タグ:アカゲラ ( 11 ) タグの人気記事
冬の北海道旅行 その25 (弟子屈 ウソ、エゾアカゲラ)
 雪は周囲の音を消してくれて、別世界のような雰囲気でした。
エゾアカゲラは、雪の中だと赤い色がいっそう鮮やかに見えました。
ひっそりとやって来たウソはまん丸でとても可愛かったです。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください




a0052080_12264840.jpg







ウソのメスは見掛けませんでした
a0052080_22021516.jpg








a0052080_12271982.jpg








a0052080_12273587.jpg








a0052080_12275065.jpg







ちなみにオスも居ました
a0052080_20510242.jpg







a0052080_20511500.jpg


 弟子屈の宿泊先「鱒や」さんの庭先で待っているとシマエナガやアトリの他にも何回も小鳥が来てくれました。 今回はエゾアカゲラとウソをUPします。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-03-14 22:29 | 北海道旅行 | Comments(8)
エゾアカゲラ、エゾリス   北海道旅行その42  音更
 音更神社では、数匹のエゾリスが走り回ったり餌を食べたりしていました
木の後から顔を出したと思ったら、ひょいと立ち上がりました。あまりの可愛らしさに「かわいい」を連発しました。
エゾリスが走り回ったり、木に登ったりするのを見ていたら、今度はエゾアカゲラがやってきました。しかも2羽いました。
最初は兄弟かしら?と思ったのですが餌をあげていたので親子のようでした。
アカゲラが雛に給餌をしているのを見るのは初めてなので嬉しかったです。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧下さい


立ち上がって、胡桃を食べます
a0052080_22493288.jpg








散歩のご婦人が投げた胡桃に飛びつきました
a0052080_19255587.jpg








エゾリスの立ち姿を見ると可愛いので撮ってしまいます
a0052080_19255581.jpg








立ったまま、モグモグと何かを食べていました
a0052080_19255510.jpg







餌を咥えたエゾアカゲラ  後頭部は赤く頭頂にも小さい赤が残っていました  ♂の幼鳥と思いました
a0052080_22481756.jpg








後頭部は黒く、頭頂に斑に赤が残っています  ♀の幼鳥と思いました
a0052080_19304353.jpg








この2羽はとても仲が良くて兄妹かな?と思えました  どちらにも頭頂に赤い羽根毛が見えます
a0052080_19402365.jpg







兄の後をついて歩く妹のように見えましたが...
a0052080_22491160.jpg








ところが突然給餌をしました   吃驚!
a0052080_19380496.jpg







どうやらエゾアカゲラ父娘だったようです
a0052080_19424933.jpg







巣立ち後も♂親が給餌を続けるんですね  偉い!
a0052080_19431347.jpg






カワアイサの巣立ちの頃は大変な賑わいだったようですが、誰~れも居ませんでした
a0052080_19434132.jpg
 コアカゲラの探索を諦めて、音更へ移動することにしました。音更神社はエゾリスで有名な場所のようです。さらにエゾアカゲラの営巣でも有名です。 すでに巣立ちの時期を大幅に過ぎているので期待薄でしたが、隣の音更町役場の池は毎年カワアイサの巣立ち雛が親鳥と遊ぶ場所で1ヶ月ほど前なら大勢のカメラマンが盛んにシャッター音を響かせていた場所なので行ってみることにしました。
 音更神社では数人の地元のカメラマンが集まってエゾリスの撮影をしていました。これまでにもエゾリスは時々見かけましたが、今回は仲間に入れてもらって我々も撮影することにしました。タイワンリスと違って外来種ではないとの先入観からか、エゾリスは可愛く見えました。とくに立姿勢で手で食べ物を口に運ぶ様子を見ると、自然に指がシャッターボタンを押してしまいます。
 エゾアカゲラは営巣の時期を過ぎているのであまり期待をしていませんでしたが、巣立ち雛への給餌場面を何回も見ることが出来ました。♂親の頭頂に小さな赤い斑が見えるので一瞬幼鳥2羽かと思いましたが父娘でした。♀雛は♂親の後を常に追いかけているように見えました。でも、良く見ると♂親が餌をくわえると、すかさず雛が親のそばへ近づき餌を貰っているようでした。餌は地面や木の幹で簡単に見つかるようで、何回も雛は餌をもらっていました。特に根拠はありませんが、巣立ち後の給仕は主に♀親の仕事のような気がしていたので認識を改めました。
 さあ、明日は苫小牧からフェリーで大洗港へ向け出航です。車で苫小牧を目指しました。(likebirds夫)
 

