タグ:アオジ ( 20 ) タグの人気記事
アオジ、コムクドリ、ツツドリ、コヨシキリ  北海道旅行その9 天売島
天売島は舗装された周遊道路でぐるり一周することが出来ます。
ゆっくりと鳥を探しながら、歩きました。
「あれ、何?」などと言いながら鳥を探して歩くのはとても楽しかったです。(likebirds妻)

天売島で見た鳥たちです。

写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます

シマ***が常に頭の中にありますからアオジを見るとドキッとします
a0052080_22311185.jpg







すぐ霧が出ます  島に来ていますがシマ抜きのアオジ
a0052080_15062855.jpg






またドキッとしましたがアオジです
a0052080_09005075.jpg








コムクドリも営巣しているようでした
a0052080_22312995.jpg







またコムクドリオスです  メスは見つかりませんでした
a0052080_21435671.jpg







関東では渡りの時期以外は人に姿を見せないツツドリ成鳥がバッチリ見えます
a0052080_22314547.jpg








小さな天売島にしてはツツドリの個体数が多いかもしれません
a0052080_15053412.jpg






コヨシキリはこの後、北海道の各所で見ましたがまずは天売島でも
a0052080_22320121.jpg






あれれ これは?  ハクセキレイの幼鳥のようです
a0052080_15055239.jpg







あれっ!と思ったら「ケキョケキョケキョ」  ウグイスですね
a0052080_16222084.jpg


 天売島は渡り鳥の中継地で、本州では飛島、舳倉島や見島などと同様に珍鳥コレクターにはもってこいの場所です。事実、自分達の来る前にはアカマシコ、ヒメイソのペア、マミジロタヒバリ、コマミジロタヒバリ、インドガン、コウライウグイス、ノハラツグミ、亜種アカハラツバメなどが入っていたようです。往きの羽幌フェリーで同舟した北海道海鳥センターの方はコウライウグイスはまだ居ると思うと話されていました。ポイントも伺ったのですが、泊まった宿の真ん前でびっくりしました。でもコウライウグイスは探しませんでした。理由は霧です。天売島に居た2泊3日、低い場所は常に霧が立ち込めていました。土地勘の無い場所で霧で立ち往生すると貴重な時間がどんどん失われてしまうと思い諦めました。実際、霧が晴れて良い天気だと思えたのはこの中日の11時半頃から12時半頃までの2時間だけでした。移動しながら時間の経過を見ているので、霧の濃い場所と晴れている場所が狭い範囲で隣あっていたのかもしれません。
 初見のエゾセンニュウの後は野鳥観察舎で断崖にあるウミネコやオオセグロカモメの営巣地を見る予定だったのですが、その付近は濃い霧のため何も見えませんでした。観察舎の窓は透明なガラス張りでスコープも備え付けてありましたがまるで曇ガラスのようで視界はゼロでした。崖も見えないのでまったく恐怖心も涌きませんでした。観察舎では宿で作ってもらったおにぎりを昼過ぎに食べただけでした。風が入らないので食事には快適でした。
 この付近はエゾカンゾウの群生地(時期的に早く、花は少なめでした)でそこで遊ぶノゴマやノビタキもシルエットを見るのがやっとでした。最後にフットパスでコマドリを見るのも中止にしました。それでもアオジやコムクドリ、コヨシキリ、ツツドリなどを見ることが出来ました。特にツツドリは繁殖期に草原で喉を膨らませて鳴く成鳥を見るのは初めてだったので興奮しました。後日、サロベツで人に天売島経由で来ましたと言うと「ツツドリ撮った?」と聞かれたので有名なのかも知れません。
 鳥見しながら歩いていると、ときどきアオジに出くわしました。翌早朝に小さなボートでもう一度海鳥を見て、午後はサロベツでシマアオジを見る予定なのでその姿が頭に浮かび始め、黄色のアオジを見るとドキッとしました。
 今回は経験の無い長旅だったので事前の準備には相当悩みました。何を持っていき何を持っていかないかの判断が微妙でした。自分の車で行くことにしたのである程度の荷物は運搬可能です。投宿するときも、宿から出発するときも必要最低限の荷物の持ち運びで済むので楽です。この楽チンぶりは以前に九州旅行したときに味わっているので今回のフェリー使用も迷いませんでした。折角の野鳥撮影旅行なのでカメラ機材は優先して積み込みたいし、この時期の北海道は真冬の服装が必要との助言もいただいているので防寒着も優先しました。夫婦共に多シャッター性なので手持ちのCFをいくら増やしても足りないと考えて夫婦夫々1台モバイル用PCも積み込みました。その他、折りたたみ椅子や踏み台、ゴム長靴、ビデオ撮影もしたくなるかもしれないのでビデオカメラセット等。結局これほど積んだことは無いというほどの荷物を積み込みました。
 心配だったのは下着です。途中でコインランドリーを使うことを前提で考えていましたが、行く先々で洗濯乾燥をする時間的余裕があるかどうか見当もつきませんでした。あまり神経質なほうではありませんが、出来れば下穿きは毎日交換したいと思いました。旅程は厳密には決めていませんでしたが、月末には帰りたいと思っていたので18日くらいになるかも知れません。(結局フェリー滞在を含めて18日でした。) その日数分だけ下着を2人分持って行くのは不可能です。
 そこで思いついたのは100円ショップで売っている使い捨て紙パンツです。税抜き100円で5個入りです。これを風呂に入るたびに履き捨てて、新しいパンツを履こうと考えた訳です。普通のものも持っていくので100円分で充分かとも思いましたが、念のため300円15個購入しました。自分のケツの大きさは中くらいだと思っていたので「M」サイズを買いましたが少々小さかったです。ケツの小さい人なら「M」サイズ、中くらいなら「L」、ケツのでかい人は止めたほうが無難です。サウナのマッサージやアカスリで支給される紙パンツに似ていますが、履いてみるとかなり丈夫でそれほど違和感はありません。問題は前述したサイズでした。自分は足が細いほうだと思っていましたが腿も少々窮屈でした。フェリーで風呂の後に履いて鏡を見ると横幅に取られてパンツが横に伸びボディービルダーのビキニパンツのようになっていました。サイズがキツイ上、前開きでないため男性の小用には極めて不便。あっという間にギブアップ。いつものトランクスに履き替えました。
サイズを「L」にしていたら良かったかもしれませんが、試してみる予定はありません。もし、ご興味のある方がいましたらお試しを。(likebirds夫)


