タグ:アホウドリ ( 2 ) タグの人気記事
アホウドリ  (小笠原航路)
 期待したアホウドリは全部で3回見ることができました。
最終日の朝には成鳥に近い綺麗な固体が遠くを飛んでくれました。
数羽のオオミズナギドリを従えるように飛ぶ姿はとても綺麗でかっこよかったです。(likebirds妻)

写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます
 
アホウドリ亜成鳥(6歳くらい)
  初日の午後5時過ぎ、もうほとんど人の居なくなったデッキで機材を片付けている最中にガイドさんの「クロアシアホウドリ」の声が聞こえました。まだカメラを三脚から外していなかったので写真に撮りました。次の瞬間「じゃなくて、アホウドリ!」の声が。その瞬間に肩から腕にかけて力が入ってしまい上手くレンズを操作できなくなりました。良い場面がたくさんあったのに残念です。5歳から7歳くらいとのことです。クロアシアホウドリのように思えましたが、腹が白いです。なにより巨大です。
a0052080_22274745.jpg



アホウドリ(6歳くらい)
  写真が下手で悔しいのですが、足の色は確認できません。クロアシアホウドリはクチバシの色は黒褐色で先端がより濃いです。写真の鳥のクチバシの色は判然としませんが先端は白っぽく見えます。
a0052080_22274791.jpg





アホウドリ亜成鳥(3年くらい)
  2日目の朝7時35分に現れたアホウドリの亜成鳥です。このときはピンク色のクチバシを何とか撮ることができました。距離もあり、近くに比較する鳥も飛んでいませんでしたが、やはりクロアシアホウドリより2周りくらい大きく感じました。
a0052080_17051384.jpg




アホウドリ亜成鳥(3年くらい)
a0052080_17051393.jpg





アホウドリ亜成鳥(3年くらい)
a0052080_17083699.jpg




アホウドリ亜成鳥(ほぼ成鳥に近い)
  3日目の午前6時50分頃に飛んでいたアホウドリ亜成鳥です。ほぼ成鳥に近いとのことです。1回だけぐるっと旋回しましたが、それ以外はおがさわら丸と同じ方向に飛び続けてくれましたので10分も姿を楽しむことが出来ました。ただ、距離がありすきて肉眼では点のようでした。
旋回したときの写真です。
a0052080_17370892.jpg






アホウドリ亜成鳥(ほぼ成鳥に近い)
  旋回しておがさわら丸と逆向きになったのでお別れかと思いましたが、このあともう一度向きを変えました。
a0052080_17364664.jpg





アホウドリ亜成鳥(ほぼ成鳥に近い) 並翔するミズナギドリが写っています。アホウドリの巨大さを実感できました。
a0052080_17094198.jpg





アホウドリ亜成鳥(ほぼ成鳥に近い)
a0052080_17094170.jpg






アホウドリ亜成鳥(ほぼ成鳥に近い)
a0052080_17094162.jpg


  感動のアホウドリほぼ成鳥とのご対面の前に私には個人的なドラマがありました。ガイドの♪鳥くんが大声で「9時の方向にアホウドリーー!」と叫ぶ声で懸命に双眼鏡で探しましたが見つけられませんでした。何人かが「居た居た」と呟く声が聞こえだすと血が逆流するような焦燥感に襲われ、双眼鏡からカメラのファインダーに持ち替えて必死に探しましたが見つかりません。ずいぶん時間が経ったような気がしましたが、やっと見つけて1枚撮ろうとしたら指に力が入り10枚くらい連写してしまいました。(後から見ると全部ピンボケでした) でも他の人たちが「9時」とか「90度」と言っているのに、自分のアホウドリは10時くらいの方向です。どうもおかしいです。そのうちに鳥くんが「あ~~旋回したーー!!」と叫びました。「えーーーーーーーーーー???? オレのは旋回していないーー」 胸の奥からドス黒い不安が広がり口から出そうな気分になりました。また、鳥くんの「今、赤いブイのそば! ブイを通過したー  ミズナギドリを従えてるー」との声がします。「オレのアホウドリ、ブイなんて何処にもないゾー」。 付近に飛んでいるほかの鳥も見えません。 自分は誤認をしているんだ! 成鳥のアホウドリを見逃してしまう! 意を決して、今見ているアホウドリを捨てて、もう一度海を流し見をしてみると居ました!居ました!。 ミズナギドリを従えて巨大な鳥が見つかりました。夢中でアホウドリを追っていると、鳥くんが「あっ2羽居るーーー」。
そうなんです。2羽いたんです。私は別のもう1羽のアホウドリを見ていたんです。
鳥くんの声「アホウドリ、白いよ! 露出考えてねー」。あわててカメラの露出のマイナス補正をしました。良かった。(likebirds夫)


by likebirds | 2015-04-10 20:17 | 小笠原諸島・航路 | Comments(8)
アホウドリ
 念願の海鳥ウォッチングが叶いました^^v
穏やかな天気に恵まれ、そして予想していなかったアホウドリを見ることが出来ました。
この時期にアホウドリが見られることは殆ど無いそうです。
思いがけなく飛んできてくれて、みんなを喜ばせてくれた、とてもお利口なアホウドリ幼鳥でした。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0x1.4  アホウドリ幼鳥 翼開長2m40cm
a0052080_20575513.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x2.0 初見初撮り
a0052080_2058996.jpg


 20、21日に大洗・苫小牧航路のバードウォッチングツアーに参加しました。旅行会社主催のツアーに参加するのは初めてでしたので幾分緊張気味でしたが、総じて楽しい旅となりました。
 アホウドリ幼鳥は20日15時過ぎに往路下北半島沖で見ることが出来ました。11月のこの航路でアホウドリは前例がないと言われていましたので、今回のツアーでもっとも盛り上がった瞬間となりました。復路でもこの海域で浮かんでいるアホウドリ幼鳥を目撃された方がいましたので、同一個体かも知れません。
 アホウドリが白い成鳥になるまでには10年ほどかかるそうです。全身が黒褐色のこのアホウドリは幼鳥と思われます。初見初撮りです。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-11-25 21:26 | 野鳥観察 | Comments(17)