タグ:アオバズク ( 23 ) タグの人気記事
宮古島  リュウキュウアオバズク
写真はクリックすると拡大してご覧になれます
a0052080_18334625.jpg
リュウキュウアオバズクの出現は一瞬の間でした。三脚をセットした場所からは時々アオバズクの声がしていましたが、姿は見えませんでした。突然バサバサッと木の揺れる音が聞こえたので茂る葉の隙間をレンズで覗くとリュウキュウアオバズクの姿が浮かびました。尾羽は痛んでいるようでした。ファインダーで捉えている間もバサバサと葉の擦れる音が聞こえたので付近に巣立ち雛も居たのかもしれません。このときは単なる証拠写真と思いましたが、その後出会うことは無かったので貴重な一枚となりました。(likebirds夫)

by likebirds | 2014-08-01 18:41 | 宮古島旅行 | Comments(2)
石垣島  リュウキュウアオバズク、リュウキュウコノハズク、ヤエヤマオオコウモリ
  ナイトツァーの日は、一日中どんよりして肌寒い一日でした。
私は昼間はウインドブレーカーが手放せませんでした。
夜はさらに冷え込み、行きに着て来た薄手のダウンジャケットを羽織りました。
そして気温が低かったためか残念ながらヤエヤマ蛍はほとんど飛びませんでした。
でも、リュウキュウアオバズクとリュウキュウコノハズクは何度も見ることができました。
アオバズクもコノハズクも久しぶりに見ることができて嬉しかったです。
ヤエヤマオオコウモリも見ることができて良かったです。(likebirds妻)


電線にとまるリュウキュウアオバズク 
a0052080_22480188.jpg

街頭のそばの枯れ木に止まっていました
a0052080_20274868.jpg



亜種リュウキュウアオバズクと亜種アオバズクの違いは胸の斑の太さだそうですが、自分達にはちょっと...
a0052080_20274839.jpg



公衆トイレの真上の木です  照明に集まる昆虫達を狙うのかも知れません
a0052080_20274849.jpg



亜種アオバズクは夏鳥ですがこちらは留鳥だそうです
a0052080_20274843.jpg



リュウキュウコノハズクも枝にいました
a0052080_20320094.jpg

リュウキュウコノハズクは独立した種ですよね  初見初撮り!

a0052080_20274895.jpg



声は別種のコノハズクの「ブッポウソー」とは違い「ミャー」と「ニャー」の間くらいでした。「コフォッ コフォッ」の声も森に響いていました
a0052080_20414569.jpg



後ろを振り向いて鳴いたように聞こえました
a0052080_20274981.jpg



ヤエヤマオオコウモリ
a0052080_20274887.jpg



肉眼で見えるのは両目のみ
a0052080_20274865.jpg

  ナイトツアーは石垣島初日を予約していましたが、手違い(?)とかで翌日にしてくれと言われました。「まぁ仕方ないか...」で翌日になりました。前日に比して気温が上がらず風も強かったのでツアーメインの蛍の乱舞は見ることができませんでした。暗闇に立っていると単発で一瞬光が流れスッと消えます。ガイドさんの「昨日は一面乱舞したんですがねぇ」の言葉に心中覚えず寂寥の感。この日は7人の参加者に男の子が2人いて気落ちした姿を見るのが辛かったです。盛り上がりに欠けたまま満員の車は次なる場所へ移動。まず電線にとまるリュウキュウアオバズクをガイドさんに教えられると車中のムードは一変しました。その後はリュウキュウコノハズク、今度はヤエヤマオオコウモリ、またリュウキュウアオバズク、またまたリュウキュウコノハズク。声変わりしていない男の子の声が上がると、大人の参加者たちも歓声あげて車中は大盛り上がりを見せました。その後は歩いて夜の林の散策でした。子供たちがクワガタを見つけて喜ぶ姿に自分の娘たちや息子の小さかった頃を思い出しました。連れてこれなかった自分を悔いましたが、まあ自分で行けばいいのでしょう。歩きながら寝ているズグロミゾゴイやシロハラも見ることができました。終わってみれば「日にちがズレてよかった!!!」。客とはゲンキンなものです。(likebirds夫)

by likebirds | 2014-05-10 23:14 | 石垣島旅行 | Comments(2)
アオバズク
 今年もアオバズクの雛が無事に巣立ちました。
クリクリお目目で巣穴から覗いていた可愛い姿。
元気に巣立ってくれてよかったです。
末っ子は、親鳥が巣立ちを促して餌を運んでこなかったら、巣穴から「ぢりりぢりり」と大きな声で泣き叫んでいました。
根負けした親鳥が餌を運んできてくれて、巣立ちは2日延期でした。
「ほーほー」となく親鳥の声。
「ちりりちりり」となく雛の声。
境内はアオバズク一家の元気な声でいっぱいでした。
巣立ってしまって少し寂しいけれど、来年もまた元気な姿を見せてくださいね。(likebirds妻)

