タグ:ウミウ ( 3 ) タグの人気記事
オオジュリン、オオセグロカモメ、ウミウ   北海道旅行その37  霧多布
 根室から霧多布に向かう国道に沿って、原野の中を走る線路がありました。
北海道では、何度もそういう風景を見てきました。
この時もこの線路に電車が走るのを見てみたいと思いながら、カラフルで可愛い茶内駅を横目に見て踏み切りを渡ると、茶内駅に電車が止まっていたのです。
急いで車を寄せて、小さな電車を撮影しました。その時は、ルパン三世号とは思いもせずに・・・。
その後、霧の中の霧多布湿原から霧多布岬へと向かいました。
岬に続く道の両側に果てしなく続く湿原の景色は、夢の中にいるような幻想的な美しさでした。
霧多布岬は冷たい北風が吹きすさび、鳥の姿はほとんど無くどんよりした冷たい景色が広がっていましたが、それはそれでとても素敵だと感じました。
(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧下さい


根室本線茶内駅に電車が止まっていました
a0052080_11264064.jpg








ルパン三世号だったことに後で気が付いたのです
a0052080_11270250.jpg








霧多布湿原に入ると左は純白のワタスゲが群生し...
a0052080_10560509.jpg







右側は黄色のエゾカンゾウ群生地でした
a0052080_10560595.jpg







霧多布岬の根っこに到着しました
a0052080_10593300.jpg






岬突端へ向かう道標にオオジュリン
a0052080_11272354.jpg








霧多布岬の最先端
a0052080_10593992.jpg







やっと自然な岩場でオオセグロカモメの営巣を見ることが出来ました
a0052080_11013793.jpg







岩場のウミウの群れの中にオオセグロカモメがポツンと1羽
a0052080_11013646.jpg


 霧多布岬にはもともと訪れる計画をしていましたが、ユキホオジロの夏羽が来ていると聞いていたので根室に滞在中に足を伸ばしました。根室から根室釧路国道を西進して、茶内駅の踏み切りで根室本線を渡りました。話題の車両とも知らず、俄か鉄っちゃんの後、釧路湿原に入りました。空は曇天で霧が出ていて、低温のため車の窓ガラスは曇りました。広大な原野の中央をほとんど曲がることなく、前にも後ろにもまったく車が居ない道路をまっしぐらに疾走するのは現実感を失います。目的地へ急ぎたい気持ちと、このまま長くこの場所を走っていたい気持ちが葛藤しながらワタスゲとエゾカンゾウの野原を夢を見るように走りました。後日、宿泊した宿のマスターが「この世とは思えない」と言われていましたが、その通りです。この自然に包まれている心地よい感覚は車内にいるときの話で、写真を撮ろうと車を止めて車外に出ると印象は一変します。車外の風景は巨大な厳しさで自分に匕首を突きつけるように迫って来て圧倒されました。終わらない異常気象を恨みながらの旅行でしたが、この経験は幸運だと思いました。
 ユキホオジロは霧多布岬の突端へ向かう道の駐車場付近に出ていたそうですが、いくら探しても見つけることは出来ませんでした。ユキホオジロは珍鳥ですから誰か1人くらいはカメラマンが居るのではないかと思ってやって来ましたが付近は無人でした。遠くにオオジシギの声が聞こえ、灯台へ向かう道標の上にオオジュリンが鳴いていました。
 その駐車場に車を止めて、霧多布岬突端へ行き持参の自撮り棒を使ってスマホで記念撮影を何枚も写して廻りました。霧多布岬からそれに続く岩礁を見下ろすと、数羽のオオセグロカモメが見えました。よく見ると抱卵しているところでした。天売島では霧に阻まれ見ることが出来なかった岩礁で営巣するオオセグロカモメをやっと見ることが出来ました。関東で冬によく見かけるオオセグロカモメの営巣地を見てみたいという希望が叶いました。(ウミネコはダメでした。) 大きなコロニーではないので、オジロワシに狙われたらひとたまりもないでしょう。
 ユキホオジロはこのときは見ることが出来ませんでしたが、2日後に訪れたときには居てくれました。夫婦で佃煮が出来るほど撮影しました。(likebirds夫)



by likebirds | 2015-08-18 06:00 | 北海道旅行 | Comments(6)
ウミウ、オオセグロカモメ、ウトウ   北海道旅行その36  落石クルーズ
 沢山の出会いを楽しんだクルーズ船は一路、落石漁港へと進みました。
途中でウミウやヒメウが沢山止まっている岩場を通りました。
もしかしたらチシマウガラスが居るかもしれないと期待しましたが、残念ながら見ることはできませんでした。
行きは通らなかった突堤の横を進むと、オオセグロカモメが営巣しているのが見えました。
オオセグロカモメが卵を温めている姿を初めてみることが出来て、とても嬉しかったです。(likebirds妻)

