タグ:アメリカコアジサシ ( 2 ) タグの人気記事
アメリカコアジサシ と コアジサシ (2)
 アメリカコアジサシは、橋の手すりに何度も止まりましたが、草地にも降りて休んだりしました。
飛ぶ姿はとてもシャープで、飛びながら身体をくねくねとくねらせたりと楽しい場面を沢山見ることができて、本当に楽しかったです。
ここを気に入って、来年もやって来てほしいと思いました。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください


コアジサシの小さなコロニー
a0052080_18552470.jpg






砂地にしゃがみこんでましたが、巣ではありません
a0052080_13480177.jpg






アメリカコアジサシ(手前)の翼の表裏が見えます  初列風切りの表先端3枚が黒いです
a0052080_13483343.jpg







こちらは翼の表裏が見えているのはコアジサシです   
a0052080_21365184.jpg







アメリカコアジサシの翼が透けています  黒い初列3枚は羽の重なる部分は白いです
a0052080_18000168.jpg






後姿も初列風切の黒が目立ちます
a0052080_13485548.jpg






アメリカコアジサシ(左)と仲良しのコアジサシ(右)  初列風切りの黒い線の太さが明らかに違います
a0052080_21242754.jpg






背中から腰、尾羽にかけて一様に灰色のアメリカコアジサシ
a0052080_18042731.jpg






アメリカコアジサシの上面です
a0052080_18054103.jpg







アメリカコアジサシ  首だけねじって上を向いています
a0052080_18063368.jpg







こうなると何処が上面かよくわかりませんね
a0052080_18075740.jpg






翼の両端の黒が目立ちます
a0052080_18094268.jpg






着水の場面
a0052080_18152495.jpg






ときどき手摺に来て休憩しました  歌舞伎の見得を切るのような恰好
a0052080_18181018.jpg


 仲良しのコアジサシにモーションをかけていると書きましたが、ブログ友にアメリカコアジサシもコアジサシもオスだと教えていただきました。つがいの疑似行為とは想定の範囲外でびっくりです。人間界と同様に、鳥の世界も複雑なんですね。

 アメリカコアジサシはコアジサシより僅かに小さいらしいのですが、近くにとまっているときに比べるとほとんどわかりませんでした。でも、飛んでいるときに見るとわずかに小さいかもしれないと思いました。
 複数飛んでいるコアジサシの中で一番小さく見える鳥にレンズを向けると、よくアメリカコアジサシに当たりました。翼の展開長かもしれません。並翔している場面を何回か狙いましたが撮れませんでした。(likebirds夫)


by likebirds | 2016-08-03 06:00 | 野鳥観察 | Comments(10)
アメリカコアジサシとコアジサシ (1)
 アメリカコアジサシ、そんなアジサシがいることすら知りませんでした。
沖縄から帰って直ぐに、少し不安に思いながら現地に行ってみました。
幸いアメリカコアジサシはアッサリと見ることができました。
初めて見るアメリカコアジサシは、少し小さくて丸っこい可愛い鳥さんでした。
仲良しのコアジサシといつも一緒で微笑ましかったです。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください




旧い小さな漁港へ行ってみると誰も居ません
   橋の手すりにちょこんと1羽のコアジサシが。。
長い初列風切りが黒く太い。。国内2例目、アメリカコアジサシでした
これはラッキー!!  初見初撮りです
a0052080_10580667.jpg






アメリカが普通のコアジサシに餌を持ってきました
足の色がずいぶん違います
コアジサシの足は綺麗な橙色です
アメリカコアジサシはくすんだ黄褐色でした
a0052080_11263815.jpg






コアジサシにそっぽを向かれました
仕方なくアメリカは自分で食べちゃいました
コアジサシのクチバシの先は黒い点が見えますが、アメリカにはありません
個体差かもしれません
a0052080_11284699.jpg