巣立ちから2週間前の写真です  まだ白い産毛が残っています
a0052080_21513957.jpg


巣穴で仲良し。でもおじいさん顔ですね^^
a0052080_21515796.jpg


巣立ち一週間前  4羽の雛のうち、3羽が写りました
a0052080_21521490.jpg


親がやってくると雛たちは大騒ぎです
a0052080_21523197.jpg


餌を運ぶ親鳥
a0052080_2156623.jpg


巣立ち雛、すっかり大人びた顔つきです。でも短い尾羽が可愛いです
a0052080_21531491.jpg


上を向いてばかりなので首が痛くなり、もう止めようと思ったらノビをしました
a0052080_21533950.jpg


この子がたぶん一番子だと思うのですが、実際はわかりません
a0052080_21535034.jpg


末っ子。巣穴で一人ぼっちです
a0052080_21535911.jpg


この写真が今季の見納めとなりました
a0052080_21541110.jpg


 ここ数年、アオバズクを見に行くのは地元専門です。3週連続で見に行きましたが、昨年同様巣立ちに立ち会えませんでした。笑。 涼しい日が比較的多く寝冷えをしてしまい、根気も足りませんでした。
 末っ子の気持ちは私には解かりませんが、最後に一人ぼっちになるのはたいそう心細いことだと思います。毎年のことですが、姉兄たちに先に巣立たれ一人残った末っ子にエールを送りました。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-08-02 22:34 | 野鳥観察 | Comments(10)
アオバズク
 今年もアオバズクに出会うことが出来ました。
御近所の人気者です。
たくさんの人が可愛い姿を見にきていました。(likebirds妻)

♀ 肝っ玉母さんというイメージでしょうか
a0052080_21392714.jpg


♀ 散歩の犬に警戒しています
a0052080_2139385.jpg


♂ 込み合った枝の中でうとうと
a0052080_2140332.jpg


♂ 夕暮れ時、これから狩に出発です  このお父さんはかなりのイケメンですねぇ
a0052080_21401486.jpg


 涼しくて比較的過ごしやすい休日でしたが遠くへは行かず、地元のアオバズクを見に行きました。居眠りばっかりの昼間の姿から、日が傾くと精悍な狩人に変身するところを見せてくれました。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-07-26 22:00 | 野鳥観察 | Comments(2)
アオバズク
 今年も4羽の雛が無事巣立ちました。
親鳥の献身的な子育ては本当に心に残ります。
愛らしい雛鳥の大きな目は心を洗われました。
みんなに愛されているアオバズク。
今年もかわいい姿をありがとう。(likebirds妻)

likebirds妻;50D+300mmF2.8  まだ白い産毛の頃
a0052080_20392450.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  巣立ち間近、親鳥を待つ雛
a0052080_2039481.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  親鳥♂
a0052080_2040414.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  親鳥♂
a0052080_20411653.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  親鳥♀ コウモリを捕まえてきたようです
a0052080_20412738.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  巣立ちました^^v
a0052080_20414957.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_2042057.jpg


 毎年、地元で熱心に観察を続けておられる方にお聞きしたことですが、今年の獲物はコウモリが圧倒的に多いそうです。蛾とトンボがほとんどだと思っていたのでこれには驚きました。
 今年は特に蛾が例年より極端に少ないそうです。最近夜遊びを全くしなくなった自分には気がつきませんでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-08-01 21:29 | 野鳥観察 | Comments(12)
アオバズク
 今年も、アオバズクに会うことが出来ました。
丸い目の可愛い姿、ちょこんと枝に止まっているとまるで置物のようでした^。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_19271128.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  カラスが近づくと「ホーッ ホーッ」と鳴きます。
a0052080_19272838.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8   カラスがいなくなって、少しリラックスしてました
a0052080_19274158.jpg


 日中行っても見つけられませんでした。夕方にもう一度行くと枝に止まっていました。じきに狩に飛んで行きました。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-06-04 19:35 | 野鳥観察 | Comments(14)
アオバズク
 アオバズクは慈しみ深く、懸命に雛を育てていました。
その健気な姿は本当に心に残りました。
今年も無事に4羽の雛が元気に巣立って本当に良かったです。
来年もまた、元気な姿を見せてくれることを願って止みません。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  兄弟でこれほどの成長の差があります
a0052080_20581476.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  瞳孔が拡がりきっています  これ以上暗くなると狩は厳しいでしょう
a0052080_20583013.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  親鳥の足元に雛が見えました
a0052080_20585298.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  今回の獲物は小動物に見えました  あわてて撮りましたがブレブレで確認できません
a0052080_2059817.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8    親に甘える一番子
a0052080_18412759.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4   仲良く伸びをする一番子と二番子、両端にいるのは親鳥
a0052080_20595381.jpg