by likebirds | 2015-07-12 06:00 | 北海道旅行 | Comments(6)
ホオジロ、アオジ
 春は名ばかりのとても寒い日。
公園に鳥の姿は少なく、元気な姿を見せてくれたのはホオジロ君。
長いこと目立つ枝で囀っていました。
本当にこの日はホオジロデーでした。
そして、仲良しのアオジのペアは、いつも一緒に行動していました。
寒かったですが、愛らしい姿にほのぼのとした一日でした。

ホオジロ♂   囀りは短め・・・・♪一筆啓上♪
a0052080_2134446.jpg


アオジ♂
a0052080_21342499.jpg


アオジ♀
a0052080_21343928.jpg


 実はヤマシギを見に行ったのですが、時期が遅かったのか運が悪かったのか果たせませんでした。どうやら自分のヤマシギ連続記録は途絶えたようです。この公園は周囲よりずいぶん気温の低い場所です。震えながら鳥見をしましたが、アオジは藪から出て枝に止まり、ホオジロ♂は木の天辺で囀り出していました。きっと春の到来を感じているのでしょう。私には感じられませんでしたが...。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-03-09 21:54 | 野鳥観察 | Comments(10)
キマユムシクイ、アオジ
 キマユムシクイ、前回は声も聞こえずに振られました。
再挑戦でやっ見ることができました。「ちゅーい、ちゅーい」と言う甲高い鳴き声もたくさん聞くことが出来ました。
でも、動きがすばやくて、姿を追うのが精一杯。
何とかその姿を撮ることができて、本当に良かったです。
キマユムシクイと同じ桜の木では、アオジがせっせと桜の蜜を吸っていました。
黄色がとても綺麗でした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  キマユムシクイ
a0052080_2013269.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0   キマユムシクイ
a0052080_2035142.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  桜の蜜を吸うアオジ
a0052080_20485.jpg


