タグ:ウソ ( 14 ) タグの人気記事
冬の北海道旅行 その25 (弟子屈 ウソ、エゾアカゲラ)
 雪は周囲の音を消してくれて、別世界のような雰囲気でした。
エゾアカゲラは、雪の中だと赤い色がいっそう鮮やかに見えました。
ひっそりとやって来たウソはまん丸でとても可愛かったです。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください




a0052080_12264840.jpg







ウソのメスは見掛けませんでした
a0052080_22021516.jpg








a0052080_12271982.jpg








a0052080_12273587.jpg








a0052080_12275065.jpg







ちなみにオスも居ました
a0052080_20510242.jpg







a0052080_20511500.jpg


 弟子屈の宿泊先「鱒や」さんの庭先で待っているとシマエナガやアトリの他にも何回も小鳥が来てくれました。 今回はエゾアカゲラとウソをUPします。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-03-14 22:29 | 北海道旅行 | Comments(8)
アトリ、ウソ、ミヤマホオジロ
 ここでは渡りの冬鳥を沢山見ることができました。
特にアトリは数百の大群がいくつも飛びました。
ウソの大群も何度も旋回しました。
アトリの大群は遠くを白く光る塊のように飛んでいるのが見えるのですが、だんだん目の前に飛んでくると、数羽しかフレームに入りません。
猛スピードで飛び回るので追うのがとても難しかったですが、写っているものがあってよかったです。
他にはマヒワの群れやイカルなど沢山の鳥が通過していきました。(likebirds妻)



写真を1クリックで拡大画像がご覧になれます

アトリ
a0052080_20384248.jpg






アトリ
a0052080_12293654.jpg







ウソ
a0052080_12292492.jpg







ミヤマホオジロ
a0052080_12293048.jpg






カシラダカ
a0052080_17195239.jpg

アトリは物凄い数でした。当たり年かもしれません。 ただ、遠かったり逆光だったりで良い群れの写真は撮れませんでした。黄色のマヒワの群れも通過していきました。イカルも十数羽の単位で通り過ぎました。
 自分は鳥の移動は早朝が多いのかと思っていましたが、ここでは主に夕方でした。昼間は懸命に食事をして、夕方になると群れをつくり峠を越えていきました。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-11-20 17:05 | 野鳥観察 | Comments(10)
ウソ
 林道を歩き始めて程なく斜面で一心に草の実を食べているウソのメスを見ることができました。
しばらくするとオスも何度も見ることができました。
斜面の草の実は豊作のようで、「フィーフィー」と鳴きながら草から草へと飛び交っていました。
まん丸で可愛いウソを沢山見ることができて本当に嬉しかったです。(likebirds妻)


写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます


a0052080_17033209.jpg






a0052080_21573262.jpg




背景に白く見えるのは雪です

a0052080_17033210.jpg






a0052080_21570779.jpg





a0052080_22275312.jpg






a0052080_17033225.jpg





メス
a0052080_21575950.jpg





 久しぶりに林道を長く歩いて足が棒になりました。ウソは個体数が多いのか、ところどころで見かけました。食事に夢中になるまで待つとウソはあまり人を気にしなくなり間近で撮影することが出来ました。お腹に赤味があるのはアカウソですよね。

 ところで、球磨川河口のオオズグロカモメ、今季も来ているのでしょうか? 確認したとの情報ががまったく出てこないので、やはり途切れてしまったのでしょうか。ご存知の方がいたら教えてください。(likebirds夫)


by likebirds | 2015-01-12 08:10 | 野鳥観察 | Comments(4)
ウソ
 山道の斜面に階段があって、登れるようになっていました。「もしかしたら眺めがいいかも?」と思い、手持ちでカメラを持って登ってみました。
上りきるとそこには小さな祠があって、回りには竹が茂っていて残念ながら、眺めはよくありませんでした。
でも、登ったとたんに「ピーピー」と笛を吹くような甲高い鳴き声がしました。
「これ何の鳥だっけ?」と夫に聞くと「ウソじゃない」と言いました。
ウソの鳴き声がこんなに甲高いと驚くほどの大きな声でした。
 辺りを探すとすぐ前の桜の古木に4羽のウソが時々鳴きながら桜の芽を食べていました。
メスばかりでしたが、チョコチョコと動き回って、ほっぺを膨らませて食べている姿がとても可愛かったです。
 偶然にもウソに出会うことが出来て、とても嬉しかったです。(likebirds妻)


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  まん丸な目がとても可愛かったです(手持ち撮影)
a0052080_2072524.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4 桜の新芽をほおばっていました(手持ち撮影) 
a0052080_201462.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6 328が羨ましい.....
a0052080_202060.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6
a0052080_2021286.jpg


