ライチョウ(立山)2
 晴天でも姿を見せてくれたライチョウのオスは動きが活発でした。
ハイマツの中で木の枝の新芽を盛んに啄ばんだり、とことこ歩いて移動したかと思うと、いきなり飛んだりしました。
私たちは、雪の中を行ったり来たり息が切れましたが、ライチョウは本当に魅力的で惹き付けられました。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください





向かいの峰に向かっていきなり飛びました
a0052080_17164504.jpg






雪原に影を落として飛びました
a0052080_16342609.jpg






あっという間に谷を越えて向こうの峰へ
a0052080_17255227.jpg






ライチョウの着地です
a0052080_16344952.jpg






隠れるものの無い雪原をのんびり歩いていました
a0052080_17405300.jpg






息を弾ませながらやっと近づいたとたんに飛ばれました
a0052080_16361509.jpg







雪より白いライチョウが飛び去ります
a0052080_16362749.jpg







登山の人達と雪の急壁面に残るスキーの跡
a0052080_17443529.jpg



 ライチョウの移動は主に徒歩でした。出来ればあまり飛びたくないようにみえました。でも、ライチョウのオスはときどき
突然のように飛びました。ライチョウのオスが縄張りをつくる時期なので、広い縄張りの境界までは遠すぎて徒歩ではとても
廻りきれずに飛ぶのだろうと思いました。
 ライチョウは飛べますが、こちらは徒歩専門です。飛び去ったライチョウをまた撮りたいと思ったら、谷を下り丘を登って
行かねばなりません。下りは足元があやしく、登りは息が切れました。(likebirds夫)

# by likebirds | 2017-05-19 21:16 | 北陸旅行 | Comments(10)
ライチョウ(立山)
 早朝、宿で朝食を済ませ、大きなおにぎりを作ってもらって、室堂へ向かいました。
ケーブルカーも美女平からのバスもほぼ満員でした。
雲ひとつ無い晴天、天気の良すぎが心配でしたが、室堂ターミナルからミクリガ池に向かう途中のハイマツの中にいるライチョウを見ることができました。
到着して直ぐにライチョウを見ることができて、ひとまず安心でした。
(likebirds妻)

写真をクリックして拡大画像をご覧ください



立山-美女平を往復するケーブルカーです (前日撮影)
a0052080_14261199.jpg







美女平でエコバスに乗り換え室堂平を目指します
a0052080_14261202.jpg







室堂平(標高2450m)でエコバスを下りて、数分歩くとミクリガ池が見えてきました
a0052080_22164957.jpg






ハイマツの中にライチョウのオスがいました
a0052080_13573595.jpg







のんびりしていたと思うとトコトコ歩き出します
a0052080_13581117.jpg







ライチョウを観察する人たち
a0052080_20362510.jpg







どんどん歩いてテラス下のハイマツへ
a0052080_13582758.jpg







斜面を早歩き
a0052080_13583925.jpg







擂り鉢状になったミクリガ池の淵を毛深い大きな足で歩くライチョウのオス
a0052080_22244506.jpg







向こうに見えるのはミクリガ池温泉です  8年前はここに泊まりました
a0052080_22185745.jpg







テラスの真下に来てくれて、大勢の人たちが大喜びです
a0052080_13585771.jpg

 数日前から毎日見た室堂平の天気予報は毎日変わり、ヤキモキしていました。なんとか悪天候だけは避けたいと念じていま
した。念じ過ぎたのか、当日のお天気は皮肉にも快晴でした。快晴の日はライチョウの出は良くありません。不安を抱えて
旅館を出発しました。
 今回の立山は8年前と比べるとずいぶん混雑していました。ざっと見て大半が外国人でした。これからはこういう場所も
海外からの人気の場所になることを実感しました。
 室堂でエコバスを下り、防水のトレッキングシューズに簡易アイゼンを付けて出発です。数分も歩くと、擂り鉢状に凹んだ
ミクリガ池が見えてきます。その脇の小高い場所に積雪から顔を出しているハイマツ帯があり、そこに数人が並んで立ち止ま
っているのが見えました。きっとライチョウが居るのだろうと歩を早めました。歩を早めるとあっという間に息が切れ始め
ました。腕時計にある気圧計を見ると750ヘクトパスカルで気圧はいつもの3/4です。
 立山駅の標高が475m、室堂平は2450mですから2000mほどをケーブルカーとエコバスで一気に登って来たので
身体がまだ標高差に慣れませんでした。
 ゼイゼイしながら辿り着きライチョウを撮りました。じぃーっと休んでいるので少しは動いてほしいと思いましたが、動き
出したらトコトコ歩くこと歩くこと。また息が切れました。(likebirds夫)
 

# by likebirds | 2017-05-16 22:28 | 北陸旅行 | Comments(12)
松本から立山までの道中
 一日かけてゆっくり立山へ向かいました。
今まで素通りだった松本城に寄ったり、楽しそうな横丁に寄ったり、「鉄道カメラマン」の真似事などして新鮮な旅行でした。
(likebirds妻) 