写真をクリックして拡大画像をご覧下さい


この日初めて近くで見たウトウ
a0052080_21295564.jpg







モユルリ島沿岸のウトウです   遠くのはエトピリカ
a0052080_21455703.jpg







ウトウの群れ
a0052080_21475801.jpg







モユルリ島北端のウトウ
a0052080_21484206.jpg







ウミウです   こんな写真を大量に撮りました   チシマウガラスが通り掛からないかと期待を込めて
a0052080_21520784.jpg






こんどはヒメウ   下は左からウミウ、ヒメウ、オオセグロカモメ
a0052080_21523466.jpg







高い岩場のウミウとヒメウ
a0052080_21590075.jpg






ウミネコの群れ
a0052080_21574346.jpg








落石港近くの小型ボートに群がるウミネコとオオセグロカモメ
a0052080_22040062.jpg






枝を集めた巣で卵を温めているオオセグロカモメ
a0052080_21301248.jpg






ナイロンロープを巣材に利用しています
a0052080_22002785.jpg






人口の埠頭ですが、抱卵中のオオセグロカモメを見ることが出来きて良かったです
a0052080_22002706.jpg


 前日に根室の納沙布岬ハイドから以前はチシマウガラスが居たという岩礁を探しましたが、右の岩礁はウミウ、左はオオセグロカモメでした。ブログ友が左右の岩礁間を飛ぶ霧の中のチシマウガラスを撮影しているので粘りましたが、女神は降臨しませんでした。それではと落石クルーズに期待しました。ガイドさんがチシマウガラスの海域に入りましたと言われてから、岩礁の上や海上を飛んでいるウミウやヒメウを大量に撮影して帰りましたが、チシマウガラスは写っていませんでした。今日、もう1度写真を見直して縁がなかったと諦めました。
 数の多いウトウはこのクルーズでは人気ランクが低いのか、あまり船で近づこうとはしていないようでした。落石クルーズの最後はオオセグロカモメの突堤での営巣でした。朝、出航のときは霧で見ることが出来ませんでしたが、寄港時には間近で見ることが出来て夫婦で喜びました。天売島で見る予定が切りに阻まれました。説明によると、突堤で孵化したオオセグロカモメの雛はほとんどオジロワシに襲われて食べられてしまうそうです。ここではオジロワシは悪役です。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-08-17 06:00 | 野鳥観察 | Comments(4)
ウミウ、ヒメウ、ウミガラス 北海道旅行その12  天売島ボートウォッチング
 天売島最終日の早朝は、いよいよ寺澤先生のケイマフリ号に乗ってボートウォッチングです。
心配された霧も晴れ始め、期待で胸が膨らみます。
穏やかな海は鏡のように美しく、ウトウ、ケイマフリ、ウミガラスと次々と見る事ができて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。
宿に戻って食べた朝食がとても美味しく、おかわりしてしまいました。
夢のような天売島の3日間でした。(likebirds妻)

