いがけず、ノゴマとジョウビタキまで見ることができて、ほのぼのハッピーな一日でした。ありがとうございました。(妻)

 あんまり写真を貼りすぎるとすぐ満杯のなるかも。
# by likebirds | 2005-11-01 20:46 | 野鳥観察 | Comments(5)
アオバト・ノゴマ・ジョウビタキのつづき
うれしいです。うれしいよ~~! 今日帰ってみたらコメントがついてるじゃありませんか。
”くまたか”さん。ありがとうございます。
 まだ、ブログ、始めたばかりなんで何をどうすればよいのか、わかんないのですがとにかく我が人生では画期的な出来事です。(なにせ娘さえ見てくれないんですから)
 今日からは「ひっそりと始めるブログ」は方針変更。大々的に宣伝しちゃいます。

 さて、ノゴマ情報は以前に神奈川県G山で出会った方のお話と地名が一致。これは確度が高いぞ、とばかりにシュッパツシンコウ。方向音痴夫婦には、めちゃくちゃ賢いカーナビがついてるんです。
車で走ること1時間弱。目的地に着いたら後は砲列を捜すだけ...。無事、着きました。やれやれ。
a0052080_2274186.jpg
         まずは、藪の出口付近で辺りを警戒?
a0052080_22143760.jpg
        ちょっと明るいところに出てきました。
a0052080_22133196.jpg
        枝にのりました。真正面から見ると顔に白いバッテンがあります。
a0052080_2220327.jpg
         誰かが置いたお立ち台にものりました。
# by likebirds | 2005-10-31 22:30 | 野鳥観察 | Comments(3)
アオバト・ノゴマ・ジョウビタキ
 本日は5時起きして埼玉県のA公園に夫婦して行きました。ツツドリねらいだったので二人とも首が痛くなるほど捜しましたが結果は×。じゃあ、他の人に聞いちゃえってことで双眼鏡やカメラを持ってる人に聞きまくりましたが、答えはことごとく「今日は見ていない。」
 今日もダメかと意気消沈しかけたところで、カメラマンが一人でレンズを急角度に上を向けてなにか撮ってるじゃないですか。おそるおそる小声で「何撮ってんですか?」に「アオバトだと思うんですが...」の答え。
 スコープで覗いてみると、キジバトを緑にしたようなトリさんが木の高いところにおなかを見せてとまっているではないですか。ってことで見たのが下の写真です。
a0052080_21393999.jpg
        デジスコ TSN664+W1
 今日のA公園は何故か不作らしく、たちまちバーダーの方たちが集まりだして総勢10人以上(もっとかも?)
 「あれはメスだね」とか「アオバトって海にいるんだとおもってた。」とか「海水を飲みに行くだけだよ。」とか、それはもう盛り上がっちゃいました。
 ついでに、はるばる町田市から100km走って来たことを話すと
 「そんな遠くから来たんなら、アオバトなんか見てないでノゴマを見に行きなよ。」と教えてくれる人がいました。
 「今見てきたから、すぐ行けば見れるよ」とのありがたいお言葉に、我ら夫婦は荒川沿いに1時間かけて移動することになったのでした。
# by likebirds | 2005-10-30 21:57 | 野鳥観察 | Comments(4)
ちょっと晴れだしたので
 ちょっと晴れだしたので、八王子市の長池公園へ夫婦で偵察に行って来ました。ジョウビタキはまだ来てないようで見つけることはできませんでした。
雨が降り始めたのですぐ退散しましたが空気が湿っていてとても気持ちがよかったです。里山クラブの方たちが黒米(?)の稲刈りをしていました。
この写真はちょうど去年の今頃、座間市谷戸山公園で撮ったものです。さて、明日は何処へ行ったらよいのやら。
a0052080_1774183.jpg
       デジスコ TSN664+MZ3
# by likebirds | 2005-10-29 17:17 | 野鳥観察 | Comments(0)