今季もハッピーエンドの結末だったようです。
感想をひとつ。アオバズクは産まれたては真っ白でとても可愛いです。それが10日くらい経つとどうしてあんなに老け顔になるのでしょう。双眼鏡で覗いて「おい!僕より老けちゃってるじゃないか」と同情しました。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-08-06 21:25 | 野鳥観察 | Comments(17)
アオバズク
 今年も私達を癒してくれたアオバズク。
今週初めに無事に4羽が巣立ち終えました^^。
巣穴にいた頃の可愛い姿です。
これは孵化から10日あまり経った頃です。
まだ母親が巣穴で面倒を見ていました。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8  眠りから覚めて・・・
a0052080_21295868.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  親に餌をねだっているようです
a0052080_21301946.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  昼間にも時々何かを与えています
a0052080_2130377.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  夕暮れに餌を待つ4羽の雛達
a0052080_21305951.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  親鳥が餌の獲物を運んできました
a0052080_2131317.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  餌を与えるとまた狩に出発です
a0052080_2131492.jpg


昼間から日暮れ時のアオバズクです。
日中、母アオバズクが巣の下のほうを時々ガサガサ嘴でかき回していました。それから雛へ口移しで何かを与えていました。
昼間用の餌のストックがあるのでしょうか?(likebirds夫)
by likebirds | 2009-08-05 21:50 | 野鳥観察 | Comments(10)
アオバズク
 昼間は寝てばかりいるアオバズクですが、夕闇が迫る頃、活動が始まります。
止まり枝から、飛び立ったオスは獲物を捕まえて、雛に運んでいました。
メスはまだ眠そうに枝でお休み。
お父さんは一足速く餌捕り開始です。
夕空を勢いよく飛ぶ姿はとても素敵でした。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  そろそろ餌捕り開始、でもまだ眠そうなメス
a0052080_20215950.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ♪ 夕暮れのパパはちょっと違う~ ♪   早速トンボを捕まえてきました
a0052080_20222678.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  トンボの模様がよくわかります
a0052080_20234242.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ♪ 夕暮れのパパはいい汗かいてる~ ♪   丁寧に頭を取り、羽をむしります
a0052080_20235989.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ♪ 夕暮れのパパは男だぜ~! ♪
a0052080_20242115.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  獲物発見?
a0052080_2024464.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  辺りは真っ暗になって赤い蛾(?)を捕まえてきました
a0052080_2025464.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  これは別の場所で見た、巣立ち雛
a0052080_20252244.jpg


先日は無謀にもアオバズクの飛びものを撮ろうとして大失敗。飛んでいる写真は全て幽霊写真でした。
今回は枝にとまっているアオバズクをスローシャッターで狙ってみました。なんとか撮れていて嬉しいです。
この後、計画では日帰り温泉に寄りそこで夕食もとる予定でしたが、疲れてしまい止めました。結果的に夕食はコンビニの冷やし中華(妻は冷やしとろろ蕎麦)となりました。涙。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-07-22 21:09 | 野鳥観察 | Comments(24)
アオバズク
 アオバズクの様子を見に行ってきました。
相変わらず雄は見えずらい枝に止まっていました。
時折薄目を開けるだけ・・・夕日が傾いてくると羽を膨らませたり、目を開けたりと少しずつ動きが出てきました。
 日が落ちて辺りが薄暗くなった頃、急に止まり枝を飛んだ雄は少し下の枝に移動しました。
その後、木の天辺に飛び移っていきました。
全身がはっきり見えるのですが、薄暗くシルエットのようでした。
雄は凄い勢いで飛び去り、低空でフライングキャッチもしているようです。
あっという間に戻ってくると、足には捕まえた虫が握られていました。暗くてよく判りませんでしたが、トンボや蛾のようでした。
同じ枝で獲物を裁き、雛に運んでいました。
夕空を凄いスピードで飛ぶアオバズク!
昼真寝てばかりいる姿とは、まるで別人・・いえ別鳥のようでした^^;
この日は、またHさんにお会いでき、「木の下に落ちている食痕から食べている餌がよく判る」と教えていただきました。
蛾やコガネムシ、コウモリなどを捕まえているらしいとのことでした。たくさんの貴重なお話ありがとうございました。
いつもはおっとりした姿しか見たことが無いアオバズクですが、この日は猛禽らしい姿を見ることができて嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  日が傾くとそろそろお目覚めです
a0052080_2119465.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  アオバズクが少しでも動くとブレます
a0052080_21201391.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  狩に行くために枝を移りました(最高感度で撮影しました)
a0052080_2120295.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8 真上の枝であたりをうかがっています(最高感度で撮影しました)
a0052080_21205912.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  あっという間に戻ってきた親鳥の足にはトンボが握られていました(最高感度で撮影しました)
a0052080_21212161.jpg


今年のオスは昼間はとても警戒心が強いのですが、夕方からは元気ものです。とにかく餌を捕ってくるインターバルが数分です。「これなら雛の餌は充分でしょう」とご近所の詳しい方も言われていました。
日が暮れると肉眼でもシルエットしか見えませんが、狭い敷地を猛スピードで飛び急旋回する様は凄い迫力でした。
暗くてとても写真には撮れません。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-07-16 21:55 | 野鳥観察 | Comments(12)