写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます


前日、赤岩展望台から見たケイマフリ号
a0052080_19105804.jpg






2日前に乗った漁船「栄丸」よりずっと小さな「ケイマフリ号」
a0052080_19110270.jpg






出航してまもなくウミウのお見送りを受けました
a0052080_16254944.jpg







ウミネコが岩で休んでいます  素晴らしい夏羽です
a0052080_16485541.jpg






早速ケイマフリが出迎えてくれました
a0052080_16263165.jpg








ボートは早くも岩にあるオロロン鳥の巣穴へ  これらはオロロン鳥を呼び寄せるのためのデコイ(模造品)です
a0052080_16502442.jpg






鋭い刃物のような赤岩を横から見たところです
a0052080_19090757.jpg







岩棚がヒメウの繁殖地です  左端に雛がチラッと見えています  雛は初めてです
a0052080_16271037.jpg






ヒメウの巣ですが、中が良く見えません
a0052080_21513679.jpg






右の狭い岩棚にヒメウが営巣、左の広めの岩棚にウミウが営巣   そういう傾向があるそうです
a0052080_16530514.jpg







右に2羽、巣の中に可愛いウミウの雛が見えます  ウミウの雛は初めてで感激です
a0052080_16551045.jpg







ウミウが営巣しています  中央は巣立ちした雛のようです
a0052080_16575941.jpg








岩礁のケイマフリ
a0052080_16282176.jpg






近くで見る事ができた2羽のケイマフリ、仲が良いのか悪いのか微妙な感じでした
a0052080_16285736.jpg






霧で霞んだ沖に目をやるとウトウが飛んでいます
a0052080_16592532.jpg






前日の夜に見たウトウの帰巣を思い出します
a0052080_17024304.jpg






ゴマフアザラシが頭だけ海面から頭を出してこちらを見ていました
a0052080_17034244.jpg






ウミウとヒメウ
a0052080_17053568.jpg






ヒメウ  霧で霞んで見えます
a0052080_17062789.jpg






ケイマフリもさかんに飛びます
a0052080_17072735.jpg






ケイマフリ
a0052080_17092909.jpg







遊んでいるように見えるケイマフリ
a0052080_17082376.jpg







雛にやるウトウの餌を奪うウミネコとウトウが仲良く浮かんでいました
a0052080_17115608.jpg







岩場の頂上を奪い合うウトウです
a0052080_17135075.jpg






場所争いをしてもどうせすぐに飛び立ちます
a0052080_16291269.jpg







オロロン鳥(ウミガラス)には見つけた直後に空に飛ばれてしまいました
a0052080_17170189.jpg








飛んだオロロン鳥はぐるっと一回りして戻ってきました
a0052080_16293716.jpg







景勝地赤岩の前を悠々とオロロン鳥が飛びます
a0052080_16294946.jpg






赤岩の前 オロロン鳥2週目です
a0052080_17234445.jpg







見えているケーブルは巣穴に設置した観察カメラに繋がっています
a0052080_17265971.jpg







赤岩の高い場所から急降下して低い場所を飛びます
a0052080_17290718.jpg







赤岩の根本です
a0052080_17301908.jpg






海面スレスレを飛んでいます
a0052080_17311293.jpg






オロロン鳥は3周回って海に下りました
a0052080_17344775.jpg







大サービスのオロロン鳥はウトウと一緒に飛び去りました
a0052080_16300763.jpg
likebirds(夫) 1Dmk4+100-400
likebirds(妻) 7D+300F4+1.4 

 天売島最終日の早朝はこの島へ移住された写真家の寺沢先生のケイマフリ号で再びボートウォッチングです。漁船でのクルーズと違い、北海道へ出発前に予め予約をしておきました。前々日には先生の運営されている「海の宇宙館」で乗船に関するレクチャーも受けました。これが終わると天売島での予定はすべて終わりで。、一旦宿に戻って朝食の後、フェリーで羽幌へ向かいます。
 ボートウォッチングの前の晩、宿で「翌日は濃霧注意報が出ているので、まず間違いなく中止になるだろう。」と言われました。また「明日は島の祭りがあるので時間遅れの出発もありえない。」とも言われ心配なまま眠りました。翌朝、午前5時に準備をして待っていると寺沢先生から「これから迎えに行きます。」と電話が来ました。「よし!!!」と気合を入れて出発です。
 宿まで寺沢先生に迎えに来ていただき、天売島第2の漁港である前浜から出発しました。霧が出ていて遠くは見えませんがが、比較的近い場所は良く見えました。前々日の漁船と違い、波が静かでこの日の小型ボートはあまり揺れませんでした。あっという間に海鳥繁殖地の赤岩付近に着きました。まずはウミウとヒメウの繁殖地の見学です。繁殖はどちらも見たことが無かったので興味津々でしたが、海面から高い場所はやはり霧がかかっている所が多く写真はほとんど撮れませんでした。
 ウトウやケイマフリを間近で見ることが出来てそれは感激モノでした。最初は警戒気味だったウトウやケイマフリですが、船のエンジンを切ってプカプカと浮き出すとだんだん気を許してくれるのか距離が近くなってもあまり逃げませんでした。
 面白いと時間の感覚がなくなります。まだ始まったばかりのような気がしていたのですが「時間ですのでそろそろ戻ります。」と言われました。私達の他に鳥に詳しそうな若いご夫妻が乗っていました。帰るために船首の向きを変えたとたん、その奥様が小さな悲鳴を上げました。「居た、居た!あれそうじゃないですか。」 オロロン鳥が居たのです。他所を見ていた自分は何処か判らずモタモタしているうちにオロロン鳥は飛び立ってしまいました。likebirds(妻)は海に浮いているところも見えたそうです。寺沢先生が「たぶん旋回して戻ってきますよ。」との言葉と同時にオロロン鳥は丸く旋回して戻ってきました。そしてボートの上空を3周してくれたのでした。1週目と2週目が練習になって3週目は夫婦共に景勝赤岩を背景にしたオロロン鳥(ウミガラス)を撮ることができました。
 前浜までの復路はやはり猛スピードでした。もう帰ろうと言う最後の最後にオロロン鳥が出てきたのでよっぽど時間オーバーだったようです。祭りがあるにも拘わらず時間を延長してオロロン鳥を見せてくださった寺沢先生にも感謝です。
霧に阻まれてオオセグロカモメやウミネコの営巣地を見ることが出来ない不運もありましたが、超ラッキーなことにも恵まれた天売島でした。さあ、次は道北サロベツです。(likebirds夫)


by likebirds | 2015-07-15 06:00 | 北海道旅行 | Comments(6)