写真をクリックして拡大画像をご覧ください




立山へ向かう途中、中央高速を松本ICで下りました  松本城の広場は藤の花が満開
a0052080_15454350.jpg







裏手に回ると北アルプスが見えました
a0052080_15571997.jpg






松本城のそばを流れる田川沿いの縄手通り商店街です  シンボルはカエル!
a0052080_15465461.jpg







昔はここでカジカガエルが盛んに鳴いていたそうです
a0052080_16033635.jpg






朝訪れたため観光客は疎らです
a0052080_15470615.jpg







歩いているうちに少しづつ賑わってきました
a0052080_16123214.jpg







松本市内の奈良井川を渡る松本電鉄上高地線  萌えキャラの女の子(渕東なぎさ)さんが描かれています
a0052080_15475875.jpg







反対側に回って北アルプスを入れてみました
a0052080_15571987.jpg







JR高山本線ワイドビューひだ7号  道の駅細入にて
a0052080_15484339.jpg







富山地鉄立山線千垣付近  もうすぐ立山です
a0052080_15481547.jpg







立山駅駐車場から   通称「かぼちゃ電車」
a0052080_15490332.jpg







アナグマも線路を走っていました  驚きです
a0052080_16273298.jpg






立山線終点立山駅  通称「おけいはん」
a0052080_16421515.jpg







こちらはケーブルカーの立山駅です  ここから徒歩30秒の「湯の宿千寿荘」に宿泊しました
a0052080_16421514.jpg

 春の立山へライチョウを見に行ってきました。
 最近になって、先輩鳥友が短いレンズで風景写真をぶろぐでUPしたりしているので真似をしてみます。
 8年前は夜に自宅を出発して未明に立山到着。少々仮眠の後で室堂に向かい息も絶え絶えになった記憶がトラウマです。
それで今回は朝出発して夕方に到着し、立山駅付近で一泊し室堂へは翌日に向かうことにしました。時間がたっぷり
あったので、休憩も兼ねて写真を撮りながら車を走らせました。(likebirds夫)

# by likebirds | 2017-05-13 17:23 | 北陸旅行 | Comments(12)
ライチョウ
 8年ぶりに立山にライチョウを見に行ってきました。
(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください


a0052080_22020217.jpg







スマホで撮影  若い外国人2人
a0052080_22101285.jpg


 立山室堂は生憎(?)の快晴でライチョウの出は良くありませんでしたが、楽しい撮影になりました。
 写真整理が出来次第順次UPいたします。(likebirds夫)

# by likebirds | 2017-05-11 22:22 | 北陸旅行 | Comments(14)
イワツバメ
在庫から予約投稿です


写真をクリックして拡大画像をご覧ください



a0052080_09490787.jpg







a0052080_09493279.jpg







a0052080_09500229.jpg







a0052080_09502440.jpg







a0052080_09504225.jpg







a0052080_09510873.jpg







a0052080_09514602.jpg

# by likebirds | 2017-05-07 05:30 | 野鳥観察
ツミの枝折り
 ツミの夫婦は、巣材用に細い枝を何度も折っていました。
見ていると、メスはとても器用で身体の重みを利用したり、飛びついたりして、上手に枝を折っていました。
オスは余り上手でなくて、うまく枝を折れないで諦めたりしていました。
仕舞いには、奥の木の陰でちゃっかり休んだりしていました。
微笑ましいツミの姿を沢山見ることができてとても楽しかったです。
(likebirds妻)
 



写真をクリックして拡大画像をご覧ください


枝を折るメスです  かれた枝先を狙って・・・
a0052080_12563406.jpg






クチバシで器用に折ります
a0052080_12572575.jpg






折った枝を銜え直し、翼を広げてバランス
a0052080_12575356.jpg







自分の体長よりも長い枝を咥えて飛び出すメスです
a0052080_13285344.jpg






オスもがんばっています。大きな枝を折りました
a0052080_12590723.jpg






オスです。折れにくい枝に苦戦してます
a0052080_13000572.jpg







若いオスがやっと折った長い枝を咥えています
a0052080_13233679.jpg



 ツミの巣作りを観察することが出来ました。木の枝を懸命に折って集めるのは主にメスでした。メスは傍で見ていても涙ぐ
ましい熱心さで、あまり休むことなく巣材集めをしていました。
 自分の見ている限りではオスはお手伝い程度に感じました。ここのオスは3年そこそこの若さのようで、折る枝の選定や方法にまだ慣れていない
ようでした。狩りに出かけているのか、姿が見えない時もありました。
 見始めたときには木の叉にちょろっと枝が掛けられていたような小さな巣でしたが、半日であっという間に大きくなった
のには驚かされました。(likebirds夫)
 ↓[More ツミのメスが木の枝を折る一連のシーンが写っていました]もご覧ください。


More ツミのメスが木の枝を折る一連のシーンが写っていました ここをクリック!
# by likebirds | 2017-05-05 06:00 | 野鳥観察 | Comments(6)
ツミと八重桜
 街中の小さな公園で、ツミは枝を折るために何度か八重桜にやって来ました。
可愛らしい八重桜の枝の止まったツミはちょっと華やいで見えました。
桜の花とツミを撮るのは初めてなので嬉しかったです。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください


願いどおり八重桜の枝に止まってくれました
a0052080_15334292.jpg







真下から覗いて
a0052080_12320095.jpg








a0052080_12345931.jpg







八重桜と元気なツミのメス
a0052080_12350097.jpg







シャイなオスはなかなか良い場所に来てくれません
a0052080_12330863.jpg







手前の花がボケすぎです
a0052080_13195487.jpg







花が僅かですが。。。
a0052080_13202115.jpg

 オナガを撮った公園ではところどころに八重桜の花が辛うじて残っていました。これならツミと桜が撮れるかもしれないと
likebirds妻を誘って翌日も行ってみました。(likebirds夫)

# by likebirds | 2017-05-03 15:38 | 野鳥観察 | Comments(6)