 キマユムシクイには苦戦しました。笑。地元も方から早朝しか良い所には出てこないとアドバイスをいただいていましたが、すぐそばのツリスガラに時間を取られ到着が遅れました。(結局ツリスガラも抜けた後でした)
 キマユムシクイは木から木へ飛び回るのですが、枝の中ばかりで姿を現しません。さらに動きが素早くて運動神経がついていきませんでした。手持ち用の400mmを車中に置いてきたのが悔やまれました。肉眼でもほとんど見ることは出来ませんでした。
 せっかく撮ったものを贅沢は言えません。他の方の写真を羨むのみです。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-04-15 20:51 | 野鳥観察 | Comments(18)
アオジ
 夕方近く、帰り道に向かいながら歩いていると、笹薮で何か動きました。
少し目を凝らしていると、笹が揺れながらだんだん姿が見えてきました。
笹の茂みから姿を見せたのは、可愛いアオジでした。
少しきょろきょろしながら、じっととまっていましたが、奥からメスも出てきました。
2羽一緒に行動していたようでした。
可愛い姿を少し見せてくれましたが、どこかに飛んで行ってしまいました。
暗くなりかけていましたが、鮮やかな黄色がとても綺麗でした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_211108.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  笹の奥にいました
a0052080_2150742.jpg


雄雌で行動していました。他の鳥に目を奪われているうちに暗くなってしまいました。
もっと明るいうちに撮れば良かったです。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-01-21 21:40 | 野鳥観察 | Comments(15)
ホオジロ、アオジ
 ススキとセイタカアワダチソウが揺れる草原は秋の風情でとても素敵でした。
前方で「ピッコリー、ピッコリー」というホオジロの声が聞こえました。
今季初見のホオジロはとても元気良く鳴いていました。
時々止まるところを変えて、あちこちで鳴いていました。
少し前のセイタカアワダチソウで鳴いていた時、突然ホオジロが飛び出し、赤茶色と白の羽が眩しく見えました。縄張り争いの喧嘩のようでしたが、相手が何の鳥かはわかりませんでした。
後でPCで見て、追いかけた相手がアオジと分かりました。
思いがけず今季初見アオジも一緒に撮ることが出来てラッキーでした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2014777.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  ホオジロがいきなり飛んだと思ったら、アオジを追い払ったようでした
a0052080_2014224.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  なおもアオジを追っています
a0052080_20143656.jpg


ホオジロの鳴いている場面は撮りましたが、アオジとの追いかけっこは撮れませんでした。「あーっ!あーっ!」と声が出るばかりで体は動きません。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-11-06 20:36 | 野鳥観察 | Comments(22)
マヒワ、アオジ
 この冬は、マヒワに会えていませんでした。
なんとなく心残りでしたが、やっと会うことが出来ました。
 「マヒワがいる」と教えていただいた木の枝には、2羽のマヒワがとまっていました。
急いでカメラを向けたのですが、照準機がずれてしまっていました(汗)
込み合った枝にいるマヒワ。必死で探したのですが導入する前に飛ばれてしまいました(大泣)
やっと会えたと喜んだのですが、写真に撮ることはできませんでした。
夫のシャッター音が恨めしく思いましたが、マヒワを見ることが出来たので、まっ、いいか!(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20272436.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20274237.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  アオジオス  春ですね アオジの♂♀がはっきりしてきました
a0052080_20301097.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  黄色つながりでアオジメスです。アオジも黄色がきれいになってきました
a0052080_2035373.jpg


今頃になってやっとマヒワを見ました。笑。めずらしく私が撮れて妻が撮れませんでした。こういうことは年に一回くらいです。「ヨカッタね」と言ってくれましたが、内心かなり悔しいはずです。
アオジが元気に飛び回り始めました。美しく賑やかな囀りがもうすぐ聞けるでしょう。「初夏には高原に行かねば」と思いながら撮りました。(likebirds夫)

ヒヨドリも見る
by likebirds | 2008-03-18 21:06 | 野鳥観察 | Comments(18)
アオジ、タシギ
 早朝の公園には、まだ散歩の人もいなくとても静かでした。通路脇の草の上にはアオジが夢中で草の実を食べていました。動かないで見ていると、どんどん近くに来てくれました。草の実をしごいて食べる姿はとても可愛かったです。あまりに可愛いので夢中で写真を撮りました。アオジが木の影に隠れてしまったので、湿地のほうへ行くと、さっきまで寝ていたタシギが起きだして羽繕いをしていました。
朝日を浴びた水辺で、とても気持ちよさそうにみえました。

likebirds妻;30D+400mm   草の実を食べていたアオジ雌。とても可愛かったです
a0052080_20591381.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_20594446.jpg