by likebirds | 2015-09-01 21:54 | 北海道旅行 | Comments(10)
エゾアカゲラ、シロハラゴジュウカラ、コサメビタキ  北海道旅行その41  帯広
北海道滞在も最後の2日を残すのみとなりました。
天気は相変わらず、どんよりと肌寒く今にも雨が降り出しそうでした。
この日は帯広で以前、コアカゲラの目撃があった場所を中心に探鳥することにしました。
道東、道北の広々したのどかな風景から、景色は少し賑やかな町並みに変化してきました。
でも、公園や緑地に一歩はいると原生林の雰囲気が残っていました。
結局コアカゲラは見ることはできませんでしたが、初見初撮りのシロハラゴジュウカラに出会う事ができてうれしかったです。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧下さい


帯広農高付近   後頭部ではなくて、頭上が赤いので亜種エゾアカゲラの幼鳥のようです
a0052080_20344435.jpg





 

6月末なので虫などを食べているかと思ったら木の実を食べました
a0052080_21551412.jpg







肩羽の白い斑が大きいので亜種エゾアカゲラですね ♪  2度目の出会いです
a0052080_21553374.jpg






逆立ちで反り返る鳥は亜種シロハラゴジュウカラでした
a0052080_22042850.jpg







亜種シロハラゴジュウカラも初見初撮りです
a0052080_22130070.jpg






脇腹の褐色味はなく、白い腹です
a0052080_20352422.jpg






下を向いたのでこちらに降りてくるかと思ったのですが・・・
a0052080_20353728.jpg








急に大急ぎで木を登りだし、飛んで行きました
a0052080_22163016.jpg







十勝エコロジーパーク  コサメビタキ
a0052080_22360226.jpg







トンボがふらふらと飛んできました
a0052080_20355673.jpg







やはり捕りにいきました!
a0052080_22363330.jpg







帯広畜産大学裏の小道
a0052080_22375594.jpg







帯広のジャガイモ畑の風景
a0052080_22380356.jpg


 どんどん季節が移ってしまい、ブログの更新を急いでいるのですが、なんか更新疲れが出てしまって休憩していました。
 北海道旅行も最終盤で明日は苫小牧からフェリーに乗って帰ろうという日に帯広まで来ていました。この付近でコアカゲラ
の出現実績のある箇所を回ってみることにしました。この時期にコアカゲラを探しても繁殖期が終わっていて、もう鳴かない
ので見つけるのは無理だと言われていました。でも偶然ということもあるので探してみることにしました。
 まず、最初に訪れたのは帯広畜産大学付近の帯広農業高校の周囲を探索しました。車を道路脇に止めて、徒歩で探索を始め
た途端にアカゲラの幼鳥が現れたときには心臓の音が聞こえるほどドキっとしました。見る鳥すべて見たい鳥に見える癖が大
いに貢献しているのですが、なにしろ、このアカゲラは頭頂が赤かったのです。頭頂が赤いのはコアカゲラとオオアカゲラで
すから慌てました。それに加えて、このときとても小さく見えたんです。likebirds妻に「小さいぞ!」と言い、2人で必死に
レンズで追いました。それは、下腹部の赤い色が見えてギャフンとなるまで続きました。結局、亜種エゾアカゲラの幼鳥とい
うことで落ち着きました。♪ジャンジャン♪ 
 このときまでアカゲラの幼鳥は頭頂が赤いことは知りませんでした。コアカゲラはともかく、下手をするとアカゲラの幼鳥
をオオアカゲラと間違えかねませんね。自分のブログにUPしたオオアカゲラを調べてみましたが、幸い大丈夫でした。やれ
やれです。これを機会にアカゲラの幼鳥の頭部の変化をネットで調べてみることにしました。そうするとこの疑問にもってこ
いのサイト「野鳥記録簿 ああオオアカゲラ勘違い」が見つかりました。(無断リンクですが...)
 肩羽の白斑が大きいことや顔や首から腹にかけてベージュではなく白いこと等を考えて亜種エゾアカゲラと結論つけました。
 この場所ではコアカゲラを探し続けましたが、その途中で亜種シロハラゴジュウカラにも出会うことが出来ました。木から
木へ忙しく飛び移るのは亜種ゴジュウカラそっくりでしたが、名前の通りお腹は白かったです。亜種シロハラゴジュウカラは
初見初撮りです。
 その後、付近の緑ヶ丘公園へ向かいました。ここは園内に道立美術館もある広大な公園で何処を探したらよいのか途方に暮
れました。公園スタッフの方に声をかけるとあっさり案内してもらいましたが、枝葉が生い茂りコアカゲラには出会うことは
出来ませんでした。
 さらに十勝エコロジーパークへも足を伸ばしましたが、この公園は緑ヶ丘公園よりもさらに広く入り口付近を散策するのが
精一杯でした。コアカゲラを見ることなく音更へ向かいました。(likebirds夫)
 
