タグ:ウミアイサ ( 4 ) タグの人気記事
冬の北海道旅行 その17 (花咲港 コオリガモ、ウミアイサ)
 納沙布岬は雪がどんどん激しくなり、ハシブトウミガラスも見ることができたので、花咲港へ行ってみることにしました。
横なぐりの雪が吹き付ける港では、コオリガモやウミアイサ、スズガモなどがのんびりと泳いでいました。
雪が吹き付けて撮影は大変でしたが「北国にやってきた」ことを強く感じることが出来ました。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



納沙布岬の後に寄った雪の降り続く花咲港
a0052080_23084389.jpg






コオリガモオス、雪が激しく降っています
a0052080_22343012.jpg







若い雄ですね  短い尻尾がキャワユイです
a0052080_22350012.jpg







若い雌だと思いますが。。
a0052080_23112262.jpg







オスとメスがすれ違い
a0052080_22352811.jpg







羽ばたきもせず、突然身体を立たせる雌  雄は無反応
a0052080_23123017.jpg







若いオスとメスが並びました
a0052080_22354294.jpg







若い雄の前でも、また突然身体を立てました
a0052080_23130288.jpg







ウミアイサオス、雪でパンクへァーもぺしゃんこ
a0052080_22361156.jpg







ウミアイサメス、背中には雪が積もって・・・
a0052080_22362314.jpg






スズガモの群れにキンクロハジロが混じっています  かなり紛らわしいです
a0052080_19031036.jpg


 

 1月に行った道東旅行の写真をUPしています。
 1月19日、珸瑶瑁漁港でエトロフウミスズメをタッチの差で振られどん底気分。 納沙布岬でハシブトウミガラスの初見
初撮りで有頂天と上下の多い昼まででした。
 雪が止む気配が無いので昼過ぎには引き上げることにしました。 引き上げるにしても、そのまま宿泊先に帰るのはあまり
にも芸が無いので、かの有名な花咲漁港へ寄ることにしました。 花咲蟹の名前の由来は漁獲地の花咲魚港だという説も有力
らしいです。 岬の先端と比べると、花咲港の体感温度はかなり楽でした。
 車の窓から港の海を眺めるとたくさんのカモが浮かんでいて、その中にコオリガモも混じっていました。 コオリガモは以
前に雌も雄も銚子アリーナで迷鳥を見たことがありましたが、雪の中で見るその雰囲気はやはり違っていました。 (likebirds夫)

by likebirds | 2017-02-27 21:48 | 北海道旅行 | Comments(10)
冬の北海道旅行その15 (珸瑤瑁漁港 シロエリオオハム、クロガモ、ウミアイサ)
 急いで向かった珸瑤瑁(ごようまい)漁港では、タッチの差でエトロフウミスズメは沖へと行ってしまったようでした。
また潜水しながら戻ってくるかもしれないと必死で探しましたが、雪がだんだん激しく降ってきてしまい、諦めてこの場を離れることにしました。
(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください





近くまでやって来たシロエリオオハム
a0052080_15125154.jpg







a0052080_15130483.jpg







クロガモです
a0052080_15412456.jpg







少し遠くにクロガモの群れ
a0052080_15134639.jpg







ウミアイサ♀
a0052080_15424990.jpg







こちらはウミアイサ♂
a0052080_15425060.jpg






シノリガモ♂
a0052080_15461508.jpg






ウミウですかね?
a0052080_15470210.jpg






珸瑶瑁漁港から見える歯舞群島(貝殻島灯台 奥は水晶島)
a0052080_15502236.jpg




 風連湖の畔でワシ達のバトルを撮影中に民宿のT氏からエトロフウミスズメが岸から20mとの電話連絡をいただき、急遽
珸瑶瑁漁港へ向かいました。
 残念ながらタッチの差でエトロフウミスズメとは出会うことが出来ませんでした。諦めきれずに探しながら波間で浮沈する
シロエリオオハムやクロガモ、シノリガモ、ウミアイサなどを撮りました。後で画像を確認するとウミウと思って撮った鵜は
ウミウではありませんでした。(likebirds夫)



by likebirds | 2017-02-25 16:44 | 北海道旅行 | Comments(6)
ミヤコドリ
単独鳥見の続きです。
潮が引き干潟になった三番瀬にはミヤコドリ飛んできました。ここのスターです。(likebirds夫)

likebirds(夫);500mmF4+30D  ミヤコドリ  カモメ、ハマシギといっしょに
a0052080_2124876.jpg


likebirds(夫);500mmF4+30D ミヤコドリ  ついウミアイサ♀(左端)にピントが...
a0052080_2143152.jpg

by likebirds | 2009-04-02 21:08 | 野鳥観察 | Comments(14)
ウミアイサ、メス
 潮が満ちてきた砂浜には、色々な鳥が潮に戻されるように飛んできました。
遠くにダイシャクシギが見えたので、少しずつ近寄っていたら、1羽が飛んでスズガモの群れの所に降りました。
急いでカメラを向けると、スズガモの向こうにウミアイサのメスが泳いでいました。
ウミアイサのメスは、盛んに頭を水につけて、水浴びのようなしぐさを繰り返していましたが、ゆっくりと砂地に近づくと、立ち上がって歩きはじめました。
陸に上がるとちょっとメタボな体つきですが、立って歩く姿はペンギンみたいでした。
 立ったまま、のんびり羽繕いいしたり、羽ばたいたりして、可愛い姿をたくさん見せてくれました。
少し休んだ後、またゆっくりと歩き出して、海へ泳ぎだしました。
ヨチヨチ歩く姿はとても可愛かったです。
颯爽と海に泳ぎだしましたが、ふっくらした白いお腹がとても印象的でした。
 ウミアイサは初見初撮りです。
思いがけない出会いに、足元に海の水が満ちてきているのもそっちのけで、シャッターを切りました。(likebirds妻)


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2011365.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0 威張ったように砂地にあがってきました  自分がスズガモなら逃げます
a0052080_20115059.jpg


likebirds妻;40D+400mmF8  水からあがると羽ばたきました。次列風切羽が白いのがわかります 
a0052080_2012917.jpg


likebirds妻;40D+400mmF8 スズガモとダイシャクシギの間でのんびりしていました 
a0052080_20122356.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20123639.jpg


likebirds妻;40D+400mmF8  見返り姿、水に浮いているとスマートに見えます^^
a0052080_20542110.jpg


ウミアイサ♀を見ることが出来ました。♂は未だです。♂も見た人がいるので探しましたが見つけられませんでした。
今回は幸運にも海から上がるところと海へ入る所も見ることが出来ました。浮いているウミアイサは浅い所までくると突然立ち上がります。歩いている姿も体がかなり立っていてペンギンのようでした。泳ぐために足がかなり体の後ろに付いているようです。
今度はウミアイサ♂も見てみたいです。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-04-09 20:56 | 野鳥観察 | Comments(18)