likebirds夫;30D+500mm  早朝の湧き出るような水蒸気の中にタシギが佇んでいました
a0052080_2102152.jpg


likebirds妻;30D+400mm  頭を掻いていたタシギ
a0052080_2104899.jpg


 アオジ♂の冬羽は♀に似ているので雌雄の判別は難しいです。ともすると♀ばかりと思ってしまいます。写真を見比べましたが、判然としませんでした。もうしばらくすると分かるようになるでしょう。
 冬のタシギは今季初撮りでした。毎年見ていますが、初撮りのときはいつも記憶より小さいので驚きます。見ていない間に記憶の中のタシギが少しづつ大きくなってしまって、実物とのギャップに驚きます。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-12-21 21:33 | 野鳥観察 | Comments(32)
高原のアオジ、湿原のモズ
 高原では、ノビタキ、ホオアカのほかにアオジも子育て中でした。大きな虫をくわえて藪から出てきたアオジは、しばらくあたりをうかがった後、いきなり飛んで行きました。鮮やかな黄色がとても綺麗でした。(likebirds妻)


likebirds妻;30D+400mm  大きな虫をくわえたアオジ
a0052080_21195180.jpg


likebirds妻;30D+400mm  いきなり飛びました
a0052080_21201083.jpg


likebirds夫;30D+500mm  モズ♀ シャッターを切る直前まで2ショットでした。
a0052080_21203082.jpg


 高原から少し下って湿原へ行ってみました。そこでもノビタキ、ホオアカなどが飛び交っていました。湿原の青々した葦の中からはコヨシキリの声が聞こえてきました。コヨシキリを見ようと夫婦で粘りましたが、声は4~5mのところで聞こえるのですがついに姿は見ることが出来ませんでした。湿原にはモズもいて、夫婦で餌を運んでいるようでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-07-13 21:41 | 野鳥観察 | Comments(24)
高原のアオジ
 アオジは冬は平地でもおなじみの鳥ですが、チッチと鳴くくらいで、草薮の中にいて目立たない存在です。
でも春、高原に行くと目立つ木の枝でとても綺麗な声で囀っています。黄色い色もとても鮮やかになって、冬に見るのとは別人(鳥?)のように綺麗です。
 私は「何だ、アオジか~」等とつい言って撮らずにいました。もっと写してくればよかったなぁ~。後悔先に立たずですね。(汗)(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mm
a0052080_20153677.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_20154734.jpg


likebirds妻;30D+400mm  散策道脇の湿地で餌探しをしていました。チョコチョコ動くので後姿しか撮れませんでした。背中の模様はこんな感じです。
a0052080_20155975.jpg


 アオジは目的の鳥を待っているときに撮ることが多いです。実際、カメラを構えている時に「何を撮っているんですか?」と聞かれ、「アオジです」と答えるのは申し訳ない気がしてしまいます。
 でも高原の初夏、目立つ所で「チョッピーチョ」の声を聞くのは爽快です。元気に飛び回り、フライングキャッチで虫を捕まえることもあります。二番目の写真は飛び立った直後、ヒラリと反転して虫に突進しているところです。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-06-14 20:45 | 野鳥観察 | Comments(14)
枯葉に埋まっていた、アオジ
 オシドリがいた池の淵の植え込みには、アオジの番がいました。2羽はさかんに枯葉をひっくり返しては、枯葉に埋まりそうになりながら、餌を探していました。餌探しに夢中で近くのカメラマンやお散歩の人など気にもしていない様子でした。
 小さい嘴で枯葉をひっくり返す姿がとても可愛くて、通りがかった人も皆足を止めて「かわいいわねー」と言いながら見ていました。
とても近かったので最初は見るだけにしていたのですが、あまりにかわいいので三脚をはずして手持ちで撮りました。(likebirds妻)

 枯葉をひっくり返しながら餌を探しているのですが、ひっくり返しすぎてだんだん穴が開いてしまいました。それでもまだひっくり返すので、ほとんど身体が埋まっていました。妻が撮り始めたので、私も撮ってみました。(likebirds夫)


likebirds妻;30D  ♀ 何か見つけて食べていました
a0052080_2131118.jpg


likebirds夫;デジスコ  ♂ 横から
a0052080_20571787.jpg


likebirds夫;デジスコ  ♂ 正面から
a0052080_2057332.jpg

by likebirds | 2007-02-15 21:32 | 野鳥観察 | Comments(12)