 


by likebirds | 2015-08-28 16:36 | 北海道旅行 | Comments(8)
エゾアカゲラ  北海道旅行その2
クマゲラの巣穴の木にアカゲラがやって来て、ひょこひょこと登っていった時は、凄い場面に遭遇したと思ってどきどきでした。
息を呑んで私も撮影したのですが、撮った写真が見当たらないのです???(likebirds妻)

写真をクリックすると拡大してご覧になれます


クマゲラの巣穴の下方に小さな鳥が止まりました  アカゲラのようです  クマゲラの雛が上からそれを見ています
a0052080_13211562.jpg







アカゲラは徐々に登ってきて巣穴の真裏まで来ました  クマゲラの雛は引っ込んでしまいました
a0052080_13214029.jpg







アカゲラが少しづつクマゲラの巣穴に近づいてきました
a0052080_13214134.jpg







頭が赤くないので♀ですね  ついにアカゲラが巣穴を覗き込みました  クマゲラの雛は顔を出しません
a0052080_13214129.jpg









どうなることかと息をのんで見ていましたが、アカゲラはびっくりしたのか何もせず突然飛んでしまいました
a0052080_13220687.jpg








巣の反対側の下方に止まりましたが何も起きませんでした  ここは北海道でエゾアカゲラですよね! 1亜種ゲットです♪
a0052080_13220769.jpg

 
 結局は亜種1種増えたというつまらない話です。
 クマゲラの巣穴の木の下の方に止った小さな鳥が回りながら登りはじめました。途中でこれがアカゲラとわかったので思わずドラマを期待してしまいました。クマゲラとアカゲラの2ショットが実現したらクマゲラの巨大さを充分感じられるだろうと考えたのです。が、期待はあっさりと裏切られ単なる妄想に終わりました。
 本州や四国の亜種アカゲラと違い、ここは北海道なので亜種エゾアカゲラということになるのですが、鳥との距離が遠くて、さらに♀でもあることから外見上の違いはまったく感じられませんでした。鳴き声を聞くと違いがわかるとよく言われていますが、このときは鳴かなかったのか遠くて聞こえなかったのかは不明ですがとにかく聞きませんでした。
 印象に残ったのは亜種アカゲラと木を登る動作がまったく同じだったことです。関東で見る亜種アカゲラは写真を撮ろうとすると必ず木の後ろ側に行ってしまいます。回り込んで撮ろうとするとさらに後ろに回ってしまい結局飛ばれてしまい撮れなかったりします。特に木が垂直に立っている場合、じっと待っていて再び回り込んできたときに撮るほうが成功率が高いように思えるのですがどうでしょうか?
 クマゲラの巣のある木(たぶんダケカンバ)はほぼ垂直に立っていました。その下の方に亜種エゾアカゲラが飛んできて止ったのですが、すぐに後ろ側に行ってしまいました。暫くすると少し高い場所に後ろから回ってきて姿を現し登りながらまた後ろ側に姿を消します。おどろくほど見事に螺旋形を描いて幹の周囲を登りました。(何周で巣穴の位置まで登ったかは数えていませんが) 遠くからでも赤味もちょっと見えて、この動作もあってこりゃーアカゲラだと思ったわけです。
 アカゲラがクマゲラの巣穴の高さまで登ったときには、絶対巣穴を覗くだろうと思いました。何故かというと自分がそうなのですが、好奇心に打ち勝つのは困難だと思ったからです。少しづつ巣穴へ近づくエゾアカゲラをファインダーで覗きながら、見るぞ見るぞと呟いて待っていると、直前でほんの少し躊躇しましたがやっぱりちょこっと穴の中を覗きました。中のクマゲラの雛を見てびっくりしたのでしょうか?途端に突然飛びました。
 インコの習性をテレビで見たことがあるのですが、木の皮の裏側の虫を食べたり、倒木の下側に潜りこんで餌探しをしたりする鳥は総じて案外好奇心が強いのではないかと勝手に思っています。葦の茎の中の虫等を捕る鳥も同じ傾向があるんじゃないでしょうか。
 クマゲラの雛にとってはたとえ自分より小さなアカゲラでも近づいてくるのは恐怖のどん底でしょうから、クマゲラの親が飛んでくるのを待ちましたが、そんな美味しい場面はやって来ず、期待は妄想でした。(likebirds夫)