数年前、鳥見を始めたころ知識も情報もなく、近くの林や小高い丘、ハイキングできる山などをやみくもに歩き回りました。当然、鳥にはほとんど出会えず写真などは一枚も撮れないことが多かったです。
赤い鳥、青い鳥、黄色の鳥を他の人たちは何処でどうやって撮るのだろうと不思議に思ったものです。
ホオジロやモズを見て「今日は大成果だ」と夫婦で喜び合ったものでした。
そういうことをもう一度やろうということになり、今回の日曜日は近所の山に向かいました。思った通り成果はありませんでしたが、ウソの♀を見ることが出来ました。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-02-16 20:56 | 野鳥観察 | Comments(29)
ウソ
 ウソを最初に見つけたのは夕暮れ時でした。
いろいろな鳥の群れが西の方の山の塒へと、群れで飛んでいっていました。時々、中継の木に集合しては、また一斉に飛んでいました。
私はミヤマホオジロの群れが来るかしら?と双眼鏡で一生懸命探していました。でも飛んできたのはやはり、カシラダカばかりでした。
すると横にいた夫が「ウソ。そこそこ!」と言って、レンズを向けていました。
教えられた方向には、ウソのオスとメスが低い草に止まっていました。夕日に照らされてとても綺麗に見えました。
急いで私もカメラを向けたのですが、私の所からでは枝が邪魔でした。
 でも慌てて良い場所に移動している間に、ウソは飛んでいってしまいました。
「なんでー!」と私は地団駄を踏んで悔しがりました。
良い場面を撮れた夫は「撮れちゃって、ごめん・・・」と申し訳なさそうでした。
 私は次の日に遠くの木の天辺にいるウソを撮ることができました。遠かったのですがとても可愛く見えました。それで、私の機嫌も直りました^^;
(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0 夕暮れ時、草の上に止まっていました。メス
a0052080_20494053.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0 込み合った枝で餌を探していました。下がオス。
a0052080_20495873.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  遠くの木の天辺にとまっていました
a0052080_20501168.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  帰りに寄ったお店にやってきたウソオス
a0052080_20502533.jpg

by likebirds | 2008-12-05 21:26 | 野鳥観察 | Comments(20)
ウソ
 平地ではウソは冬鳥ですが、高地では夏に見られる鳥です。ここでも番いのウソに何度か会えました。「ふぃーふぃー」と細く透き通る声が聞こえたと思ったら、水浴びに来ました。
ぽっちゃりしたふくよかな顔がとても可愛かったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500  ウソ♂ 
a0052080_21543911.jpg


likebirds妻;30D+400  ウソ♂ 水浴び前に、顔をのぞかせてあたりを見まわしていました 
a0052080_21573870.jpg


likebirds夫;30D+500  ウソ♀ 
a0052080_2158122.jpg


likebirds妻;30D+400  ウソ♀ 岩の上にとまって見返りポーズ。群青色の羽が綺麗でした 
a0052080_21582174.jpg


likebirds妻:30D+400  ここに着いたとたんに、木の上にとまっていたウソ♂ 
a0052080_21584478.jpg


 週一バーダーですので、すぐに記事が枯渇します。先々週の高地に逆戻りです。でも夏のウソもなかなか良いものです。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-06-28 22:27 | 野鳥観察 | Comments(8)
近くのジョウビタキとウソ、遠くのカラス
 久しぶりに土曜日に休みが取れました。でもちょっと疲れ気味(もう年ね~)の私たちは、比較的近場に鳥撮りにいきました。
 最初に姿を見せてくれたのは、ジョウビタキ雄でした。冬に逆戻りしたような寒さで、まんまるでした。「あら、ジョビオ君まだいたの?」と声を掛けましたが、しっかり無視されました(笑)
だんだんと奥の枝に逃げてしまって、つれないジョビ男君でしたが、季節の終わりに会えて嬉しかったです。
少しいくと、斜面の草に2羽のウソが残った実を一生懸命食べていました。2羽ともメスで、羽の色はあまり綺麗ではありませんでした。枝に残った実を探しながら美味しそうに食べていました。今期はジョウビタキにもウソにも会えるのは最後かもしれないと思い、とても嬉しいような寂しいような複雑な気持ちでした。(likebirds妻)

likebirds妻;30D  まん丸ジョビオ君。目が可愛かったです
a0052080_2030014.jpg


likebirds妻;30D  ウソのメス。丸い草の実を美味しそうに食べていました
a0052080_20301668.jpg


likebirds夫;デジスコ 約2500mm相当 魚を捕まえました
a0052080_20302944.jpg


 カワガラスを見に行くと、いたのはハシボソガラスでした。泣。水量がずいぶん少なくなっていたので、どこかへ移動したのかもしれません。距離があるのでデジスコ向きの場所だとはりきっていましたが、拍子抜けでした。
 仕方なくカラスを眺めていると、岩から岩へ飛び移りながら水面を覗いていました。ジャンプ一発、見事に魚を嘴に咥えて岩に戻りました。さながらゴイサギの狩のようでした。他の鳥がそうするように、頭から飲み込みました。カラスが魚を捕るのは初めて見ました。
 そばにいた人にこの写真を見せると羨ましがられて、少しいい気持ちになりました。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-03-15 21:07 | 野鳥観察 | Comments(14)
ウソとカワラヒワ
 ウソ、マヒワを撮った公園にいたカワラヒワです。載せよう載せようと思っていながら、ウソやオオマシコに押されてボツになりかかっていました。足で頭をかいた直後の写真ですが「オスッ」と挨拶しているように見えます。(likebirds夫)