アメリカコアジサシは初列風切りの外側3枚が黒でした
a0052080_10471755.jpg







アメリカコアジサシの初列3枚の黒は羽軸の外側だけで、羽同士重なっている部分は白でした
a0052080_11513940.jpg






アメリカコアジサシが急降下開始
a0052080_10475607.jpg







海に突き刺すように飛び込みます
a0052080_10481000.jpg







身体をくねらせて飛び込み
横に見えるのは漁船のマスト
a0052080_10482033.jpg







スマートでかっこいい!
a0052080_10483455.jpg







せっせとどこかに魚を運んでました
a0052080_10485240.jpg







アメリカコアジサシは背中の灰色が腰から尾羽まで一様です
a0052080_11350236.jpg







普通のコアジサシは腰から尾羽にかけては真っ白です
a0052080_10490541.jpg


 6月27日から7月1日の沖縄旅行の写真をUPしていましたが、中断してアメリカコアジサシをUPすることにしました。

 沖縄旅行の最中に鳥見の先輩から「珍しいコアジサシが出ている。 アメリカコアジサシの可能性がある。」との連絡をいただきました。場所は関東の漁港でした。われわれ夫婦は沖縄旅行の最中でしたので、帰るまで居てくれるように祈りながら旅行を続けました。

 7月1日に沖縄旅行を終えて、翌日の2日に行ってみました。小さな古い漁港の朝は人影もなくひっそりと静まり返っていました。駐車場に車を止めて、双眼鏡片手に漁港の橋を見ると、手摺にたった1羽だけコアジサシがとまっていました。目的の個体はクチバシの先端に黒い点が無いと聞いていましたので、早速双眼鏡で確認すると黒い点がありませんでした。
 また、初列風切りの太い黒もはっきり確認できました。 居ました!!!!!

 逸る心を落ち着かせながら、ゆっくり10mほど歩いて車に戻り2人各々三脚とカメラをセットしてレンズを鳥に向けました。シャッターを切りながら、だんだんと達磨さんが転んだ方式で近づき、また連写です。幸い、よっぽど近づくまで飛びませんでした。

 写真にはアメリカコアジサシと断定的にコメントを付けていますが、実際にはこのときアメリカコアジサシとの確信はありませんでした。一夜漬け勉強で頭に入れた「初列風切りの黒」、「腰と尾羽の灰色」を確認しただけです。目で見て確認したのはコアジサシと並ぶと足の色がずいぶん違っていました。幾分短いようにも見えました。

 しばらくすると、私たち2人の他にもう1人顔見知りのカメラマンが来られて3人になりました。このかたも「アメリカコアジサシだと良いね。」くらいの感じで、一緒に撮影しました。
 その後も2組のご夫妻が加わり7人になりましたが、皆さん初めての鳥ですべて言葉の最後は「だろうとおもいます。」で、言葉の頭は「たぶん、」付きでした。

 付近にはコアジサシの小さなコロニーがあり、コアジサシが飛び回っていましたが橋に居る我々のそばまで飛んできて近くにとまるのはこのアメリカコアジサシ1羽とコアジサシ1羽(足環あり)だけでした。この2羽はとても仲が良いようで、アメリカコアジサシが盛んに餌を咥えてコアジサシにモーションをかけていました。コアジサシはプレゼントを受け入れず、これが別種の証しかも?と思いましたが、後日行かれた友人がこの2羽の求愛給仕の写真をUPされているので考えは違っていました。(多少しつこくても押してみるものですね。セクハラにならない程度に。)

 見ているうちに、このアメリカコアジサシがすぐそばを飛んで激しく鳴きました。コアジサシのような高い声ではなくて低い声でした。「やけに下品に鳴くなー。」と思いました。一緒に見ていたご婦人が「何~!この声~。コアジサシとぜんぜん違う~。ヤダ~~!この声。」と叫びました。この瞬間「絶対に別種だ。アメリカコアジサシ初見初撮りー!」と確信しました。みんなそう思ったようでしたが、私を含めて全員が「たぶん」を省きませんでした。見たのはアメリカンな鳥ですが、観察者は皆和風だったんです。笑。(likebirds夫)
 
 

by likebirds | 2016-07-31 06:00 | 野鳥観察 | Comments(14)