by likebirds | 2015-07-05 11:25 | 北海道旅行 | Comments(4)
アカゲラ
 このアカゲラは、この木の周りを何度も行ったりきたりして、幹をつついていました。
めまぐるしく動き回わるのを、「枝の後ろ、右、今度は左」などと言いながら撮影しました。
とても楽しかったです。(likebirds妻)

写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます


a0052080_17242249.jpg



a0052080_21023010.jpg


何かを引っ張っていました
a0052080_21030180.jpg


すぐそばで見ることが出来たんですが...太い枝の向こうへ廻っちゃったり、顔だけ隠れちゃったりで上手く撮れませんでした。比較的長い時間居てくれたんですが...こういうときは自分はストレスが溜まります。こういうのを楽しめるlikebirds(妻)が理解しがたいですが羨ましくもあります。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-02-05 06:00 | 野鳥観察 | Comments(0)
アカゲラ
 この近くではアカゲラにも出会うことができました。
木の幹をくるくると回りながらドンドン上へ登っていきました。
そして時々、木の皮を剥いて木をつついています。
忙しなく動き回る姿を必死で追いかけましたが、頭が見えなかったり、体が木の枝に隠れたりとなかなか良い場面を撮ることができませんでした。
でも、葉が落ちた無彩色の林に、アカゲラの真っ赤羽の色がとても綺麗に見えました。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_20494383.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_2050288.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4
a0052080_20502086.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  夢中で木の皮をはいでいました
a0052080_20503793.jpg


 鳥影のない林の中を重い機材を担いで歩き回り「もうダメだ、一休みしよう!」と思った瞬間にアカゲラを見つけました。休む暇がありません。でもこういうときは疲れが吹き飛ぶので不思議です。
 アカゲラ♂はオオアカゲラよりもずっと忙しく動き回るのでなかなか捕らえられませんでした。このときも妻は三脚のネジが緩んで慌てていました。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-12-01 21:23 | 野鳥観察 | Comments(12)
アカゲラ
 河原の土手を歩いていると、河川敷の低木にアカゲラの姿が見えました。
アカゲラは、込み合った枝の中の見えにくい所で一生懸命、木の幹をこつこつと叩いていました。
時々姿が見えるのですが、すぐに枝の周りをくるくると歩き回ってしまって、なかなか全身を見ることが出来ませんでした。
ちょろちょろ動き回る姿を必死で追いかけて、何とか写真を撮ることができました。
冬枯れの景色に、真っ赤なアカゲラがとても鮮やかで綺麗に見えました。
アカゲラに会えたのは、昨年の春以来ですのでとても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  後頭部が赤いのでアカゲラ成鳥♂です
a0052080_205387.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  何とか全身が見えました
a0052080_205531.jpg