likebirds夫;デジスコ カワラヒワ
a0052080_20504423.jpg

 
 ベニマシコがいた河原の近くにいたアカウソです。広い藪が続く河原では、いろいろな鳥の声が聞こえました。目を凝らして草薮を見ていたら、「フィ、フィ」というウソの声が聞こえました。ここにもウソが来ていると喜んで撮ったものです。その後あちこちでウソを見る機会に恵まれ、このウソ君の写真の出番ありませんでした。とても綺麗なアカウソ君でした。(likebirds妻)

likebirds妻;30D アカウソ
a0052080_205026100.jpg

by likebirds | 2006-12-21 21:20 | 野鳥観察 | Comments(12)
ウソも4度目
 ルリビタキを待っていたら、「フィーフィー」という鳴き声が聞こえました。ウソも近くにいるみたいだなぁと思っていたら、数羽のウソが現れました。そして向かいの藪の木の実を盛んに食べ始めました。あまり人を恐れる様子が無く、すぐ近くの草の実も食べたりしていました。時々数羽で現れては、おいしそうに実をたべていました。みんな丸々太った元気の良いウソでした。(likebirds妻)

likebirds妻;30D  食べ終わって、枝でまったりしているウソ君  
a0052080_21232956.jpg


likebirds妻;30D  イヌコズチの実をみんなで食べていました。口の周りに実がくっつかないのかなぁと思いました。
a0052080_21234823.jpg


likebirds夫;デジスコ
a0052080_21243315.jpg


likebirds夫;デジスコ
a0052080_21245597.jpg


 昨冬は平地のウソは全く見ることが出来ませんでした。このところ鳥見に出かけると必ずウソに出会います。少なくとも関東近辺では相当な数のウソが越冬するのではないでしょうか。
 昨日はルリビタキがなかなか出てくれませんでしたが、ウソがそれを救ってくれました。遠くの藪に来たり、デジスコの最短合焦距離ギリギリの近くの草にとまったりで大サービスでした。
 「去年だったら大騒ぎだね。」等と言いながら写真を撮りました。(likebirds夫)
by likebirds | 2006-12-04 22:13 | 野鳥観察 | Comments(11)
河原のウソ
 今日はどんより天気なので近くの河原にいってきました。でも期待した冬鳥はあまりいませんでした。そろそろ引き返してみようと、川のそばの農道を歩いていたら、この間ウソが食べていた草が茂っていました。「この草の実。ウソの好物だったなぁ」と思って見ていたら、前を歩いていた夫が「ウソがいる!」といって急にたちどまりました。
まさか、聞き違いと思って見たら何と目の前にウソが止まっていたのです。「うそー!」と思わず言ってしまいました。(笑)
 やはり、好物の草の実を食べに来たようです。私たちが草の前から移動するとすぐに、実を食べに降りてきました。目の前で長いこと夢中で食べていました。
 こんなに間近で、しかもゆっくりみることができてとても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;30D 見返っている雄
a0052080_22255461.jpg


likebirds妻;30D ほとんど180度見返ってる雌。
a0052080_2226869.jpg


likebirds妻;30D  背伸びをしながら実を食べていました。
a0052080_2226215.jpg


likebirds夫;デジスコ IXY1000
a0052080_2226449.jpg


likebirds夫;デジスコ IXY1000
a0052080_22265890.jpg


likebirds夫;デジスコ IXY1000
a0052080_2227681.jpg


 IXY1000を今日も使ってみました。早朝のポイントではほとんど鳥をみることができませんでしたのでW1との比較がゆっくりできました。W1(ISO100)とIXY1000(ISO80)との比較ではシャッター速度が50%ほどY1000が遅いようです。この違いが昨日の印象の原因かも知れません。本日も動きのある場面を撮ろうとするとことごとくブレました。
 次に感じたのは、IXY1000の合焦サインのいい加減さです。前ピンだろうが後ピンだろうが取りあえず合焦サインが出る感じです。ですから今までのようにスコープで大体ピントを合わせておき、後はカメラのAFにまかせるという訳にはいかないようです。
 液晶の見え具合は最高です。近くでコントラストのはっきりしたものを見ると、せっかくスコープのピントを合わせたのに、シャッターを半押しでAFがピントを外すのがわかります。暗かったり、または距離があり背景の混んだ場所の小鳥を撮ろうとする時はさすがにこの液晶でもわからないので問題大と言えるかも知れません。
 TSN664より明るいスコープなら相当問題も小さくなると思います。接眼レンズ14W(旧30倍ワイド)との相性もあるかも知れません。
 (likebirds夫)
by likebirds | 2006-11-26 23:29 | 野鳥観察 | Comments(15)