歩いていて河原の潅木にアカゲラがいるとは思いもしませんでした。一瞬疑いましたが確かにアカゲラ成鳥♂でした。こんなラッキーもたまにはあるので鳥見はやめられません。
ボウボウに枝が伸びた木の中で忙しく動き回るので、顔無し写真の量産となりました。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-01-06 20:35 | 野鳥観察 | Comments(16)
オオアカゲラ、アカゲラ
 オオアカゲラに会うことが出来るなんて、まったく予想していませんでした。
思ったよりも細い木の幹に楕円形の穴があって、オオアカゲラの雄と雌が出入りしていました。
雄の頭は真っ赤で、まるでタンチョウツルのようでした。
思いがけなくオオアカゲラにを見ることが出来て、本当に嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+400mmF5.6  木の幹を登るオオアカゲラ♂
a0052080_20545637.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  巣穴から飛び出すオオアカゲラ♂
a0052080_20441921.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  巣穴から顔を出したオオアカゲラ♀
a0052080_20444363.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  アカゲラ♀
a0052080_20453544.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  アカゲラ♂
a0052080_2046271.jpg


オオアカゲラとアカゲラに会うことが出来ました。両方の巣穴の距離が近かったので見比べることができました。
今頃は雛も孵化して一生懸命子育てしていることでしょう。(likebirds夫)



もっと写真を見る
by likebirds | 2008-05-16 21:20 | 野鳥観察 | Comments(29)
赤い子、青い子、茶色い子 (アカゲラ、オオルリ、ミソサザイ)
 赤沼駐車場に戻る途中、キョッキョッというアカゲラのけたたましい声がしました。声のする方を見ると、そばの木の枝でアカゲラが餌探しをしていました。湿原ではアカゲラの姿が遠かったので、やっと近くで見ることが出来て嬉しかったです。帰り道に寄った竜頭の滝近くでは、偶然オオルリが沢の木にとまっているのを発見。手持ちで撮影しました。
最後に寄った小さな沢では、ミソサザイが綺麗な声でないていました。日も傾いて暗くなりかかっていたのですが、旅行の最後に可愛いミソちゃんに会えてよかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;30D+400mm  枝をくるくると動き回っていました
a0052080_21211461.jpg


likebirds夫;30D+500mm  混みあった枝の間を飛んでいました
a0052080_21212811.jpg


likebirds夫;30D+500mm  三脚をセットする暇もなく、手持ちで撮りました
a0052080_2122068.jpg


likebirds夫;30D+500mm  沢に響き渡るほどの大音響で囀っていました。なかなかどこか分りませんでした。一番目立つ場所で鳴いているなんて...
a0052080_21225080.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_21231326.jpg


likebirds妻;30D+400mm  沢の岩をピョンピョンと歩いていたミソちゃん
a0052080_21233570.jpg


 アカゲラは気に入った写真が撮れたことはありません。ダメでも撮れた写真を載せちゃうのが方針なので載せちゃいます。
 竜頭の滝の上流では絶景の渓谷をキビタキが飛び交っていました。あまりの素早さにお手上げでした。せっかく奥日光まで来たので竜頭の滝を10秒ほど見ました。見終わって竜頭の滝の駐車場へ戻ると、目と鼻の先の木にオオルリがとまっていました。あわてて車からカメラを取り出して手持ちで数枚撮りました。
 最後に立ち寄った小さな沢の目的はカワガラスだったのですが、そこまで歩く気力と体力は残っていませんでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-05-09 22:13 | 野鳥観察 | Comments(16)
尾の白いホオジロと尾の写っていないアカゲラ
 この林道では、エレガントなホオジロに会いたかったのですが、出てきてくれたのは普通のホオジロでした。
チョコチョコと動き回りながら餌を啄ばむ姿は、とても可愛かったです。でも良く見ると、尾が真っ白でした。「ホオジロの尾って白かったかしらー?」と、不思議に思いながら写真を撮りました。(likebirds妻)

likebirds妻;30D 尾の白いホオジロ
a0052080_2150325.jpg


likebirds妻;30D
a0052080_221336.jpg


likebirds夫;デジスコ  アカゲラ
a0052080_2213306.jpg


 アカゲラは長い時間いてくれましたが、常に枝に邪魔されて全身は見れませんでした。しかも崖の上で、今日現在も首の調子が変です。自分の首を犠牲にして撮ったアカゲラなので、証拠写真といえども載せることにしました。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-01-01 22:29 | 野鳥観察 | Comments(14)